0512345678910111213141516171819202122232425262728293007

やる夫の中世騎士物語 番外編④




819 : ◆NiVO3Ffeio:2014/01/05(日) 21:01:01 ID:hRkrOZ7M0



                   _
                  >セ乞アト ニ _
               /..::.:.ヾごソ.::.::.::.::.::.`:..、
             / ^⌒^⌒^⌒⌒^丶、:::.::..\
              //    /          \::.::.:.ヽ
               / /   ′   〃 l    |\::.::.l_
           /     |  |   〃|  |  |    /ィ[}ぃ
            ′  l | | /  |  |  | /  〈:{_ノ八ノノ
           |    | |ヽ | ¦  |  |/_」/|   ヾイ|:トrく l         14話で、こんな感想を貰ったのよぉ
           | | |l  |⊥ミメ、 |  /ノィ厶斗┤   / | |:| ヾ:、
           |lノ八 lヾヘ リ \/  ヘ リ丿.′ '  | |:|  }::〉
            |:トヘ ` {  ̄         ̄ / /  | |:| く/ |
            レ  |\ヽ_   ヽ      ∠/|    || レ     |
                 |  ト  __      /|    |l      |     /
      、_  \__   |   | // )、_  <_j   リ\   | /厶イ{ノ廴__,,
     _ーz三≧三≧|   |_{   '´ / 〉介ト-、.′  ∧_>―<三三三三三三ご_
      ご三三三三三|   |::|    /_ノ:| |:|`/   / /.::厶-― 、\三三三三二ニ
   ニ二三三三三三/|  r‐ヘ   jーr゙| |:|/   / /.::.:|::.::.::.::.::.::..\\三三三三≧===ァ
   ー=ニ二三三三/.::.::| ノ  |   Г|ノ厶l/   ,  /.::.:: |::.::.::.::.::.::.::.::.>`ヾ三三三三{ ̄
       ̄え三三∧::.:〈 ̄ト‐┴√| ト、__/  /「`7.::.:::/L. -― __ ――〉三三三三二
    =彡ベ彡イ⌒ヽ「\l   /  ノ.::|/ /}   /.::.::.〈ー―::.:: ̄::.::.::.:.::/三三三≧一
         /   /^Y⌒ト-イ ̄厂〉 イ ̄ , /.::.::.::.::〉::.::.::.::.::.::.::.::.:/\ ̄`ヾミ⌒ヾー
           /   /  ト--rヘ_r-イ/ j|  / /ニニ二/.::.::.::.>‐[}‐く \ ヽ
        .   /  ∧ | | | /|\_/..::.::.::.:/l::.::.::〈〈__ノ八_〉〉 lヽ  .






         ____
       /     \
.    /       \       ここの部分は作者も、この解説で大丈夫か悩んでいたから、
.  / /) ノ '  ヽ、 \
  | / .イ '(●) (●)  |     今回は宗教関係についてもう少し詳しく解説した番外編だお
.   /,'才.ミ). (__人__)  /
.   | ≧シ'  ` ⌒´   \
 /\ ヽ          ヽ

820 : ◆NiVO3Ffeio:2014/01/05(日) 21:01:29 ID:hRkrOZ7M0

                -r=y=y=y、、
               /z〆..::::::::::{f勾::::::..ヽ
              /x<..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
            /.f7.:::::刈ー'^ー'^ー'^ー'ヘーマ}:::ヽ
.           / xリ::xFノ l   l .l  .l.  l   マヘ         実際の歴史に沿った部分と
          / {{l::/ノ .i .|  ll | l| |! |  ! | l|   ハ
.         / {{:/ノ  l .l l l l || |l |  | | l| ! llハ       このお話の独自設定の部分が混ざっているから、
        /  ィリ{ l| 十 t .⊥l l| ハ.} , ィ 千 l l| .|
.       /, .//|:}トヽlヘlr=tzぅミヽリ リj 斗 T7/ハ l、       余計に分かりにくかったのよね
  .、   .// 〈〈_}小ノハ ヾ弋ン`    ゞ ' 〃イ リヘヽ
  l:ト:. // 〈.{ /ハ、}.〉\__       '  u イ / l .l::|//
、 ヘ!:V./   ゞイ 1トム‐イ \ 、-.. _,  // / l.l:}.1   ._
i;\ヽ;i〉./ _〃∠ノ1 / }| ノ1 ヽ  - イ / / /千1!|Yチi;i;i;i卞z,,_
i;i;i;i;Y// //⊥ー |||_ノ´  } ヘ.:::::´:y:::ム/ / /ム!|:!||;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i≪_
i;i;i;i;i;{/ 〈〃::::::ヽゝン⌒   ,、 Y`ーt:::/イ〃/::::\トi;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;≪,
i;i;i;i;i/  ノ:::::::::::::::≧ x _, -、く \ヽ }|´__ //:::::::::::::\i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;
i;i;i;/   /::::::::::::::::::::::::〈 \ 「 ヽ _  く. l ||:::::::::::::::::::::::::l;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;
i;i/_ 、|__::::::::::::::::::::::ヽ__,. -< ヽー"' ||:::::::::::::::::::::::/;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;
 l:t- 水ー::l:}::::::::::::::::::::ヽ \ ` _>--ハ才1::::::::::::::/i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;
 |:|/ィ|トヽ:l:l::::::::::::::::::::::::\ へ__> ヽ   |::::::::::::/;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;







       ____
     /      \
   / ─    ─ \      なるべく分かり易い解説を心がけるつもりだけど、
  / -=・=-   -=・=- \
  |      (__人__)  U  |    テーマがテーマだけに、いつも以上に濃くなるのは勘弁だお
  \     ` ⌒´     /

821 : ◆NiVO3Ffeio:2014/01/05(日) 21:02:04 ID:hRkrOZ7M0


〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓




                    やる夫の中世騎士物語     番外編




〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

822 : ◆NiVO3Ffeio:2014/01/05(日) 21:02:47 ID:hRkrOZ7M0

       ____
     /      \
   /   ⌒   ⌒\       まずは一番の根っこの、
 /   ( ●) ( ●)ヽ
 l      ⌒(__人__)⌒ |     キリスト教とはどんな宗教なのか、というところだお
 \     ` ⌒´   /
 /             ヽ







                  ,. -ー' 二二二 ー- 、
                 //: ̄__:::::::::::::::: ̄`:::ヽ
                 /〃'::::::/´ノ〉):_ノ_ノ::::::::::::::::::\
              //´::::::__,ィ:ゝ-':__,:::-──- 、::::::::::ヽ
              /゙::::::::::/ ̄ ̄\ ヽ\  ヽ \::::::::ハ__       分類上はユダヤ教、キリスト教、イスラム教は、
              !:::::::/ i     ヽ ', ヽ  \ ヽ>,仁》
           _ |::::ハ  ',      i }  ! !  ',<ノ||\      セム語族系宗教と呼ばれているわぁ
           《ニハ_ゞ、 \ \    ! ||  | |__ || l | \>
            ソ|| \\ \ \   | .从,ィ匕Lィ|| | | 〈´       これらの宗教が信じている神様は、実は同じものなのよぉ
                 | '、 \\,>≧ゝ, |/ /,ィヌニミ、|i | l  |
                ハ \  `卞代ツミ ヾ′   ''' / //   ト、     , --─.::´
        .`ヽ、  〈/|:} ヽ,\  \`¨´  、     / // /  l ヽ  /::::/::: ̄
     /:::;:ィ:::::\ //|  |\\, __>   - ´  イ!// /   !   ∨:::::::::':──-:::、
    . .. ::/::::ハ::::∨ム'〉 「`:::ゝ,\_ ≧ュ,fヽ_ .ィ─ヘ,ィ l   |l  /::::__::::\::: ̄`ヽ
    . .. .:. :::://__;/:::::|  |::::::::::ヘ   !:::::::l |::::ハ;:::::_:::::ヽl   l| 〈::::::::::\:::::\::::ヽ
    . ::/;::///::::::::::: ! / :::::::::::::} |::::::::l !/  ∨ }/::::/ / ハ`ゞ 、::::\\:::::ヾ
       ∨/!:::::::::::::::| /:::::::::::::::::| |::::ノ| ト-ーく /_」:::/ / /::::ヽ:::ヽ\:::ヽ \
       //|:::::::::::::::レ ::::::::::::::::::| |::_〉 }  ─ー、ヾ才/} /:::::::::::\:\\〉\
     ,// /ヘ:::::::::::::::::::::::::::::::::::! /:::〉ヘ!   ̄\ヽ)=::、/ /::::::::::::::::::::::::::\   `
    .// // 人::::::::::::::::::::::::::::::::|/::{ `入_  ゝ}_ソ/`´}/::::::::::::::::::::::::::::::::::}
   /´// / /|::::::::::::::::::::::::::::::::::(\__  ̄Z_r、_「| ノ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト、
    // /  // ヽ;__::::::::::/:::::::::::::::〔 ゝ,>、  _,ィ'7´}:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::! ゝ、
   .{′ /  //  / | |  ̄`斗、:::::::::::::::\r 、  Y  厶ノ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ   )

