041234567891011121314151617181920212223242526272829303106

日本経営者列伝:第九回 ミスターディーゼル


82 :ヤン・ヒューリック ◆1xuVLqH3kQ:2014/09/13(土) 17:02:39 ID:tSPrWWi20

上場。それは企業にとっては最高の名誉ともいえる一つの行為である。自社の株を自由に売買できるように公開する。
もちろん、自由にどんな企業でもできることではない。上場にはいくつもの高いハードルがある。


                                      i
                                 __ _l___
           __ ___ __            |iiii|llllllllllllllllllllll|‐┐                        __ _
_,          |iil lii|llllllllllll|llllllllllll|  il            |iiii|llllllllllllllllllllll|iiii|                         |===:|==:|
::::|            |iil lii|llllllllllll|llllllllllll|  il  _ ____|iiii|llllllllllllllllllllll|iiii| _    _   _     _ _           |===:|==:|
 ̄|;:;:_ ____::::|iil lii|llllllllllll|llllllllllll|;;::''il;;:;;|iiiiiii|llllllllllllllllll|ii|llllllllllllllllllllll|iiii|-:;;;:;:;:;:;:;:;:;::;:;::;:;::;:;:;::;:;:;::;|:::::|,,il;;:;:;_;:;:;;:;:;:li:;:;:;|===:|==:|
==|-|iiiiii|lllllllllllllllll|;::|iil lii|llllllllllll|llllllllllll|;┌"::::|iiiiiii|llllllllllllllllll|ii|llllllllllllllllllllll|iiii|;;;| il.,.ュ kilァ;l;:㌍=ュiik=;; |:::::|::il;;::|;;;;;;|=ュiilk= : |===:|==:|
==|: |iiiiii|lllllllllllllllll|;;;|iil lii|llllllllllll|l ,--,:.─┐ュ:|iiiiiii|llllllllllllllllll|ii|llllllllllllllllllllll|iiii|;ュ-k=liュliiik:==ュ-i--,.----l;;;;;kュ==kikiiュュュ;li |===:|==:|
|三|三三|lllllllllllllll|::;|iil lii|llllllllllll|l|===l===|──lii|llllllllllllllllll|ii|llllllllllllllllllllll|iiii|;lililili;;:==ュニニ_;;l: |iiiii|iiiiiiiiiiiii| ==ュii┌─;:──┐=:|==:|
|三|三三|lllllllllllllll|;;:|iil lii|llllllllllll|l|===l===|iiiiiiiiii|ii|llllllllllllllllll|ii|llllllllllllllllllllll|─┐--lliik=ュ─┐ |iiiii|iiiiiiiiiiiii||iiiiiii|;:::|iiiiiii|iiiiiiiiiiiii|..=:|==:|
|三|三三|lllllllllllllll|,..|iil lii|llllllllllll|l|===l===|iiiii|三li|llllllllll| l| ̄||llllllllllllllllllllll|iiiiiii|lklii=ュ|i_l ̄ ̄l ̄l__iii|kliili;=ュ|iiiiiii|iiiiiiiiiiiii|::=:|==:|
|三|三三|三|三三li|iil|三|三;|ll|l|===l===|iiiii|三li|llllllllll|=|==||llllllllllllllllllllll|iiiii|----lii| ;== ̄ ̄| ̄ ̄ ̄:|i|___ilk= |iiiiiii|iiiiiiiii-i|::=:|==:|
|三|三三|三|三三l:|iil|三|三:|ll|l|===l===|-l==l===lllllll|=|==||llllllllllΠllllll|iiiii|iiiiiiiiii| ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄|::lii== |iiiiiii|iiiiiiii|: || ===ュ:|
|::::::l二二二l二二二二l: |三:|lll" ̄l:l===||三三|三|=ュ|=|= l ̄ ̄ ̄l ̄ ̄l___ii|lココココココll|;:ロロロロロロl|:::|:==tTTTTTll==l;|::::::|:::l|
|::::::|iiiiiiiiiiiiiii|llllll|:::::|lllllll|:i|三:|ll|+++|:l三:|_|三三|三|==|=|= |三三| ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄|lコココココll|;:ロロロロロロl|三三| | | | | |:l |─┐llili=ュ
|::::::|iiiiiiiiiiiiiii|llllll|:::::|lllllll|:i|三:|ll|+++|:l三:|_|三三|三|==|=|= |三三|lコlコlコlコ|lロロロロロ|lコココココll|;:ロロロロロロl|─┐| | | | | |:l |lllllll|iii| :::::
|::::::|iiiiiiiiiiiiiii|llllll|:::::|lllllll|:|lllllllllllll|iiiii||:l三:|l---l---llTTTTlTTTTl: |lコlコlコlコ|lロロロロロ|lコココココll|;:ロロロロロロl|:==:|:;| | | | | |:l |lllllll|iii| :::::

83 :ヤン・ヒューリック ◆1xuVLqH3kQ:2014/09/13(土) 17:03:00 ID:tSPrWWi20

たとえば、東証一部・二部の場合、株主数、流通株式、時価総額、事業継続年数、純資産の額、利益の額又は時価総額、
虚偽記載又は不適正意見等、株式事務代行機関の設置等々に関する規定が用意されている。これらをクリアして、初めて
上場できるのである。



     ___,,,,,__          いやあ、きびすいな。これじゃ、上場なんておら達には難しいだ。
   〃/ / /  \ヽ 
  ≪|__|  ( ・ ∠ |
   (d u  ⊂⊃ |)   _,,,,,___
   __|  : : : : : : ヽ.,,∠,,,--(__)-ヽ、
  ,,-\ヽ└<>-'丿=| //- 、 -ヽi       一応、古くからやってるけど、ほかは全くクリアできねえだ。
 /   \ ̄ ̄/ ̄i  |__| |  ・|・ | |
 |/(⌒ヽ/⌒)____|.  (d  `- o-´ |
  ゙|\, ̄ ./ ̄ .ノ   ヽ、   3 ノ , つ
  .|   ̄   ̄ |     /゙\ ̄/ヽ /⊃)



もちろん、それに見合うだけのメリットも存在する。上場した場合、、資金調達やその多様化、社会的信用力と知名度の向上、
優秀な人材の確保、従業員の士気の向上及び社内管理体制の充実等、さまざまなメリットがある。圧倒的に知名度が高くなるために
優秀な人材が確保しやすくなり、銀行も財務状態を把握できるために融資がしやすくなる。




                    ___
                    /    M\        この株は当たりだな。
       ___        |┬--====
     /____\  / ⌒ |_|   ・  ・|
      |__|  /   ヽ|/   /(∂     o | ヽ
     (∂    ・ ・ |   /  └,\ └  丿 |
     | 、   )⌒  ) / |  | / |  ̄ ̄ /
     /└\    ∨/ |   |--|/|--|   /
    |      ̄ ̄ |_|  |ヽ-\  ̄)/ ̄`ヽ          ああ、絶対値上がりするぜ。
   | |─-|__   | | /\ ( ̄ ̄ヽ ̄|  |
  /|\\_  ⌒)⌒)     ̄ ̄|  |  | ̄ ̄)
   |   ̄ /⌒| ̄  ̄ ヽ    /| ̄ ̄) ̄ ̄
    \_|__  |─-|   |  /   ̄ ̄
      /|  |  | ̄ ̄)
         | ̄ ̄)  ̄ ̄
         ̄ ̄

84 :ヤン・ヒューリック ◆1xuVLqH3kQ:2014/09/13(土) 17:03:15 ID:tSPrWWi20

だが、同時に上場にはデメリットも存在する。それは、かつて堀江貴文氏がニッポン放送を買収を巡って争った、敵対的買収という行為である。
株式会社の場合、三十パーセントの株式を有した場合、株主は企業に対して独自の取締役を送り込むことができる。
上場にはそうした、乗っ取りという最大のメリットが存在する。



                                   -- 、
                                  /´      \
                               厶---  、
                              ,ィ≦__ ´ ̄`ヽ\       うちの会社が、得たいのしれないもんのもんになってしもうた。
                           tf´ /__, ≧t、   \>-
                            ____`¨{tテッ `ー,tテッv┬v
                      ,ィ==≦、 、   `}`¨f^ヽ `ー宀│     わしらどうなるんじゃ。
              ト((ィー'^</ /    \ヽ、  j;; ^__`_  ;;;u j Y
.       , --- 、  ,r'      ∨ __,tッー¬fっ=r-ヘ r'===ヘィ   '^'__
      .イ廴__   ー≦f(乂从儿 ヽ!てテ  てテYヽ ヽ` ̄ ̄´;;u , ' /      首だけはいやじゃのう。
     〃__,{ ヽ、 、({ ≦   ≧zヽ, } こ'⌒ヽ ¨´u |Y^ヘヽ、___ _, イ/
   、」:ftッ,ヽ、 ハ ミニ! /⌒ヽ ;;ト┘{ ;ヽ弋iつ7´,'└〉_ノ^f^ヽ、´/
    ヾ_| 〈_、 |  |   〈';;r===-イ 气,ハ `¨こ´u;;; _/ヽノ| ,ァ=r- 、
     「! fニぇj  j   入`¨こ¨´ u  /f≧ー一 '´  ,/ 厶八_ノ   \__
.     ヽ、 `¨7 ,イ/>rr--r≦´  jf`=--    /   ,r-、
             【某企業の皆さん】
 


また、上場するということは、財務状況や労働状況などを、すべてクリアに公開しなければならない。逆に言えば、そうすることで
上場企業はすべてを丸裸にされ、よくわからない株主のために働かせられかねない。

85 :ヤン・ヒューリック ◆1xuVLqH3kQ:2014/09/13(土) 17:04:07 ID:tSPrWWi20

ちなみにそうした非上場企業で有名なのが、サントリーホールディングスである。これは、サントリー自体が同族企業であることも大きいが、
ウイスキーなどをはじめとする長期の熟成を必要とする酒を製造しているため、株価の変動により短期的に成果を求められる上場企業の宿命から、
逃れることが大きい。

                  ____
               i:.:.:.:.:.:.:.:.:i
                l.:_.:.:_.:.:_.:.l
                   |:.:.:.:.:.:.:.:.|
                   |:.:.:.:.:.:.:.:.|
                 ノニニニ弋
           ,.ィ:'/´suntorywhiteヽ‐、
           /::::::`  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄´::::::\
         /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ
        f:::::::::::::,、-‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐-、::::::::::::i
        |::::::::::/              ヽ:::::::::|
.          |:::::::::|      The      |::::::: |
.          |:::::::::|  SUNTORY .OLD   |:::::::::|
.        |::::::::|.     WHISKY    |::::::: |
          |:::::: |.             |::::::::|
         |::::::::i. sperior 43゚ quality i::::::::|
        |::::::::'、                , '::::::::|
.         i:::::::::::`:':‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐::'´::::::::::i
         V:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
         \:_:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_:/

また、竹中工務店もそうだが、大半のこうした企業は皆、同族企業であることが多い。そうした株主の介入を嫌うことから、
あえて上場をせずにいたのである。

86 :ヤン・ヒューリック ◆1xuVLqH3kQ:2014/09/13(土) 17:04:22 ID:tSPrWWi20

かつて出光興産もまた、上場をせずにいた。これは創業者である出光佐三がそうした得たいのしれない株主のために働くことがいやであったからである。
彼は大家族主義を掲げており、終戦時の苦境時でも社員を誰一人として首にせず、会社を建て直した。
もし上場していれば、リストラをしなければならない可能性もある。
それ故に、彼は株主というものを信用していなかった。




       /l, r ´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ..、
         {::::::::::::::::ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_; >
    ,..-─`:::::::::::::l ヽ::::::::ヾ、::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
   /´/::::::::::::::::::l   ヾ 、::'、ヽ:::::::::::::::::::::::::::::ヽ、      顔も知らない株主のためになんか働けるか! 俺は金儲けがしたいから
    /::ィ:::::::::::::::::::{   ヽヽ:::'、 ヽ:::::::::::::::::::::::::::ヾ`     会社を興したんじゃない! 
.   / ´l:::::::::::::::::l、:l    ヽ ヽ`、ヽ:::l、::::::::::::::::::、:ヽ、
  /' .l:::::::::::::::ll::!.l:l      ヽ ヾ 、 '、!l:::::::::::::::::`、` ヽ   社会のために、 社員のために、出光興産を創った! それを金儲けのためしか
    l::ィ:::::::::::!l:!`キ- 、  / ヽ `, - リ.l:::::::::::::::::::丶   考えられない連中のためになんて働けるか!
     l/ l:::::::ll::l,.t'´ ̄ ヽ`、"ヽ` '," '~ `ヽl:l、:::::::::、- 、ヽ
    {  lオ、:l{!'{.  (::)     、    (::)   !〉::::::::::`::.、
      l l ;、 ` ー--‐'  }    `‐-- '´ /'´.〉, r '´
      ヽ4ヽ       〈    ーl‐ヾ´///:::丶
       `ヾ'、     _,,.........,,_      t.ィ、l ̄``
          ` 、  ´ ─‐‐ ``  ,.イヾ
            `t、、     ,.ィ"
                 } ヽ`~~ ´ .i
                 l       l
          ,...-ノ      '、.、
      ,......r::::':´::::i´           i:::`:-......,
   ,r ''「:::::::::::::::::::::{            l:::::::::::::::::ヽ、
 



だが、その出光も時代の波には逆らえず、2006年には上場している。同族経営というくさびを解き放ち、同時により開かれた企業を
目指すために、出光興産はあえて上場という選択をとった。

87 :ヤン・ヒューリック ◆1xuVLqH3kQ:2014/09/13(土) 17:04:37 ID:tSPrWWi20

今回は、出光佐三と同じく非上場企業を作り上げ、貧困と苦境と学歴のなさをバネにし、世界初の小型ディーゼルエンジンを
開発した、一人の経営者について語る。







                .          /: : : :/    ノ     ヽ    \: : : : ヽ
                        /: : : :/    / ,-―‐-、 \   \: : : :',
                       /: : : /(   / ,イ : : : : : : ヽ、`ヽ、_ハ: : : ::',
                      /: : : :/ 二二_ィ´/: ;ィ : : : : : : /`ー┬---、ゝ: : :',
                    ∠: : : :/レ: : : ::/ ̄l//: : /j::/ ̄ ̄|: : : : ::ヽ: : ::',
                     /::/: :/: : : : :/ ,--- /::/  ,リ ,--- j∧: : : : :l: : : ',
                     " |: : /: : : : :/ ,/   /イ     /    ヽ ',:: :: ::|: : トヽ
                .       |: : l: :/ヽ| {   O j     l 0    } }: /ヽl: ::j ゛
                       l: : l: l ´てl ヽ、__ノ      ヽ __ ノ ,!/く }:/
                       |: ∧{ ヽ l        {        /ノ ノ/
                       レ' V\. ',    、____,    / //
                           Vハ\                 ノ<__/7
                          /  ヽ \         //V   / /
                          ヘ      V `iヽ、__  イヽ |     / /
                          ヘ       |         |      / /
                           \     ノ         |       / /
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                          【AAで学ぶ日本経営者列伝】
                          【第九回 ミスターディーゼル】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



89 :ヤン・ヒューリック ◆1xuVLqH3kQ:2014/09/13(土) 17:05:20 ID:tSPrWWi20

今回の主人公、山岡孫吉は今の滋賀県長浜市に生まれた。彼は7人兄弟の4男3女の6番目であり、大家族の中で生活していた。


.          /: : : :/    ノ     ヽ    \: : : : ヽ
          /: : : :/    / ,-―‐-、 \   \: : : :',
       /: : : /(   / ,イ : : : : : : ヽ、`ヽ、_ハ: : : ::',
      /: : : :/ 二二_ィ´/: ;ィ : : : : : : /`ー┬---、ゝ: : :',      俺はじいさんの孫だから孫吉とつけられたんだ。
    ∠: : : :/レ: : : ::/ ̄l//: : /j::/ ̄ ̄|: : : : ::ヽ: : ::',
     /::/: :/: : : : :/ ,--- /::/  ,リ ,--- j∧: : : : :l: : : ',
     " |: : /: : : : :/ ,/   /イ     /    ヽ ',:: :: ::|: : トヽ
.       |: : l: :/ヽ| {   O j     l 0    } }: /ヽl: ::j ゛
        l: : l: l ´てl ヽ、__ノ      ヽ __ ノ ,!/く }:/
       |: ∧{ ヽ l        {        /ノ ノ/
       レ' V\. ',    、____,    / //
           Vハ\                 ノ<__/7
          /  ヽ \         //V   / /
            ヘ      V `iヽ、__  イヽ |     / /
           ヘ       |         |      / /
           \     ノ         |       / /




そのため、幼少の頃から貧乏な生活を強いられており、非常に苦しい生活を送ることとなる。


88 :ヤン・ヒューリック ◆1xuVLqH3kQ:2014/09/13(土) 17:04:53 ID:tSPrWWi20

そんな状況であったために、彼は小学校を出てすぐに奉公に出されそうになる。彼自身は進学を希望していたが、それを許されないほどに彼の実家は
貧しかった。

  
.       /.:::/  / }:::::::::::::::::::::::::::::,、:\  \:::::::::::::::::::::::::::::
     ,'.:::::|`''´  ,ィr´ヘ:::::::|ヽ、:::::::| \::.Y'"'ヽヽ,:::::::::::::::::::::::
     ,'.::::::| ,ィ''"´.:::|  \::|,.、 \::::},∠..ヽ ..、  l:::::::::::::::::::::::   一応高等科まで進学はできたけど、その後はすぐ奉公か。
    ,'.:::::::|/.::::::::::::::ト、___>! }ヽ',`ヾi´     ヽ、!λ::::ハ:::ト::::
    ,'./|::::::::::::::::::l:::::|/´ ̄ヽ    | O      } '´ ∨ `' ヘ   俺勉強嫌いじゃないのになあ。
    {' |::::::::::::::::::|ヽ:|   O ',    `、    /    ヽ  ,'
      ',:..ヽ:::::::::| {       l     `    ´        /.:
.        ',:::..\:::ト、ヽ、     .r'    ____    J   r-イ. :
.        ',::::lヽヾ ヘ      ` ,.. '´ ,イ `ヽ、    //.: : :
          ',::| ヽ:::::{       ,∠ - '''´      }  /. : : : : :
         'l   \ヽ    i,イ       ,...ノ/. : : : : : : :
             `'`ゝ、.__ゝ ー---─ '"´イ. : : : : : : : : :



明治31年1898年、彼が尋常小学校を卒業した年だが、まだまだこの時代の農村部は貧しく、進学率も中卒ならぬ小卒が主流であった。
義務教育は小学校六年間であり、それ以降は現在の高校進学と同じく受験になる。中学校卒業は今でいうところの高卒に近く、
高卒は大卒、大卒はそれこそ大学院卒に近い。
そのために、彼は高等小学校までしか進学できずにいた。


90 :ヤン・ヒューリック ◆1xuVLqH3kQ:2014/09/13(土) 17:05:35 ID:tSPrWWi20

高等科を卒業して、彼は二年間実家の手伝いをしていたが、次第に同級生達が奉公で故郷を出て行く光景を見ると、彼も次第に村を
出て行きたいという気持ちが強くなる。

          /   \ヽ. ____ ノ .:.:.:.ハ
            /      ヽ、________.:.:.ハ
            /      ム {ヽ         `:.、:\
         |      |弋ハ__\           :.:.:.:.:.
         | /∨     | イvハ-x 丶         :.:.:.:.:.   みんな村を出て奉公か。進学できず、村にこもっていても何にも変わらないしなあ。
          'V ∨ ハハ│ヽ{  ヽ \ j    :.:.:.:.:.
               \{ }ヽ ',0    ',  ヽ{ヽ ハ:.:./   俺も外に出て行きたいなあ。
             _lノ   ヽ     }    ∨ j/:.:.:.
                く .:.:.:.:.:.. ` ー―彡     .:.:.:.:.:.
             ヽ              ,  '  ̄ ̄
                  {__           u /
                  (`こ⌒)    /     /.:
             ∧( ) ' ⌒ヽ ´  /     .:./.:.:.:.:
          { ( )  .:.:.:',  /       .:.:./:.:./:
            ヽ_____ .:.xー┴'ー‐     .:.:.イ,.:.'.:.:.:.



そして彼は十五歳の頃に村を出ることを母親に告げ、母親に米一俵を受け取り、それを現金化した3円60銭を手に柳桑折1つを背負って村を出た。




          /:::::/{_ ,. イ  ,.イ:::::::::::::::::::::\ `ヽ、   }、:::::∧
        /::::::::/   _,.x<:::::::::::::::::::::::::::::::::::>x_    ̄ ∨::ヘ:ヽ
       ./::::::::7 /::::::::::::/ |::::::∧::::::::::::::∧::::::|',:::::::::ー:、 V::∧ヾ
      7:::::::::::| /:::::::::::::::/  i:::7 ∨:::::: / ∨::! V:::::::::::ハ i::::::::',     母さんには一万円貯めることを約束した。絶対に俺は母さんのために
      i:::::::::::::'´::::::::::::::/ -─:7= ∨:::/==- V{ __V::::::::::::::ヾ|:::::::::',    これを果たすぞ!
        ;::::::::::::{:::::::::::::::7 , -─=、  V,′,. --- 、 V:::::::::::::::::::::::::ハ
     イ::::::::::::::V:::::,'!::7 /   9 !     7 9  ヽ∨::::::::::::::::::::::::::}
   /ー‐ |::::::::,.}::::,' |:| .{     i      {      } V ∨,、:::::::::::::::!
       |::::::{ Ⅵ, ヾ  、___. '      ` ___ノ  〃- {::::::::::::7
       |::::::| ( ハ            i        '〃  ' 丁 }::ハ::::,'
       レハ:、`ヽ ',                      , - ' ,ィ/ V
             V>--',         ___          ,'__,.イ/
             /V:::::::ヽ     ´──`     ,ィ:::::::/、
       x<: : : :Ⅵヽ::::> 、          , イ:::/Ⅳ: : :∧
     /: : : : : : : : }!: : \::::|: :>     <::::|:/}:,': : : : : : :∧
     厶-----z__: : : : : : : :ヾ{: : : : :  ̄: : : : : : :.|: : : : : : : : : : :∧

91 :ヤン・ヒューリック ◆1xuVLqH3kQ:2014/09/13(土) 17:05:59 ID:tSPrWWi20

早速大阪に出た彼は、長兄である長兄栄太郎を頼り、天満のメリヤス屋に奉公に入る。


.:.:.:.:.:.:.             r 、j/イ  ∠
.:.:.:.:.:.:.             ├‐      ̄ =
.:.:.:.:.:.:.             |
.:.:.:.:.:.:.             |    f´ ̄
.:.:.:.:.:.:.:.             |     ||  - ,ィ
_.:.:.:.:.:.:.:.      |∨ .ハ   ||' ,ィ仭Ⅳ       おまえもやっぱりこっちにきたか。
イ:.:.:.:.:.:.:.:.       |.:.∨ ハ   ||/ー ' ス.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.    |:.:.::∨ ハ _ノイ  - '
;/l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.   |:.:.:.:.:∨ハ   :.:.       ト.
 |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. |ー弌z,Vハ         jハ
 |.:.:.:.:.:/⌒丶.:.,イ―― 、ヽ{.:.       , イ |
 |.:.:/.:.:.:.:.  \.:. __}:.:.:.:.:.     //。│
ィ':}イ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ヽf.:.:.:.≧:..、.:.:.:.:._/イ   /
.:.{.:.:.:.'  ̄ ̄ ̄ ヽノ:\.:..\.:.:.>:.、` =xー´
:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.   } ̄ヽ\.:.ヽ.:.:.:.:.:.:.≧、




      ,イ , イ     , イ ,イ         ヽ、     }  ヽ、
     ,イ ∧   , イ , イ ,、      ,、    ,  ̄ ゙̄ヽ    ヽ
    .,イ   / ゙ニニ - '"   / !     ,' .',   !',      ゙,ヽ、 ゙,
   /   ,' ,イ        / !     ,'  ',   ! ',   ,   !  ヾ      兄貴には申し訳ないけど、俺もいつまで村にくすぶってるつもりなんかないんだ。
   /   !'        ,イ  !    /   ', ., t- ',   !    !         だからしばらく世話になるよ。
  ./           ,イ    !   , /     ,イ !  ',  !   !   
 イ ,,        / / 、   .! /,'/     /, ', !、 ', , - 、  !
 ,イ i!   /    / /ー,->、/ / /  ゙ーイ!・i .', ! ゙,  〉イヽ i  !
   i!   ,' i   ,' /イ.    !・!/!     i ゙"   i! / 、/ /、 !
   ,'   ,イ ,!  ./!' !     ゙ .!          " ,' イ ,イ、ヽ!ヽ
   .,' ./,' ,イ.! ,',.   ゙      ,      ゙ ー '''  i, イ  ヽ、 ヽ 、
  /イ /イ  i .,' ゙、    ー‐ ''".    i}        ! ./ ヽ、  ヽ、  > 、
  ,イ,,,!   ゙ヽ、 ー ',                 , イ ,    ゙ヽ、  ゙ヽ、    ゙',
 "       /゙ ー-'、        ,ー---_-,    , イ  ./      ヾ,ヽ、 ゙'、   !
          ,'     ゙ヽ、    "  ̄ ̄  , イ /  /         ゙ヽ,ヽ '、  !
        ,'       ヾ> 、  _ イ./ /    /           ヾ、',  !
        i        i ヽ、     i ./   "             〉' ゙ゞヽ
        i        ,!  ヽ、   , -! !  ,              ,イー, i