823 : ◆NiVO3Ffeio:2014/01/05(日) 21:03:33 ID:hRkrOZ7M0

     ____
   /      \
  /   _ノ ヽ、_.\
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |     その割には、言ってる事は全然違うし、
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |       戦争までしているお
.\ “  /__|  |
  \ /___ /







               __
             ―く`亡7ア
         / / イ ̄ ̄ ̄`ー-、
          / // / / i     \
         ′ ′\ / /  | | \ヽ
       | l|  | / レハ|  |l | ト、  l |
        | ||  |x≧ミ、| /ナ+メ,| | | |     そこでポイントになるのが、
        | |八  | ヒソ " l/ ィ==x'|│| |
         | |  \\~    ,    / | | |     旧約聖書に出てくるアダムとイヴのお話なのよぉ
         | | | | ̄  、 __ ∠/ |ノ |
          | | | |'ヽ     . イノ|| | |
.        || | |ノ___≧ー≦ i/ /|| ||
        ,―|  | |::≪[=}≫L/ 厶l| |、|
.     /::  |  | ト-/∧ヽノ/ /::: | |:::\
    /:::::: n:::| 八 | 〈/  レ厶イ::::: | |::: ::\
.   ト、::: ::| |::|  | ̄>rf乞ミ-、|}〉:::: | |:::/:: 〉
    〉:::}::::rヘ_ト|  |  ):::ヾこン:::(|}〉:::: | |/::::  厶
   /:: 厂>'´ ̄广ー―ヘー―┴ァ-┴ヽ:::    \
  〈:: /:::::|   {     |    |-r―<::::::    〉

824 : ◆NiVO3Ffeio:2014/01/05(日) 21:04:34 ID:hRkrOZ7M0

                    -‐,コf7{{辷fリノヘ,
                  /  __{仏:'/:`¨:^三≧,
                   /:7://:::::::_:_彡'^¨⌒丶
                   /    }:厶:/::∠}厂     \ \
               /  ____」水くフノ^´  .′    丶  . 、
                 /  /::/ 7::/∧:}   /, //! .     . }  l i
             /   \V介{:し:ノ |十-Li     j/ }  ハ|     最初に神様は、楽園エデンに暮らす人間
               /    // |:トf′  |i_」土z,\ ァィ/ / }
           //   // i |:| 丶  个i、 炒`  '仞/}}j/       アダムとイヴを創造したのよ
  ‐= _     /    〈/   l |:|   `ト .   \    〉i{ {{
     ̄≧=-く 、         八l」  l八 `¨⌒、_ ,イ八}}=-‐
 ___,≧ニニニ≧x )\ // ヘ  个ヘL,_    /厶'′
二ニニニニニニニニニニ≧x彡'ヘ   「¨::7了f千{≦=―-
   _厶三ニニニニニ>=≦ヘ乙1  |:::/r介ハi| トく,⌒´







     ____
    / ⌒  ⌒  \       でも、アダムとイブは神様の教えに背いて、
  ./( ―) ( ●)  \
  /::⌒(_人_)⌒:::::  |       禁断の知恵の果実を食べてしまい、楽園を追放されてしまう
  |    ー       .|
  \          /       大体そんなお話だったはずだお

825 : ◆NiVO3Ffeio:2014/01/05(日) 21:05:01 ID:hRkrOZ7M0

             /           \
           /   _,,-‐'"て`` ' ‐-、.  \
          /   / 0   ヽ (  ) o\  ヽ、
          l  /  0          \  l
          l  /┌────────┐ ヽ、 l
          l  i ヽ        < ( ) > i l
          l  .i  ヽ           /  o .i l┐
           l  i < ( ) >      /    i l│
          「l  i   ヽ       < ( ) >  i l┘
          ヽl  i  < O >     /    i l
            l  i    ヽ     < O > i  l
            l  ヽ < o >    /    i  l
             l  ヽ    ヽ   /< o > i   l
             ヽ  ヽ、   \./    /  <
             \  ,,,.ヽ、      /___  )
              (     "''''''""""~    〈


                最初の人・アダム







                            i!ヽ                    / \
                              i!:::|j                   /:::::::| 〉
                                i!:::::l              /::::::::::/
                            i!:::::l     ,イヽ      /::::::::::/
                  _            :i!:::::l __  /,ィヽ ヽ-..   /::::::::::/
                   |::::|         j!ィ=´__≧=、____キヽヘ Y_ ./ィ´ `X
                   l,r‐‐ 、      / ̄`三ニー`-、___ `<´`ヾヽ||  /ヽヽ
               /i, --- 'ヽ   /` ̄三ニ、 `ヾヽ ヽヾ. )ー―':||  /ヾ| :ト,
               .j/ヾ     ヤ /ー―'ニl  ヽ`j j ノ )ノ / /ヽ :|| ./ ̄`X
                  ト  〉   ∨  ノ〈ヽ三ヽ Уノイ / .ノ /___/.l∨    .\
              ./ ヤl ゝ、  /` ̄仁、 `ヽ 〉ノ' ̄ ̄ヾ_,`ー―':::::∨::`ー..、   \
              {  N三三:l!   :|三二ヽ |_.ィ―==== 、:::::::::::::::::::::::: \   ヽ
                ',  :l!三ニi!  /三, -- '           ヽ::::::::::::::::::::::::::::7  /
               ',  ゝ.ニi!/三ニ(               _  /::::::::::::lヽ::::::::::/   /、
                i   / `ー - .ニ\       .イ´  /::/`ヽj ヽ::::/  ./ヘヽ   ___
     , ---- 、      :|  ./イ ´    .` ‐---tt‐‘´ /      //ヾj  `  l!/  ./-、ヘ ゝ' ', ヾj ヽ
   /       ̄ ̄`ー'У´  .-‐- .__       |:|  /       i! イl     i!  ヽ  ヽl        l


                    知恵の果実を捕食中のイヴ

826 : ◆NiVO3Ffeio:2014/01/05(日) 21:05:40 ID:hRkrOZ7M0

       ____
     /      \         神様の教えに背いて楽園を追放されたアダムとイブの子孫、
   /   ⌒   ⌒\
 /   ( ●) ( ●)ヽ      つまり人間は、直接神様の声を聞くことが出来なくなったんだお
 l      ⌒(__人__)⌒ |
 \     ` ⌒´   /
 /             ヽ







          _
     , ィャj--、  ´ '  ,
   ,.'ーセリ- 、 丶     ゙ .               _
  / /  ,  ,  \ ヽ      ' 、       , _'´ --´丶
 ,' ! ハヘ ! __', ヽ|_       ' ー  - '´     ̄´ 丶ヽ
 l ハ.j、_ ヘ.|ハトヘ {_/\'__, -――- 、          ´丶. _ , '    そこで神様が人間に何かを伝えたい時は、
 丶/ハ. ,  ー‐ l', \二 丶-- 、  ,        , ‐;-
  i |l ト ー__ イl '、 ヽ_ ,>x-‐ '´- 、_    ;' , -―- 、 __ . '    地上に神様の言葉を預かった人、
  / '; '、, -::」   」::、  \:_: : : : : : :丶 ̄  , '´
  丶 ゝ、_.ゝzzz/::::::::'::::i―:‐:'´: : : : : : :´`'ー- 、 __            預言者を遣わすという事になったのよぉ
     〈::/薔 /:::l::::::::::::::〉´'ー-、!: : : 丶-、: :、_: -‐ '´ ̄
      /:l_/::::::::::ヽ:_:/_, -――丶、: :\´_
      l::i:::::::::::::::::::/ ,l::::|::::::::::::; -―'´  ̄´___
     l:X:::::::::::::イ::::::l::z:\:/_, -‐::'::´:::::::::::::::::::゙ー-、_
   , --l::X::::::::::::::`ー:l:::|\::\::::::::::::::::::::::::::::; -‐ '¨´ ̄
  ,:'::::::::ハ::X::::::::::::::::::::::l:::|」j>、:: ̄´゙フ::::::/
 /::::::::/::/l:::::::::::::::::::::::|:j_」__|_j>-イ:::/