92 :ヤン・ヒューリック ◆1xuVLqH3kQ:2014/09/13(土) 17:06:33 ID:tSPrWWi20

だが彼はメリヤス屋を三日で飛び出し、次に写真の台紙屋に1年半住み込み丁稚となったが病に罹り辞め、暫く長兄宅の2階で身体を休めていた。


      / :   /      /  /         \   \         l ヽ  : : : : : :l
      / :   /l    /  /            \   `' - .,,_   _ j  l   : : : : : :l
    /: :   / ー  '  /               \            l  : : : : : ::l
    / : : :   i  , - ‐                    ` ‐-... ,,,, ... - ..,   l  : : : : : :l    はあ、どうもうまくいかない。体までこわすし。
   / : : :::  l/                                 \ }  : : : : :N
   /: : : :                             /!            : : : : :l    やっぱり村に残っていた方がよかったのかな?
  //!/ l           /!. /|           /!.  /、:|            : : : : : l
      |           i::|. /`;|   /:|      /:| : /::::`i.  /|         : : : : : l
    /イ          .l::::|/::::::|  /:::::}     /::::| /:::::::::| /::|  /| /!    : : : : : :\
   /  彳 ∧ x 、  l .l:::::::::O:::::W:::::::::l  M  ./::::::| /O:::::::::V:::::| /:::イ/-|/!    : : : : : : : :\
 /    W : :i .i、V:|  Ⅳ ::::::::::::  }::::::::| /:レ::| /', ::レ::::::::::  ノ:::::レ::::::(レ:::::::::l /l : : : :   l : : :
<         V :ヽ::V:i .l:`.、. _,,. =テ:::: :レ::  ::レ::::`=- _ =´:::::::::::::、_,/://: |/      | : : :
/\        : : : ー:V : ゛〒''" :::   ::   ::::::: .i ゛ ̄ ゛:::::::  :::::::::::::/: レ        .| : :
: : : :\        : : : : :i  ;'            ;.    ;' ::  /| ー : :           | : :
: : : : : :\         : : : i  ;       ゝ         ,  /::::::}/:           ,.. - : : :
: : : : : : ::\         :|::\;               ',. :':::::::::::::::i         ,,. < : : : : : :
/   : : : :\         |:::::::::丶    ===-    ,.-''::::::::::::   /      ,,.-       - ..,
        : :\       |   :::::` ,,     ,,. -:::::::::::       /    ,,.-: : :





踏んだり蹴ったりの状況であったが、そんな彼に一つの転機が訪れる。

93 :ヤン・ヒューリック ◆1xuVLqH3kQ:2014/09/13(土) 17:06:48 ID:tSPrWWi20

兄の家に居候していた頃、次第に体を回復した山岡は、少しは食費の足しになればと思って釣りに出かける。すると、そこで彼は大阪瓦斯(現在の大阪ガス)の
職員と出会う。

         \                         |  ,イ
           \     , - '"´ ̄i       ト、      レ' /   ,ィヽ
            .>  /  _   レヘ     ト、} \     /  /   }
             /  , ハ ._>ヾ::、  \i\  i    \   イ /⌒   |
            ̄フ::::::::〉≧::::::::::ヽ、     \i  ,--ァ./\ ,ム .{  i   i
             i∧::::i 〃 ̄ \::マ      /::::::::>::::::〉  ∨  i  ∧    ほう、おまえなかなかおもしろいやつだな。だったらうちで働かないか?
              i::::{  {{   ヒハ≧   , _≦≠ ̄㌧',:::/   .∨  i  ∧       
             /⌒、i ヾ=-- '   〉くひ  ,彳 ∨     ∨ L_∧   うちも今は人手不足でよ。
             { >       ̄    ヽ 三气   /‐、      ヽム'{: : : : トィ‐、
               ', r‐ト{  〃个ー   ^ ‐      く` {      i: :、: 、:.Y⌒ヾ、/⌒ヽ
           ._≠"\   ∨L、 `゛`''―--- ァ  /ハY⌒ ̄`ヽ  」: : ヽ: :|  /⌒ヽ: :〉
   .ト―――――--::::::::::: ̄1  h ^ー'⌒ー-―'   / , ‐ト、_.   ,∨ー-: : :.i  i    〉≧
   \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト、. ', L       ∨  ∧_/::::::::::::ヽ-': :ヽ‐: : : : ー-L_Yノ: :〈
     \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| \\二ニェ―z'  ,イ:::::::::::::::::::::::::::}: : : : : : : : : .:\.: .: .: .: .: .: :i
      \:::::::::::::::::::::::::::::::::::i   \   -  ̄  / |:::::::::::::::::::::::::::i: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :i
        \::::::::::::::::::::::::::,‐1  i   ー --- '  ト、:::::::::::::::::::::::入: : : : : : : : : : : : : : : : : : /
         >、:::::::::::::::∧   i         i  \::::::::::::::::ヽ--ヽ、: : : : : : :_ , .: : : : :,人
        /::::::::\::::::::::::∧   i        /   〉:::::::::::::::::::::::::::::ート、-:.、,_>―'/ \
    -r¬":::::::::::::::::::\:::::::::::\  \          /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\ー―― '



こうして彼は大阪瓦斯の工事人夫となり、ようやくまともな職を得ることができた。



.       /.:::/  / }:::::::::::::::::::::::::::::,、:\  \:::::::::::::::::::::::::::::
     ,'.:::::|`''´  ,ィr´ヘ:::::::|ヽ、:::::::| \::.Y'"'ヽヽ,:::::::::::::::::::::::
     ,'.::::::| ,ィ''"´.:::|  \::|,.、 \::::},∠..ヽ ..、  l:::::::::::::::::::::::      ありがとうございます! 早速働かせてください。
    ,'.:::::::|/.::::::::::::::ト、___>! }ヽ',`ヾi´     ヽ、!λ::::ハ:::ト::::
    ,'./|::::::::::::::::::l:::::|/´ ̄ヽ    | O      } '´ ∨ `' ヘ
    {' |::::::::::::::::::|ヽ:|   O ',    `、    /    ヽ  ,'
      ',:..ヽ:::::::::| {       l     `    ´        /.:
.        ',:::..\:::ト、ヽ、     .r'    ____    J   r-イ. :
.        ',::::lヽヾ ヘ      ` ,.. '´ ,イ `ヽ、    //.: : :
          ',::| ヽ:::::{       ,∠ - '''´      }  /. : : : : :
         'l   \ヽ    i,イ       ,...ノ/. : : : : : : :
             `'`ゝ、.__ゝ ー---─ '"´イ. : : : : : : : : :

94 :ヤン・ヒューリック ◆1xuVLqH3kQ:2014/09/13(土) 17:07:12 ID:tSPrWWi20

当時の大阪では1905年明治38年には市内でのガス供給が行われるなど、積極的なガス供給が行われていた。工事人夫とはいえ、
そんな大々的な開発を行う会社で働けるのである。山岡はそうした背景を元に一生懸命に働いた。

    /:.:.:.:.:/  /:.:.:.:.:.:.:,ィ:.:.:.:./ /:.;ィ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ ヽ:.:.:、:\
    ':.:.:.:.:.:.:/ ./:.:.:.:.:.:.: /斗-≠=ム< !:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ハ  }:.:.ハ ` ヽ
   ':.:.:.:.:.:.:./ /:.:.:.:.:.:.:.:.:./  |/     ` !:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ:.:.| .}:.:.:ハ
 /イ:.:.:.:.:../ /:.:.:.:.:.:.:.:.:./           l:.:.:./l∠. l:ハ/:.:.:.:.ハ    俺の工事で大阪でも自由にガスが使えるようになっていくんだ。
  i:.:.::.:.:.:.l ム:.:.:.:.:.:ハ:.:l   ___ ヽ   l:/   `、1:.ヽ:.:.:.:.:.:',
  .l:.:.:.:.:./r、 ヽ:.:.:/ V 彡三三三ミ        . ,':.:.:.ヽ:.:.:.:.:.i
  l:.:.:.:.:ノ ,ヒ ヽ V                  ィ≡ョ、.,':.:.:,ヘ:i:.:ハ:.:.l
 .l:.:.:.:〈 ( `(      _   ```      i   ,',':.:.:/:.:.:l/ ヽ:|
 l∧:.:.:.ヽ、`ー  ,, - '' ¨: : |             〉` '.ハ:.∧:.:/
   ∨_:. -`ー '': : : : : : : : :l           ```! V |/
  , ィ´: : : : : :_.. -‐ ''' ¨ ̄l      「 ̄7     ノ
. f: : :_ ィ: : : :l         ./.      ー '′    /
. l/  l: : : :l        i          ,  '
 !    l: : : l         l    、...__..、-
 ゝ   ';.:.:.:',      l      /  `ー―――‐‐―ァ
ノ, --‐二:.:.:__ヽ     l       /           /



当時のガスは今でいうところの「原子力」に近い。それまで燃料が薪や炭が主流であったのが、手間がかからないガスが主流となる。
幼少期から勉強熱心で、好奇心が強い山岡は次第にガスへの魅力を感じるようになり、ガス工事のプロフェッショナルとなっていった。


                    __,. ──-  __
                     , ィ, -‐ニ:::::::::::::\ \
                 _/::::/:::::::::/ !::::::::::::::ヽ...\
                    7::::::::/}/‐.、|:::::://Vヘ..}:ト=-   
                   i::::::::::|γ´ 9Y}/}∠__}:::ハ:ハ
                   |::::::{ヾ L........'  、 ,'9 ヽ' }:::::}リ   
                   }:/ ヽ ,、       ヽ、/イ::::/
                   ' |ヘ,.イ:::::| ;´ ̄ i    /ル'
                r≦r:':´: :.| 廴__.ノ   从
            γ:: ̄:>x{...: : : ト.、  . <イ
              /::::/: : : : : :.\: :.|::::: /: : : ヽ、__
          r:'i::::7: : : : : : : : : ',ハ 、(:..\: : : : : : /
            __j二二: : : : : : : : : : i: } _, 、___Y: : :/
          ノ/::/: : : : : : : : _: >'´  \ }:/:}

95 :ヤン・ヒューリック ◆1xuVLqH3kQ:2014/09/13(土) 17:07:28 ID:tSPrWWi20

熟練工となった山岡は、大阪瓦斯にゴム管を納めている会社に立ち寄った。そこでは表面がひび割れ大阪瓦斯から引き取りを断られたゴム管が大量にあり、
その会社は路頭に迷っていた。そこで、彼はこのガス管を売ってほしいと頼まれたのである。



               /⌒Y⌒ヽ
           /(○) (○ヽ        山岡さん、申し訳ないけどこのガス管表面がヒビ割れて使い物にならないからって、大阪瓦斯さんから
             /::::⌒`´⌒:::u\      引き取りを断れて困っているんだっていう。だけどふつうに使う分には支障がないから、どうにか
          | ,-)     (-、|      ならないかっていう?
          | l  ヽ__ノ l. |
             \/⌒)⌒)⌒) /   /⌒)⌒)⌒)
        ノ ̄ .| / / /   (⌒) ./ / /
      /´    | :::::::::::(⌒)  ゝ  ::::::::::/
     |    l  |     ノ  /  )  /
     ヽ    ヽ_ヽ    /'   /    /
      ヽ __     /   /   /






.          /: : : :/    ノ     ヽ    \: : : : ヽ
          /: : : :/    / ,-―‐-、 \   \: : : :',     わかりました。仲間と一緒にゴム管を売ってきますよ。これくらいなら 
       /: : : /(   / ,イ : : : : : : ヽ、`ヽ、_ハ: : : ::',    十分に使える代物ですから。
      /: : : :/ 二二_ィ´/: ;ィ : : : : : : /`ー┬---、ゝ: : :',
    ∠: : : :/レ: : : ::/ ̄l//: : /j::/ ̄ ̄|: : : : ::ヽ: : ::',
     /::/: :/: : : : :/ ,--- /::/  ,リ ,--- j∧: : : : :l: : : ',
     " |: : /: : : : :/ ,/   /イ     /    ヽ ',:: :: ::|: : トヽ
.       |: : l: :/ヽ| {   O j     l 0    } }: /ヽl: ::j ゛
        l: : l: l ´てl ヽ、__ノ      ヽ __ ノ ,!/く }:/
       |: ∧{ ヽ l        {        /ノ ノ/
       レ' V\. ',    、____,    / //
           Vハ\                 ノ<__/7
          /  ヽ \         //V   / /
            ヘ      V `iヽ、__  イヽ |     / /
           ヘ       |         |      / /
           \     ノ         |       / /


早速彼は仲間達と一緒にゴム管を販売した。ゴム管はヒビが入っていたが、使用するには一切の支障がなかったために結果的によく売れ終いには在庫全てを引き受けた。

96 :ヤン・ヒューリック ◆1xuVLqH3kQ:2014/09/13(土) 17:07:45 ID:tSPrWWi20

この経験で、彼は将来一万円を貯めるならばこのやり方でないと無理であることを悟り、商売の道を選ぶことを決意する。



        /:::::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::>:.....
          /:::|:::::::::::::::::::::\´ ̄ ̄¨弋::::::::::::::::::::::>::.....
       {:::八::::弋:::::::::::::::ハ      ヽ::::::::::::::::::::::::::::::   あんなゴム管を右から左にさばくだけでそこそこの金になった。だったら
         V{:::::ヽハ rミ ̄ ̄`/´ ̄ `ヽ  ∨::::::::::::::::::::::::   ちゃんとした金を稼ぐなら、やっぱり商売の道を進むべきなんだろうな。
         弋::代:::.| '.          '.  )イヽ:::::::::::::::
             `ヾハ| .|   |       }    |::::>'⌒
             | 0j    O    ノ    レ'./>
            ノ`¨  ,;,  ー─=ニ  〃  〈⌒ヽ
             弋 ,,,    ミ  ''′゙'      )__ノ__
             从       r─‐-  -一≦三三三ミ
         ト、  丶  r‐-、 ├气ミ三三三三三三ニニ
         | ヽ   \`¨´   |     ̄ ̄  |三|
         |   `ー彡\   ',           j三j
          j        `¨¨¨´V       {三{
         {                V      l三ミ辷
        人              人     / `ヾミ



      ,イ , イ     , イ ,イ         ヽ、     }  ヽ、
     ,イ ∧   , イ , イ ,、      ,、    ,  ̄ ゙̄ヽ    ヽ
    .,イ   / ゙ニニ - '"   / !     ,' .',   !',      ゙,ヽ、 ゙,     よし! 俺はもう工事屋から足を洗って兄貴の家もでて商売人になるぞ!
   /   ,' ,イ        / !     ,'  ',   ! ',   ,   !  ヾ
   /   !'        ,イ  !    /   ', ., t- ',   !    !
  ./           ,イ    !   , /     ,イ !  ',  !   !
 イ ,,        / / 、   .! /,'/     /, ', !、 ', , - 、  !
 ,イ i!   /    / /ー,->、/ / /  ゙ーイ!・i .', ! ゙,  〉イヽ i  !
   i!   ,' i   ,' /イ.    !・!/!     i ゙"   i! / 、/ /、 !
   ,'   ,イ ,!  ./!' !     ゙ .!          " ,' イ ,イ、ヽ!ヽ
   .,' ./,' ,イ.! ,',.   ゙      ,      ゙ ー '''  i, イ  ヽ、 ヽ 、
  /イ /イ  i .,' ゙、    ー‐ ''".    i}        ! ./ ヽ、  ヽ、  > 、
  ,イ,,,!   ゙ヽ、 ー ',                 , イ ,    ゙ヽ、  ゙ヽ、    ゙',
 "       /゙ ー-'、        ,ー---_-,    , イ  ./      ヾ,ヽ、 ゙'、   !
          ,'     ゙ヽ、    "  ̄ ̄  , イ /  /         ゙ヽ,ヽ '、  !
        ,'       ヾ> 、  _ イ./ /    /           ヾ、',  !
        i        i ヽ、     i ./   "             〉' ゙ゞヽ
        i        ,!  ヽ、   , -! !  ,              ,イー, i

97 :ヤン・ヒューリック ◆1xuVLqH3kQ:2014/09/13(土) 17:08:01 ID:tSPrWWi20

若干二十歳で独立し、偶にガス工事を請け負いつつゴム管ガス器具販売で独立し、1年で千円近く稼ぐ事が出来た。若年の商売人としては
かなりの成功人といえる。

                ____ヾ-、
          ヾ、_, -‐:::::::::::::::::::::::::::ヽ:::\ヾ
           \::::::::::::::::::::::::, ------::、::::::ヽ、
            , ィ::::::::::>'"¨7    i,   \:::::\
           /:::::::::::/  /::::,---、 ヽ,  ハ',:::::',                                        
         //::::::::/ヽ--_'>'":::::::::::::::ヽ, `'ー-、.i::::::',     よし! やっぱり稼ぐならこれしか道はないんだ! 
           /::::::::::´¨:::::::::::::y::::::::::::::::::/:::::>-、.i::::::::',
        ,.=':::::::::::::::::::::/::/Z::::::::::::://::::::::::::i:::::::::::::iヘ,   実家から妹も呼んで、ここに住まわせよう!
            i:://::::::::::::/ニ、|::::/〃 //',::::/i::::::::::::::i
          〃 i::::::::::::,' .i.  9ヾ   -t''9´i/ヽ:::::;;;::::::i
           ノ:::::::i.=ハ ヽ--- '    ヽ-- '_/ ア/ヾi,
           /:::::i:\__',     , 、   ', __>、__
            ̄7/',:::ヘヽ   , -- 、 ヽ    7: : 7
            , --ヘi---> .      .ノ   .-': : :-.、
          `' <,      ヘ>- イ_,/     ヘ: : :ヘ
             \     ::|   .|        ',: : :.',-'" ̄ ̄ 7___
               \  /-'y-'".i         ヘ: : :ヘ    _  ヘ
                -) /-、    ',         ヘ: : :ヘ /: : :ヽ、 .\
             ,.イ,ノ./       ヘ       , --': -、: : : : : :ノ    >、_
               7   /        ヘ    , イ: : :/: : : : ----':、__
            i   /             ',   /: : : : ≠: ',: : : : : : : : :7--、ヘ



彼は郷里から妹を呼び出し、また長兄も彼の商売を手伝うようになっていき、彼は順調に商売人としての道を歩み始めていった。

98 :ヤン・ヒューリック ◆1xuVLqH3kQ:2014/09/13(土) 17:08:16 ID:tSPrWWi20

明治45年1912年25歳になる年に、大阪市北区茶屋町に70坪の土地を借り、工員も7~8人雇い『山岡発動機工作所』と言う修理工場を開いた。


          ,....::´::::::::::::_.. -―- .._:::::::::::::\
          //::::::,. : '⌒i    f'⌒丶.::::::::::ヽ
        ,∠.ァ':::::::/: : : : :/    ':,: : : : \:::::::::.
     ´  /:::::::/: : : : :/,..::::'⌒丶. \: : : : ヽ:::::::ヽ
       ':::::::/ヽ-- ' /::::i::::::::::::::::`ヽ.ニ - ' ヽ:::::::':
       l::::::::l, -‐:::i´::::::イ::|:::::::::::::ト:::::i::::::::\ !:::::::、',     工事だけじゃいつまでも食っていけない。幸い、俺はガスエンジンの知識もあるから、
       !:::::::l::::::::::ハ::::/__l::ト、::::::::::!_ヽ|\::::::::ヾ:::::::l ヾ    今後はガスエンジンで食っていこう。
      ,:::::::::l:::::::/ レ―- 、 \:::::|,ニ -‐ 、:::::::l::::::::l
       /ハ::::::::、::::{ {   り }   \{ り  }ヽ:::ト、::i::l
       \:::{ヾヘ ` ー- '     ` ー- ' ハ!/:ハl
         ヽ丶.ハ "     ;′      "/ ,/:/
          Vヽ:::ヽ               /`/
            ン、\   ´  ̄ `  /イ/ヽ.
          /   ヾト丶 、   , イ、/     \
        ,. ´     ;  }  ` ´  { 、     `ヽ、
       `ー‐--、    {_ノ        ヽ、l   , -― ´
           _ ソ:、 l ',        ,' l  /、丶、
       _.  ´/   ヽl|ー',- 、  _. -,'ーl /  \`  ._
    _

実は大阪瓦斯時代から彼はガスで動くガスエンジンにも携わっており、元々手先が器用で勉強好きな彼は
ガスエンジンについても精通するようになり、、ガスエンジンの修理や販売を手がけるようになっていった。

99 :ヤン・ヒューリック ◆1xuVLqH3kQ:2014/09/13(土) 17:08:30 ID:tSPrWWi20

この頃、日本全体で水力発電用のダムが開発されており、水力発電が主流となっていった。それまではガス発電などが主流であったのだが、
動力源がタダ同然の水で十分なダムが注目されるようになり、次第に水力が日本の発電をまかなうようになっていった。


       , ──── 、
    ゝ/ _______ヽ
     i  | / /⌒ ヽ/⌒ヽ        僕が作った佐久ダムもそうだけど、やっぱり水が豊富な日本じゃ水力発電がベストだね。
     | _| _|   ・|・  |__
  , ─i 、    ヽ __ o__ ノ  ヽ
  !  `-、          |  !
  \   ヽ、   ──┘ ノ /
    \   \二二へ二ヽ/
     \ |        |
       |        |
 

余談になるが、こうした電源開発を率先的に行っていったのが第一話で登場した浅野総一郎である。彼は積極的なインフラ整備や
こうしたダム開発を行っていった。

だが、その結果、ガスエンジンを取り扱う会社の大半がつぶれてしまい、路頭に迷うことになっていったのである。

100 :ヤン・ヒューリック ◆1xuVLqH3kQ:2014/09/13(土) 17:08:44 ID:tSPrWWi20

だが山岡は、電気送電が無い所にはガスエンジンを、ガス会社自体が無い所には吸入式ガスエンジンを販売することで、
逆に商機を掴み、エンジンブローカーとしてのし上がっていくことが出来た。
当時の日本は送電網が行き届いておらず、ガスエンジン自体の需要があることを理解していたからであった。


                    __,. ──-  __
                     , ィ, -‐ニ:::::::::::::\ \
                 _/::::/:::::::::/ !::::::::::::::ヽ...\
                    7::::::::/}/‐.、|:::::://Vヘ..}:ト=-
                   i::::::::::|γ´ 9Y}/}∠__}:::ハ:ハ
                   |::::::{ヾ L........'  、 ,'9 ヽ' }:::::}リ
                   }:/ ヽ ,、       ヽ、/イ::::/          商売のやり方は無限大! やりようなんていくらでもある!
                   ' |ヘ,.イ:::::| ;´ ̄ i    /ル'
                r≦r:':´: :.| 廴__.ノ   从
            γ:: ̄:>x{...: : : ト.、  . <イ
              /::::/: : : : : :.\: :.|::::: /: : : ヽ、__
          r:'i::::7: : : : : : : : : ',ハ 、(:..\: : : : : : /
            __j二二: : : : : : : : : : i: } _, 、___Y: : :/
          ノ/::/: : : : : : : : _: >'´  \ }:/:}
       /::::/: : ___ x</´       \ Y: 7
     /-- =≦::::::::::_::::::::7     __ {.、.ノ-': |
    ./<:-: : :  ̄: : : : : |::::{‐‐-‐:7´7 .>ノ .|: :..|
    {: : : : : : : : : : : : : : :|:::::i:::::/:/ .}/   j: : :!
    ∨: : : : : : : : : : : : : V:::i::/:/ ̄ ̄  --{: : :.|
     ¬y------------‐':../────-!: : :.|
       /: : : : : : : : : : : : : : :/---、    ,、!_ :...|
      ./: : : : : : : : : : : : : : :/::r--ハ__  /:.:.:.Y: |
     7: : : : : : : : : : : : : : :/ ̄-、 |:::::::::::T=-{: :.!

101 :ヤン・ヒューリック ◆1xuVLqH3kQ:2014/09/13(土) 17:09:04 ID:tSPrWWi20

一万円どころか三十万円もの金を稼いだ山岡は、大正4年(1915年)28歳の時に結婚する。

              _       /′
             , ‐-ヽ:.}       / l   _
        , -― ´  -f ´ ̄`ヽ./  レ ´  /
          /,. -―ァ     r__― 、|   j _   {
       // ァ ´        `ヽ、} <く .}  /
     r  ̄   ノ  ..        \ `´<
      |     / ヽ. .:..:     \..    |    ` ー‐ァ
 {{、  _j    .{ .:ハ:..:..:. :/ ヽ ヽ:.. . ト--、--‐<_    ふつつか者ですがよろしくお願いします。
  ヽ二 ィ . .:.:.|,./‐弋:{:..:..:{z-‐-ミ:l:..:. :...ヽ┬--=‐ ´
    r' n:....:..:..:{{/f_テ.ト`\ドァf示ミlハ:..:/´ l
    ヽ{ ー、ァ‐、ヾ_迅リ   ` 迅リ リ/ /´二|
   ,.ァ   ヽ-ミトー    ,    ー7イ | { i⌒l
  {.{    ノ  ハ    ー一    .イ‐1 V/r‐ |
   ヽー‐.:´ _  }:>i...   .ィ:´  |-‐ ノ ,∠
    ,フ7´   `i _j¨廴`ニ´.斗ヽ.  | ̄ /  `ヽ
   /:..:..{:   、__ノノi⌒i o厂{ o{⌒il.ー|/{  ⌒i  }
   {:..:.. ヽ., -┬ ヘ `¨r‐{f¨ }- 、¨ノ` ┬- 、ー ' ノ
    ヽ:.__/  ヽ  丁   トイ  l  /   ヽ:.f´
   ,..-‐:1  ヽ / |  |  |   l 〈 /  |:. ー⌒i
  {:..:..:..:|   {  |  | .|   |  V    !     ノ
       【山岡(旧姓土肥)淑乃】



長男も生まれ、前途洋々の彼だったが、ここでとてつもない試練が彼に与えられることになる。

102 :ヤン・ヒューリック ◆1xuVLqH3kQ:2014/09/13(土) 17:09:21 ID:tSPrWWi20

それは第一次世界大戦の終了である。開戦当初は好況の日本経済であったが、戦争終結と同時に
欧州の民間需要が復活したことで、一時的な物資不足からの需要がストップ。
当時の日本製品は欧米諸国とは比較にならないほど劣っていたために、この好景気は終了した。

                                ,ィ!´ ̄``i''ー─- 、、、,,_
  イ三二二ニニニゞ                    ( j〉    」´ ̄ ̄``ー-、ヽ    .,.:,..:..    .,.:,..:..
               ... ,...               ``ー─'"´  ̄ ̄ ̄ ̄
         ,ィゞ          .,.:,..:..                               .,.:,..:.. ... ,...
             ー====-                         ー====-
  ... ,...                       .,.:,..:..                        ... ,...    .,.:,..:..
          _,  -─‐- 、ー‐-、ー-、  ;: ;:;: :;:;: ; ;           ,ィゞ
        ,イ、,r'⌒ヾ    ヽ ヾ ``''ー- -、-‐''"´ヽ;;: :;:; ;:; :;:;  ;:  .           .,.:,..:..
       ,r/  (::;;:;:;;/ー-、  j  `,   _ /ィ´  ;:; :; ;:; : ;:               ,ィゞ
       ヽ 「i''ー'"´   ,r-‐'ー''''"´ ̄
                                              ,ィ!´ ̄``i''ー─- 、、、,,_
                イ三二二ニニニゞ                    ( j〉    」´ ̄ ̄``ー-、ヽ    .,.:,..:..    .,.:,..:..
                             ... ,...               ``ー─'"´  ̄ ̄ ̄ ̄
                       ,ィゞ          .,.:,..:..                               .,.:,..:.. ... ,...
                           ー====-                         ー====-
                ... ,...                       .,.:,..:..                        ... ,...    .,.:,..:..
                       _,  -─‐- 、ー‐-、ー-、  ;: ;:;: :;:;: ; ;           ,ィゞ
                      ,イ、,r'⌒ヾ    ヽ ヾ ``''ー- -、-‐''"´ヽ;;: :;:; ;:; :;:;  ;:  .           .,.:,..:..
                    ,r/  (::;;:;:;;/ー-、  j  `,   _ /ィ´  ;:; :; ;:; : ;:  ,.-'''"-─ `ー,--─'''''''''''i-、,,
                    ヽ 「i''ー'"´   ,r-‐'ー''''"´ ̄

103 :ヤン・ヒューリック ◆1xuVLqH3kQ:2014/09/13(土) 17:09:42 ID:tSPrWWi20

そして山岡もまたこの好景気の終了からの不況に巻き込まれ、ガスエンジンの需要も激減。
いったん商売にけじめをつけて、彼は家族と共に実家に戻った。



             ヽ.::: .: :./.:.:.::::.:.:.:::.:.:.:.:.:.:.:.:\: :{       ヾ、.:::::.::.:`ー―--ァ
            、_\/.:.:.:.::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.::.:.:ヽ:\       }:ヘ:::.:.:::.:.:::..:.:.:/
 , ;          ヽ、≦ー― 、___.:.::::.:.:.:::::::::::\ ヽ、__ ,ノ: : :}.:.:.:::.:.:<´   ,,,;;
        c==ー^  ,>.:.:.::::/li   <こ_ .:; イ.:.:.:.:.::.:\ : : : : : : |.::::::.:.:.::;;;;>'"
    z        ,ィ≦_.:.::::,ム}|/__/´⌒  /.:.:::::.:.:::.:.:.:.:ヽ、: : : : l.::.:.:;;ィ'"  /
           __ -一  \.:fr'/{ミ ,彡/ ,/.:.:.::::/.:.::::ノ_,,,:::-一宀 ´    {
    c== ¨¨       /^{ノ ilil// /⌒´ ̄ ̄ ̄`7´ /     /         ',
       c に≠==ー 厶-f⌒il,/   〃    ー/, {  {     i          ヽ
               `ート、   〃   {i         ヘ. :丶ヽ: : :ヽ: : : : : : : : : : { :\
   C °。 : .   rー-ヘ にヘ,{i   ヽ.i{   . . . . . : : : : ヽ、:\: : : :\: : : : : : : : ヽ. : :
             ,>. : : ', ,〉ィヘ  ヾミ{!. : : : : : : : : : : : : : :\. :\: : : 丶: : : : : : : : \
       . ィー-く. : : : : く {^ヽ人   ヘ≧ー‐rー宀7⌒ヽ. : : ヽ、__. : : : : :\. : : : : : : :
      / /: : : : : :`ヽ、: :トこ´  ヾ     ¨>く__ノ _,人___/,} } ¨¨¨"¬r一=,,___ : :
    / ,/: : : : : : : / \ヘ、__       彡彡 ´ _ ー≠' ' 丿.::∧.::::.:/⌒ヽ  ¨`
/こ7  / : : : : : : /     \. : : : ´¨¨¬     , <ヘー┬¬く´j;/ヽ\;{    }ー、
/ /  / : : : : : : /        ヽ、.. : : : :/    {\: . . . Ⅳ´   ,/       ⌒

104 :ヤン・ヒューリック ◆1xuVLqH3kQ:2014/09/13(土) 17:09:55 ID:tSPrWWi20

そして、再びエンジンブローカーに戻ったが、山岡は失意の中にあった。


        ./ :;:;:;//       |      |      ` 、ヽ:;:;ヽ
        / :;:;:;.//       ノ  ノ ̄\ \       ヽヽ:;:;ヽ
      / :;:;:;:;/ .|     / /:;:;:;:;:;:;:; \ \       ) ヽ:;`、
       ̄/:;/ 丶__ノ ノ:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;\~ーー一   |:;:;:;|
       /:;:;:;|  /へ―イ:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;`へ__ノ⌒\|:;:;:;ヽ
      //|:;:;ⅴ:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;∧  /|:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;.|丶|       はあ・・・・・・・・
       /:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;|: ;:;:;/ |:;. / |:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;∧|
       .′:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;/|:;:;:;./|:;:;:;/ |:;:;/  |:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;/\
       /:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;./:;:;:;./___|:;./__|:;/ __|/___|:;:;:;/:;:;::;;:;/ \ .\
      .//|:;:;:;:;:;:;:;/ |:;:;/   ∨U|/   \  U |:;:;/ /V /  \/
        |:;:;:;:;:;(\V ミ==彡      ミ====∨ /__/   ./
        |/|///|\|                 / /   /
         | ∨ |/|入       '       / /   ./
         |/丶.|/∨ ヘ      一      イ  ./   . /
           ヘ   ∨へ、        / |  /    /
            ヘ     \|ヽ ー一 <   .|  /    /ー丶
            /丶      |         .| /   / ーヽヽ
           ./  ヽ    ノ      /   |/  /     ヽ ヽ
          /     、 /\    /    |          | |



      i :      . : :   ,ィ              ヽ
        ! : :    . : : : :_/ i    ハ : .         ヽ
       ! : : . :/ : : : : : :/ ̄`ミ 、  .ハ : : : .   : .  :    ヽ      どうされたんですか旦那様?
  ト、_ノ ,ィ: : : :l.: : : : :/ ,イミ、、 ヽ`ヽ :ハ: : : : .  : : :  : : .
   `ー ''/: : : : !: : : /!  i ノハヽ `、: . : l: : : : : . : : : :  !: : .
      `ヽ、: : :ハ: : :l.ノ  !fう 〉   `ヽ:l: : : : : : : : : :  !: : :  ,
          ヽL.ゝ、:!   l_ツ      / : : : : : : : : : : l: ,, "
         i´    `  ´       / : : : : : : : : : : : /´:  !
           ヽ        ヽー‐ ': : : : : : : : : : : ; - ' } : : l
            !、        ` ー―フ: : : : , <' ´_ノ: : : :i
           i`ー--         _./: : : /,、 /´ : : : : : ハ
           ヽ         ` ー‐ '´/ l:`´: : : : : : : : : :
           l              '  l/: : : : : : : : : : : :
           l            、_-‐ '_: ィ: : : : : : : : : : :
           ヽ、____       ̄  .i: :,: : : : : : : 、: :
             、_ノ: : : :ヽ.      _...l :ハ: : : : : : :ヽ:

105 :ヤン・ヒューリック ◆1xuVLqH3kQ:2014/09/13(土) 17:10:10 ID:tSPrWWi20

          ,....::´::::::::::::_.. -―- .._:::::::::::::\
          //::::::,. : '⌒i    f'⌒丶.::::::::::ヽ
        ,∠.ァ':::::::/: : : : :/    ':,: : : : \:::::::::.
     ´  /:::::::/: : : : :/,..::::'⌒丶. \: : : : ヽ:::::::ヽ       いや、またこうして商売を始められたのはいいんだけど、どうも・・・・・・
       ':::::::/ヽ-- ' /::::i::::::::::::::::`ヽ.ニ - ' ヽ:::::::':      やる気が出なくて。
       l::::::::l, -‐:::i´::::::イ::|:::::::::::::ト:::::i::::::::\ !:::::::、',
       !:::::::l::::::::::ハ::::/__l::ト、::::::::::!_ヽ|\::::::::ヾ:::::::l ヾ     前はエンジンが右から左に流れるだけで、うれしかったんだけどさ・・・・・・・・
      ,:::::::::l:::::::/ レ―- 、 \:::::|,ニ -‐ 、:::::::l::::::::l
       /ハ::::::::、::::{ {   り }   \{ り  }ヽ:::ト、::i::l
       \:::{ヾヘ ` ー- '     ` ー- ' ハ!/:ハl
         ヽ丶.ハ "     ;′      "/ ,/:/
          Vヽ:::ヽ               /`/
            ン、\   ´  ̄ `  /イ/ヽ.
          /   ヾト丶 、   , イ、/     \
        ,. ´     ;  }  ` ´  { 、     `ヽ、
       `ー‐--、    {_ノ        ヽ、l   , -― ´
           _ ソ:、 l ',        ,' l  /、丶、
       _.  ´/   ヽl|ー',- 、  _. -,'ーl /  \`  ._
    _  ´,.  '´   i  l|  ':, `  ,:'  l / /   丶 ` 、
    / 



彼はブローカー業にすっかり嫌気がさしていたのである。いくら巨額な金額を一時期動かしていたとはいえ、
商品を右から左に流すだけの商売にすっかりやる気を失っていた。
好景気の中にあったことも大きいが、そうした金だけの商売を行うことに情熱をもてなくなったのである。

106 :ヤン・ヒューリック ◆1xuVLqH3kQ:2014/09/13(土) 17:10:23 ID:tSPrWWi20

        ./ :;:;:;//       |      |      ` 、ヽ:;:;ヽ
        / :;:;:;.//       ノ  ノ ̄\ \       ヽヽ:;:;ヽ
      / :;:;:;:;/ .|     / /:;:;:;:;:;:;:; \ \       ) ヽ:;`、
       ̄/:;/ 丶__ノ ノ:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;\~ーー一   |:;:;:;|
       /:;:;:;|  /へ―イ:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;`へ__ノ⌒\|:;:;:;ヽ
      //|:;:;ⅴ:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;∧  /|:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;.|丶|
       /:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;|: ;:;:;/ |:;. / |:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;∧|        だけど、今更新しい商売に手を出すというのも気が引けるし、
       .′:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;/|:;:;:;./|:;:;:;/ |:;:;/  |:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;/\        淑乃や息子もいるしさ。
       /:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;./:;:;:;./___|:;./__|:;/ __|/___|:;:;:;/:;:;::;;:;/ \ .\
      .//|:;:;:;:;:;:;:;/ |:;:;/   ∨U|/   \  U |:;:;/ /V /  \/       どうすればいいんだろ。
        |:;:;:;:;:;(\V ミ==彡      ミ====∨ /__/   ./
        |/|///|\|                 / /   /
         | ∨ |/|入       '       / /   ./
         |/丶.|/∨ ヘ      一      イ  ./   . /
           ヘ   ∨へ、        / |  /    /
            ヘ     \|ヽ ー一 <   .|  /    /ー丶
            /丶      |         .| /   / ーヽヽ
           ./  ヽ    ノ      /   |/  /     ヽ ヽ
          /     、 /\    /    |          | |



     /  {ヽ.__ノ      ...::::::  ..:::...::::::...             l
    /     `ーァ'     .::―/―イ- 、{::::::::::...     :.ヽ     l
   {       / ..     .::::::::::レ'´ /::/ \::::::::::..   .:::. |    l
   '       { ::::..     .:::::::::::/7_.へ   ヽ,:::::::::  .::::::::l      !
   ',      / \::::::.... ::::::::::::{ トf } ハ   }::::::::_:...:::::::::ノ.     |       私は旦那様のお仕事のことは分かりませんが、旦那様が
    ,     { ー ',.\ _::::::::::::::::ハ込_ク    /:::::;/:::>:::´:::: .::.  ヾ、_ ノ}   好きでもない仕事をしている姿を見るのはイヤです。
     ヽ::.  ヽ ヾゝ `丶、:::::::::ヽ    / イ/:::/ jノ:::::: ..:::::i  } ー‐ '′
      l:::   ...` ーヘ    ` ー`      f//}ノ::::::::::::::::::::ト /
      /:::  .:::::::::::::::::|ハ            ,  `¨∠ィ:::::::::::::::::ノ j/
、 __./::.....:::       ::| ヽ     ` ー    /-=' -―‐ ´
ーァ::::.......... :::  ...  ..:::|  ヽ、         / /
::´::    . -- 、     /     \   _ . <   {       ト,
   /      \ーく       7:´::    ::::. ::ヽ        〃
.  /         \ハ      ヽ. __ .._  ::: ::`ヽ. _//
::::/          ∨ヽー- 、      } !   `ヽ:: ...:::::ヾニニ、
::;′         ヽ}   \  丶 / ハ      V:::     ::::ヽ

107 :ヤン・ヒューリック ◆1xuVLqH3kQ:2014/09/13(土) 17:10:38 ID:tSPrWWi20

   /   }                  \     \ , - 、/: : : ヽ ト./
   l   ′            :..      ヽ     \ 、ヽ: : : : }ノ/
   | / .::     /  ..::ハ  ::::::..   ::.. ヽ  ..    `  ̄ ´/
   レ' ..::::: /  |  .::::/  ヽノ:::::::::、_ ..:::::: ノ  ヽ::..    ヾー ´\
  /.::::::::::.. | ..:::|.:-‐/  ̄ ヽ::::::::::::::><ヽ::.. }::::::..   /    `丶.       それに、私たちのことなら大丈夫です。旦那様は旦那様がしたいことをしてください。
 (:::::::::::::::::...l.:::ハ:::/‐  ̄` l::::::::::::::|―-  !:::::/::::::::::.. ./
  ヽ::::::::::::::::∨ .イて_ハ  ノ.イ:::::::/て__ハレ'::::::::::::::::( ヽ             私はそれについて行きますから。
  /\:::::::::: ヽ/ トf、ノ}   ∠  '´ トf、リ } }:::::::::::::::::`ハー----、---
  /::::::{\ ::::::: \とつソ       ヒ (つ ノ:::::::: イ:::::/ _ハヽ    \
  |:::::::丶、 ー-. _:::\         i      /:::::/|::jイ:!':::__ハ `丶.  `
  l::::::::::: 丶-ヘ  ̄´      ′     'ー 7  |::! l::|'´  〉   ` -
 /::::::::     \      ー ―      / |   Llノ::ト‐ ´  __
:´:::::::::::..   :::::::::.. 丶、         . ´  l‐:::::::´::::ノ|   '⌒ヽ\
::::::::::::::::::..............:::::::., ┤ 丶、   . イ、:::     |_..  ´ ノ        }:::::;
   ::::::    ::::::::/  ` ー 、 `´ / ハ    |   _  ´::ヽ.     ノ::::::}
           /ヽ、    ` ̄    7}::...:::::: ̄::::  ..::::::::` ̄ ´:::::::::ノ






夫人の後押しと、そして香川県の丸亀でかつての仕事仲間が新しい仕事をしているということで、
山岡はブローカー業を廃業することを決意し、新しい商売を行うことを決めた。

108 :ヤン・ヒューリック ◆1xuVLqH3kQ:2014/09/13(土) 17:10:56 ID:tSPrWWi20

後に彼はブローカー時代を振り返ってこのような発言を残している。





  /:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l\:ヽ、`丶、:.:.:.:.:.:`丶ヽ, -、`ー----_..=‐ノ
. /:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.', \ヘ z≦=_、:.:.:.:.:.:.:/`ーハ\‐ '':.:.:.:.:.:.ニ=
/:.:./l:.:.:,':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ',、_,ィヾ、弋心!`丶、:l  「 ´ }:.:.:.:.:.:.:.:,ゝ
:/  l:.:.:i:.:∧:.:.:.:.:.:.:ト 、:.:.:.:. ', ' 、 ` .ノ    ヾ! <´ } ,':.:.:.:.:./       ブローカー商売はもう御免だ。自分は汗を流さないでおいて
   l:.:.:.l/:.:.:',:.:.:.:.:.:lーァ心:.:.:.:',    ̄        / ' /:.:.:.:.:/        口先だけで中間利潤をむさぼる商売は、いわば詐欺と同類だ。
   l:.:.:.:.:.:.:.: ',:.:.:.:.:l '、 `ー!`ヽ',           r、ノ}:.:.:.:.:l
.   !:.:.:.:.:.:.:.:∧:.:.:.:ヽ `´ノ              !  .l:.:.:.:.:l
    l:.:.:.:.:.:./  ',:.:.:.:∧ ヽ、 -    ,      ,'  レ'ヽ、!
.    ',:.:.:.:/    ',:./  '.       /        ,'      ', __
      ',:./    `   ヽ、   '' ´_      /  _.. - ''  ̄  l
     ′         `ヽ、      _∠- ''           〉
                   \    /{       , -‐ '' ¨ ヽ_..、
                    ` - イ′}  /  , '  _.. - '' ¨  ヽ
                      / /  / ,, - ''         ヽ
                      ! ′ .//             \



よほどブローカー業に嫌気が指していたのかが伺える言葉である。

109 :ヤン・ヒューリック ◆1xuVLqH3kQ:2014/09/13(土) 17:11:09 ID:tSPrWWi20

新しい事業を求め、山岡はガスエンジンを石油エンジンに改良し、籾すり臼用動力機として販売していた仲間の元を訪れ、
石油エンジンについて勉強し、特定の作業をエンジンによって行う仕事に興味を持つ。

                ____ヾ-、
          ヾ、_, -‐:::::::::::::::::::::::::::ヽ:::\ヾ
           \::::::::::::::::::::::::, ------::、::::::ヽ、
            , ィ::::::::::>'"¨7    i,   \:::::\
           /:::::::::::/  /::::,---、 ヽ,  ハ',:::::',
         //::::::::/ヽ--_'>'":::::::::::::::ヽ, `'ー-、.i::::::',
           /::::::::::´¨:::::::::::::y::::::::::::::::::/:::::>-、.i::::::::',      これが石油エンジンか。昔はガスが主流だったのに、石油が動力源のエンジンが
        ,.=':::::::::::::::::::::/::/Z::::::::::::://::::::::::::i:::::::::::::iヘ,     こんなに広まってるなんて。
            i:://::::::::::::/ニ、|::::/〃 //',::::/i::::::::::::::i
          〃 i::::::::::::,' .i.  9ヾ   -t''9´i/ヽ:::::;;;::::::i
           ノ:::::::i.=ハ ヽ--- '    ヽ-- '_/ ア/ヾi,
           /:::::i:\__',     , 、   ', __>、__
            ̄7/',:::ヘヽ   , -- 、 ヽ    7: : 7
            , --ヘi---> .      .ノ   .-': : :-.、
          `' <,      ヘ>- イ_,/     ヘ: : :ヘ
             \     ::|   .|        ',: : :.',-'" ̄ ̄ 7___
               \  /-'y-'".i         ヘ: : :ヘ    _  ヘ
                -) /-、    ',         ヘ: : :ヘ /: : :ヽ、 .\
   



特に彼が感心を抱いたのは「農業向けエンジン」である。

110 :ヤン・ヒューリック ◆1xuVLqH3kQ:2014/09/13(土) 17:11:25 ID:tSPrWWi20


爻   _,,-‐t‐''⌒ハ、       _,,, -‐''三]
k;;:、 (,, メ μ ,,´`, -―一''''""~ _,, -‐/::::\        /
、,\;;:: 人人キ,,  / --一'''"~ ̄  ,/:::::['i']::::\へ、  /
ニヾ \ⅲⅲ Y,/         /ii[]:::[_,!_]::[];、\ Yy,,..
-‐''`  `.、:,:/         /ii;[ i ]~~[_!_]~[l];:ヽ \_
_,,、_,,,,/         ,/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ > ̄ヽ
ハハ从 /-―====r-===三'' 、-―――――――‐< 木ホYyy
(⌒)イト爻------( tイ-‐'´::::::::,\__,,,....、___,,,_____`」¥ Y
 T,::爻Ooト[iiii]<,,. 、 キ[]  i::::::::::::::::[]::::::::::::::[]=======|爻爻三三
ー-  ''ー^ 二,, ー---┴, -‐へ-O-ー-~~-―へ`~~    ]、
         ━
 〓           ━〓   ー ---- 、---―




元々生まれが農家であったことや、ほとんど手作業で朝から晩まで作業に明け暮れる両親や、
家族を見てきた彼にとって、少しでも農業に携わる苦労を軽減してやりたいという
そんな思いを抱くようになった。

111 :ヤン・ヒューリック ◆1xuVLqH3kQ:2014/09/13(土) 17:11:36 ID:tSPrWWi20

                             \ ー 、
                       .  -- ─ --.へ::: :\
                    乂⌒ : ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::j::)
                      > ::::::::> - ── - <::`  、
                   .  ´:::::::::::/   〉     〈   \::: \
                   / :/::::: /_ / __ ,ィ⌒ヽ\   )∨:∧         よし! なら俺が農業用のための、農民のためのエンジンを作ろう!
                      レ/ :::::::::ム __ ノ´ :::::::::::::::::/ハ  ̄  } ::::: V
                     / :::::::/ :::::::/ ::::::/:::::::::/::::/:::i::⌒ヽj ::::::: |        何かを売るだけの仕事はもうウンザリだ!
                 イ :::::::/:::::::::/:::/j:::|i:::::::/:::/l::::::i::::::li :::::::::::::ト、
                 } ::::: i :::::::: !/´≧ 、|i ::/レ' / ≦!:::::ルi ::::::::: |        何かを作って、それで役に立つ上で、しっかりと利潤が出る仕事をするんだ。
                 レ'⌒|i::::::i:::{ {  i:jル' ー‐ r i:j レ'j: リ:::::i::::::|
                      从:::ルヘ 人 _ _ .    t _ _ _/ :::ル'!:ハ!
                     //:::::::\ハ   ̄   i!   Ⅴ7777 <  }
                 ⌒ 7:/i:八     _ __  Ⅴ ̄ ̄ 〉\
                   /´  ルへ> . ´   ` . 〉´  ̄/ __/_
                 <  ̄ ̄  ̄ ̄ `〕ト _ . . </  / ̄\  \
                   ⌒\       ハ   「  /     ∨/∧/´ ̄ ̄Z
                           \    / _} __  |  {       ∨/∧      ⌒\
                       \ /´ /´   !  |       ∨/∧ /⌒\   \
                       // :: :: ;: ::. ::从 人       }///〉' //////〉.   \
                       / / ::..:: ::i! :: . .::::..∨ ∧    x<{「ヌへ ///// ´  ̄ ̄  ̄
                     /  / .:: :: ::::i! .::: :: ::::. ∨ ∧  ////八/7/7⌒ー>---ァ
                       i  / .:  .:: :i!   .. :: :: ∨ ∧〈 //⌒j介ト、77´  ̄ (⌒Ⅵ
                       | ./.::  :/  \       \ ∨/ //7⌒j X //\// \
                     ∨.:::  メ       、    \ ∨///⌒  \//⌒///> 、_ _
     / 〉 / 〉 i⌒i            }`ヽ  _i!_ ____    \∨      ∨/7⌒\//∧
.    〈 〈 〈 〈  l|  ! iト、        j  レ'´ _ _ __       ̄ `ヽ/        ∨/⌒ ̄ \ (
     ∨∧ ∨ |  | | }      /  | ´       _ __   /_∧       ∨ハ
      \.  Ⅵ  U .ノ ____/   レ1レ ´ ̄  /⌒ ー -- == {   }/       V |
        \     Ⅴ ___ __〉レ'´  { __ ./         ⌒ヽ{    /    i/|
         \     ∨ ハ  /    从 ___/_          ∧   /    j/|
         / \    ⌒} i ∧   r ´     i| ー ── <  ./ } /    j/|
          /  /|> .__/ / ./  X ´ l|        l|         |  l|/      j/.|
       / /   !   / / / /   .l| ___ __.」 ───  < j .j/       ///|
         レ′   !   / / /   /  . __ ji __  .     ´     : /       .////|
            人__./ ム./   /j     {                |       i////|
                  /  /「        |                 | ____j////|
                   / / /∧      i!              レ´ //////////.|


早速、彼は羊の毛刈りに使う軽い石油エンジンを購入、たった12名の従業員でエンジンメーカーを設立する。

112 :ヤン・ヒューリック ◆1xuVLqH3kQ:2014/09/13(土) 17:11:53 ID:tSPrWWi20

そして三ヶ月後、彼は日本初の農業用小型石油エンジンを開発し、大正11年(1922年)東京で行われた平和博覧会にて
動力籾すり・動力精米機・水揚げポンプを出品。山岡は『ヤンマー』と言う商標を付けた。
これが現代にまで続く「ヤンマー」の誕生である。