827 : ◆NiVO3Ffeio:2014/01/05(日) 21:06:33 ID:hRkrOZ7M0

                .  -──‐-  .
             /.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
             /.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
           /.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧
             /.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧
           ′:::::::::::::::::::::::::::::::::∧:::::::::::::::::::::::::::::'.
         l::::::::::::::::::::::::::::::::::::/  ' 、::::::::::::::::::::::::i      これからこの国の音楽界には大洪水が訪れます
         |:::::::::::::::::::::::::::::::::/  _,.ノ\ト、::::::::::::::::|
         |:::::::::::::::::::i:::::::,.イ    ,ィt≠、 i::::::::::::::::|      既存の音楽は、この洪水で廃れてしまうでしょう
         '{|:::::::::::::::::!:l::リ     弋りノ j::::::::::::::/
           从::::::::::::|从′       ./.:::::::::::::/      清き民は私と共に方舟に避難しなければなりません
             ヽ:::::::::人    ,   ノィ ::::::::::/
            \:::::.ヽ   _   ,.'.::::::/
              ヽ::::::\  ‐  /.:::/
            /. :Ⅵミハ ` ‐ ´/彡'. : .\
      ‐、一  ¨´: : : : : : :/     'ヘ: : : : : : : `¨ ー ,‐
       __\: : : : : : : : : :/         ∨: : : : : : : : : /
.      , '´  |.\.: : : : : : :{           }: : : : : : : :/ `ヽ

                    ノ ア
               預言者MEIKO

                『ノアの方舟』伝説で有名な電波な人
                大洪水で方舟に避難しなかった人は全滅したので、全ての人の先祖ということになっている







                r''゙/
しねばいいのに☆     i = --  ..
              ,. '´       ` ヽ.、
            /              'ー--‐./
            /:::       :::..       - '´     既存の利権団体に負けてはいけません
            l:::::..   \   l:::. ヽ ::..   `ヽ、
 ` ヽ 、        |::::::_::ヽ:..ヽ 'ー‐|' :;:. 'i i:::   ヽ` '      我ら選ばれた民は、エジプトを出て約束の地を目指すのです
     \      レ' .l:::. \ヽ \ ! \ .i\_ ヽ:.. ',
      ヽ      !  ヾ ,!ヽ ニ三   ヽ  >  \.ヽ
- 、     \    |〉  `   , ,    _ ミx l, i ヽ !`丶    ノヽ_
  \     ヽ r‐ <\  __      , , .|         `V゙
    ヽ     ゙'::::  :!  '-〈._〉 i´ ̄ ゙!  /       _儿
      ,\   :::::.. \ ヽ    |  / /        ヽ /
    /  ` i'' -- :;:::... ` `  . __ /   __... -‐ .つ
    ヽ    ヽ   \::::::....     〉   /   <
    ノ     |     >- ;;:::...:::/ヽ  //   -/
   .!       !   /   / ''/\ /', l \' - .../ 、
   ヽ     ー ' ´    ヽ.ヽ    ヽ!\ヽ  ` ヽ

             モーセ
        預言者KAITO

         『モーセの十戒』で有名な電波な人
         エジプト人によるユダヤ人迫害を怖れ、ユダヤ人をエジプトから脱出させた指導者

         何でユダヤ人がエジプトにいるんだよ、とか、
         ユダヤ人って他の民族の作った都市に後から移住してきて、商業権益だけ欲しがるから、もめるんだよね、
         …などといったツッコミはタブーである

828 : ◆NiVO3Ffeio:2014/01/05(日) 21:07:36 ID:hRkrOZ7M0

                  _,,..-‐v―‐--、 , クヘ
               , =、/:::::::::;:':::::_:::::::::<<:「`ヽ、
               l〔冫:ヾ‐:::::::::::ヘ:::::-、:::ヾヽ :::::\
             冫:::::::::::::::::ヾ:::::::::::::::::Vノ/:::!:::::::::::ヽ
             /::/:::::::ト、 ::::::|\_::::::::::::V、__!!、::::::::::ヽ
               /::/!:::::::;L_\::::l ´>=、:::::::lr'rニ1!::::::::::::::ヽ
            {::/::|::::::::レ,=、\! ヒ'_ト、:::川jレ,ハ:::::::::::::::::ヽ
           ∧!:∧::::::ハ,ヒ〕      lVベラ´ ';:::::::::::::::::ヽ
           /:::冫::;ヘ::: ∧  ' _ _,   ルく    !::::::::::::::::::ヽ
           /::::::::: /::;!ヽ{_ > 、_  イノL`ヽ   !:::::::::::::::::::ヽ
           ,' ::::::::::;:::::!       ,r┘‐‐ ' >、_   l::::::::::::::::::::ヽ
           / ::::::::::;::::::!  ,.-‐ <,ム、  /´   ヽ  l:::::::::::::::::::::ヽ
           ,′::::::::::::::::! ,′,//´「:::`{!  、    }   l:::::::::::::::::::::ヽ
          ,!:::::::::::::::::::::{ / /.:/ /::.  .:[! ハ 01 l   !::::::::::::::::::::::ヽ
          ,!:::::::::;:::::::::::::l// .:::/  ,!rー┐:[! |   !   !::::::::::::::::::::::::ヽ
         ,!::::::::::::::::::::::r'、{:::::/  /::.  ̄ .::ヘ、」_ _」、  l::::::::::::::::::::::::::ヽ
       ,!::::::::::::::::::::::/`..〉/  /::.::.:.   ..::::/{. ̄ 田|   !::::::::::::::::::::::::::ヽ
      ,!:::::::::;'::::::::::/ .::::/   ,'::::.ヽ/ .::::/ l:..    {   l::::::::::::::::::::::::::..
      ,!:::::::::,::::::::::/ .:::/   ,′ ::::..:::::::::/  |::::.   |   l:::::::::::::::::::::::..
      /::::::::/::::::::/ .:〃   / ;  .:::::::::::/  l::::::::..  |   l::::::::::::::::::::::::.
      /::::::::;'::::::::///    /:::..!   ;r'〈    !ヽ:::::::., |   l::::::::::::::::::::::.
    〃::::::/:::::/ ;r'_‐┐ /::::::::〉 / :::ヽ. |:::  ,r l    !:::::::::::::::::::::.
    /:::::::_/  ;r'ー-┘ / ⌒)::::::::   ::ヽ.| _/  l    l:::::::::::::::::::::::..
  /::::: 「   .:::/     /ヘ、':::::.  :. 、  :::ヘl ::.::..  .:l   !::::::::::::::::..
 /::::::: /|   .:::〈     / :::...`ヽ.  ::.  ヽ:::::.| :┌- ┐!   l:::::::::::::::::::..
,/:::::: / ∧.  /∧  /ヘ   ::::::::..ヽ、   _」 :::! 「 」l|  l:::::::::::::....
::::::: / <´ヽ<:/ ` :/ .:| \     _,. ‐'´ヾ! :::! 「! 」! !   !::::::::::....
:::: /   `Y´\::::::/ :::;! .::l\  /:ヽ _/ | .:::| 「l 」l. l   l::::::::::....
: 〈    .::::{\ .:Y  .:::,! .::::| .::ヽヘ ::_,ノヘ、,イ :::i 「 「|l !  l:::::::....
:::: ヽ、 .:::::!  ` く_ ̄ 7ー-- '!ー ヘ:ヽ、_, ‐'! ,! ::::l 「! 」 !ハ  !:::..
   | ハヽ,!      ̄ゝ,――'rー‐‐' ヽヽ、 /   ::| 「l. 」|  〉
   ` ` ト=、_ _    /    ,!_  _  _ヾニ ヽ、_ └--‐'_rヘ
      |::::::::::::::::`::7     !::: ̄:::::::::::::::::!  「√「「ヘ j ` '


         イエス・ミク・キリスト

          世界一有名な預言者

          ただし、キリスト教ではキリストを預言者とはしていない
                           ボカロ
          「俺たちのミクさんを、他の預言者なんかと一緒にするな」という事らしい