                         __
               ____rく____) ̄ ̄\__
                  ⌒>/ r──=彡:::::⌒::ヽ::{  \
                /::/ /::::::/:::::::/:::::::::::::::::::\.  \
              /:::::::{/ :::::, ィ:::::/{:::::::::::::::::/::::::::\__人
             ⌒7::::::::::::::/ /:/_|:::::::::::::;イ::::∧:::∧ }::\
               /:::::::::::::/  ム-=ミ人::::::/ |/ } ::: ‘, |:::〈⌒
              ,::::::::::{::::::| /  fフヽl::/  __/|::/}:::}/::::::'.
.            {:::::::::∧:::|. {     }   イfフ ̄Y |:::::::::::}::}       トンボの親玉のように、俺たちはエンジン界の王者になる!
             〉:::::::: | V. `ー─ ′  〉 |     } |:::::::::/V
              /::::/⌒i  _           ヽ __ノ .ムイ::/
          ムイ{ r‐K / ||   , <⌒ヽ      /::/レ′
            从 ー/ /|| /    ヽ:::}     /::/
             「 ̄ ̄ _///|| {      }/    ハ(
        , -─┴<| l//////||. \__/   .//
      / .//////\V\///||\____..:::r< ̄
.    /   / /////////// ∨/||   / VV)ノ  \_____
   /   / ///////////// ∨||  ./\//////////////
  r'{ __{/////////////〉/∧ハ  〈  \//////////
_//__//////////////////マハ     }}V///// /
/{_{/////////////////////>´⌒ー─┐////
/  //////////// ___> ´  ⌒   \ノ////∧
. ///////////.///           \ \///.}
////_____/_/ /             \ノ/// /
ニ二二二二二二  {              ト、   )////〉   ノ}
/////////////|   |     /⌒l\ ∨`¨´ // V ./:::::|
/////////////|   | ̄ ̄///.  |-=>ノ   |///|/:::::::::/
/////////////|   |//// ./   |/    /|///|::::::/
/////////////|   ∨// /______//|///|/
.////////////∧   ∨ /__ __ _   |//|///|\
/////////////∧  ∨ニ二 ̄ ───-|//|///|::::::\
777777777777777777/.      ──ニニ|//|///|¨¨¨⌒
////////////////// ̄ ̄\二二二二/ ̄ ̄}/∧
/////////////////     }──- ./   ////{
////////////////_r──「 ̄ ̄ ̄ ̄|___/////|
/////////////// /// |: : : : : : : : :|   }////.|
//////////////./ / ̄  |: : : : : : : : :|   |////.|

113 :ヤン・ヒューリック ◆1xuVLqH3kQ:2014/09/13(土) 17:12:06 ID:tSPrWWi20

今でも高いブランド力を持つヤンマーであるが、実は元々トンボという商標登録にしようとしたところ、
静岡の醤油機械会社から商標権侵害と訴えられた。


                  \
          、___,..-‐'''" ̄ ̄``ヽ、
      ー・、  >            .ヽ、_____丿
        `>´            ヽ /ヽ '-'
       / /     ,'          `ヽ |___
        ̄/     ,'           ヽ<‐‐‐`
        /     |    |、       "'''・ ._
        |     从 、  |>・'´ ̄ |、 ヽ。「 ̄       くっそーもう使われてるのかよ。
      ・ ̄|  ∧.土弍|ヽ ´|ー‐ヾ  .| ヽ、 |`
        //| .|、 .|、 i:j \ |.ij_,ヾ .|  》ヽ|
       .'´  `、ヽ_| .ー'' 、ヽl   uヽ| ,、|
           .|/| |、        ,.‐'´|`l
            ..ヽ| `ゝ._―- _,..'.|||  .〉、
             |~``ヽ   ̄|二彡.||ヽ /./‐ヽ、
              ヽ|.| |  , '.ー‐'''丿ヽ_/``ヽ、~ヽ、
             /<ソ| `-'    .).|      `ヽ .~.|
         ,-―'''´ ̄ ̄ヽ、  .<,r' |    .//| .|
          ヽ、  商    .`、  |.|  |       | .|
           .|`、標     `、  |.| .|   、   .| .|
           } .}_登-,    .`、 || .|   ヽ   ..| .|
           {/録´  __ヽ、|| |    |   | |
            | ' /^、|ノ    `|     .〈    | |

114 :ヤン・ヒューリック ◆1xuVLqH3kQ:2014/09/13(土) 17:12:19 ID:tSPrWWi20

トンボにしようとしたのは[「幼い頃、父の農作業を手伝い、今年は沢山トンボが飛んでいる。きっと豊作やで…」という
幼少期の思い出と、豊作になってほしいという思いからであった。
しかし、こればかりはどうしようも出来ず、山岡つながりとトンボの親玉であるヤンマから、ヤンマーとした。


          /   \ヽ. ____ ノ .:.:.:.ハ
            /      ヽ、________.:.:.ハ
            /      ム {ヽ         `:.、:\
         |      |弋ハ__\           :.:.:.:.:.    本当はトンボにしたかったんだよな。
         | /∨     | イvハ-x 丶         :.:.:.:.:.
          'V ∨ ハハ│ヽ{  ヽ \ j    :.:.:.:.:.
               \{ }ヽ ',0    ',  ヽ{ヽ ハ:.:./
             _lノ   ヽ     }    ∨ j/:.:.:.
                く .:.:.:.:.:.. ` ー―彡     .:.:.:.:.:.
             ヽ              ,  '  ̄ ̄
                  {__           u /
                  (`こ⌒)    /     /.:
             ∧( ) ' ⌒ヽ ´  /     .:./.:.:.:.:
          { ( )  .:.:.:',  /       .:.:./:.:./:
            ヽ_____ .:.xー┴'ー‐     .:.:.イ,.:.'.:.:.:.

115 :ヤン・ヒューリック ◆1xuVLqH3kQ:2014/09/13(土) 17:12:38 ID:tSPrWWi20

そして、籾すり用として故郷の阿閉や長浜駅前で実演を行い、大変な評判を得て、生産が販売に追いつかない程の盛況となった。
農業の次は漁業用のエンジンを開発。農業・漁業用エンジン共に頗る順調に売り上げをあげた。



       / /:::::/  `ー‐' /:::::::::::::::::::::l::::::トー―l‐'´::\ l|::::',
       ´ /:::::/ /`ー―‐':::/l::::::::::::::::::::∧:::|=、:::::::|:::::::::::::ヾ::::::',
        l:::::/ソ:::::::::::l::::::::/‐ヘ::ト、:::::::::::|´l::|  ヽ:::ト、:::::::::::/l:::::::',
        |:::::/:l:::::::::::l::::::/   l l \::::::l .∨  ヽl ',:::::::::l::l:::::::;ゝ    
        |::::|:::l:::::::::∧::/     `ヽ  \| ,.. ,,‐―-、_',:::::/、ソ:::::|
  r-、    |:::/:∧::::::l、∨ ,,.-―-、     ´      ',/ヘ l::/ソ
 (ヽ .\   ∨',::::::\:l-、 /            ⊂⊃ l) l l,'
  \\ \    ',:::::/ /  l⊂⊃     ヽ    __    ol- ノl
   \/\ r‐ヘ lヽヽ l      。  ___/,_丿  ゚。,イ::/
    |   ヽl  |レ´`ヽ_.、   o  --‐' ´   。     /::/`ヽ、_
    l ハ  >、 ヽ  ヽ::ヽ            ./:/∨      ̄`ヽ
    r' `  ̄`ヽニノ、',   `レ、:>:.....       <l:ル'  /     /
   / ヽ、_  \\\ヽ   `'´`ヽ::l ` ‐ ´  ソ  /     /
   l    `ヽ、. \\\    /rl´        ヽr/     /ー-、_
   i' ´ ‐-、_ソ-/ \\\   l、l l         /l     / ̄ ̄`ヽ \
   ヽ _   ノ r'ー、.\\\ l_l l ` ヽ   -― / ノ  r‐'´       \ ヽ


だが、すべてが順調に進んでいたわけではない。

116 :ヤン・ヒューリック ◆1xuVLqH3kQ:2014/09/13(土) 17:12:51 ID:tSPrWWi20

販売したエンジンが爆発事故を起こし、なおかつ東京支店長が勝手に大型トラックを購入。
関東大震災後の需要を見込んで高利貸しから金を借りて行ったために、
山岡はその対応に追われ、支店・本社・本宅まで競売にかけられてしまう。


 
             ,,、、、、、、、、,,,,
            ,..:;:;:;;;;;;;;;;;;;:;:;;;;;;;;;:;`;;ヽ、
             ,r'゙;:;:;:;:;;;;;;;;;;;;;:;:;:;;;;;;;;;:;:;:;;;;;;:;:;`ヽ
         ,′;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;:;:;;;;;;;;;:;:;:;:;;;;;:;:;:;:;;ヽ
         ,′;:;:;;:;:;:;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;:;;;;;:;:;;:;:;;;;;;;;:;:;;;:;゙,
         !;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;;;;;;;;;;;;;:;:;;;;;;;;;;;;;:;:;;;;;;;;;;;:;:;:',
          !;:;:;:;:;:;:;:ト、;;;;;;;;;;:;:;;;;;;;;;:;:;:;;;;;;;;;;;:;:;:;;;;;;;;;:;:;}       
        j!;:;:;:;:;:;:;{  `''ヾ;:;:;:;;;;:;:;;;;;;;;;;;;:;:;:;;; イ `';;;j
         j!;:;:;:;:;:;:{     ``''' ー---‐'''゙´. :. : .ミ!
      , ヘji!;:;:;:;:;:;'゙ ',            .:. ,:' ミj!ハ
       / ハ ゙iト、;:;;′      `ヽ     .: .:'  ミ /      安心しろ、命までは取らねえ。きっちり絞れるだけ絞ってやる。
      ', ::;;ハj!;ミヽ、__,r'"´``ヾミミゝ;.;.;.:,ィィ''"´ 、 ミ! ,!
      ', :;;;;ハミ!  T. ``''モt弐ミ}L___ k'モテテ'''´〒 ノ
       ( い:ミ′ ',     "~´7!⌒ト、"゙゙´. :. :.,リノ
       (ハJj!.   ヽ  _ _ノ ′ L.:._ __ノ爪_
       /.::::::',        ,r  .:.:.、 . :.: .: ,'.::::ヽ
      /.:::::::::::ト、         `ー--‐'′. :. :,:'.:::::::::.ヽ
     /.:.:.:::::::::::::l ゙、     , -‐- 、. :. :. :,ハ.::::::::::.:::.ヽ、
  /.:.:.:.::::::::::::::,.イ  ゙、    ``"""´. :. :,.イ ハ::::::::::::::::::..\
 イ.:.:.:::::::::::::::::::/./i   ト、、、,,, `゙゙゙゙¨´.: ,.ィイ'  ハ::::::::::::::::::::::::.\
 ′.:.::::::::::::::::/./ニL     `ヾ州州州杉'゙´  ,イミミヽ:::::::::::;:;;:;;;;;;;;;;;
 .:.:.:::::::::::::::::/./,r'´ >、     `"゙゙゙゙゙゙゙゙´  ,.イヽ`ヽVハ;:;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;
 .:.:.::::::::::::::〃ハ // `>、,,_      ,. イヽ\`V: : : !;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;
 :.:::::::::::::::〃ハト、  / / 77'''ハハハ八ヽ\ >'´. : : : :!;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;

117 :ヤン・ヒューリック ◆1xuVLqH3kQ:2014/09/13(土) 17:13:08 ID:tSPrWWi20

人生二度目の苦境であったが、彼はなんとか会社を存続させることに成功する。
そして、この時個人商店から株式会社山岡発動機工作所へと移行した。



             ヽ.::: .: :./.:.:.::::.:.:.:::.:.:.:.:.:.:.:.:\: :{       ヾ、.:::::.::.:`ー―--ァ
            、_\/.:.:.:.::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.::.:.:ヽ:\       }:ヘ:::.:.:::.:.:::..:.:.:/
 , ;          ヽ、≦ー― 、___.:.::::.:.:.:::::::::::\ ヽ、__ ,ノ: : :}.:.:.:::.:.:<´   ,,,;;
        c==ー^  ,>.:.:.::::/li   <こ_ .:; イ.:.:.:.:.::.:\ : : : : : : |.::::::.:.:.::;;;;>'"
    z        ,ィ≦_.:.::::,ム}|/__/´⌒  /.:.:::::.:.:::.:.:.:.:ヽ、: : : : l.::.:.:;;ィ'"  /
           __ -一  \.:fr'/{ミ ,彡/ ,/.:.:.::::/.:.::::ノ_,,,:::-一宀 ´    {
    c== ¨¨       /^{ノ ilil// /⌒´ ̄ ̄ ̄`7´ /     /         ',
       c に≠==ー 厶-f⌒il,/   〃    ー/, {  {     i          ヽ
               `ート、   〃   {i         ヘ. :丶ヽ: : :ヽ: : : : : : : : : : { :\
   C °。 : .   rー-ヘ にヘ,{i   ヽ.i{   . . . . . : : : : ヽ、:\: : : :\: : : : : : : : ヽ. : :
             ,>. : : ', ,〉ィヘ  ヾミ{!. : : : : : : : : : : : : : :\. :\: : : 丶: : : : : : : : \
       . ィー-く. : : : : く {^ヽ人   ヘ≧ー‐rー宀7⌒ヽ. : : ヽ、__. : : : : :\. : : : : : : :
      / /: : : : : :`ヽ、: :トこ´  ヾ     ¨>く__ノ _,人___/,} } ¨¨¨"¬r一=,,___ : :
    / ,/: : : : : : : / \ヘ、__       彡彡 ´ _ ー≠' ' 丿.::∧.::::.:/⌒ヽ  ¨`
/こ7  / : : : : : : /     \. : : : ´¨¨¬     , <ヘー┬¬く´j;/ヽ\;{    }ー、
/ /  / : : : : : : /        ヽ、.. : : : :/    {\: . . . Ⅳ´   ,/     
  ⌒

そして、あまりにも立て続けで不幸な事態に陥ったことから、彼は気分転換を兼ね欧米視察に出かけた。
そして、ドイツを訪れた際に彼は自分の後半生をすべて注ぐことになる発明品と出会う。

118 :ヤン・ヒューリック ◆1xuVLqH3kQ:2014/09/13(土) 17:13:20 ID:tSPrWWi20

それはディーゼルエンジンである。単体の熱機関で最も効率に優れ、汎用性が高いという性質を持っている。

                               ,,,,,,,,,,,,,,,,_
                         ,,, -‐=‐''´`ヽ、'''‐-、 ` ''''‐-、 _
                     ,,, -‐''´ ∠ `ヽ、  ̄'''''ーニ‐- 二‐--、'''‐ニ ー- 、
                 ,,, -‐''´   /_` ヽ= 、  ` ヽ 、   ` ヽ、`‐ 、` ヽ 、`ヽ`ヽ 、
             ,, -‐''´     ,,,,/ く  ` ヽ 、_ ` ヽ 、 、 ` ヽ 、  ` ヽ 、`ヽ 、`´,,-‐'''´`ヽ、
            ./ ̄'''''''ーー‐,,‐'''´/ 、 ` ヽ 、   ` ヽ 、  ` ヽ 、  `''''ー、/ ,,‐''´,,,‐'''´ ̄ ̄ ヽ  __
            /      / ./ ` ヽ`ヽ、  ` ヽ 、   ` ヽ 、` ヽ、 ヽ 、 / /   /  ̄ニニゝ'   `ヽ 、
           /      / //ニ‐ 、 ` ヽニ ‐、  ` ヽ 、 /ヽ` ヽ、  ./ / \ゝ´‐'´´ ,,‐'´       ,,ニヽ、
              /.      / ./ `ヽヽゝ `''''‐ 、 ゙゙‐-=- 、  ` ヽニ、/ / /  // ,,‐'´       /   `ヽ、
           /      / .i'ニヽ、 `ヽ、    `ヽ、  `ヾ ヽ 、  /  //ヽ//,,-''´        /        `ヽ 、
          /     ./ j __ `ヽヽ、  `ヽ、    `ヽ、  `ヽ ヽ /  ゝ/,‐'´        ,/              `ヽ、
             /     /  ij `ヽ、  ` ヽヽ、 ` ヽ 、/ニヽ、ヽ, / /  //        ./       _,,,- 、__∠j_     `ヽ、
          /      /  .i ヽ 、  ` ヽ、  `ヽ、ヽ、  ` ヽ、 / / /  /        ./         <二/、     `ヽ ,,  /\
         /      /  i` ヽ  ヽ、    ヽ、 `ヽ、'''-、  / / く/       ./            i/i ヽ 、_   __ヾ//
ヽ、      //     ./   j   `ヽ、 `ヽ、   ` ヽ、 `ヽ、`ゝ / /       /             l//、//ヾ‐i二ニニj、`ヽヽ
  `> 、 / i i     /   ヽ     `ヽ、` ヽ、 i\ `ヽ、 / / /      /              ''´ヾi''''//ニ//ニニニヽヽ''i
,,‐'''´,,,‐-'/ i i     /    ヾヽ、     `ヽ、 `ヽ、ニ‐// / ./       /                  ゙iiく //   /_  i i
,,,‐'''´  /  i i    /    / ヾヾ`ヽ、     `ヽ、  `´/ / /      /                     / ̄ ̄  \i/
/   i´i  i i    /   / ーーー-ヾヾヾ`ヽ、     `ヽ、j  j /      /                    /
   i i  .i i   /  /        `ヾヾヾ`ヽ、     'i i ,/     /                    /
   .i i  .i i  /  /            ヾヾヾヾヾヽ、  i i j     /                   /
   j j  i i / /               l `ヾヾヾヾヽ、j j/     ./                  /
   j j .i l /'´                 l/‐‐‐゙ヾ、ヾヾヾi/     /                 ./
、  i i j/i ヽ                /  /     \i     〈        く ̄ ̄''''''''‐ 、_ /
 \i i//i  \            /  /         \    \       \      ´`-‐‐/-,,- 、


当初は「オイル・エンジン」と呼ばれ、ガソリンエンジンなどに比べて発火点が低いことや、
ガソリンエンジンよりも頑丈に作る必要があり重くなる、また、常用最高回転数が低いことなどの
デメリットがあったが、次第に低速での回転効率がいいことや、大型の船舶や機関車などの
動力源としての利点があることが注目されていった

119 :ヤン・ヒューリック ◆1xuVLqH3kQ:2014/09/13(土) 17:13:36 ID:tSPrWWi20


                        /⌒ヽ
                       ノ_: :-- 、\
                       __/人〉==入: ヽ    だが
          ,.-、_  __/.、ヽYフ┬役ァト、:ノ    我がドイツの
         _ノ : ∧ ', ̄  _,X_,ノ| ,._-_、、|ノ´     科学はは
       ,.ィ´: : : : : ∧ ',__/-、   {! `⌒´ ノ!〉     ‐┼‐|┼ [王] ___,       /
.   , :´ : : : : : : : : : : 〉'\゚ ・ 。\| ` ー‐:' l_lヽ       ∟.二  イ卜    イ イ イ ・
.   ,:': : : : : : : : : : ,.ィ´/: : \ l´_/____,. < __ト、
  /: : : : : : : :,: :'": : /: : : : : : :`レo: :! 〔__/ | 。\     できんことはないイイ
  \: : : : : :/: : : : /¨\: : : : :/: ヽ: |__/: : : :\ ・ `。ー-、     ィ ー───── ッ!!
   \: :/、: :/://\ : 〉: :ノo: : : ,へ : : : : : />--. ._/、
     ´ ̄`¨´ ̄|: :/`:|: / : : : : /\ `): : : : /: : : : : : : : ハ
             lV__:/:シo: : : : :ト、:o:\: : : : :i: : : : : : : : : : |
            ヽ: : : i: : : : : : :l :`¨:丁 : : : :l: : : : : ,:-:─:、|
            ゙、: :{\ : : : : \:_:_j : : :-‐ヘ: : : : : : : : :- \
            ハ: i: : : : :\ : : : : : : : :/ :ヽ : : : : ;. -─ : :\
             〈: : :ヽ : :_: : :`ヽ: : : : : : : : : : \: :_: : : : : : : : : :ヽ
            `¨「::::/バ¨Tヽ/_: : : _;>'"¨´_}ニ二 ̄`丶: : :ハ
             _/ヽ:L__ノ:l」:::::::::::::::::::::::人  _/: : : : : :`ヽ   \: 〉
         /: : : : : /: : : |: :\::::::__/:´: ̄ : : : : : : : : : : \  ノ
           /: : : : : : /:ヽ/ :l : : :  ̄:,.‐--く¨ヽ: : : : : : : : : : : : : : >'
       ∠='⌒¨´\:/ : :l : : : : /    ', V: : : : : : : : _;>'"
      /: : : : : : : : : : :ノニニi : : : :ヽ    /',__V_,: -‐ ¨
     /: : : : : : : : : : : :| : : : :\_ : :`ー ' : : : : : :i
        【ルドルフ・ディーゼル博士】


山岡はドイツのライプツィヒで開催されているメッセにおいて開発者であるルドルフ・ディーゼル博士を技術者として抱える
ディーゼルエンジンメーカーマン社の映画を見て、このエンジンの魔力にとりつかれる。

120 :ヤン・ヒューリック ◆1xuVLqH3kQ:2014/09/13(土) 17:13:50 ID:tSPrWWi20


                  \ー- ..__
              ト ト、_>:.:.:.:.:. ̄:¨丶.  /|
              |:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:__:.:.:.:.:.ヽ!:.{
              ヽ:.:.:.:.:.:.:,: ‐く: : : :{⌒ \:.:.:ーァ‐
                 ,.-ヽ:.:.:,イ  ノ>`ーミ、_ }ヽ:.:´ ̄:> _
      /`ヽ    / 7:.:.:./-=ニ/ィ:.:.:.:ィ:/ヽ-へ}:.:.:.::.//:..:.ヽ /´ ̄:ヽ
      /::..:..:..:..ヽ   /:.:.::/:.:.:.|>、{イ  l' ,斗ハ:.:.ト\/ァ:..:..:..:./:..:..:..:..:..:..:.i        石油エンジンはもう古い! これからはディーゼルの時代だ!
    く:..:..::l:..:..:..:..:.ヽ  ノ-イ::.; ヘ|{i  0ト' `イ0  l}|/`ト!く:..:..:../:..:..:..:..:..:..:..:..:..l
     \:.:l:..:..:..:..:..:.ヽー‐:|:∧じ!` ー=' l〉 ` ー ''イフノ-、}::.:/:..:..:..:..:..:..:..:..:..::.::.:ヽ、     
      ヽl:..:..:..:..:..:..:.\:..|:/`jヘ''  r==ヘ  ,,爪{ ̄//:..:..:..:..:..:..:..:..:..::.:..:..:..:..:\
        l:..:i,,:..:..:..:..:..:.`く_:..:,,:ヘ:ト.. 廴___jノ.イィ^:./::.::..:..:..:..;,.:i.;..':..:..:..:..:..:..:..__ヽ
         V..''.:..;..:..:..:..:./r ミ-ヽ::{_:}` ー ´ {__!:.,イー‐_、:..:..:.i:..:..:..:._: - ¨ ̄
         V:..:..:..:..:..:.//,,:..:|`´:ハlー、} , - |/:..: ̄,:.ハV:..:..:../
         ヽ::.::.::.:..〈 {:..r、_l_::.:}..:.〉   ,,  j:..:..|:/:..:..:..}}:.ァ',ィ
           \::.::.::>{t`_ニ、V:./   _.. <\ーi:.__:/ノ-:':/
            \::.!.|`┬‐_vくィ: ̄:..:..:..:..:.ヽ:∨-‐{ィ_ー'
              `l V:ブ/:..:.i'':..:..:..:., -z_j: :ト、下:_:>
                 ヽ∨:..:..'..:._:.-‐ /::. ̄ ̄:.`:く{
                   ヽヽ.-. :_.z≦: : \::._:..:..:./
                 廴 イ__ >ー┬-`ン′
                 ヽ ̄ ̄ ヽ.__/ ̄ ー‐ァ
                  ト--,zrーマユ__ ..イ
                  } / |    |  j
                 く/ / ー┬― '¨¨ ̄ヽ


早速彼は日本に帰国し、ディーゼルエンジン開発に着手するも、それは苦難の道への第一歩であった。

121 :ヤン・ヒューリック ◆1xuVLqH3kQ:2014/09/13(土) 17:14:02 ID:tSPrWWi20

実は既にディーゼルエンジンは大正時代から日本に入っていた。だがほとんどが大型船舶などに使用される
大型エンジンであり、小型エンジン自体はすべて失敗していたのである。



    | |     ||__ ○ __|  \____________/         ┌┐
_/ /       └‐┐ |  |      \_____/       ◇´ ̄`◇
____/         _____| |_|       |   / |         ロ  ○  ロ ┌┐
          /                   \/  /      ┌┐◇、____,.◇'◇´ ̄`◇
            <    ,△△△△△△△△/  /\△△ ◇´ ̄`◇'└┘ ロ  ○  ロ
      , へ.  > く(:◎:二二二二二二二\/  /二二ロ  ○  ロ     ◇、__,.◇
__   r''´   `'´    ▽▽▽▽▽▽▽▽/  /\▽▽ ◇、__,.◇      └┘
  |__|| ̄ ̄|                      \/  /      └┘
      l|二二|l                   /  /\                        _
      l|_ -''"|l      | ̄|コ     ◎ニニニ\/  /ニニニ◎        / ̄ ̄\   |二|
      l| ̄ ̄|l      |_|コ          /  /\           | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |二|
―――l| ̄/|l―――|  |コ          \/  /           |/l  ̄ ̄ l\|⊂ll|二||ニニ
―――l|/_|l―――|  |コ          /  /\           |  |______l  |  |二|
| ̄ ̄ ̄ ̄|___|l      | ̄|コ ______|___/______|________|/___\|  |三三|
|        | '~|l      |_|<|<|_<|__<|_〈|__{|__|}__|〉_|>__|>_|>|>      |  |三三|
|        l二|l    /\    ̄\______________/ ̄|          |  |三三|  / ̄
        ´"''‐、/    \       \______/ |ニ|    ||\二二二/|  |三三|  |
                       > 回―──┐ |   |   /|ニ| ̄ ̄|| |    | | ̄|三三| ̄|
                  /  └──―回 |   |   \|ニ|__|| |    | |_|三三|_|
'"´ ̄ ̄~"''‐ .         <            |   |     |ニ|    ||/二二二\|  |三三|  |
          ヽ        `、         ,/ ̄ ̄ ̄\,   lニl_____|_____  |  |三三|  |
___________     `、       ',___ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ || | |   |   | | ||_,|  |三三|  |
|       |      ',          |ニ〕lエlニロ!ニlロニロコ:{ニ|| | |   |   | | ||,/|  |三三|  |
|       |       !             | \_______/ ||_|,_,|__|__|,_,|_||l  |      |
|_________,|       !             |     \___/         |/ |___l/|      |
            ,'        厂 ̄ ̄       |   |             | /|_________|

当然ながら、まだまだ中小企業に過ぎない山岡発動機工作所に技術力はなく、試作品を作っても
すべて不完全燃焼により黒煙を吐きまくり、欠陥品ばかりができあがる日々が続く。

122 :ヤン・ヒューリック ◆1xuVLqH3kQ:2014/09/13(土) 17:14:13 ID:tSPrWWi20

だが、それでも山岡はくじけず大型ディーゼルエンジンを開発していたメーカーから技術者を引き抜いてまで、
エンジン開発に情熱を注いでいた。



             /|   _,..-'''"    ー- ._
         ./ /,.'"     ____  ~"'‐ .
        |  /  _,..-'''"__      ` 、  .` 、
      ,r'''´     .//    `、      .(` 、  .ヽ
     .//    //         l    _ .`、 ` 、   `、
    /    / ./        ./   /   `、 `、 `、  `、
   /     ,'  .l       ./ /    .ヽ ヽ ヽ、_)、  .`、
  ./     l   ` ー――‐' /       ヽ `ー―、|  `、         ディーゼルエンジンは燃費がいいし、高いガソリンよりも安い、
....../       .|    __,..-'''"          .ヽ   ヽl   `、        軽油で動く。これを製品化すれば、それまでに無い、
 .,'       .|  /       ./l  ∧         |、     .ヽ . |ヽヽ        いい商品が出来るはずなんだ!
....l       .lヽ| /       / .|  .,' ゙、    ∧ .| .ヽ     .ヽ| ヽ|
 |      .| . /       ./  | .,'  ゙、   ,' ヽ| /、  .|ヽl|
 |      .|_/.|         |   | .,'   ゙、  /  ./、 .ト、  | . .|
 |      ヽ|         .|三ミ|/==z、゙、 / イl  | |、`ヽ| . .|
 |     ,‐‐ |      /l |    .l_j|   l ./  .|´ / ,'...ヽ、|\|
 |      l,--.|/ヽ  ./ | .|      ノ  ..|/   `ー'  lノ
 ヽ    ./ーノヽ ヽ |  |/ 、_,,.'        、   |
   ヽ、 ヽ (  ヽ.ヽ|               }
    ヽl、lヽ二__         ,r――--- 、    /
      ヽヽ`ヽヽ`ヽ      ./`ー――‐< |   ./ヽ_
       `、`、 `、     人.____j  /    \ `ヽ
         人 .`、 `、      `ー――‐''´ /     ヽー- ヽ
   _,..-'''"ノ `、ヽ、 .ヽ     ー‐,――‐    _,..-'''"     `、
r'''"_,..-'''"  _,人  ヽ `、     / 丶/   /          `、
| /  _,..-'''"  ヽ  \`、    /   |  /
|/  /        \  .ヽヽ   ヽ  ..| ./

123 :ヤン・ヒューリック ◆1xuVLqH3kQ:2014/09/13(土) 17:14:28 ID:tSPrWWi20

しかし、それほどの情熱を注ぎ込み、一年もの時間をかけても成功する兆しを見せなかったことから、
社員達も次第に弱気になっていった。


      -='   /              <_    :.:.:.ヽ
      ,イ /                 ∨  :.:.:.:.:.∨|
    ∠_ /          彡 -- 、    ∨ :f⌒ヽ.イハ
      ム '  ≡ミ     彡/      ヽ   Ⅵ:〉      l        ごめん社長、また失敗しちゃったわ。
        レ!          '     , ―┘   ,イ     `ヽ
       |  , ― 、       {  /       }>-x  rr‐ '
       l /    \    ヽ ' ___        .:.:.:.:.:ヘ ノ:|
        ','. ̄示≧x}            U  , ―‐x、_.:.:.:.}:/
        ',ヽ_込ア             /      ` <...
        ',・     /          ′   /⌒ヽ .:.:.:.:`:、____
         ヽ    ヽ `        |    {   } .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ
         丶                |   v  /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}
            ',       , ―― x'   |     ー ' .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/
            ',   __/ _   '     .:l      .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/
        ___',     ̄       .:.:.v    /⌒ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/
          f.:.:.:.:.:.:.:ハ           .:.:.:.:.∨   { .:.:.:.}.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽー/
         ∨.:.:.:.:.:.∧          .:.:.:.:.:.:.:.:∨  v.:.:.:./.:.:.:.:.:.,:.:.-.:.――:.:.:.:.:.:.:
         ∨.:.:.:.:.:.:.ヽ       .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨  ー '.:.:.:.,ィ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:




      _.. -‐/';.:.:.:.:.:.:.:.,ィ:, イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ハ
     /:.:.:./  ';.:il:.:/ ´ ´  ̄<:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|
     ,':.:/〈 l  l ヽ'′         `ミ:.:.:.:.:.:.:.:.:|
    ,':.:,' .ヽ!-ァ、.  ',            ヾ:.:.:.:.:.:.:.|
    /:.:,' .// /   i     ___   ';.:.:/ `ヽ    どうも上手くいきません。どうしても煙が出てしまうんです。
.   /:.:./´/ ./ /`i l  /z≦∠´ ̄``  .V/´` .}
  /:.:.:,' /  ,イ/ / .ム  ' ' ´z''マフ`     フ //、
. /:.:.:.:l/  /./  ,イ  iー l  `` `ー ′    .レ' /:.:.:ヽ.
 {:.:.:.:.:l  '`′ ハ  l  l           ┌ベ、:.:.:.:ハ
. ';.:.:.:.l     ハ   { 〈  _      U  /   lヽ:.:.:.:|
.  ';.:.l:.!    l ヽ、_.ト、 `___       /     レ |:.:./
.  ';.:N      !     ヽ.  ー `     /    / /V
  r‐X!     l     , ゝ、   ,  '    /  /  ヽ_
 / 〈     ノ  , ィ ´ /:.:`Zヽ´    /   f ハ / ト、

124 :ヤン・ヒューリック ◆1xuVLqH3kQ:2014/09/13(土) 17:14:41 ID:tSPrWWi20

山岡自身もこれには参ったのか、開発を一時中断することにした。




.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:{  {       //.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.ヽ __ ノ.:.:.:ヽ、.:.:.ヽ
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./   ` ー―― '/.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ハ \.:.:     甘かった。俺みたいな百姓上がりが、世界でまだ誰も作っていない、
/!.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.//⌒ー―― イ´.:.:.:.:.;ィ'.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∧.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ  ヽ     小型ディーゼルエンジンなんて代物に手を出すからいけなかったんだ。
│.:.:.:.:./⌒V´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./._/.:.:.:.//.:.:, イ.:.:.:.:.:.:.:.:.:j.:.:.:.:./::::∨.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ
│.:.:.:/ ヘ/.:.:/.:.:.:.:.:/>/.:.:/: /.:/:/.:.:.:.:.:.:.:.,イ.:.:.:./:::::::::∨.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ハ       
∧.:.:.{ ー//|.:.:.:.:.// //ヾ、/ィ':::::/.:.:.:.:.:.:/:/.:./:::::::::::::::∨.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
: : ヽ.:ヽ{ ' ヽ |.:.:.:/ __{_ /イ::::::::::::::::::::/.:.:.:.:./::::/./:::::::::::::::::::::ハ.:.:.:.:/\.:.:|_
: : : : ̄≧ー┴≠:': : /::::::::::::::::::::::::::/.:.:.:/:::::::/イ:::::::::::::::::::::::ム∧.:./: : :ヽ;|: :
|: : : : : : : : : : : : : : : イ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/.:./;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ : : ∨: : : : : : : :
| : : : : : : : : : : : : : : : |       j/                }: : : : : : : : : : /:
ヽ: : : : : : : : : : : : : : /            >          /: : : : : : : : /: : :
: : \: : : : : : : : : : :,小、                      /: /: : : : : : /: : : : :
  : : ヽ: : : : : : : : / : : : \       ,ィ=――ァ   ., イ: : /: : : : : /: : : : : :
  : : :  : : : : : :/ : : : : : : :>.、   ´ ̄ ̄´,  < : : : : / : : : /: : : : : : :
   : :   : : : {: : : : : : : : : : : : ≧ 、  , ィ: : : : : : ヽ: :/: : :/: : : : : : : :

125 :ヤン・ヒューリック ◆1xuVLqH3kQ:2014/09/13(土) 17:14:55 ID:tSPrWWi20

やけっぱちになったのか、無茶をさせたことに責任を感じたのか、山岡は社員達に一人二百円もの大金を渡した。
公務員初任給が七十五円の時代の二百円である。完全に彼の心は折れていた。


                  ノ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::レ´:::::::::ア
                 ト、{:::::::::::::,r-― ヽ ̄`ヽ::::::::::::::::::::::::/
                 }:::::::::::::::/ 廴_ノ, - 'ヽ {ヽ:::::::::::::::::{
               ≧'::::::::::::::ヘ}¬―     弋 ヽ::::::::::/        開発は一度あきらめる。みんな、今までご苦労だった。この金で
               ヽ、::::::::::〃 } / r=-二`ヽ  Ⅵ::::::::/         一度温泉に行って疲れを癒してきてくれ。
                 >‐' i l ,イ   ̄-  ,ヾ〉 .∧|:::::::トヘ
                Z::{ ゝl' j/         //l }:::::/
              ト、 」::\__ il          }〃/::ト!
         ,-――z」:.:ヽニヽ::::}、|l         //ラフ
         ̄ー '⌒ヽ、.:.:.:.:.:.:.:\≧} }       ///  ___ノⅥ
              ∨.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:Ll        〈/   ,- ':.:.:Z  廴
                   ∨:.:.:.:.:.:.:.:.:.|       {...-/:.:.:.:.,イ ⌒ ´
                  ∨:.:.:.:.:.:.:.」       l:/:.:.:.:.//
                 ∨:.:.:./  〉    〈 /:.:.:.:.:.(__「
                  /i:.:.:/-― 、 , - ' 「:.:.:.:.:.:.:.:.:.\_____
             ,-=へ }:./        i:.:.:.:./:.:.:.:.≦―――‐、`ヽ
         , - ' ̄ ...-― l/    i     |:.:.://:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\ ヽ         , -― 、
        l r‐' ̄.:.:.:.:.:.:.:./     |     |:.:.:/:.:.:.:.:.:.l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}  L        /    `ー-、_
        } 「:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/     l      |:.:.i:.:.:.:.:.:.:.l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./__/:.:`ヽ.    /
        | 〉:.:.:.:.:i:.:.:.:./           l:.:.|:.\:.:.:.:i.:.:.:.:.:./.:.:., - '   ̄`ヽ}―へ/        {
        ⊥i:.:`-、.:i:.:.:/            i:.:l:.:.:.:ヾ.:.:|.:.:.:.:.「 ̄-――'  ̄ ̄`>}   }      (

126 :ヤン・ヒューリック ◆1xuVLqH3kQ:2014/09/13(土) 17:15:25 ID:tSPrWWi20

ところが従業員達は全く諦めてはいなかった。



          /:.:/  |:.:.:/                   ||      \:.:.:.:.:|
           /:.:.,'  |:.://                |        \:.:.:.:|
         ./:.:.,'   .|:.:.:/                      |:.:.:/
        /:.:.:,'   .|:./  -=三ミェ     ノ   ェ彡气ミェ   |:./       待ってください! 僕らは休みなんていりませんよ!
        ,':.:.:.,'  /⌒|/   __夊入zl   〈  z少ォメ___ .   |/⌒ヽ
       {:.:.:.l   |ィ丶|   イ  (::O::)ヽ .|  弋   イ(::O::) `,   | /⌒ |
       ';.:.:.|.  |ー`|    ミ、 ___ ォ  .}       、 ____ ィ  .|/ヽ、/|
        ';.:.:l  .|へハ    三二ニ         ミ三二彡   .|ヽー、l
         ';:.:l  .|(〈 |           |               | 〉 / |
         ';:.|  .ヽ\|            |ィッ              .| -‐'' /
           ';:l .   \_|          ヽ ィ           |ー‐ '′
            l:|     |                         |
          l:|    .ハ       _____         ノ
           .l:|    /\       ′       ヽ     /
            l:|  ./:.:.:.:.:.:.ヽ        ̄`        /|
           l| /:.:.:.:./( ̄|\             /  |`ヽ
          /:.:.:.:.:.:.:|  ヽ、|.  \          ./   |ィ  |
         .イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.|   ヽ.   \       /  ┌‐''´.  |

127 :ヤン・ヒューリック ◆1xuVLqH3kQ:2014/09/13(土) 17:15:45 ID:tSPrWWi20



             ヘ/:::::::::::::::::',丶:::::::/ /イ/:,> ´イ::::::∧
             ,':::::::::::::::ヘ `¨ヘ ∨/  ' ´   /:::::::::::::: ',
          /:::::/::::::::>      ∨        ̄<、::::::: ',
           /::::./:::イ´                  `ミ::::::::l
            /::::/ |::∨                  `::::::::::|
        /:::::,' .∨                     ::::::::i       確かに今はまだ失敗続きですが、完全に駄目だと決まったわけじゃない!
        :::::/  'リ                      !::::::ヒ、
        i::::::  . ', ´ ̄ヘミ≧z     , <マァ ̄`   |/ A      世界最小のディーゼルエンジンが出来れば、必ず我が社が日本を、いや、
   .      |::::{  /ヘ',  ´ マフ`ヘ   `¨´/ マフ¨丶  ´ ./ .ヘ     世界の頂点に立てます!
         ',:::'  l 人l  `ー-‐ ´      `ー  ´   ´フ }
         ',;   ヘ ヘ        .            / /
         ヘ   ', ',       !          ,_/
          ','   .ヽ_',       ヽ ,        /...´
          ',     ',                   /:::::',
           ',     \    ,_  _  、    /::::::::7
           ',      \   ―-      /:::;/
            \      ,.>、         /<´ リ
             `     |` 、\     / ,-―´ |、
                 ,<::{ヘ `llー―――<||   イ{ }
              <´::::::;} }. || .        ||  { { |
            ,<´:::::::7 |∨  ||.         ||  l 丶|
           ,.':::::::::::::, '/、  ||         ||  丶-ヘ`  、
           ,':::::::::::::7   ヽ  ||        || レ ´     ` ーヘ   、__
   ,―   ´  ,'::::::::::::::,'      |L       」|          /    //////ア 、
∠  |      ,':::::::::::::::,'      ||   ̄  ̄ ¨ ||         /    ///////    /ヘ
    |     /:::::::::::::::::|       ||           ||        /    ///////    .,'  ヘ
   |    /∧::::::::::::::|       ||         ||        .|     ///////    /   l
    |    /:::/ |:::::::::::::;         ||         ||        .|   ///////    /     ヘ

128 :ヤン・ヒューリック ◆1xuVLqH3kQ:2014/09/13(土) 17:16:18 ID:tSPrWWi20

              ,イ_ ,. -‐- 、 _
           __ _/ '´       `ニゝ
           >          r、 `丶、
            /       ,ヘiヽ./\l ヘ!`ヾ`
         /         /          ',
          ,'        /               l
.         l   lヘ!   r'                 l
       l      i`    __ ̄ミャ.、     l        そりゃそうね。ディーゼルエンジンは大きいものに使われるって決まってるようなもの。
       l    ,._  l     /   ヘ    ,ィャi
.       'ヘ. r,´ゝヽヘ.   ハ テ℡、 l    ,ヘ        それを小さくても使えるものが出来たら、私たちがトップに立てるのは自明の理。
         i r‐)     。ゝ、゙゙”y'     /ソ,
         ヽ丶         ̄     ` '        諦めるなんて、あまりにも早計だわ。
          /l(C,.           ,`, /
            'iハイハ              /
.            ト、        _ _ ==- (
.              l ゙丶.      二r=ー'-、
           /ヽ.  ゙丶丶. _  / _  ',
    _    _,. r<. . . ゙丶.  ` ‐-<ーレノ─'ー 丶_
  /. . . . ̄ 、. . . . . . . . . . ` ‐- .,_/`ー、 ', r-‐_  l.
. /. . . . . . . . . ` `'丶. . . . 、. . . . . . . _, 入 `i .l    ヽ
. /. . . . . . . .', . . . . . . . . . . . `. . . . .´.. . . l  `‐i__ニ) l
.l. . . . . . . . . .∨',. . . . . . . . . . . . . . . . . . . ',   ゝ、  l
l!. . . . . . . . . . .∨. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . ゝ、     l
ヘ. . . . . . . . . . . ∨. . . . . . . . . . . . . . . r-´'ー,、ャ_  _l_
 ∨ . . . . . . . . . ヘ. . . . . . . . . . . . . . . 〉   〈 〉',  ̄   l
.  ∨. . . . . . . . . .∧. . . . . . . . . . . . . . ' ⌒゙`. ..i ニ二彡.l
   ヽ . . . . . . . . . ∧. . . . . . . . . . . . . . . . . . . .l       l

129 :ヤン・ヒューリック ◆1xuVLqH3kQ:2014/09/13(土) 17:16:31 ID:tSPrWWi20

山岡の熱意は研究員達にも伝わっていた。彼らは金をもらって休むどころか、誰一人休暇を取らず自分たちの手で
世界初の小型ディーゼルエンジンの開発を作ろうと逆に山岡を励ました。

           _... ―‐-..、__
        ,.ィ'´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ
       /::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
        /:.:.:.:.:.:,ヘヘl\/l/l/フ:.:.:.∧
        |:.:.:.:.:.ゥ          <:.:.:.:.:.|      一年かかっても駄目ならば、二年かければいいだけです。僕らは諦めません絶対に!
       {:.:.:.:./             Y:.:.:.}
        .|:.:.:.:|             |:.:.:.|      だから、社長も信じてください! 世界一小型なディーゼルエンジンを作りましょう!
     .ハ|:.:.:.i ヘミ≧ェ   ャ彡アヘ |:.:ハ
     iヘ|:.:.:.l y‐tヶォ  ィ‐tヶォ |/ヘ.i
      乂ヘ:∧ `ー‐′ `ー‐′|_ノ /
        ゛∧丶     |     |ー'′
       /:.∧ \  ヽ ‐    /
        {:.:.| .|\ ` ――‐ /|
        |:.:.|ィ| .\     /  |\
        |:.:.|`'ーl-l‐≧―≦‐l-l-‐''"|
        |:.:.|◎ | |       | | . .◎|
     ,, -‐|:.∧  | |___   ___| |   |ー- 、
-‐ ''"    .|:.:.∧ |┌┘ー└┐| /    ` ー-、






          /   \ヽ. ____ ノ .:.:.:.ハ
            /      ヽ、________.:.:.ハ
            /      ム {ヽ         `:.、:\     お前ら・・・・・・・
         |      |弋ハ__\           :.:.:.:.:.
         | /∨     | イvハ-x 丶         :.:.:.:.:.
          'V ∨ ハハ│ヽ{  ヽ \ j    :.:.:.:.:.
               \{ }ヽ ',0    ',  ヽ{ヽ ハ:.:./
             _lノ   ヽ     }    ∨ j/:.:.:.
                く .:.:.:.:.:.. ` ー―彡     .:.:.:.:.:.
             ヽ              ,  '  ̄ ̄
                  {__           u /
                  (`こ⌒)    /     /.:
             ∧( ) ' ⌒ヽ ´  /     .:./.:.:.:.:
          { ( )  .:.:.:',  /       .:.:./:.:./:
            ヽ_____ .:.xー┴'ー‐     .:.:.イ,.:.'.:.:.:.

130 :ヤン・ヒューリック ◆1xuVLqH3kQ:2014/09/13(土) 17:16:43 ID:tSPrWWi20

こうして逆に研究員達に励まされ、山岡の闘志に再び火がつく。

                                     .___
                 / /  /  /  _,..-'''"`ヽ、/   \ .\
               ./   l  / / -'''"       ヽ      \ .\
              ./   /| .//  ̄ ̄ヽ .ヽr-''´ヽノ |        .\ .\  \
            /   .,イ  lr'´       l   |    ヽ_|        .\ l.V  .\
           / ,,  / .l  ヽ       .|  .|ー 、    \        ノ V   ..\
          / ////  `ー― ヽ       .|  .|   `ヽ   .`ー―――‐''´  ..V    .\
         .///|/ ./ ,rー-、__ヽ     |  .| ヽ ヽ \        ノ`ヽ |   \`ヽ      やろう! 俺たちの手で作ろう! 俺たちの手で、
        /// / /./       .|__    |  .|    \ `ー――'' ´  .| .ヽ|    ヽ      俺たちの力で、ディーゼルエンジンを作るんだ!
        .l/  | ./  |//       |ノ ̄`ヽ、.|  .|  .\ ..\  \ ヽ  ヽ | .   |     |
          .|   /.,.'l .l     .//    l /    .|\  \、     ヽ|ヽ.|、   |   |\|
          /  l/lヽ、|/| /`V./     /./     ヽ \  .| 、 、   ./\ | .....|
          .|    .|'´ノ、 /、    `ヽ、   /./   |.\ ヽ /\|...\ヽ  ./ヽヽヽ|   .|
          .l ./ヽ . | ( /  `ヽ、   `ヽ ./\ .....|  \| '´ ̄   .\  |/ /  ∧ |
          .|/  \\/     `ヽ、   `ヽ、.\ .| ././ l;;l   .....l ||\| ./  / . ヽ|
              ..∨        `ヽ、  `ヽ、   |      .ノ . |  /,l ./
             ./            `ヽ、  .ヽ、  ヽ __    .lー'/ .|/ヽ
            ./                ヽ  /          /./     .\
      .,r――‐/                 / /          ././ヽ、       .\
    //   /               / ./ /           ./ /  ヽ、    .......\
  / ̄二ニ=/              / // ー――― 、   /、 \   ヽ、    /― - 、
..//´ /./             ./ //、         , '/  .ヽ、l .ヽ      ./ー- 、  ヽ
    / /             ./ // ヽ` 、     , '. ./    ヽ |     /     `ヽ、 .ヽ
  / /             ./ //    .\   ̄ ̄   ./     .| /   ./ ヽ       |  |
 / ./             ./ //ヽ、     ヽ          , -  .|'   ./    .ヽ     /|  |

そして、ついにその熱意が結果として表れることになった。

131 :ヤン・ヒューリック ◆1xuVLqH3kQ:2014/09/13(土) 17:16:55 ID:tSPrWWi20

昭和八年12月23日。ついに世界初の小型ディーゼルエンジンの開発に成功。エンジンからは煙一つ出ず、
快調に動いていた。


                       /:/:::ィ:f'^i::|
                  f:::/:!::!" |::| |::|
                  f::::二二|::|二|::|二ィ′乂二二二二二::::..、
         . ───‐|::|──':::|  |::| _______     ヾ:::i
        i:::/ ̄ ̄ ̄|::|≧三彳─>------------ミヽ  │|
        |::|  r‐z_/___r‐/ /::::////::/:/|:::|‐┐ |::|
        |::| ./| |  l  └l|  |::::::::|::::|::::|::::|:::::|::::::lー|:::|=┘ |::|
        |::|  l    l  ==l|  |::::::::|::::|::::|::::|:::::|::::::lー|:::l::i   |::|
        |::|  l    l  ==l|=|::::::::|::::|::::|::::|:::::|::::::l:::::|:::l::l   |::|
        |::|  l    l  ==l|  |::::::::|::::|::::|::::|:::::|::::::l:::::|:::l::l   |::|
        |::|  l    l  ==l|  |::::::::|::::|::::|::::|:::::|::::::l:::::|:::|/   |::|
        |::|   乂._j  ==l|  |::::::::|::::|::::|::::|:::::|::::::|::: |:::にヌノ:ノ
        |::ゝ. ____!__j_j::::::: !:: |::::|::::|:::::|::::::に:|::/::「
     _ ゝ----|::::::l:::::::::::::::::::: `~`""''''ー┴─==ふリ ::::::!__
    /ァ::::::::}ー~~|::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::|=彡:::/==ミ
 ./::ノ::::::::ノ    |_::_:!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |:::::::|:::::::ィ     }::}
=(::::::::::::::イ       |:::::::::|`~`""''''ー──===:::ォ:::l/      .ノ:ノ
   ̄       こ{≧ュ ̄      凸   └‐┘       イイ
                `ー==ニニニニニニニニニニニニ彡"