          ゴルゴタの丘で処刑され「初音ミクの消失」と騒がれたが、
          奇跡により復活を果たし、今や世界中に信者を増やす



※初音ミクの消失…一時期、大手検索サイトの検索結果から不自然に初音ミク関連のサイトが消えた事件

829 : ◆NiVO3Ffeio:2014/01/05(日) 21:08:20 ID:hRkrOZ7M0

             _,..--‐,-、__/ ̄ゝ/iゞヾ銀ヽ
          _, ‐'´,-、__ノ  _,--'"´::l::::::\ヾツヾi
        /  .(  _,-‐'´::::::::::::::,:::::\:::::::::ヾ"´i\
       /    ノ./::::::::::::::,:::::'´::::::::::::_>‐、‐‐'´,-、\
     . /    く ./:::::::::::,:::'´:::::::::_.,-、'.´ヽ  (_ノ .(__,..ゝ‐、
      l    /./:::::::,::'::::::::::_,-'´(  .,ヽ-'   .、  、 、  ,ノ
     . l    ( ./::::::,:'::::::::::/.__ノ ./      l  ヽ .ヽ ⌒)
     .l    ,' ) l::::::,'::::::::/ .( l  /    .i  . l   .l  l .ヽ'ヽ
     l   ,' ( l:::::,':::::(⌒ヽ/i l /    .イ  i l   l .l  .l ヽ       P   ボカロ
     l   ,'  .) l:::,'::::/ ヽ   .l l l    ./.l イ .l   イ ,l  .l ヾ     神様は預言者を通して人間に教えを伝えるのだけど、
    .l i i  .(/*ヾ´(ヽノi   l .l 」____./ .! /.l,イ  / レ' l .i .l l       ボカロ        イメージ
    . l .i i /:イ:::::lノ l .!  .l .l .l  / ̄/ーヾ / テヤl l イ.l      預言者によって全然教えが違うのよ
    l .i i /::::/:/:::::l'´ヽ .!  .l .! l .〆乏云弋 .l / .!{ll} l イ /.l.l
    l i i./::::/:イ::l:::::l  l .!、  .l  K  {::l_l:::}. ` !.' . 、´/く!.' !'
    .l.i i/::::/:/.l::ll:::::l、.rl !ヽ .l .l .`‐`-'.´  '    >´-、i
   .l i iゝ イ/ l::l.l:::::lヽ.l ! \.! !         ヽ-‐、 .ヽ
、  .l i .i .〃  l::l l:::::l,、_l .!  ヾ、ヽ         ' .'´ /
;;\ .l.i  i .,〃 .// .フ:::::::l .!  .l 、_`ヽ    -‐ ´.'   ./
;;;;;;;ヾ! .i .,'l.l  //  /::::::::::::l .!  l‐-、_‐, .__  _/   /
;;;;;;;;l  ,' .,' l l ./// ̄\::::::::l !  l:::::::::ゝヽ:::::::T    _,'、
;;;;;;;l .,' .,' l l /::::::::::::::::,\::::l   l:::::::/::l、ヽ:::ヽ`‐--‐'´.ト.、
;;;;;;l ,' .,' , .`/::,::::::::::::::::::::':,::\:l  l::::イ:::l:::ハ:::ヽヽ    .ヽ:`-、_
;;;;;l .,' .,' ,' /:::,':::::::::,:::::::::::::::':,:::ヽ  .l/J:::l:::l .lヽ__,ゝ     ヽ::::::::l
;;;;l ,' .,' .i ./:::::'::::::::::::',::::::::::::::::',::::ヽ lヽ-イ:::l l::l ヽヽ     .ヽ_,-l
;/,.' .,' i./:::::::':::::::::::::::',::::::::::::::::',:::::ヽ.l'´ l::::l l::l  ヽヽ     ヽ ヽ、
',.' ,' .i l:::::::,'::::::::::::::::::',::::::::::::::::',::::::i l  .ヾ_l ヾl .ヽヽ     ヽ  .l







               -―─- 、
           /         \
         ′  ⌒    ⌒   ,
          i  ( ―)  (― )  i        だから、ユダヤ教、キリスト教、イスラム教で、
          |     (__人__)    |
          、           ノ        同じ神様を信じているのに、教義が全く違うんだお
      ⊂⌒ヽ  >       <_/⌒つ
       \ 丶′             7
        \ ノ           ト、_/
.            ′           |
.          i           |
         乂         イ
            | /ー―一 、 |
           し′     、_j

830 : ◆NiVO3Ffeio:2014/01/05(日) 21:09:13 ID:hRkrOZ7M0

                       _r=ァ=、ィfZァ、,、
                    ,  ´fフ:´-=_:三ー_ー^ヘ
                    / _r//'_ァ'='^ー'`´` ^ー\
                 /r=、ソィー'7´          ヽ
                 ハ L/イ| ヽヽ         ヽ  l      じゃあ、今度はキリスト教の簡単な歴史よぉ
                , ソ/ l ハレ´イ{ {   |{.   |  |  ハ
                //:/ ノj `´i |`ヽト 、 |:ヽ.   } , リ |!
               ハ:{/イ: {  小7テミト、 {ヽ!: / / /   l l
       ヽ._ヽー 、   / // |:. ヽ. { '赳ハ\ }:/_オメリ  イ/      キリスト教も最初から世界中で受け入れられた訳じゃない
         ̄二ニヽヽ/ -ヘ、:.. l:...  lト\`    /ィ亙フ'´//′
 ヽ、_ _-ァ.:´__::.::.::.:ヽ::\  j:〉..:.l:...  l!      ,!  7´ |   /     ローマ帝国全盛期には、
  _,._-ニ-ァ‐´ィ二;:-- 、::.::..`ヽ、..:∧:.. lト_、  ` ー  イ.: j|  /{ ノ′
‐ ´/´ /´ ̄´/::.::.::.::.::..‐.-_、::\:.ヽ:.. l::.::>ー<l!:..:.|:. リ‐//レ      ローマの神様達の前には見向きもされなかったの
    /′  /-‐ァ::´::, ァ::/.::.: ̄:.`ヽト、.V/::}:ハ:{トヽ/!:. !:/‐'::/
      /´ /::.:/ノ/..::..::.::.::.::.::.:..:ヽヽヽ=l:| ト='イ-!: /::;∠ イ_







          〈. !l ヽ./   /   , ' /  /  !|. l. ',  ヽヽ
   ,r- 、    ,ハ! 、 / `/ヽ.,/ /  〃 / l  !  i   ', i
   `ー-ヽ   ヽ !,r/   .l ‐∠\' //  / | jl   l  !l l
       \、 /Y' ′  {´/:i:::::::}ヘ. / , '   ! /_L. ,'| ,' | !
 ̄`ヽ     /´ ̄ヽt.,' i  | l し': '  //  ,.r¬'、 l / l / |'
 ̄`ヽ.\  ヽ―- .._i i|.   l `ー-'  ´   //:;リ ノl/ヽ.l'
    `ヽ ー_-`-ー_l l」   !l   ,r¬.‐ 、  ヽン ./  ヽ\
     ,. -―- ̄. |.l ',   !l  /   ヽ冫   ∧   ヽ. ヽ
   /:::::::く く::::::::`!ト、i  |.lヽ{.     / ,.  '´  '、   i ヽ. '.
  /:::;. -―-ヽ':_:::::::l!:::::l l.ト ._` ーァ'´ _,. -=- .ヽ   l!  l|
 冫'´,. -_ニニ ]`ヽ::::::::ハ l!|{二ニ{i}ニ}v'ヽr'´:::::::::::::',  l|  |!
. / / '´ _ -‐r‐、ヽ. Y´:::ヾ:::/ \.!/ \;;〉〉:::::::::::::i ll
.f // ./ノ;r‐v´ ヽ、 i:::::::::/         ヽ:::::::::::::|,.イ
.l ' ! /j´rく  ヽ _,.-lゝl:::::::/-― ー- 、ヽ.,.-ー \:::::::::::/
. !」.K:ノ、 ヽ. ,.」-‐' } |:::::/        ∨     ヽ;/
  、 \ ヽ.__メ ィ`¨>'ー.{        ;        .}
  ヽ. `ー'^ー' ^"´ノ、__ヽ、_    _,ノ 、   _ノ
    ` ー‐‐ '´  ヽ:::::::::::(○}二><二{○)l::::l
              ヽ:::::::(○|二><二|○)l:::::l
                }::::::(○l二><二l○)|:::::{     ,. 、
              /:::::::/:::/\    /ヽ:::ヽ:::::、_________r/>ァ¬、
            /`、::/:::/.:::::::\ /::::::::::\::\::::::::::::::::У/   ハ


               ネロ(…以下略

                ローマ帝国第5代皇帝
                ローマで起こった大火事の原因を、キリスト教徒による放火であるとでっち上げ、
                キリスト教を弾圧した最初の皇帝になる

                実は弾圧の規模は、200年後のディオクレティアヌス辺りと比べるとずっと小さいのだが、
                ディオクレティアヌスは、キリスト教を公認したコンスタンティヌスを引き上げた人物なので、
                当時のキリスト教徒側としては非難しにくかった

                そこで何かにつけ、ネロが槍玉に挙げられる事になるのである


832 : ◆NiVO3Ffeio:2014/01/05(日) 21:10:13 ID:hRkrOZ7M0

 i:/ i:ィ::ヽ   | l i ! |  i   i i ! l 、 ヽ
 l:l_/!:レ'::〉 / | .li l ! |  |   l | ! |  |  ハ
./:/i トr‐i´ .!‐トl、! l ! |  |  / | ! |  |  | |     ディオクレティアヌスの時代には、
::/ .l |:| !  .l≡>≧l\   l .// レ// ./ .ハ.!
  | |:| ヽ | ゙{ lj } ヾミ ∨/ム一〈/ / / l|     既にローマ帝国は大分衰退しているわ
  | |:|  |ヾ、  ̄        代リ }//,}/  " ィ
  | ヾ   |            `¨ / /ィ|  .//
  .!    i\     _ '   ムイ  l」 /.::/
   !   .ト、._\     `  < l///.::.::/ーァ     ディオクレティアヌスは、これを立て直す為に
   .l   l:::::::二≧r -、.イ  .|  .!: : : : -- ―<_
ニニiハ  |:://7只ト、\ /:l  .ト、: : : : : : : : :‐-    帝国を4つに分割して、それぞれに皇帝を置いたのよぉ
:::::::::ヾ∧ |::\`´,イ |:L/厶ー:|  .!:::\ : : : : : : : :
:::::::::::::\ヘ/  ¨ i:!   ̄ .}:::::::::|  .!:::::::::ヽ : : : : : :