こうして、日本はおろか、世界初となる小型ディーゼルエンジンが完成。山岡を筆頭に
従業員達の思いが結集したエンジンは順調な売り上げを出していく。

132 :ヤン・ヒューリック ◆1xuVLqH3kQ:2014/09/13(土) 17:17:07 ID:tSPrWWi20

山岡はディーゼルエンジンの売り上げ拡大のために新工場建設を決意する。
彼は尼崎に二万坪の土地を購入しようとした。


           ー―――― - .、
            ,>        `ヽ、|ヽ
         ,.'"´            ヽ ヽ,rー,
       ./    _______      <
      ./   ,r''´ヽ     /    `ヽ、、    .ヽ
     ./   /  /     (        ヽ\    ヽ
    /    /  /  _   ヽ、       ) ヽ    ヽ
  /    ./__./ ,r'´   `ヽ  ` ー―‐'''´   .ヽ    ヽ       このエンジンが普及すれば、過酷な農業や漁業がより楽になるんだ。
 ./イ    l   ./       `ヽ、_        |     ヽ
  /    | / .,'l      ヽ   、 `'''ー- 、   .|     |´ヾ    生産拡大をするには今のままじゃ手狭過ぎる。
 ./     .l,.'  ./ |  l     ヽ、  ヾz、   .ヽ  |       .|
../ _,..,'   |   ,' .| ./ヽ    .|ヽ .|.\  ><ヽ ̄  \l       .|
   /,/ ...|  .| >|/、 ヽ  | .ヽ| ,イヽ| .ヽ\  lヽ|'´`ヽ ヽ|
   '´ l.......| . ..|ヽヽ .ヾz、ヽ . |  イソ   .,'  .ヽ |/ヽ .l  l
    ..|/ .ヽ. |、ヽ\ _ノ . ヽ|  ヽ、___, ',-―-.ヽ|ヽ´` 丿_l_
   ヽ ̄ ̄ ̄ヽl.ヽ             |ー-、 `ー―'''´ r‐ |
    `、    .l/ |   '             |    ̄ ̄~| _,..<`ヽ
     ヽ     ヽ   、ー―'''´ ̄、)   .|      /    ヽ \
       .\    ` 、   ̄ ̄ ̄  ,   |     /       `、 . \
        ,r\      > ___  /  .|   /  l       `、 ...\
         /   \   / /  l'´    .| ./    .|       .`、  ..\
       ./  l   ヽ   /、.....丿__,..-'//    ..|、       `、   ...\
      l  |    |  / `ー '´ _,..-'/./       | ヽ       `、   ..\




しかし、その資金調達において百二十万円もの不足金が出たために、彼は資金調達のために
取引先の鹿島銀行に頼んでみるが、その鹿島から日本興業銀行(現在のみずほ銀行)を紹介される。

133 :ヤン・ヒューリック ◆1xuVLqH3kQ:2014/09/13(土) 17:19:14 ID:tSPrWWi20

キメ〃〃l'メ〃'"'メ':〃                           /  // ./;:/  |::::l::::::::::::::::l::l:::::::l::l::::::::::::::::l::::|
キキk'"メ,,.イ〃k'"'メ':                              __/   // ./;;/.,/' l|::::l::::::::::::::::l::l:::::::l::l::::::::::::::::l::::|
〃メ,,.イ k'"メ'ゞ                               /|/   // /::/../;;;/..|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
キメ〃〃l'メ〃'"'メ':〃,,,,....                       /   //./::/ /;;;/..,::'|::::l::::::::::::::::l::l:::::::l::l::::::::::::::::l::::||
メ〃メ,,ゞゞキゞゞ k''"'メ':メ,.キキ〃'                  /   //./::/ /::/ .,'' : |::::l::::::::::::::::l::l:::::::l::l::::::::::::::::l::::|
〃メ,,.イ〃キキk'"キキ'メ':〃'                    /   .// /:/ /:/ ::, '::,' ::|::::l::::::::::::::::l::l:::::::l::l::::::::::::::::l::::|
キメ〃〃l'メ〃'"'メ':〃                         /   . // // /:/ .':::,.':: ,:|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
〃メ,,.イ k'"メ'ゞ                           /  ..//.// / / ,.:":, " /::|::::l::::::::::::::::l::l:::::::l::l::::::::::::::::l::::|
メ〃メ,,.イ〃キキ k'"'メ':メ,.〃'                  /   //.// /:/ ,.:'::,,' /:: /|::::l::::::::::::::::l::l:::::::l::l::::::::::::::::l::::|
キキ;;:〃キメk"〃キメ,,メ"                 /   l/// /:/ , '::, '/:::/ ,.|::::l::::::::::::::::l::l:::::::l::l::::::::::::::::l::::|
〃メ,,.イ〃キキk'"'メ':〃'                     | /l  ://,/:/ ,'':,' ./:::/ ./::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
キメ〃k"〃キメキ,'"___ __                 |.//   l///,,.'::, ./:::/ /: /|::::l::::::::::::::::l::l:::::::l::l::::::::::::::::l::::|
〃メ,,.イ〃k'"'メ':・・・・|::::|                |://l  .//,.'' /::/./::::/ ::|::::l::::::::::::::::l::l:::::::l::l::::::::::::::::l::::|
〃キメk"〃キ :・・・・・|::::|                |://  :l/' ,,'// /:::/  /::|::::l::::::::::::::::l::l:::::::l::l::::::::::::::::l::::|
キメ〃〃l'メ" ・・・・・・|::::|                |//l. ::; //./::/ / ; /|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
〃〃k'"メ'・・・・・・・・|::::|   ,,,.II               |//.  /,"/::/ / ;; / ::|::::l::::::::::::::::l::l:::::::l::l::::::::::::::::l::::|
〃キメゞ・・・・・・・・・・|::::| 〃メメキ:: ̄ ̄|\       |//l:  l,"// / ;; / _,,.-''|::::l::::::::::::::::l::l:::::::l::l::::::::::::::::l::::|
ゞゞ キ ゞ・・・・・・・・・|::::| 〃メkゞゞゞ :: |\| .       |//:  // /;;;;;/,,-''":l;;;;;;;; |::::l::::::::::::::::l::l:::::::l::l::::::::::::::::l::::|
ゞ〃;;ゞ;;;・・・・・・・・・|::::|〃メ〃キゞゞメ:::::\|,,,.....,,,.. ... ,|/l l/ -'';;;;,.''"-''"::::: : |-''''"|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
〃〃ゞ ・・・・・・・・・ 彡メ〃ゞ〃ゞゞゞゞ(〃メメゞキ;;;::;;|. '"  l,,-''",,-'::::::::::|:|::::: |  ::|::::l::::::::::::::::l::l:::::::l::l::::::::::::::::l::::|


ここで日本興業銀行について解説する。興銀で知られる銀行だが、元々は国内資本の不足から
政府保証の下外国で債券を発行し、国内重工業への融資を行う、いわば「工業の中央銀行」として
設立された銀行である。

財閥系の三井や安田銀行などとは違い、政府よりの、いわば政府御用達の銀行であり、
堅い行風で知られていた。

134 :ヤン・ヒューリック ◆1xuVLqH3kQ:2014/09/13(土) 17:19:32 ID:tSPrWWi20


           |/::::::::::::::::::::::::::::::::: /\: : : : : : : : : : : : : : :|
           |\::::::::::::::::::::::::::::::::\_i\: : : : : : : : : : : : :|
∠._           | / ::::::::::::::::::::::::::::::::::::: !/\: :l7: : : : : : : :|
           | \ :::::::::___/\::::::::::|:::::::::::\: : : : : : : :.:|  _
           |  \::: \   |::::: <|ヽ :::::::: |\: : : : : : | 〈厂´
           |< ̄ ::::::::: \  | :::::: |/:::::::::::::: ̄\: : : : |
           `>|/:::::::::::::::::::::::\| :::::: | :::::::::::::::::::: 〈|\: : |   ∠二<   厂>
        ,ヘ/  |_:::::::::::::::::::::::::::::::: /|> :::::::::::::::::::: |/\|          レ'
           | く::::::::::::::::::::::∠l::::::\|\::::::::::::::::::<|ヽ::::<|            l7
           |  \:::::::::::::::::::::::::::::::: i∠_::::::::l7:::::: |く:::::: |    /∟_
           |  厂:::::::::::::::::::::::::::::::: |./:::::::::::::::::: | / ::<|    \  {
           l/.:::::::::::::::::l7:::::::::::::::〈|::::::::::::::::::: <|':::::::: |   <l   \j      ___
           |\:::::::::::::::::::::::::::::::: /|::::::::::::::::::::::::::|7::::::::|       __/  /
___________|_\_∧___∠_|ノ∟_::へ:_/|_∠| <l      \    /
/  ̄ \/  ̄ \_|/ ̄ ̄\/ ̄ ̄\ |/ ̄:: ̄ ̄ :| ̄ ̄|          }  /
:::::::::::::::::::::::::::::::::::/| >:::::::::::::::::::::::::::::::< |\ :::::::::::: /|    |           |/
:::::::::::::::::::::::::::: /  |∟::::::::::::::::::_:::::::::::::::_>|/ ::::::::::::: > |    |  ∠{          ___
::::l7:::::::::::::::::::::: > |/::::::::::::∠ノ::::::::::: \|:::::::::::::::::::::! |∠  |        ,{       /  /
::::::::::::::::::::::::::: :: >  |\::::::::::::::::::::::::::::::::__|____.::>|    |        ||    / /
::::::::::::::::::::::::::/   | _/::::::::::::::::::::::::/       /:::::、|    |        |{     }/
:::::::::::::::::::::∠ __  |7:::::::::::::::::::::::::::>      < :::::::::::: |  /|     ト、_   ´
:::::::::::::::::::::::::: :: / |::::::::::::::::::::::∠..___..へ「:::::::::::/|/: : |    \|
::::::::::::::::::::::::: ::: \ |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\|::::::::::::::::_/ /: : : : |
:::::::::::::::::::::::::::::::::::: >|\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l::::::::::::::::l/: : : : : : |      _
::::::/\:::::::::::::::::: ヽ|  \ :::::::::::::::::::::::::::/!__/: : : : : : : :.:|       レ'      /|
:::::}    \:::::::::::::::: |  < :::::::::::::::::::l7:::::\|  /.: : :l>: : : : : :.:|             /  {
:::::: ̄ ̄ ̄::::::::::: /|  /::::::::::::::::::::::::::::::::::l/: : : : : : : : : : : : :|            /   |
:::::::::::::::: :::::::::: /  | く:::::::::::::::::::::, へ::::::/ : : : : : : : : : : : : : /|           ̄ ̄ ̄

ちなみにこの時期は取り付け騒ぎや、銀行が破綻するなど深刻な金融危機があり、
それを契機として様々な動乱が起きる悲惨な時代でもあった。

135 :ヤン・ヒューリック ◆1xuVLqH3kQ:2014/09/13(土) 17:19:45 ID:tSPrWWi20

それだけに、最初は話がうますぎると、興銀神戸支店長は訝しげだったが、審査十日目でその態度が一変する。


       _________________
     /                        /
     |      ./`ー _         ,ヘ  /
     |     /::     ─ _    / ヽ/
     |    ./::::          ─ _/   ヽ
     |   /:::::::::ミ_ ─ _            /'〃
     |   \::::::::::  ─ _ ─ _      /::/ヽ
     |    \::::      ─ _|||    ||:::/   ヽ        あなたの話に嘘が無い事がわかった。他行の手前120万円としておくが
     |  /⌒l ━┳━━━━━━━━━━━━┓       必要なら300万円でも500万円でも融通する。
     |   |:i⌒|::|:::::|   :::illlllllllllllllll|━━|   ::illllllllll|
     |  |:l⌒| |::::: |  :::iillllllllllllllll/  ::::::| :::iillllllllllノ
     |  |::「]| |::::: \::iillllllllllllllノ/   :::::| :iillllllllノ
     |.  \_.l |:::::::   ̄ ̄ ̄ ::/    :::::|  ̄ ./
.   ./|     N::::::::::       (_  ::::_:丿  /
  ./::: |    /: :|:::::::::          ー    /
 / :::::: |.  ./:: ::|:::::::    ( ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄) /
/:::::::::::::|  ./::::  ::|:::::      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ /
: : :::::::::::::|.../:::    ::|::::        __   /
: : :::::::::::::|/::      ::l::        ::::::::   /\
::::::::::::::::::|\       ::\           /:::::::::\
:::::::::::::::::|  \       ::::\______/:::::::::::::::::
::::::::::::::::|    \      ::::::::::::/ |::::::::::::::::::::


たった十日でこの時の支店長は最大五百万もの融資を行うことを約束する。
これは山岡側の熱意が伝わったこともあるが、それ以上に小型ディーゼルエンジンの
市場規模や山岡の事業の有望さを見抜いてのことである。

136 :ヤン・ヒューリック ◆1xuVLqH3kQ:2014/09/13(土) 17:22:51 ID:tSPrWWi20

それだけに、最初は話がうますぎると、興銀神戸支店長は訝しげだったが、審査十日目でその態度が一変する。


       _________________
     /                        /
     |      ./`ー _         ,ヘ  /
     |     /::     ─ _    / ヽ/
     |    ./::::          ─ _/   ヽ
     |   /:::::::::ミ_ ─ _            /'〃
     |   \::::::::::  ─ _ ─ _      /::/ヽ
     |    \::::      ─ _|||    ||:::/   ヽ        あなたの話に嘘が無い事がわかった。他行の手前120万円としておくが
     |  /⌒l ━┳━━━━━━━━━━━━┓       必要なら300万円でも500万円でも融通する。
     |   |:i⌒|::|:::::|   :::illlllllllllllllll|━━|   ::illllllllll|
     |  |:l⌒| |::::: |  :::iillllllllllllllll/  ::::::| :::iillllllllllノ
     |  |::「]| |::::: \::iillllllllllllllノ/   :::::| :iillllllllノ
     |.  \_.l |:::::::   ̄ ̄ ̄ ::/    :::::|  ̄ ./
.   ./|     N::::::::::       (_  ::::_:丿  /
  ./::: |    /: :|:::::::::          ー    /
 / :::::: |.  ./:: ::|:::::::    ( ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄) /
/:::::::::::::|  ./::::  ::|:::::      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ /
: : :::::::::::::|.../:::    ::|::::        __   /
: : :::::::::::::|/::      ::l::        ::::::::   /\
::::::::::::::::::|\       ::\           /:::::::::\
:::::::::::::::::|  \       ::::\______/:::::::::::::::::
::::::::::::::::|    \      ::::::::::::/ |::::::::::::::::::::


たった十日でこの時の支店長は最大五百万もの融資を行うことを約束する。
これは山岡側の熱意が伝わったこともあるが、それ以上に小型ディーゼルエンジンの
市場規模や山岡の事業の有望さを見抜いてのことである。

137 :ヤン・ヒューリック ◆1xuVLqH3kQ:2014/09/13(土) 17:23:37 ID:tSPrWWi20


だがこれで新工場建設のめどが立ったことから、早速山岡は尼崎に新工場を建設した。
これがヤンマー尼崎工場である。

                          ___________________ /
                     _/     __                         /
                     / /   / /                      /                 /
               ∠ /   ∠ /_____________ /                 /
              _/     _ /|____________ ,,/                 /
              / /    / //;|_凵__凵__凵__凵  /                 /
             ∠ /   ∠ /// _________;   ___________ /
         /       /// / \               /   l     l     l     l     \
        _|| || ||   __/// /    \______  /    l    l     l __l       \
      / || || ||  / /// /       / 凵__凵  /  l __l     l     l     l        l \
    ∠ /|| || ||∠ /// /       / /      /     l     l     l __l     l        l   \
      |__|二二二||__|//| ̄ \     / /      / ;l    l     l     l     l     l        l    \
      |__|二二二||__|//|    \/ /        /厂 ̄j ̄ ̄ l     l     l     l     l        l      l
      |__|二二二||__|//|       |/         / l    l     l__ l__ l__ l__ l        l      l
      |__|二二二||__|//  ̄ ̄ ̄          / l   l     l ///////////////////l        l___l
      |__|二二二||__|/               /  ;l   l     l ///////////////////l        l      l
__________________ ,, |   ;l   l     l ///////////////////l____l      l
                           /   |   ;l   l __l ///////////////////l        l      l
                         /     |   ;l   l     l ///////////////////l        l      l
                       /       |   ;l   l     l ///////////////////l        l      l
                     /        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

138 :ヤン・ヒューリック ◆1xuVLqH3kQ:2014/09/13(土) 17:24:00 ID:tSPrWWi20

昭和12年(1937年)盧溝橋事件が勃発し日中戦争に突入から昭和16年(1941年)太平洋戦争へと続く戦乱の時代を歩んでいく。





              /''' ̄ ̄ ̄ ̄\
              l      ☆  '、
             l  _____-、|     < 撃てぇーっ!
             l_, /'''      \ニ=ニ=-
            / l      ☆  '、、
           / l  _____-、|!
          /  l_,/'''    肆 \=ニ=-
          /___/ l      ☆  '、、                          ズダダダダーーーンッ!!!
           / l  _____-、|!,                                      l , '
          /  l_,/'''    参 \=ニ=-                                    j!,ry'/' , '
         _//__/ l      ☆  '、、_|_   .;,____________                ┌t \,ハ'ι'(´r '、、
        /  /  l  _____-、| !' ,l r「 ̄「┴--:'!''''┴-ーーーー'┤l三三'''''''''''''''''''''''丁 lニニニニニl = ) l , '.:; ,: . : : .
  j' ̄ ̄ ̄|   /  l_, /'''    弐 \ニ=ニ=- _,r'  ̄ ̄':,,__,,,,,,,,......l..l!--------ーーーーl:::l     /j!,ry'/' , '、゙´
  |.    ゝ__//___/ l      ☆  '、、_|_   .;,____________              ┌t\,ハ'ι'(´r '、、
   !     /  / l  _,――――-、|!,:l r「 ̄「┴--:'!''''┴-ーーーー'┤l三三'''''''''''''''''''''''丁 lニニニニニl= ) (l , ':; ,: . : : .
  j' ̄ ̄ ̄|   /  l_,―=\==/ニ=ニ=- _,r'  ̄ ̄':,,__,,,,,,,,......l..l!--------ーーーーl:::l    /l j!,ry'/' , '゙´
  |.    ゝ__//___/ /  ●     ●゙、_|_   .;,____________               ┌t \,ハ'ι'(´r '、、
   !     /  /  |     l´ l `l !,:l r「 ̄「┴--:'!''''┴-ーーーー'┤l三三'''''''''''''''''''''''丁 lニニニニニl= ) (l , ':; ,: . : : .
  j' ̄ ̄ ̄|   /   |     ;;`-´`-´;/ ヘ _,r'  ̄ ̄':,,__,,,,,,,,......l..l!--------ーーーーl:::l      /lj!,ry'/' , '、゙´
  |.    ゝ__//___  />      く __|_|_   .;,____________                ┌t \,ハ'ι'(´r '、、
   !     /  _,l'´ ゙'::、 ゙゙゙'';;r:;'lニノ' ゙'' ,:l r「 ̄「┴--:'!''''┴-ーーーー'┤l三三'''''''''''''''''''''''丁 lニニニニニl = l , ':ノ.:; ,: . : : .
  j' ̄ ̄ ̄|   _r'′    ゙':'′ ! ゙′  ヘ _,r'  ̄ ̄':,,__,,,,,,,,......l..l!--------ーーーーl:::l      j!,ry'/' , 'ン'、゙´
  |.    ゝ__/    ,''    _ ___|_   .;,____________                ┌t \,ハ'ι'(´r '、、
   !     /    ,,/   |工ll●..............:l r「 ̄「┴--:'!''''┴-ーーーー'┤l三三'''''''''''''''''''''''丁 lニニニニニ= ) (;::ノ.:; ,: . : : .
  j' ̄ ̄ ̄|      ゙'':..,‐'"         _,r'  ̄ ̄':,,__,,,,,,,,......l..l!--------ーーーーl:::l      /l r'ヾ、r'ン'、゙´
  |.    ゝ_      ,r' `゙': 、ョ―'''''''''' ̄ ゙̄'、 !    _/                           l´し'、ノ `
   !     ""'::..,,  l    ll′        `'--....r''゙´                             `
   !   _,..-‐''゙´   ii.._  _..l
   !....-'"´         ̄

139 :ヤン・ヒューリック ◆1xuVLqH3kQ:2014/09/13(土) 17:24:12 ID:tSPrWWi20

ここで海軍管理工場の指定を受け、故郷長浜に新工場を建設し、ますます、ヤンマーの知名度は高まっていった。
主にヤンマーは上陸用挺を開発し、これらの船は「ヤンマー挺」と呼ばれていたほどである。

                    __
                , < .!> .、                         > ¨ ̄ ̄¨ <
.        ,≦三≧.\./.|` < .X                     /  / .| \.,≦三≧,
       {≦三≧} - \ |ヽ /、 ∨                 v ,.r´\/ | \|≦三≧}_
       | ===== |/|  |イヽ ヽ Ⅵ                   | {  /.\ | /|___ヘ__)
     =「」=======「」=二v--}--}--}                 !--------米.「  ハ  ≧≦
.    /! ¨¨.||  ̄ || ¨¨ !Ⅳ |\ノ  '  '                  人 ヽ ヽ/ .| !!|/  \/仁マヘ
.     /, '---|ト.--仆--イ__} .|  ヽノ ノ  「三三! ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄!三三!>../、 ,イ!「  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄¨ |
    | 「====」ニ⊃|| !||エエエエエエエ.|三三.|            |三三|エエエエエ「 o|            |
    |   .| ̄!  γ¨ヽ !! .||  ̄ ̄ ̄ ̄ |三三.|            |三三| ̄ ̄ ̄.!  |_「二l  γ¨ヽ|
    |- 、!_|___{ .! ̄||| !||       .|三三.|            |三三|     ..|  .!  |     .ゝ-イ|
    | (__|!_ ).| __.!!! /ルー───..!三三.!________|三三!───|_.|  | (二二|二二ハ
    /!| | |   |   | |  ||! '::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|  !     || ,≦}
   .{≦三三三!≧イ二7::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|-≒< 「三三三イヽ
   __!  , イ三三三!/__:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!_|三三≧<   ! }
  /三三三三三三ミ! .| 三 | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|三| |三三三三≧<≧イ、
 ≧三三三三三三三! .| 三 |                            .!三! !三三三三三三三≦
                 L」 三」___________________|三!_|
                      【LCACにて代用】

140 :ヤン・ヒューリック ◆1xuVLqH3kQ:2014/09/13(土) 17:24:26 ID:tSPrWWi20


          ,,-'  _,,-''"      "''- ,,_   ̄"''-,,__  ''--,,__
           ,,-''"  ,, --''"ニ_―- _  ''-,,_    ゞ    "-
          て   / ,,-",-''i|   ̄|i''-、  ヾ   {
         ("  ./   i {;;;;;;;i|    .|i;;;;;;) ,ノ    ii
     ,,       (    l, `'-i|    |i;;-'     ,,-'"   _,,-"
     "'-,,     `-,,,,-'--''::: ̄:::::::''ニ;;-==,_____ '"  _,,--''"
         ̄"''-- _-'':::::" ̄::::::::::::::::;;;;----;;;;;;;;::::`::"''::---,,_  __,,-''"
        ._,,-'ニ-''ニ--''" ̄.i| ̄   |i-----,, ̄`"''-;;::''-`-,,
      ,,-''::::二-''"     .--i|     .|i          "- ;;:::`、
    ._,-"::::/    ̄"''---  i|     |i            ヽ::::i
    .(:::::{:(i(____         i|     .|i          _,,-':/:::}
     `''-,_ヽ:::::''- ,,__,,,, _______i|      .|i--__,,----..--'''":::::ノ,,-'
       "--;;;;;;;;;;;;;;;;;""''--;;i|      .|i二;;;;;::---;;;;;;;::--''"~
               ̄ ̄"..i|       .|i
                 .i|        |i
                 i|        |i
                 .i|          .|i
                .i|         ..|i
                .i|           |i
               .i|      ,,-、 、  |i
               i|      ノ::::i:::トiヽ、_.|i
           _,,  i|/"ヽ/:iヽ!::::::::ノ:::::Λ::::ヽ|i__n、ト、
     ,,/^ヽ,-''":::i/::::::::/:::::|i/;;;;;;/::::;;;;ノ⌒ヽノ::::::::::::ヽ,_Λ
     ;;;;;;:::::;;;;;;;;;;:::::;;;;;;;;:::/;;;;;;:::::::::;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::;;:;;;;:::ヽ


だが戦局が悪化し、本土もたびたびの空襲を受ける。当然ながら、ヤンマーもまた
空襲に遭い、尼崎工場と本社工場に大損害が出る。
本社工場の90%、尼崎工場の70%が焼失し、稼働できるのは長浜だけという状況に陥ったのである。