     / ̄ ̄ ̄ \  ホジホジ
   / ―   ― \
  /   (●)  (●)  \    そしてディオクレティアヌスが引退したら、
  |     (__人__)      |
  \   mj |⌒´     /    その4人の皇帝が争い始めるんですね、わかります
     〈__ノ
    ノ   ノ

833 : ◆NiVO3Ffeio:2014/01/05(日) 21:10:55 ID:hRkrOZ7M0

:: :: {:: :|}}   /            ヽ ヽ    ヽ\
:: ::l :)::|}}  ./ ,     |        |  | l     l ハ
:: ::|{:: :|}} / | | | | |  l    |  | |  |  |||
:: ::| :}::|}} イ  | | | | |  ゙、     |  | |  |  |||
:: |:l〔:: :|}} | l | | | | ト、 、\  |  | |  |  |||        __
:: |:| ::}:|}} | l |_ L⊥.」_ l、\ヽ \ |  | |  |  |||      /.::::::/
:: |:|::〔 :|}} | l | | | | ヽ\ \\斗、十 |  |  |∥|     /.::::::/
{^ヾ::l}:| ィ ニニヽ >=ミXヘ \ \\|\ |  | ノハ|   /.::::::/        _     そうして、後継者争いに勝利した
  >ヘ〈〈     |:|ヘ | しク ヽ       ィjT7ト 〃イ l__||_/.::::::/    _ -―::::::/
/⌒7:小\_ノ八┴‐'           ゞノ //  ∧:||::::::::::::∠-―::::: ̄:::::::::::::::/       コンスタンティヌスがキリスト教を公認するの
-―く∧ヾ` ーヘ、             / ∧ /  V:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
:: :: :: .\\ \ー-\         >   / / |∧   \:::::::::::::/ ̄ ̄ ̄ ̄
:: :: :: ::. ..\\ \     、  __ ,   ' イ l| ヽ  \\::::┴――----一ァ
:: :: :: :: :: :: ..\\ \      ̄  ̄  へ :: :| ||-、 \   \\::::::::::::::::::::::::/          でも、一度分割された帝国は
:: :: :: :: :: :: :: :: .\二二丶    < 、  |:: ト. || ::ヘ  \   \ヽ  ̄ ̄ ̄
:: :: :: :: :: :: :: :: :: .. \:: :: :>>く:: Lノ 〉 |:: ハ|! :: .ヘ \ \\ \―-- __           やはり一つには戻らず、
:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::〉冖^ヽ>ー冖-冖>┐: リ :: :: .ヽ ヽ  ト ヽ ヽ::::::::::::_ 二ニ=
:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: : /    lヽ \ 、  冫 :: :: :: :: .\| ハ } ノ ̄ ̄               100年をかけて東西に分裂するの
:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: /   ー--|:: 〉_ヽ<  く:: ::/ :: :: :: :: : 〉|/  } /
:: :: :: :: :: :: :: :: :: :〈     ノ'´        〈:: ヽ :: :: :: :: ∧|
:: :: :: .\: :: :: :: :: ∧         r-=、ヘ:: ::l :: :: :: / }|
:: :: :: :: :..\:: :: ::/ /\         く〈与}〉 | :: | :: ::/〉
:: :: :: :: :: :: .\:: ::〈 :: :. \      `''^´ | :: | :: :: :∧
:: :: :: :: :: :: :: . \::.ヽ:: :: :. \         /. :: | :: :: :: ::|







     ____
   /      \
  /  ─    ─\      現実問題として、帝国の全域でゲルマン人の侵入が激しくなって、
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |     皇帝一人では手が足りなくなっていたんだお
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

834 : ◆NiVO3Ffeio:2014/01/05(日) 21:11:29 ID:hRkrOZ7M0

                        __,.ィ(rン
                       /7::::::メ⌒¬、、
       /             /  {:::イ /',  ',   ヽ
      〃              / / 「rフ〉 ム、ト、 }   } }    それによって、教会組織も東西に分かれていくけれど、
      { 、             // ノi」ヘΛ弋チト、}ムイ,' }
.     ヽ`  .,_   ,..-一 ´ /   |:|:|ヘ._ゝ   ィヌイ ノ    この時点(4世紀頃)では、まだ深刻な対立はなかったわぁ
        ` ー- .,_ __  ミ圭圭ミュ、」:ト|、}   ´< イ{
         /一 ´ /ィ圭圭圭У::::::. 丶>ー<'i ハ \
        {   ≦彡圭圭圭ミ/:::::::::::::::::.VfL j }/  }  )
           / / 豸彡癶f::::::::::::::::::::::iイ77、  //
           / /  , イ /  人:::::::へ::::::ィ~`{(ソ /´
  _       / 彡圭{ i /  ハ:::|::::::::|:::..ヽ、ノ〉
.    ヽ、____/∠圭ミ八 {´   / }::|::::::::|:::::::::::ノ、
     `一-´/  /  )'     i::|::::::::|::::::::/ヽ \
        /  /|       {:::>::|::::::::|:::::::{   \\
       /  /  \    /..::::/:::::::∧:::::::...、  )ノ







..      ____
     / ―  -\
.  . /  (●)  (●)         この時代の大きな教会は5箇所((※)あったけど、
  /     (__人__) \
  |       ` ⌒´   |     その中でどこが一番偉いのか、というのが問題になるくらいだお
.  \           /
.   ノ         \
 /´            ヽ



※エルサレム、アレキサンドリア、アンティオキア、コンスタンティノープル、ローマ

835 : ◆NiVO3Ffeio:2014/01/05(日) 21:12:20 ID:hRkrOZ7M0

              _yュ、_ -‐ 二二二 ー- 、 ` /.:/   -― 、
            くf匕ノ.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:::..\ /.:/\//⌒ヽ::.、   ト、
            /..:: - ^⌒^⌒^⌒^ ー-、::.::. /.:/ /∠、    }::|   | lヽ
            / イ     ヽ      ヽ    `⌒l:::K::< ̄\、  ノ::ノ   | |::|
      ┌-、// /        ト  | l   l   ヽ   |:::ト、 丶二二二<   | |::|
      |::lヽ/   |        | | | l   |   |   L」 ヽ /.:/ \ 、:.\__j_|_丿}  イ
      |::∨   | |    | | | |   |   | |     ∨:/   ヽ\::::::::::::::::::ノ/./   この時代のキリスト教は、
      ∨     | |    | | ||   |   | |    /.:/     '.  ̄厂 「/..:::/
      /       |  |      j l 川   l  _厶⊥l   {:::{ l      '. / .:::|::::::/     ローマ帝国に公認されて、
      ;′    | l    /イ / ハ  /イ / l ||   ヾハ      ∨ /.::::|/
      | l  |    |   l   〃 |// イ / _」厶斗ャリ   / |      ∨.::::::|        やがて国教化されていく時期だから、
       | | |  |   l\ l /  // |  |/ィ弋_ソ イ/   , ′|      ヘ ::::ノ /
       | | |   、  ィ二>仁/ \|     ̄  /   /   ∧          \/
       | |∧   \ ∠斗f‐、ミ           / /    /  、   \     \
      | | 丶   \\ >'´           ///   /   \    \    \     東西教会の争いよりも、
       ヽ    \    \>    ヽ  _,.ィ     /    ∧       \    \
     | \  / \    \__   ‐ ´_     /   /> 二二二二 丶  \       まずは教義の統一の方が重要だったのよぉ
      |    .′  ` ー-―<         /     ´ ...::.::.::.::.::.::.::.::.::..\\
       ||  l       /    `二ニー<// /...::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:::..\\
       ||   |     /     /::/ ̄>/ /...::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::. ヽ ヽ
       ||   |   /二ニニニ{:::{<_/ /...::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::l l
      | |   |  //.::.::.::.::.::.::.::.:.ヽ::>/ /...::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::|  |
     |l   l/ /.::.::.::.::.::.::.::.::.::/ 〈 〈::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:|  |
     ∧{   l /.::.::.:: ィニニ=イ  ヽ ヽ::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::..\\
      /, へ  ∨.::.::/∠::.::.::./     ∧ {::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.: 一=ニニ二、 \
    /    \ ヽ::.:{::{::r‐rヘ/ ̄廴r‐/.: /\::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:::..\ ノ