141 :ヤン・ヒューリック ◆1xuVLqH3kQ:2014/09/13(土) 17:24:38 ID:tSPrWWi20

                                                // |ト、iノ(/    | i  |===
                                           \ \i}\ //__.|i  (/   | i  |===
             __                          \ノ\ノ\ノ\/__/} /'      | i  |===
              }=ト、                      ___)\ _    \//       i| i  |===
iト、        __彡}=} |                 ,'     ―=(      ,' ,ri―         ゜| i  |===
 {i  i_   _  |   i}=} |                イi     ―‐=イ     千王三¨       。゜/i| i  |===
_ i__ ノ¨}_/ ト、 i|  _,ィ=/  |           ‘,  ゚'*。      __)r==ァ ノ⌒/     。゜///i| i  |===
  _}{-イ   i| l__|/イ゙′ i|      。゜__   __ ‘,   __二二 ̄ ̄   ___ア   //////| i  |===
     _厂 ̄⌒¨       |      ,r≦三≧=ァ__   _ニニ― ̄ r‐i     i、⌒¨込、//////  i| i  |===
iト.   ¨ _       i¨| ,r‐‐  {三ニ少'-ュ===ア ‐==_     } { /     トi   /乂f、_/     i| i  |===
  〕iト._/ー=、 _   ri|ュ、i} |/    }≧==‐--  -=≡三  i}    } {   /  __.ィ /⌒/i|     i| i  |===
    ⌒厂¨¨i ̄ _|/|  |:i|_   /   ‘, i} ̄ ̄-‐ニ ̄ `  ,  ̄   ‘,}    ‐千王/i|     i| i  |===
xv、 /¨¨`ヽノト.  ゚ *。|:i|  |\/|¨ート         ̄ ̄)         ∴:.   ,.=ミ|ii/i|     i| i ,.  ̄
‘_‘}/ i   i}   〕iト. ゚'*。..|_ `|i  i| |―‐、         ̄) ̄ ̄    ‘, -=≡ ゞミ'ツ、/i|     i| iイ}
-‐ア' i|   i} |≧=  〕iト.} ||} |}:|i  i| |   | 、   ':、   _)}    r‐、   ヾ//{'′   }¨      /  レi |i
 イ___ i|   i} |//| |   ||¨ i|_  i|i  i| |   | i|   ‘,    ̄ ̄}  /|ュノ‐、   \/     }  _ - {    V从
/⌒ヽrイ´ ̄ト、 i|//| |   || r‐i゚*。|i  i| |   |rュ|  ':、     -=て /ノ.:.:.ト=f r'ソ /   __  }  }  /}_____{///
}   /`ヽ:.:.:.:.:..} i|//| |   |||i¨∨八i}i  i| | /ノ斧=‐    ‘,  /彡 |:.:.:.|__}/儿ノ{    /:.:.} }  } i}=、 i  i///
\/   /Vレトノi i|//| | r‐‐‐/__{_ノ//}i  i| |   |ヽ`ー 、     /)/ヽノ=={ r‐‐' /⌒ヽii.:./ト'  } i} 八  \/
 i}_  {__.:.:{  }i|//| | }==={/∧i//ii}i  i| |   | {イ¨}_ノr‐‐‐i      { |i/__ノ_厂乂}   |ii.:.{    } i}   i \ `
/¨⌒ヽ/ \___}‐ 、| | }==={_ノ少'´ ̄¨¨¨´ ̄ rュ   }==={_  ^゙~  { |i          {i.:.:.}  _ } _}少'´ ̄¨¨¨
\ュ__/{__/~ノ /¨´丁¨¨¨´   r‐ュ      __宀≠¬       `''          }:.:._} ,彳 ̄}}
`‐‐‐イ⌒‐=''´ ̄                                       ̄ ̄`=冖宀冖≠う‐‐≠

昭和二十年八月十五日、日本は無条件降伏を受け、ここに太平洋戦争は終結する。
戦争とともに名をはせたヤンマーであったが、同時に戦争と共に大損害を受ける。

142 :ヤン・ヒューリック ◆1xuVLqH3kQ:2014/09/13(土) 17:24:52 ID:tSPrWWi20

しかし、度重なる不況と苦境に立ち向かい、従業員と共に世界初の製品を作り上げた男は
この状況に対して全く絶望してはいなかった。





                  ャ-‐、
                 ツ':;::::::::',
                 >-‐-く
                 ,ゝ-‐=‐-L_
               r'´      `i
               | ヽ ,J´゙し、 /i
               | /  }=ー= { 〈、',
                 /   `ー'^  | 〉
     ,.-‐─ ' ´ ̄ ̄`        レ′
  _,x≦、_,x≦ミ ,ィォ              |ヽ
_∠三三三三三≧'´              .| ヽ
       ̄`,三三≧x     ≧、     ノ   ヘ
        ヘ三三三≧=彡メ、_,ィョ_′  ∧
         弋三三三三三三三=≧'≧  〉
           ` ̄ ̄  |  「 .| `ヾ三三三≧
                      ト-.} |'⌒ソ ` ̄ ̄´
                 |  .} | =、|
                      |三| .|三1
                    }ニ|  }  |
                 } l、.ノ  }
         ...................  イ  | f'ヽ !
          :::::::::::::::::::::≧=='::::L_)::...
             ゛゙::::::::::::::::::::::::::::::::::

143 :ヤン・ヒューリック ◆1xuVLqH3kQ:2014/09/13(土) 17:25:04 ID:tSPrWWi20

既に六十歳を迎えていた彼だったが、ただちに事業復興に立ち上がった。





 .、  ./::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/      ../  |   ヽ    ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
  .ヽ×、:::::::::::::::::::::::::::::::::::./    ヽ  ../   .|  、ヽ     \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`_,..-/
 ../`、 "'''- .._:::::::::::::/      ∧  /   .|   | ヽ|ヽ、    .\::::::::::::::::::::,,..-'''"/z<
/:::::::::::, < /::.  "'''-<.|_      / .` /、   .|   .|`、.|  `、     \_,..-''':::::,z .'./'-x`"'x._
:::::::::../  /\::./   . "'''- x.__../  .V.|    .|   .| |.`/  .ヽ_,..-'''"´ ヽ|, z'"::../::`、   ̄ ̄  俺はもはやエンジンを離れて生きる術を知らない!
::::/   .|::::/ヽ ./  lヽ、  .ヽ/~"' x∧.|ヽ  .|   | .`、|, z'" ヽ     ,x'.|ヘ |/:::::::::::|
      .|::/   .>、´>|  ``ヽ、`x、ヽ ヽ.| ヽ、 .|   | `、|.// ..ヽ     |/| lヽ、:::::::ヽ、     先がどうなろうと、生きるためには一日も早く事業を再開しなければならないんだ!
      |./   | ><|   /==z、 \ヾ| .ヽ |   |/.ヽ|/ ̄X..ヽ  ../.| | .| "'''- .._\
     .|/    >、|  |ヽ、.∧   ( uヽ、.||ヽ .〉>、  |=<U )  / .ヽ/  .∨ .|       ̄ ̄
 ___,z'´|   ./ | ヽヽ.|  X .ヽ、_`´ ..>x ,へ丶  |、_`~ _/ ../.∧   |、 |`ヽ、
  / ./  /  |  |ヽ| /./ー=三三/////l三lヽヽ |ミ三三彡'´ヽ ../ .〉、 .|ヽ.|  ヽー――‐
    / ./   | |  |/ /、,x彡 /    ///.へxx、`  ヽ    `,〈`='| .ヽ、| .`|   ``ヽ、
   ./ ./     | .|  |/ .`、  .._,..-'''"三彡::::::  .``''x .、   ./|ヽ |  ヽ|
   // ヽ、   | |  ./|  |,z='´ /     '''`~´      "'''-x../ .| ヽ.|   |     ./
       .ヽ、 |`´ ./z=='´|ヽ、'´      ヽ、,-    、    /``|ヽ、ヽ   .|   /
         ヽ .|  '´   ` .ヽ、  /`lー--―'´ ̄/`ヽ   ./ ./  .フ`  ./  ./
          ヾ、:.   ヽ、 ヽ、 ヽ、ヽ ..~ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ`l )../ ./  /   / /
            \::::::... ヽ  .ヽ  ヽヽzー―――=/./ /  /  ././
             ..\::::::::::..\ \  \ -‐ .‐-  .../ / ./ .::::://

売れ残りの農業用エンジンの生産を開始し、売れ残った船舶用エンジンは映画館等の発電用として販売した。
そして、この頃旧海軍の優秀なディーゼルエンジン技術スタッフが入社し、苦難を逆境に変え、
山岡は会社再建へと突き進んでいったのである。

144 :ヤン・ヒューリック ◆1xuVLqH3kQ:2014/09/13(土) 17:25:19 ID:tSPrWWi20

さらに敗戦からたった一年後、昭和二十一年に新型の小型船舶用ディーゼルエンジンを開発するなど
攻めの経営を続ける。特に山岡が手がけたのは発電用エンジンの販売である。





            /  `ヽ、                         .-―
    ,,.-―/      ヽ                        / ,r''´
    / ー ' 、  ,.'".. ヽ l                 ..-''' ̄`'''   ー- . _
...  /     ヽ/     l ヽ                 /               `ヽ
.   /       ヽ     lィニ ヽ    -‐―、   /                    `、
. /    ,  ⌒...ヽ  , '   ヽ `ヽ..  、..... l. ∠///     /           ',
/    ヽ     ヽ,..'.      l  ',....  ヽ | /.   /.. |..... /               ',
l     .ヽ   .-''" .ヽ     ノ..... l,r_''´ ̄ヽl''´/   /.  l... /|             ',
|  、    \(ヽ、_,..-'   ノ__ノ...ノ/ ヽ, -‐ 、ヽl/l/l'..... ,イ. / |.     |          ',        こんな状況だからこそ、新しいものを作らなきゃいけない。
ヽ  ヽ      ` .__,..-'''"ー  /、_ノ(...  ). ヽl..l   /_ l/_ヽ.|..   /   l        ',
..lヽ   \  ノ `ー''´      ノ    `ー'   lヾ',. l  し' ヾ〉  l、/ヽ.  ,'         ',       守りに入ったらその時点で負けだ。
..|ヾ ー '´  ̄.  )‐ヽ、___,,.. .´          |ヽlヽ:l `ー‐' ヽ|. /z‐''|. /.    l lヾ|
..| `ヽ、_.    ,イヽ ノ‐ - .(              ノ/          |/ー' ノ|/ /l   /ヽ|
..ヽ ヽ     |.l   .|`ヽ、.. ヽz、          / `、   \  、,     /  /./l.. /.ヽ
.  ',  ' ,    ヾ...  ヽ _..ヽ.   ヽ`ヽ.         / ヽ `、  ヽ\    ,イ  /V. |. /   ヽ
. /. ',  ヽ    ヽ   ヽ  ヽ   ヽ__)、      /  ヽ . `、__,..r.、' ´/ l/、  |/..    ヽ
/ /',   ヽ    ヽ   ヽ-、.ヽ   ヽ ̄ヽ_. イ/    ヽ  / |. ヽ/   /.          ヽ
 /. ',                ヽ.ヽ ',.   ',... ヽ_.ノ、ヽ    ヽ l  ヽ...',   ヽ         ノ
./   ',             ヽ', ',.   l   ',ヽ ヽ.ヽ   ヽl.    | ',.    ヽ  __,,. .-‐''"
    ',       ヽ        l. l.   |...  ', ヽ ヽヽー‐、  .ノ |  ', ,.-'''"',   ヽ_
     ',       ノ.     ノ. l   ノ.   ',.', ヽ ヽ)ヽ     |... ',ヽヽ、 l      .ヽ
     ',、.  _ .'.     /...ノ /..    ',.', .ヽ  ヽヽ    |.  ', ヽ l....|   ノ⌒ヽ ヽ
      ',           / / /  /`ー、  ',.',  `ー、 .ヽヽ   |.   ', l.| |  /  ノ ヽ ヽ
      '-――- .__./ / /  ./ /./.   ',.',    ', ヽヽ  |.    ',ノ | ノ/_,..-―- 、 ヽ)
            ./ / /./. / /./...   ',.',_..   ',  ヽヽ..|...  /  ヽ  _,..-―- 、ヽ/

145 :ヤン・ヒューリック ◆1xuVLqH3kQ:2014/09/13(土) 17:25:30 ID:tSPrWWi20

敗戦によって焦土と化したわけだが、戦前における電力供給や、送電網に関しては現在に比べて
非常に劣っていた。そこで、山岡は電力不足、非常用の電源としてのエンジンの販売に注目したのである。




___                       ,,;';';';';';';';':::.、
 \:\                  ,,;';';';';';';';';';';';';';';';';';';:.
  / /> 、                 ;;';' ;';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';
 ./ / / 7.∧                ';;' ;';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';':;'
../ _/ / /.∧.:∨ ̄`ヽ          ' :、;';';';';';';';'YY;';';';';';';',.:'
  / / /./.:∧/三三 ∧                |::!
、/ /_/./: /. /   / ̄〉∧                   l::|  ,.,.,.,
/: : : :/:.:/: /   /  //:::::〉、             |::! ;';';';';';'
ヽ、 /. ∧ 《_/  //:::: ,' .∧            l∧ ./;';';';'         _
∨:/ .,'| !:./.:/ ̄∧lヽ,/ ./::∧              ∨|/               |:[:|
::|く_ _// i/.:/  //:∨ ./::/:/j         ,;':':':; l∧    __      |:[:|       __,,<≧=、
::| .:// ./|/ _//_,人.,'::/:/.∧_         ゞiイ :!::!:\ /:::j::::|   ._ .〈: :.〉     / / ̄ // ̄> 、
/ /ム/_ 〉 /!/:\  /´/./:/ /\/ ̄∧     木くノ::l:Y::|>、_i.:::|  // _|: :|_   / ̄ ̄ /\//   /  \
`: .、__/,../.:/i》― -\!.三マ_./  /  / :!=y≦三!/州/ リ`ヾ!:>i、-//、 |: : : :| / ̄ ̄ ̄!\_/ ..,/ ̄>-:、
.:。_ ,,<    ,>'’!: .  >― 、上,,≦!_!_/ :;/:リ`ヾ!_!こ  ̄>.、 :>.、 ̄ `ヾ: .、,,≦三,,イ ̄ ̄ ̄
/`ヾ ,r<>'’ ̄> 、__: . : . : .>= 、三二>-《;川ー<三>'ー<>― >、 _ ,、,、,、,、_ ̄ ̄ ̄ ̄
_ ,.>'’て ̄ ,,< ,,<彡' ̄ : .  : . : . > 、 ,、,、,、,、,、,、 :. :. :. :. :. :. :. :. :../r≦三≧=.、 \__
三≧=― -、,,<三≧∨!"'' ; :. : . : . : . : . : . : ,r ー ≦ 三  ≧= 、 :. :. :. :. `ー ==< /   / \

146 :ヤン・ヒューリック ◆1xuVLqH3kQ:2014/09/13(土) 17:26:36 ID:tSPrWWi20

ちなみに、このときヤンマーのエンジンは優秀であっても山岡の学歴の無さから「百姓家のエンジン」として
侮蔑されていた。

         し!     _  -── ‐-   、  , -─-、 -‐─_ノ
     小    // ̄> ´  ̄    ̄  `ヽ  Y  ,  ´     ). 小 .え
  戦 卒    L_ /                /        ヽ 卒  |
  前 が    / '                '           i  !? マ
  ま 許    /                 /           く    ジ
  で さ    l           ,ィ/!    /    /l/!,l     /厶,
  だ れ   i   ,.lrH‐|'|     /‐!-Lハ_  l    /-!'|/l   /`'メ、_iヽ
  よ る   l  | |_|_|_|/|    / /__!__ |/!トi   i/-- 、 レ!/   / ,-- レ、⌒Y⌒ヽ
  ね の   _ゝ|/'/⌒ヽ ヽト、|/ '/ ̄`ヾ 、ヽト、N'/⌒ヾ      ,イ ̄`ヾ,ノ!
   l は  「  l ′ 「1       /てヽ′| | |  「L!     ' i'ひ}   リ
        ヽ  | ヽ__U,      、ヽ シノ ノ! ! |ヽ_、ソ,      ヾシ _ノ _ノ
-┐    ,√   !            ̄   リ l   !  ̄        ̄   7/
  レ'⌒ヽ/ !    |   〈       _人__人ノ_  i  く            //!
人_,、ノL_,iノ!  /! ヽ   r─‐- 、   「      L_ヽ   r─‐- 、   u  ノ/
      /  / lト、 \ ヽ, -‐┤  ノ  キ    了\  ヽ, -‐┤     //
ハ キ  {  /   ヽ,ト、ヽ/!`hノ  )  モ    |/! 「ヽ, `ー /)   _ ‐'
ハ ャ   ヽ/   r-、‐' // / |-‐ く    |     > / / `'//-‐、    /
ハ ハ    > /\\// / /ヽ_  !   イ    (  / / //  / `ァ-‐ '
ハ ハ   / /!   ヽ    レ'/ ノ        >  ' ∠  -‐  ̄ノヽ   /
       {  i l    !    /  フ       /     -‐ / ̄/〉 〈 \ /!

147 :ヤン・ヒューリック ◆1xuVLqH3kQ:2014/09/13(土) 17:26:50 ID:tSPrWWi20

その評価を完全に覆したのが1953 年9月、東京大学宇宙線研究所、東京天文台の乗鞍岳コロ.ナ観測所の
自動発停式の自家発電用ディーゼルを製作した時である。




                   , ‐─-、                         , -─‐- ,
                      /.i   i ',                         ,'.l i   .!∧
                  ,' .l    l i                      i l l    l. ',
                      1  i    l ト、                     ,.イ l l    i   l
                     l   l    l l `' .、              ,.r ´!  l l    l   l
                     l  !.   i l i_ ! !                   ! !.._i l i    l  l
                     l  i    l l._ .i .!                   !. i. _.l l    i  l
                     l  l    l l i_ ! !                   ! ! _i l l    l  l
                     l  l    l l._ .i .!                   !. i. _.l l    l  l
                     l  l    l l._ .i .!.,             ,.!. i. _.l l    l  l
                     l  l    l l i_ ! ! ` ー ,.,     ,.,‐ ´ ! !.._i l l    l  l
                     l  l    l l._ .i .!._ .i .!_i  __   i_! i _.!. i _ l l    l  l
.   ○`Y´○            l  l    l l i_ ! ! l.,_.l   .!r'´! !`'r !  l._,.l ! !_i. l l    l  l            ○`Y´○
__ . ,  | |              l  l    l l._ .i .!._ .i .,r'=ニ二ニ=ヽ ! _.!. i  _l l    l  l               | |  , .__
l     ` l l' r 、         l  l    l l i_ ! !._ .i,.ィ ニ二三二ニ i.,i. _.! !._i l l    l  l          , r 'l l ´   .l
|┬┬┬.ll┬┬ ,,        l  l    l l._ .i .!|二二二二二二二二二|!. i. _l l    l  l        ,, ┬┬ll┬┬┬ |
|┬┬┬.ll..l .l_l_i__` ー─┬. l  l    l l._ .i .!|二二二二二二二二二|!. i. _l l   l  l .┬─ー ´__i_Ll. l..ll┬┬┬ |
|┬┬┬.ll.二_l_l_i_i !i riiiiiiiiii.r.,|  l.oTo.l l i_ ! !.─┬‐┬──┬‐┬─.! ! _i l l.oTo.l  .|,.r.iiiiiiiiiir i! i_i_LL二.ll.┬┬┬|
|┬┬┬.lllr =`'ーュ_ヾiiii〆i,.|  l  l .l l i_ !oTo.:..ll  .ll    .ll  .ll. ll..:.oTo! _i l  l. l  .l |.,iヘiiiiッ_ュー'´=rlll.┬┬┬|
!┴┴┴.ll ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐‐‐ェェェェェェェュl.,..l l i_ ! l:.:::.:.ll  .ll    .ll  .ll. ll.:::: :l ! _i l  l..,.lュェェェェェェェ‐‐‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ll.┴┴┴!
;:;:;:;:;:;:;:;:;:ll;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;..|r´ ̄.‐.‐.‐.l ‐ 二二二二二二二二 ‐..l.‐.‐.‐. ̄`r|..;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;ll:;:;:;:;:;:;:;:;:;
;:;:;:;:;:;:;:;:;:ll________r‐i´ !  ̄  ̄  ̄ ̄  ̄ ̄      ̄ ̄  ̄ ̄  ̄  ̄ ! `i‐r________ll:;:;:;:;:;:;:;:;:;
. ̄ ̄ ̄.ll                 l  ̄  ̄  ̄ ̄  ̄ ̄        ̄ ̄  ̄ ̄  ̄  ̄.l               ll. ̄ ̄ ̄.

東大というブランドも相まって、それまでの「百姓のエンジン」の侮蔑を覆したのであった。

148 :ヤン・ヒューリック ◆1xuVLqH3kQ:2014/09/13(土) 17:27:04 ID:tSPrWWi20

そして山岡は同年、2度目の訪欧視察の旅に出てドイツのマン社を訪問した。


           /:::::::::::::// ,. .::::´:::::::::::::::::::::::::::::::\ \\:::::::::::::::::::\
          /:::::::::::::::/ /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\ \\:::::::::::::::::::\
         /::::::::::::::::::/ /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\ \ ,::::::::::::::::::::::\
        /:::::::::::::::::::::/ ::::::::::::::::::::::::::::::/|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\  }::::::::::::::::::::::::: \
        ´ ̄7 :::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::/  |:::::::::::::::::::, イ::::::::::::::::::::\!:::::\ ̄ ̄ ̄ ̄`      ドイツも日本と同じ敗戦国だが、どうなっているんだろうな?
       /::::::::::::::/::::::::::::::::::::,ィ::::::∠_  |::::::::::::::/ |:::::::::::::::::::::::::|:::i⌒ヾ
      /:::::::::::::::::/:::/::::::::::::::/ j/_ ` l::::::::::/ __|::::∧:::::::::::::: |:::l
     /´ ̄ ̄7:::://| :::::::::::/ /7 心ヽ |::::::::/   _j/ V:::::::::::::l::::!
         l::::′::::!::::::::::/ ヽ 弋夕〟 |:::::/;' '´心ハ ヽ |::::::::::::/:::::!
         |:::::::::::::|::::::::/      ̄   j/ :l  ヽ`¨´ ノ |:::::::::::l::::::::!
         |::/|:::::::!:::::/l   ,, 〟       |    ̄  /|:::::::::∧::::::l
       __l/ .|/ヽ|:::/`l          ´/      //!:::::::/ \::!
     /___ ヽ‐-、.l:/ ゙¨ヽ    、_            /ィ':|:::::/   `i      __
      | イ::::::::∨ヘ  .!′:::::::l\       ̄ ¨ ‐ 、    /_.j/ ̄ ̄ ̄ ̄/´ ̄_ \
      | l::::::::::::∨ヘ |∧/\!  \     ̄     /           / /´::::::::l  /
      | |::::::::::::::∨ヘ     l   \          ィ′         / /:::::::::::/ /
     〉〉:::::::::::::::∨ヘ     ├-、_ \__ _/_l          / /:::::::::::/ /
     //:::::::::::::::::::∨ハ     |:::::::::::::: ̄\ / ̄:::|           / /:::::::::::/ /
     //:::::::::::::::::::::::∨j     |::::::::::::::::::::::::El:::::::::::::|            / /:::::::::::/ /



そこで彼は、ある意味自分の恩師と言ってもいい人物の不遇を知る。

149 :ヤン・ヒューリック ◆1xuVLqH3kQ:2014/09/13(土) 17:27:16 ID:tSPrWWi20

ディーゼルエンジンの父であるルドルフ・ディーゼル博士だが、実はその偉業に反して、彼は謎の死を遂げている。


   ,.-─ …‐-、 _
   く  ,.ィ彡__   \ ̄¨ ー- ..___    _,,. -、
    V ノ   \  \         ̄ ̄    _}    え? 何その出オチ感?
.      \  ____\  \           ,. </  
      ヽ´oヽ   `>‐--丶、 _   _,.イ\ /   
          \>/ ト、jノ<二二..__ ̄ `ヽ  |    
         |::::::::::/`ヽ彡   -‐   ̄二ニ =ヘ、   
           ;:::::::;:',ィフ=、ー-r‐'  彡'⌒ヽ__,.   ヽ
        /:::/// , =ァ''   \ニ/ /¨ヽi  `ヽ   '. 
        //::l U ,fュ/      i `'  i'^ソ/`ヽ     i 
..      レ/ `ヽ/ ソ     /    i_/\     l 
   .       ,'  _i.,,_           l   丶、   i
          i  __}             !     `ミ、W 
            └‐´r' __      U   |      ヽ 
              ,.-┴r'_‐ノ          l
         _⊥、 \'       /
.           {   \' _}    ,. <
.          /\   \_,.ィ
        \ \ /ヽi. 人
.           f\ ノ丶、ノ
         ヽ `>‐く
             `ー─'


1914年。彼は渡航中に行方不明となり、ノルウェー沖で腐乱死体が発見されるも損傷があまりにひどく、
長男が持っていた遺品などから、ディーゼル博士であることを断定するも、あまりにも不振な点が多いことから、
未だにその死に関しては疑問が多く、陰謀論も存在するほどである。

だがそれ以上に山岡が愕然としたのは、彼の墓や記念碑すら存在しなかったことにある。

150 :ヤン・ヒューリック ◆1xuVLqH3kQ:2014/09/13(土) 17:27:29 ID:tSPrWWi20

     /                                        ',
...   /                                            ',
.    |                                         ',
.    |                       ∧...|                  l
.    |                       / ヽ|       |、.          |      あの人がいたから、俺は世界に誇れる仕事が出来た。世界に誇れるだけの、
.    |                      ,    /..  |.         |.∨.   |...   |     製品を作って売ることが出来たんだ。
.    |                  / |.  /.    |         /~ ∨... ト、...... |
.    |                  /-.|..../=='..|.. /|.     /r= ∨ . |. ヽ.  |     ディーゼル博士は俺の恩人、ならばその恩にはきちんと報いなきゃな。
.     |                   /.  |../--rz、..|. /...|...  /...し'..|..∨..|. .ヽ......|
..   |                   / / l/  し'.. |/.  |  /  /. |. ヽ|...  .ヽ...|
    |        ,r‐、  、   ./ ヽ            | /lー‐'.. |    |ヽ. ヽ|
.....  | ∧      / ,r‐ヽ/ ヽ  ./   \_,..-'''"    |/ .、...  |.     | ヽ. |
.   |/ ヽ    .| /ヽ二ヽ. |.../                ヽ..... | ∧  /.  ヾ|
       ヽ     |.. (  (.. |/      _           /..  l../ |.../
     ___.ヽ __ヽ  ヽ、    _,..-'''".../                / |/......|/
     ヽ二二_  ̄~""'''‐-‐''´_,..-'''/ ./         _.   /
      \     ̄``'''ー-―''´ _/.../      '''  ̄    /  `ヽ、..,,______
        \         ,r'´ __ ./            /             . ̄.フ
         l        / /  )/  ヽ、.         /               /
         |          l......`ー./     `  ー――                 /
         ゝ   \   ー-、. l       |                   /
        ./  ̄ ̄`ヾ、      \      |..... ヽ             /

そこで山岡はディーゼル博士のために顕彰のための準備を始めた。ちなみに
ドイツでは外国人による自国の発明家の記念顕彰は初めてのことである。
ドイツ、当時は分断されていた西ドイツにて、大きな反響を呼ぶことになった。

151 :ヤン・ヒューリック ◆1xuVLqH3kQ:2014/09/13(土) 17:27:52 ID:tSPrWWi20

それどころか、逆に山岡が世界初となる小型ディーゼルエンジンを開発したことに対して喧伝され、山岡に対して
昭和30年(1955年)4月ドイツ人以外で初めてドイツ発明協会より金牌が贈られ、昭和31年(1956年)5月には
ミュンヘンのドイツ大博物館より名誉理事に推薦され、
昭和32年(1957年)4月にはドイツ政府より大十字功労勲章受章の名誉を受ける。






                   _ ,,,__ ,,,...,,_
                , -, '´  /    `' .、
             ノ`ヾヽi  /,. -==-- ̄、``ヽ、
          ,.-,=--.、 !//三_‐ヾ"ヾヽ、   ヽ
          く  , ,=-_、ヽr' _, -―`-l  i、 ヽ     ',
           Y,ィ i´  ``´‐=、- 、'! l ヽ ヽ    l       ここに偉大なる日本人である「マゴキチ・ヤマオカ」に対して敬意を称する。
          // /,'       `/! l ト、 '、 i、   l
          /./ i i、_        〃! ! |ヾ、 ! iヽ   !      
          l/i  l .lニ,、   __,._-ll=l、 ', ! ヽ、 ', ',ヽ  !
          l ヽ,ヽ!‐゙l '、´、=、ッll ヽ ./ !  トヽヽ. '、 \ ',
          ヽ / , ヘ./     ̄ヾ , ' /  ,.イヾヽ.ヽ '、 `',
           ,.'  ( '、_      / ,/  ,'l _ノ,ヾi ト,ヽヽ、 ',
           l、_ , .)  ',- ..__,  '、 !、ノ .ヽi´ ,ヽi.ヽヽ ヽ i、
          く i ,'i. ヾヘ''   ,-- ノ./ , '  ノ''"´ ト| iヽ.l  `ヽ
     , ,-,-‐,‐,‐,ヽ'、ヽヽ( ヽ、_ ,ゝ.(,'l i  /!  , !ノ! l. ',lヽ  ヾ、
    /.//.//,//  .ゝ、 ´   トi'"_ヽリヽヽ1、ヽ-', ‐'/l .l  ! ヽ   ヽ
.  〃-/ '―' '    ! ! `ヽ ,.ヘ !'r_''_''i ´´`,. ="-='.〃l ! .l  l   l.ト,
  l l i´        ヽ'、. ,.!/'、>' ,三=,.l  ,ィ´i´='彡7´ノ/ ,i、  !   / .l
.  !.! !         i '/,' ///、_ ,' -‐.l /-´'ノニ´'/,. _' ' .`ヾ、 / ./
  i i i   r--――― 7ヽ!/〃 ー‐/ _,. _ノ,.=´'´,.-',.- '     `ヽ、!