         ___
      /)/ノ ' ヽ、\
     / .イ '(●)  .(●)\      そこで主流派にとって都合の悪い教えは、異端という事にされるんだお
  .  /,'才.ミ).  (__人__)   \
  .  | ≧シ'   ´ ⌒`     |
  . \ ヽ           /

836 : ◆NiVO3Ffeio:2014/01/05(日) 21:13:15 ID:hRkrOZ7M0

      ,. - 、 ー、 ,. -― 、
     ソ::::::  ....::::::::::::::..... ヽ':ヽ、
   /::: /   .................  :::::ヾヽ、
   ノ::::.::/ /:::V::::ヾ、 、ヽ\\:::::::(
   f:::::::..::::::::::::::::: ::::::::::::: : ::::::::::::::\ ヾ        ミクさんの魅力は、スレンダーなラインに似合わぬ美声
   〉:::::::, '´"''"ルハ:トノヾ〃'' ゙"' ,::::::::::: }
   j、:::〈                ,ゝ::::::ミ        おっぱいマウスパッドなど邪道
  /ハ Y´ _^ヽ、, , /~__   l:/´ヾ   fニニi!
  ヽ ;il ̄|「  ̄ l|/゙)|「  ̄ l| ̄l/ l j r==|  |
   ヾ|  ゝ___,/ /i! ヽ___/  l// |!  |  |
    l  .', / ./,」i_丶∴ .゙  l-'   |i  .|   |
    , -j-/´/`ー、rニニ、 ゚    ,! ,,._ |i   |   |
-‐ '::::/´ / /  /ヽニツ'   ノl`\  `ー-L,,_ |
:::::::::::l ´   / / lー  _//   ヽー- 、 ,_ `
::::::::::l!         /‐ '' /     /::::::::::::::::::`
:::::,、::l       /  /      /:::::::::::::::::::::

   偶像崇拝を否定するアタナシウス派







     ____
   ,/::::::::::::::::::::\
 /::::::::::::::::::::::::::::::::::\
 |:::::::::::|_|_|_|_|_|
 |_|_ノ∪ \,, ,,/ ヽ     ラテン語の理解できない蛮族に布教するには、
 |::( 6  ー─◎─◎ )
 |ノ  (∵∴∪( o o)∴)    ビジュアル的なインパクトが大事なんだよ
 |   <  ∵   3 ∵>
/\ └    ___ ノ     というか、ミクさんのおっぱいを否定するとか、バカなの死ぬの?
  .\\U   ___ノ\
    \\____)  ヽ

   アタナシウス派に押されて、ゲルマン人に布教を始めたアリウス派

837 : ◆NiVO3Ffeio:2014/01/05(日) 21:13:49 ID:hRkrOZ7M0

      / ̄ ̄ ̄ \
     ノし ゙\, .,、,/"u\
   / ⌒ (◎)ヾ'(◎)u \      アリウス派ガンバレ、超ガンバレ!
    | u  ⌒゙(__人__)"⌒ u |
    \ u   `ヾ,┬、/` ,/
.     /⌒/^ヽ、 )__( ,ィヽ、
    /  ,ゞ ,ノ ゙⌒" ,  ゝ、
   l /  /      ト/.\\







           /;;;;r' ̄´      ` ̄ゝ、;;;;;;;;;;ハヽ
          /ソ´              (ヘ;;;;;;;ハ)ハ
         //´      /             (ヘ;;;;;;;|) ハ              ,, -''
           レ'         /|   ヽヽ ヽ    (ヘ;;;;|) ハ             .,, - ´
          /      /   /│    |_\|__|__ (ヘ;|)) ハ         ._ ,,-'' ´  _..:.-.:''
          l    /  l | |   r'|   | ハ  ` ((!!))   |  _ ,,, - '''  _ ..-:.:.'':.:..:.:..:.:.:    やる夫、ちょっといいかしらぁ
          |     | | 」-ト、ト、  |   _x===|   }.,,,,,, . - ''''    _ ..-:.'':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:
          |    レ|´| | | ヽ |  rテ´   | / ...i    ._ ..-.:'':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:
        _| |    | | |_==ヾ、 ∨        |/ / .i_,,..-:.'':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..::.:.:
      〈l ̄〉ハハ \\x゙     ,        /// .l:i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
      ヾ_'-'∧. ヽ \\      _  ノ     jノ ,イ /|.|:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.::.:.:
       /||ゞ´∧ \_\ゝ          ///  |.,|:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:
        //´|| 〉〉、_ ヽ ̄ヽ、 ._ _.    /l_\_ ._|;」:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:_:.:;;:.:.- '''
     //   ゙ |_| /\.<´-i'' 丶\ ∠ー^i `i ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:_:.,,:.:.-丶''
      /\ー─-、...,r-/ ̄ i  l.  ヾ ̄--´  l l  |:.:.:.:._:. - ''..| ;;;;;;;
 ____/___〉;;;;;;;;;;;;.l-=|,,-=ト-==|===|      |,,」,,- '''.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| ;;;;;;;
__ゝ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/.|,;,;,t,;,;,;,ト、;,;,;ト、;,;,;,;ネ ,,,, - '''   | /レ';;;;;;;;';;;;;;;;;;;;| ;;;;;;
_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ ./  !  !      l   \  《 レ'/;;|;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;| ;;;;;;

838 : ◆NiVO3Ffeio:2014/01/05(日) 21:14:14 ID:hRkrOZ7M0

                         | |
                         | |
.                      | |
          _______      .| |
       ./ /  #  ;,;  ヽ    .| |
      : /ノ  ;;#  ,;.;::     \:  .| |
.     /  -==、   '==-   ..:::::|   | |
     | ::::::  (__人__)    :::::.::::|、  | |
    : ! #;;:..  l  |     .::::::/|`-、| |
     ヽ.;;;//;;.;`ー‐'ォ   ..;;#:::/l:   Ⅵ
        ヽ;;;;::..     ..;-ノ      }`ヽ
         { `>彡'´          j`7ハ、
         小、                /} : lト、
             ゜ヾ、            //|/ :l| ヽ
               ヘ      -_.ノ/イハ:..:ハ ハ
                  {ミ/ー<彡'´ ′ }/   ハ
                  {ハ ̄      /    ∧
                ヾ }               l
                |              l







  / l 〈(7::r‐'ノr‐く>=彡イ  | |l  l  | l  |  〔(_ノハl l |
  |l |〔(/:::ノ/rヘ/ イl|   | l| |l  |i | |l l|  ` 二}∨厶、
  |l |〔(|〈_/rヘ/イ l||¦ l||l i| l|¦|l|l|li||l| l|l l く<フ 小二)〕
  |l |〔(|(||Vノl i|l| |l | |l |l|l|l | |l|il| l|l|l|l||l| l|l| |i ヽイ 7Y,ニ、
  |l |〔(|ノ|| |)〕| |l|l|i|| | |l |l|l|l | |l|ll| ||l|l|l||l| l|l|_|l |〈〈__/ 小、_ノリ
  |l |〔(|彡=く | |l|||l|| | |l l|l∥| |l|ll| l∥|_」!イ | |l | |ト-1l| |ト-く
  ||/イ|く__ノ八|l||||l| | |l l| | | | | | Τ|l j≫≦ミメ |l| |:| | |l | |    寝言は、ちゃんと寝てからにしましょうねぇ
  ||ヾノ小ーく | |l|||l | l | ⊥ | l | | |   |〃l o l  |l|〈ノ | |l | |
  ||/イl|く__〉〉|l |l|, イ | | | l l | l     、=彡  lリ | |l|丨 | |    もちろん、そんな寝言を言ったら許さないけどぉ
  ||ヾノ小ー1丨ヘ| | ≫=ミ              / | |l|| :| |
  || | |il |il |ili |il |l 〃{  o                  | |l| |::| |
  || | |il |il |ili |il l::  ヽ=彡      、        ハll|亅::| |
  || | |il |il |ili |il |:∧ /ヽ         ィ     /| |l\i:::::| |
  || | |il |il |ili |il |: /∨ ノ    ┐ < __/     / l| |l||::: | |
  || | |il |il |ili |il  | l  ト l´ ノ        イ_.∥|l||-..| |
  || | |il |il |ili |il || |  |___| {   __   / /|∥|l|l:::::::\
  || | |il |i,- ──-ヽ \ \ヽ   ̄    `ヽ_/::::::|∥|l||:::::::::::::\
  || | |/:::::::::::::::::::::::::\\ `           |::\:::::|/|l||:::::::::::::::::::\
  |l/::::::::::::::::::::::::::::::::::::| ̄`ー― ---、〈 ̄廴ノ⌒7 |l||:::::::::::::::::::::::::\
  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::r┴f⌒ト-イ⌒Y⌒7 | |   l⌒|l||::::::::::::::::::::::::::::::ヽ