152 :ヤン・ヒューリック ◆1xuVLqH3kQ:2014/09/13(土) 17:28:06 ID:tSPrWWi20

そして、 昭和37年(1962年)にて、山岡は波乱の生涯を閉じる。


                  ャ-‐、
                 ツ':;::::::::',
                 >-‐-く        あばよダチ公。
                 ,ゝ-‐=‐-L_
               r'´      `i
               | ヽ ,J´゙し、 /i
               | /  }=ー= { 〈、',
                 /   `ー'^  | 〉
     ,.-‐─ ' ´ ̄ ̄`        レ′
  _,x≦、_,x≦ミ ,ィォ              |ヽ
_∠三三三三三≧'´              .| ヽ
       ̄`,三三≧x     ≧、     ノ   ヘ
        ヘ三三三≧=彡メ、_,ィョ_′  ∧
         弋三三三三三三三=≧'≧  〉
           ` ̄ ̄  |  「 .| `ヾ三三三≧
                      ト-.} |'⌒ソ ` ̄ ̄´
                 |  .} | =、|
                      |三| .|三1
                    }ニ|  }  |
                 } l、.ノ  }
         ...................  イ  | f'ヽ !
          :::::::::::::::::::::≧=='::::L_)::...
             ゛゙::::::::::::::::::::::::::::::::::

享年七十四であった。

153 :ヤン・ヒューリック ◆1xuVLqH3kQ:2014/09/13(土) 17:29:49 ID:tSPrWWi20

生前、山岡内燃機株式会社から、彼はヤンマーディーゼルに社名を変更する。そして、昭和34年(1959年)「ヤン坊マー坊天気予報」を
テレビで放映開始。ここにヤンマーというブランドは完全に確立した。



                  _,, -‐'''''''''''''''''''''''''' - .._
           _..-..丶   _.. ‐´             丶
         /丶 ││ /                 ヽ
         r冖_ /"" 、  r ..-'‐‐‐: 、            ゙ 、
        l! < _ ゝ-- ll / 、-、     丶           ゙、
        ヘ `´   ,,: ナ / :iフ   __   ゙ 、          '、
         │‐  ‐ l丿 / -     .┐  / ゙'、         |
         {   r __  Y' 、  /’ lワ   、 │ ..、      |
          1  │ーへ ヽ、 ’-ゝ..r 、   ゝ /   ′     ヽ        _.. ..------ .. _
  ,,.....-- .._   - _..-'、   ヽ"゛'''7"r‐''l  , : ' 丶 ... 、     丶      .. '''`         `'''' 、
/      ヽ、 ゙ 、   \  l| ..ッ''  ~~" ,..r'’   ′ ^' 、   /     /               ゙' 、
′ -ヽ、    、 弋   ,,..>- 'ニ_  _ ‐'´ ′    、  '''' '‐<      /                  丶
、  ヘ 、    、  '、 / '‐----'''  ̄   ヽ  ,,,....‐‐ `'; 、 .. ノ     '',、 '                   ''、
、   1ヽ   │  _ノ´ !..-'¬'  ′    `' ' _;ノ' `  ′ ´     ,'ソ" ....、`''‐-...._          、、 、 l
(    I |_   ,,ぃ ノ ..   r''´   ゝ ,..--ー‐ "´           ..メ _/ /ナ   ..-_ `'''-ー- 、   l  1  !´ l
?U_  ,' ′ rゝ '´ ーー-/      ヽ                I/’ f  ゞ  _r’,<〉   ` _/    ||  ’ ' 丿‐'、
│‐‐-ノゝ , _゙冖    ー- - ___   ヘ、            ..-、 /ー- `l!^ 、__ ′ )!、   _'´     丶     /
 '、 / ' /丿ゝ 、 、     ´ ヽ.._  ^''‐‐ー 、 _       I  │'、´ 丶 _ ニン'' ` 、  ./ .. ニ > ' ー 、..    ┘
  ゙'-〈/ 冫r _ / ヽ ヘ        `゙ー-、 . - 、` 、     冫 --ゝ      ′ -?U  ーン /'、   _―‐'´
    `'' ( ` ‐  __ '' ___......--''′   j ! - 、  '、   丿    `゙ぃ..、____ ___......-/   ゝ_ -‐ 〕
      `''’ ̄  ´`    ゛'-..、    _ ムソ '′ !  〈 ′ , 、   │  `'二 /   ゙ヽ、   ....-‐‐′   _ ..  ......、
                  ``ー― .. "ノ'´′ ..'´ / ../´゛ T 丿    ( 、 - ‐ 、ヘ ' 、 丶..、  ..-` .. 丶  \、
                       `--''゛   `‐'ゞ′    ̄ ̄^`‐‐‐ヽ ′ - ’ 丶ヽ   `‐ _  _ '':- 'ヽ 、
                                          r ゝ、  ゙ ゝ'''' _ _r --..―'' ` `.. ニ彡 ''iく 、,,r'′
                                          〈 ̄`' ゝ  ゙l ⊥ `   `゙゙′  ′ _、 ユニ-‐^
                                          │   lJ   |ヽ `ゝ    _/ /` ´
                                          ヽ   l l  丶 │ │  ..-'i-ー'´
                                           ヽ   1l  / 」 ,'..-??/
                                           ヘ ` I ! _ _..-¬-''´
                                            `ー 丶''"

154 :ヤン・ヒューリック ◆1xuVLqH3kQ:2014/09/13(土) 17:30:13 ID:tSPrWWi20

彼は生前このような言葉を残している。

                   ,ィァ  ,. -  ―――――zィァ
                  / / /         ,..-'''"
                /  //         <
                  {               `  、
             , ―'                  ` 、
               , '          _,..- ――z 、..   ` 、
              ,'        , ', '´  ノ   ___  「`ヽ    ` 、
             ,'       , ' , '    / /  `ヽ二ヽ ヽ   ` 、
            ,'       ,.'   ̄ ̄  /       `ヽ  ',    \
           ,'       ,''´ ̄ ̄ ̄ ̄           ヽ ', ̄ ̄ ̄   俺に取り柄があるとすれば、ただエンジンが好きで好きでたまらず、
           ,'        /           /|           ', ',       それに没頭できたことだ。
          ,..'       /       / | /. |.   ∧    }\l l
      ー―ァ     /.  , 'l   / __| /, |.. /彡V   }.   |
         /_,.. '"//// |  / ̄し'>l/  '| /ソ / }  /    |
       / ̄/,-、   { {‐-〉 V|. /`ー‐'    l /ー'' ∧ /ヽ   |
        l     {ヽ.  ヽヽ{   |/          l/ ヽ. /.l. V... `、 . |
        |    `ヽヽ,r≧z、               //、.|/.    `、|
      ノ         `ヾヽ  ヽ   、       ,  /. \
     /             ヾ」ヽ...ヽ   ー―― ' /.. __\
   /           , -‐、ヽ  、.    /... /,----, )
  <ヽ          ,.'  ,ィ }ミミz、,l  ー‐.   //   //
/  ヽヽ           { r'''´ l/三ミ./、.     //   //ヽ
  / ヽヽ         { l  /三ミミ/ミ 、ヽ、   //   〈〈二 ヽ
./... / ヽヽ      / /  /三ミミ/三ll|. ノヽ...//.    ヽヽ ヽl
  /    ヽヽ.   / /  / `ヾz/`ヾノ '   〈〈      ヽl   |

155 :ヤン・ヒューリック ◆1xuVLqH3kQ:2014/09/13(土) 17:30:37 ID:tSPrWWi20

そして彼は自身の経験から来る、農民のためのエンジン作りという理念を忘れることは無かった。


                     , '´/
                      , '  ー―‐- ...,,__
             ___', ,イ            ~"'''‐- ...,,_
           , '´   ', \                \ ̄ ̄ ̄
          ,.'..     ',.....\                \
.          ,.'         ',   \                \
   ____ ノ.          ',   ,. \''"l.     ,..'/.   \
   _ヽ__,,,.    _       X/-ミ ン 、_,... '"  /      \
   ヽ      /ミ} |/|.... /l/ヽ{:j  lヾフ     /..... }`ヽ   ヽ   
.   /      | l〈... | /.  / `ー '' /   ,イ /   |  \.. |
   '´/_,..-'''" ̄`ヽ     /___ /_,..'"ニ、| `、.... |..   \|
 ̄ ̄ ̄  /  ,r‐ 、_ ヽ      rz.、   ̄ ̄ヽ{:j }| __ヽ |
.       /.. /    /~ノ       トー、\  / ヽ/|  ,イ   l      自分でものをつくって、誰はばかるところなく値段をつけ、
     /  /    / / ヽ    ヽ  ヾ_.ゝ、  ∧|. /..l  /       「この値段で嫌なら買ってくれなくても結構です」と言えるような、
      /  /    / /、.....ヽ      `ー‐'''´  /  |/. |. /       自信のある仕事がしたい。メーカーになろう。それも百姓生まれの俺にふさわしい、
.    /  /    / /ミミz、 ヽ        /       l/        この農業用の石油エンジンメーカーに。こう決心した。
   /../   / /三三ミミz       />-- 、
 /../...   / /三三三ミミz/  _//___,イ }
.' /.      〈 〈三三三ミミミ/.    / /  / . /
.         ヽ ヽ三三ミミ./.     / /  / /
             \>三V/l|    / /  / /
           /`ヽ/ヽノ  _/ /  / /
              ヽ 〉、ヽヽ~.   / /


昭和35年(1960年) 滋賀県伊香郡高月町(現長浜市)に『大森農村精密工場』を開設し、
今もなお、ヤンマーは農業用製品開発に力を注いでいる。

156 :ヤン・ヒューリック ◆1xuVLqH3kQ:2014/09/13(土) 17:31:03 ID:tSPrWWi20


          / _ ニ - _‐ _ ニ ニ- _ ニ ー _- ‐ ニ ‐  ニ__‐__-
.       /_ - ニ ‐ --、 ニ ‐ ニ ニ _- ニ ニ -‐/ ̄ ̄ // ̄ ̄
       /___/` i ニ/   j}ーwvwwwvハVハWハVハWァ'    //  / ̄
.     / /   ノ'⌒/   リ    \\  ヽ  }|/ //   //  /
.       /   /   /   /\     \\_|_i{_l/_/__/ / ̄
      }ト=ー{  ∧ _ /  l}ト、    rく{____ノノ      )ノi  /
       リ   |  ′  ̄}ヽ Vノ  〕 ̄ ̄ }ノ {匚i匚匚][ {        〉  /
.      }}   l| /    /  } l___ r┴r┴‐┴┬一' __   { /
      {入_ハ{ {ト、___/ / ̄         ̄\ート┬┘           }/ /⌒
.       }N ̄  l   i{/ i{____廴__,ノ⌒厂 i  ____,.,.,ノレ
.     } }   l   l| ノ  }   //二二く__K_) ノi{/r‐____¨´     /}
      } }   ト、___} _,ノV{ {_{弋if夕オ } }廴lしく__,ノ叱zタ ラ‐ハ   〈 ノ
.  \   } }___/   ´ ̄ ̄  { { |ト人^¬宀'^リi ̄`し}Nト- ̄ ̄    } _,ノ
.   } ̄\}            │∨'⌒}二二ィi l i´  Y´       ノoノ´/
  \ノ   ノ         _ノ 廴/      } { {   ,ノ       / ))ー'
    \_ノ         / ̄ ト/ ̄i{.   /弋V'⌒y       _i  b
     {ト、}、___/   /     ヽ/    ̄         |  |
     N {\___/\  /      /    、 __   -‐' }     ノ ,
     ∨},ノ       ∨       ′\   ト、_    /     /   _
     } i{       }      / | il{ ヽ  `丁 ̄ ̄    / l   /
     |        /  ___,ノ  \|    ノ      イi{  j / /
     `ト、       / ̄ ̄ }   / |  i  i_     ィ     / /
       } \____/   ノ{__| |  ー―‐一     / /
       |  {    \     ∧   | \   }      / /


そして晩年、彼が恩人として崇めていたディーゼル博士に対して少年期を過ごしたバイエルン州アウクスブルク市ビッテルバッハ公園に、
昭和32年(1957年)秋、ディーゼル博士生誕100年・ディーゼルエンジン開発60年を前に記念石庭苑を寄贈した。

157 :ヤン・ヒューリック ◆1xuVLqH3kQ:2014/09/13(土) 17:31:17 ID:tSPrWWi20

決して順調満帆ではなく、常に苦境と不況が襲いかかったが、彼はその苦境にめげることなく、時にはその苦難に際して
諦めそうになるも、自らを支え、協力してくる人々と共にその苦難を乗り切り、世界初の商品を武器に、
日本は無論のこと、世界へと挑戦し続けていった。





                    ∠   弋刀フ7ゎ。、
                  ./ ̄`ヾz、 `守从从尖z,r'''' 、
                .∠z、.   ヾz、. `守从从z、  ) ̄. ヽ
                   / ̄`ヾz、...  ヾz、  `守从z}<z,.   |
                 ∠z、     ヾz、...... ヾz、.... ` >''`ヽ|ヽ、..ノ|
                / ̄`ヾz、...  ヾz、..  ヾz.>''´.       ̄.ヽ
          .∠.       ヾz、   ヾz、 . <フ、         人__
         ./ ̄`ヾz、     ヾz、.   ヾz、.///,,ノ.../l  ヾ`ヽ |  ノ
       .∠     ヾz、.   ヾz、..  /.  /'´...|/...|从  ヾ/    \
      ./. ̄ヾz、..   ヾz.    ヾz. ∠,,,,,,,         ヾ人|   ,rー‐'
.     ∠..    ヾz、    ヾz、  _ヾ.-‐'' |. ,イ  ヌ...  ト、    .{ ... `、
...... / ̄ヾz、.   ヾz -‐ '''""~       /ノ |  ,必ヽ.. |ィッヽ   `ゝ.....r^ 、
 /__,,  -‐ '''""~                   ヽ人 l. \|  ノ )/从/彡 |  `ヽ
                              .|ヽ ヽ‐-、 /、... ノノ ソ  ヾz、  }、
                             .ト、.ノl. ̄    ミz、 人}}L、 ヽ、 .ヾ\
                               |ヽヽヽ ミz、    ,z彡、ヾ} ヾ ヽ |} \
                             | `、`ヽニニ二   ノノフ ̄ヽ ̄    .ヽ
                               __|`ヽ .ヽ、_____,,. .-‐/   ヽ  ヽー. 人_
                         __,r=ヽ/  `ヽ、   、___,〈、    ヽ、_ ヽ    `.、
                         フ__ノ(ヽ、  ミ三彡     <(z,      .`ヽ}、 l  _ヽ
                       ,r<´ ヽヽヽ .`T ー-<_三三二ニ(,,,,        l .>'´.  ヽ
                    _/  ヽ  ヽ.ヽニL__.|___,..-'''"  .ヽ       |/  ./ .ヽ
                    >z、   、\  \ー-z._ .'´     >、     \/.. / ヽ
                   /  /ヾ、    ~''‐- .\   ./     /´    "'''ヽ   \/    |
                 ../  //ノ,,,、    __\         lヽ、       >、   ヽー-z..|_
                /  //:::::::::/.|ン ̄ _,..-'''"~~ヽ、 ヾ、ヾ、  |」」」」ヽ     ヽヽ   ヽ __ ノ
               /  //:::::::::./ _,..-'''"       ヽヽ ヽ ヽヽ」」」」」ヽ      ヽ  |   /

158 :ヤン・ヒューリック ◆1xuVLqH3kQ:2014/09/13(土) 17:31:29 ID:tSPrWWi20

その信念と情熱は彼らが作り上げたエンジンと同じく、頑強であり、同時に力強く、
苦難や苦境をはねのけ、突き進んでいく。
今もなお、その精神は受け継がれ続けている。





:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ -=二:._:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:._//  ̄ ̄ ̄ ヽ\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:-=¨¨ ̄¨¨=-:.:.:.:.:.\
  \:.:.:.:.:.:.:./:.:./  ´,.-、 > 、    イ \:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.::.
   \:./:.:.:.:./ 厂:.:.:.:.:\ _¨¨___. \:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.
.   /:.:.:.:.:.:.//:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\ ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.__:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
....../:.:.:.:.:.:.:.: У:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\ 、:.:.:.:_:.:.:.:.:.:\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:..
/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:}. 、:.:.:.:.:.:.:.:\:.:.:.. \:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\、/ r ヽ:.:.___\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
:.:.:.:.:.:.:./:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:. |l. \:.:.:.:.:.:.:.:\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:、:.:.i /ゝハ:.\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
:.:.:.:/,:.:.:.:/:|:.:.:.:.:.|: : :|l.   >--:.:.:.:.:.:.:. 、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ヾヽ Y i:.:.:.:\:.:.:.:.、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..彡'
:/  i:.:.:/: :|:.:.:.:.:.{: : :|l  /  \:.:.:.:.:.:.:. \:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i  { ノ !:.:.-=\:.:.:\: ̄`¨¨¨¨¨¨¨:.:/
.    |:./ :. :|:.:.:.:.:.:.:.:.:八、/ / } \:.:.:.:.:.:. \ :.:.:.:.:.: |    .ノ:.:.:.:.:.:`¨¨:.:.: ̄:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./
.    |,:.:.:.:.:.|{:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.!`\  ノ  \:.:..:.:.   \ :.:.: |  r.:':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:≧.、
.    {:.:.:.:.:.:|:V:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ ヽ     ヽ:.:.:.   \:.:|  |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:r 、:.:\_
    :.:.:.: : |/V:.f 、:.:.:.:.:.:.:\       ヾi    _ヽ≧、!__:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:_ -r≦/////∧
.    V:.:.:.:|. V:! ≧= _:.:.:.:\     ァ    / ヾ////////≧=-- __ -=≦/////////////∧
.    V:.:.:|.  V_______. /  ̄_     /     / ハ. ∨/////////////////////////////////,∧
...    V:.:| /¨ミ<:.:.:.:ー. 、    /      V ∧ハ ∨/////////////////////////////////,∧
       V:|.{ Vハ. V:.:.:.:.:.:.: ゝr'         ゝ V∧ i//////////////////////////////////,.∧
      ヾハ V∧ V: : : : : : ゝ、         /ハ.V∧. V//////////////////////////////////∧
        ヽV∧ !: : : : : : : :∧    ./: : :.∧Vハ. V//////////////////////////////////∧
          V:.:.\\ : : : \: :ゝ ___/: : : : : : ∧V:∧ V//////////////////////////////////∧
          v: : :.:ヽ ヽ: : : : ヽ: : : : : : : : : : : : : :.. V:∧ V//////////////////////////////////∧
           i: : : : : :.. ヽ: : : : :\: : : : : : : : : : : : .. V:∧ V//////////////////////////////////∧
           | : : : : : : \\: : : : \: : : : : : : : : : : ヽヽ∧ V//////////////////////////////////∧

159 :ヤン・ヒューリック ◆1xuVLqH3kQ:2014/09/13(土) 17:31:41 ID:tSPrWWi20

発明者よりも情熱的に生き、その恩人に恩を忘れることなく、その偉業を喧伝し、
その意義を証明したのは、一人の物作りが大好きで仕方ない、一人の男と
彼の情熱に共感した人々の力があってのことである。



.._                    ./   | .|  |、   ヽ  |ヽ、        ヽ、    ._,..-'''"
ヽ、``==x..、         ./ヽ  / |   | |  |ヾ、  ヾ ..| ヾ、     __,,.. .-‐'''"´_,..`'''"
`、 ``'''- .._ . ̄~""''' ‐- ../  ヽ /ヽ ヽ  .| .|  |  `、  `、|_____〉_,..-'''"´   ..ヽ-'''"´ヽ、..`ヽ
 .`ヽ、 / ~""'''‐-..,   ``'''ー'ヽ、ヽ ヽ |.|  |   `、   |/  ヽ  ,z=='´ ヽ    ヽ`./
    ヽ/        /x__     \    |.|  .|   ヽ、  |__  ヽ       .ヽ   ./、
   /.\       / /// ̄>x、  \  ||  .|  .//ヽ |`、..`ヽ、ヽ    .ヽ、 ヽ/  ヽ、
  /   ,|\    / /〈    .|_/:::::::)、`-x._.||   | 彡|'´| ハ|:|    |l ヽ    .|:../ |ヽ  l、
 ./ ./| .|  .\  ./ ./ `、  .|::::::::::::} `lヽ、    .|  '| |`':::::::ノ   ./  .ヽ  /|   |ヽ、 .ヽヽ
.././::::.| .|   `ヽ、 /   ヽ、 .ヽ=‐' ノ  ::::>、  |  ```ー‐'___ ,・'´   ...〉'´  .||  ..|、`ヽ、
/'´/::::::.|  |   . / .`>、     ̄ ̄ ̄  :::::::::|,.ヽ  |            .//∧  .||   |::`ヽ、
 /::::::::::|  |   ../  / 〉        ......,z='| .``ヽ、|          .< //|~}、 |'   |:::::::::ヽ
./::::::::::::.|  .|  ./  .∧/      _,..-'''" :::::::,    `'"'''- .._       X/ / 〉| /ヽ .|:::::::::::::ヽ
|:::::::::::::::|  | ../  / /l、  _,..-'"      `'          `.ヽ.._   /∧'´./ /:::::::::::::::::::::::::::
|:::::::::::::::|   | /  |/  >='´           ヽ  '´         "'''-/._ `,〈  /::::::::::::::::::::::::::::::
/::::::::::::::|   `|   |='''|`‐`、                     ,}、   /`-"/ ヽ .|::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::|      /:::::.|   `、   i、    __,,.. .-‐=='''""~     /   /::::~|::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::.|   ∧/:::::::::.|  ,、 ヽ、   ~~ ̄ ̄              ノ  / /:::::::::ヽ.|:::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::|  /、:::::::::::::::| ./ ヽ  ヽ、        、          ./  /./:::::::::::::::`|:::::::::::::::::::::::::::::::::
ー―‐'´ ヽ /  `ヽ、::.::::|/:::::::ヽ  .ヽ、      ヽ        ./   ||/:::::::::::::,z==z、_z=====
      ∨    .ヽ::::::::::::::::::ヽ   .ヽ、            /    /:::::::::::::::/

                  【第九回 ミスターディーゼル93】



【終わり】
関連記事
スポンサーサイト

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL http://daisanjisuper.blog.fc2.com/tb.php/857-76fdf809

Preventry  Nextentry Allarchives

大惨事!!スーパーAA大戦α ( http://daisanjisuper.blog.fc2.com/ ) by 大惨事管理人