840 : ◆NiVO3Ffeio:2014/01/05(日) 21:15:00 ID:hRkrOZ7M0

                       >-テ=---:{ニ{@}ト,
                       , : ´ r辷::::::::::::::::::ゞz==彳
                    /  辷:::::::::::::::::::厶イ',.\\ヽ
                      /  辷::::::::::::::::テ//| l .|| i ヽ、ヽ.\
                   / .,:辷:::::::::::::テ 7/j | i .|| |  ',∨.Y.ハ
                   .′.//t_:::::::::ri:}  |.| | ! i .|| |   | ! | |.|    この教義論争は、
                    i //{:r_フx::=x'   |.| i | | .|| |   } ! | jリ
                     / //r彡.'7八::|   !| |z=ミ|j_i. // .///     三位一体説を唱えるアタナシウス派が正統ということで、
                 / // / / i  |j,  |ハ弋:::リ j_//j_///
                   / // / / /!   | ヽ ハヾ、`′ { ヽ´彳      決着がつくわ
                / // / / /| ハ ヘ、 ヘ     冫 ',
                ,イ // / / /  !    ', ハ``ヽ - ノ i | ハ
                //./ / / /  /i   ハ  ∧   イ',〃j /
           /// / / / /  / .|∨   !ヽ-:<ニ x_ヽ i./
           //.イ / / / /  /  j ∧   .|':: :: :: :: :: ::.>xヽ、
      ,. イ 〃7 ./ / / /  /  //:::::∨ i:: :: :: :: :: :: :: :: :: Y ヽ、
`ー─ ' ´    {{  / / / /  /  //:::::::::::V !:: :: :: :: :: :: :: :: ::7ヽ  `ヽ、
         ヾ .| ! { |  .|  //__:::>.ィ∨i:: :: :: :: :: :: :: :: ::ト、 ∨  \
             | .'| | | /:.| {イ>,.:::--==ヽ:: :: :: :: :: :: :: :: r≦ .V    \
            V |りレ':: : |/イ<:::::::::::://::|:: :: :: :: :: :: :: :: ト='  |/|   jⅥ
            _}ヾ:: :: :: :: :: ヽ::::>x-:' <::::j:: :: :: :: :: :: :: ::.∧ミ==x j/|/
            ヽ:: :: :: :: :: :: :: \://:::::7:: :: :: :: :: :: :: :: ::∧ミ=、 }}
                 V:: :: :: ::_r--、::>-:.<:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::\}〃
             .':: :: :: :/    ヽ:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ヽrt  __
              7:: :: :: :.i       \ :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::ハ:: :: {::(>=≦:::)
             7:: :: :: : t        r':: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::∧:: :: ーiYiヾ=x
          r-、 /:: :: :: :: /         \:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :∧::::::/:|:ヘ',: \ヾ
        {:t-::/:: :: :: :: /       _,  〉:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::i:: 〈::::!::', ヽ ∧}}
     ___,>'´/:: :: :: :: /       /:: ヽ':: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ∧:: i:::| : ',:ハ ∧
     _,. イ:: :: :: :: : {     /:: :: :: :: > 、:: :: :: ::....:::::::/::./: :} : i-': : :i:: ::| .∧


842 : ◆NiVO3Ffeio:2014/01/05(日) 21:15:37 ID:hRkrOZ7M0

      ,.ィ , - 、._     、
.      ,イ/ l/       ̄ ̄`ヽ!__
     ト/ |' {              `ヽ
    N│ ヽ. `                 ヽ            P        ボカロ
   N.ヽ.ヽ、           ,         }      神である父と、子であるキリスト、
.  ヽヽ.\         ,.ィイハ        |                           ガクフ
   ヾニー __ _ -=_彡ソノ u_\ヽ、   |.      そして神の意思をキリストに伝える聖霊は、
.      ゙̄r=<‐モミ、ニr;==ェ;ュ<_ゞ-=7´ヽ
.       l    ̄リーh ` ー‐‐' l‐''´冫)'./      実は全部、中の人が同じだったんだよ
       ゙iー- イ'__ ヽ、..___ノ   トr‐'
       l   `___,.、     u ./│
.        ヽ.  }z‐r--|     /  ト,
           >、`ー-- '  ./  / |ヽ      俺の神様マジ神様
      _,./| ヽ`ー--‐ _´.. ‐''´   ./  \、
-‐ '''"  ̄ /  :|   ,ゝ=<      /    | `'''‐- 、.._
     /   !./l;';';';';';';\    ./    │   _
      _,> '´|l. ミ:ゝ、;';';_/,´\  ./|._ , --、 | i´!⌒!l  r:,=i
.     |     |:.l. /';';';';';|=  ヽ/:.| .|l⌒l lニ._ | ゙ー=':| |. L._」 ))
      l.    |:.:.l./';';';';';';'!    /:.:.| i´|.ー‐' | / |    |. !   l
.     l.   |:.:.:.!';';';';';';';'|  /:.:.:.:!.|"'|.   l'  │-==:|. ! ==l   ,. -‐;
     l   |:.:.:.:l;';';';';';';';| /:.:.:.:.:| i=!ー=;: l   |    l. |   | /   //
       l  |:.:.:.:.:l;';';';';';';'|/:.:.:.:.:.:.!│ l    l、 :|    | } _|,.{::  7 ))
        l  |:.:.:.:.:.:l;';';';';'/:.:.:.:.:.:.:.:| |__,.ヽ、__,. ヽ._」 ー=:::レ'  ::::::|;   7
.      l |:.:.:.:.:.:.l;';';'/:.:.:.:.:.:.:.:.:.|. \:::::\::::: ヽ  ::::::!′ :::|   .:/
.       l |:.:.:.:.:.:.:∨:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!   /ヽ::: `:::    ::::  ....::..../







         ナ ゝ   ナ ゝ /    十_"    ー;=‐         |! |!
          cト    cト /^、_ノ  | 、.__ つ  (.__    ̄ ̄ ̄ ̄   ・ ・
.
ミミ:::;,!      u       `゙"~´   ヾ彡::l/VvVw、 ,yvヾNヽ  ゞヾ  ,. ,. ,. 、、ヾゝヽr=ヾ
ミ::::;/   ゙̄`ー-.、     u  ;,,;   j   ヾk'! ' l / 'レ ^ヽヘ\   ,r゙ゞ゙-"、ノ / l! !ヽ 、、 |
ミ/    J   ゙`ー、   " ;, ;;; ,;; ゙  u ヾi    ,,./ , ,、ヾヾ   | '-- 、..,,ヽ  j  ! | Nヾ|
'"       _,,.. -─ゝ.、   ;, " ;;   _,,..._ゞイ__//〃 i.! ilヾゞヽ  | 、  .r. ヾ-、;;ノ,.:-一'"i
  j    /   ,.- 、  ヾヽ、 ;; ;; _,-<  //_,,\' "' !| :l ゙i !_,,ヽ.l `ー─--  エィ' (. 7 /
      :    ' ・丿   ̄≠Ξイ´,-、 ヽ /イ´ r. `ー-'メ ,.-´、  i     u  ヾ``ー' イ
       \_    _,,......::   ´゙i、 `¨ / i ヽ.__,,... '  u ゙l´.i・j.冫,イ゙l  / ``-、..- ノ :u l
   u      ̄ ̄  彡"   、ヾ ̄``ミ::.l  u   j  i、`ー' .i / /、._    `'y   /
              u      `ヽ  ゙:l   ,.::- 、,, ,. ノ ゙ u ! /_   ̄ ー/ u /
           _,,..,,_    ,.ィ、  /   |  /__   ``- 、_    l l  ``ーt、_ /  /
  ゙   u  ,./´ "  ``- 、_J r'´  u 丿 .l,... `ー一''/   ノ  ト 、,,_____ ゙/ /
        ./__        ー7    /、 l   '゙ ヽ/  ,. '"  \`ー--- ",.::く、
       /;;;''"  ̄ ̄ ───/  ゙  ,::'  \ヾニ==='"/ `- 、   ゙ー┬ '´ / \..,,__
、      .i:⌒`─-、_,....    l   /     `ー┬一'      ヽ    :l  /  , ' `ソヽ
ヾヽ     l      `  `ヽ、 l  ./  ヽ      l         )  ,; /   ,'    '^i

843 : ◆NiVO3Ffeio:2014/01/05(日) 21:16:32 ID:hRkrOZ7M0

                      , - ' ´孑ヌ -` : 、
                   /j⌒__{ 辷杉'r' ̄ヽ-ヽ
                    ,:'イ ,::  r--t____, 、  t::.. ヘ
                 /i , _r' ̄        ゝ'´Y `Y      その後ゲルマン人の侵入を経て、
               _,.--}〃/  '    /!'   }|   !廴ヾ}
                 Y::>'´ィ:::}| | { i / }|.| ., /}| /イ }  }:ヽ     476年に西ローマ帝国が滅亡するのだけど、
             _  zV/:/:::/.{ i ===x. j |/イ.x===/  リ::::ハ
         r≦´<./`/:::/ 八 Vi {゚::リヽ  '´{゚:::リ〃 ./::_:::/    ここで東西教会も道を違える事になるわ
         彳   /   /´ !  | \ヘ `¨   ,   `¨厶イ/{:{ヾ.',
             , '   ≠/ {  {',  ヽ     , 、   / { i:| |:|   ,
           /   /'  ハ ヾ、  {:> .  . <:{∧{ i | |  ∧
        /  // /  ∧ V\ V:ノヽ 孑 'ハ_,、!:::ヘ-:| | ',、 }',
          / //  /  〈  ヽ ∨ \  / j}、ヽi}⌒イ :り!∧V} ',
        ./// ,:'  ./   {_, : ´ \  Y{ ヾ:/><ニニニ≦ } ',}.ト, ',
       /,'/ ィ'  ./   /      r ∨{r===t_j⌒ー'´ヽ>リ Vハ
      .{,'< / /./   〈   , -- 、_:. ::{ 7、  ヽ  〈薔〉   }{ヘ! }
        |   ./ /./    ヽ   r==x i  Y__,.、   V 7 /_ノリ }7
         ./ / ,′ , イ   /フY    T     ー─-vィ / /∧
       7 ,' {   ,:'./ , '〈:/ }::',    |ヘ -:::::::::::::' r≦::::ヽ: }   i .∧
       | ' | ' / / ノ/}/     ! j:ヽ      ヾ≠i∨',::i   |   }
       |,′ .!/ i / r彳 //!    |//Y        r/ };i ',:ヾ:/!   .'
       |    |  j /    ヾ' !     | {_j          ヽ//  /







            ____
          /      \
        /_ノ   ヽ、_ \      部族の集合体のゲルマン人の支配を受けた旧西ローマ領と、
       / (●)  (●)   \
       |     (__人__)   u   |    官僚機構の整った東ローマでは、教会の役割も全く変わってくるんだお
r、     r、\    ` ⌒´     ,/
ヽヾ 三 |:l1 >   ー‐     ヘ
 \>ヽ/ |` }             ヽ
   ヘ lノ `'ソ イ            |  |
    /´  / ./ |         |  |
    \. ィ_ノ .|         |  |
         |         |  |


845 : ◆NiVO3Ffeio:2014/01/05(日) 21:17:30 ID:hRkrOZ7M0

                     ,zタイ       i ´`ー、_ヽ                  ,j
                , -,r'´  / /    l  i  l ド l_ , -、        /:l
                水//   i /l     ,/ _/_/l / ヽ‐z‐'- 、_     /:./
           / /イ l   lヘハ,_  /l/レ'イ__レ,i   トイ          /:.:,' / , -‐     官僚機構、つまり統治システムが
、               l ! l  lj '´ゝ '゙    ―…' /  , li \     ,.':.:.:.i /:.'´:.:.:.:.:
:.:.:. 、    ト、       Vヘ ! __,. -'  ,      ∠. イ  l '、      ,.':.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.     出来上がっている東ローマでは、
:.:.:.:.:.:.:.':..、ト丶:.:、     | ヽト,     _, - ァ     l   l 丶   ,/:.:.:.:.:.:.:.:.:. : : : : : :
:.:.:.: : : : :.:.:.:.:丶:.:.:.ヽ   /ヽ  ト、      ̄‐     /|   l  ヽ /:.:.:.: : : .: : : : : : : : :      政教分離が進んでいくわぁ
: : : : : : : : : : :.:.:.:.:.:.:.:/    \l ゝ 、     ./ ,l   l    /:.:.:. : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : :.:.:.:/   , /   / >‐-z::ニシヘ./  //   ;:-‐'´:. :ヽ: : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : //  / /:\  / l 〈二f:.ハ:. :. / , /  /:. :. :. :. :. :. :.\: : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : lイ  l /, -‐-ス、,' /:. :/  ',:./'´>xャ‐:.':. :. :. :. :. :. :. :. : . :.>、:_: :      でも、そんなノウハウを持っていないゲルマン人は、
:.:.:.:.:. : : : : : : : : : |:l  l/:. :. :. :. :. :.ヤく:. :./- ‐|:./´〈l:. :. :. :. :. :. :. :. :, -:. ´:. :. :. :./:
:. : : : : : :.:.:.:. : _, -‐'ヽ !:. :. :. :. :. :.kj   ´__ _    /ト、:. :. :. :. :. :./:. :. :. :. :. :. :/:.:.:      教会組織を統治機構に組み込んでいくから、
, -,:.'´‐ァ'´: : : l:. :. :. :.、ヾ:. :., -、:. :. ソ イ´_,_.j   iー、/ _l 丶、:.,、:. :. :. :. :. :. :. :/:.:.:.:.
   ≦:.-‐: : : ',:. :. :. :. /,父.__ Y´ i  fヘハソ , -‐ '´ {, -,、_ ソ丶、:. :. :. /:.:.:., -=      カトリックは俗世に染まっていくのよぉ
    ゝ-‐/-‐'´ゝ:. :. /ーイ    ´`'ー 、 ゞ='"/,        ノ‐- ん-、_ ` ーャヘ丶:.:.{
   /    r‐-,z:/ ,ノ         、 \//        {___   ノ __`  L.´`ー-、\
  /   r‐_-/´,/ ノ{, -‐ 、   、  \.と.// .ィ , -‐'´ /_   }__  r'ー-  ヽ:.
, '   __/j -' ノ  う   ヽ. ヾ'i 、 ヽ(/// /_    l      |   '-t‐     |:.
-':.´:. :. ,-' f   ', イ'、    \ヾャx'ー'¨´ f/ノ:.r'     /----  f―-- /-‐  /:.
:. :. :. :./  -{     ーソ |      /:ト':.:.:.ヽ,f:.´:. :. :.!    f´'ー-   }ー-  / ´  /:. :.







        ____
      /      \
     / ─    ─ \      そもそも西ローマ帝国という保護者を失ったカトリック教会は、
   /   (●)  (●)  \
   |      (__人__)     |     自分達を守ってくれる皇帝が必要だったんだお
    \    ` ⌒´    ,/
    /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
   /      ,⊆ニ_ヽ、  |
  /    / r─--⊃、  |      一方、東ローマは『ローマ法大全』を編纂して、法治国家の精神を伝えていくことになるお
  | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |



※ローマ法大全の編纂…ユスティニアヌス1世(位:527~565)

  フランク族のカトリック改宗…クロヴィス1世(位:509~511)

  カールの戴冠=西ローマ帝国に変わる皇帝の誕生(800年)…ゲルマン的分割相続とバイキングの侵入で長続きせず

  神聖ローマ帝国の成立(962年)…教皇と皇帝の対立の始まり、西欧も宗教と政治の境目を決める段階に入る

846 : ◆NiVO3Ffeio:2014/01/05(日) 21:18:52 ID:hRkrOZ7M0

  // /  /   ,/ /   ,,イ/// /\;_:!::| ! ヾ::!
  Y | /!    ! /  _∠/-/ ナ /─ ,//!:| /  j:::! /
    i ! |   |/ ./ //  _j/   //.|::|''  /ヽ:ヽ|    政治組織化が進んだカトリックでは、
    ゞ! \  i! /i  ,ィ';-f='j〆  // /::|  /  !:::||
        \|::/  "  (:o/   j/  !:::|  /,//j/     教皇を頂点とした明確なピラミッド構造が出来たのよぉ
         ,. ゝ'   ´ ̄´"    / ,イ! :| ,,/ イ/
      ,.                / / | .::|/ /
       ヽ              /,/ イ',l :::|'' /
       i         // ,ィ " | | :::| / j !       でも、その必要がなかった正教会では、
        !`      ,/-ー "'   | /l::::| /  i |
       丶     ´        // `"'j/  | | /       初期の使徒達(教会の祖)に上下関係がなかったように、
         `!           //  /:::|   | | |
         !           //  /|::::|   | | l       比較的緩やかな繋がりの組織になったのよぉ
         `─ -. 、.._    //  / j:::/l  .| ! l
                ̄ ヽ//  /  |:| |   / ゞ
                  //. / ,,イ| |   |
               _., -/" / // / |   |
            /::/''// /: : j / ::|   |
           /:::::/ ,/ / : : : /メ:::::|   |
           \::::::ソ ./: : : : . //::::::|   |







       ____
     /      \
   /   ⌒   ⌒\
 /   ( ●) ( ●)ヽ     正教会のトップは総主教だけど、さっき挙げた5教会のトップは全て総主教になるんだお
 l      ⌒(__人__)⌒ |
 \     ` ⌒´   /     現代では更に増えて、9人になっているお
 /             ヽ

847 : ◆NiVO3Ffeio:2014/01/05(日) 21:20:16 ID:hRkrOZ7M0

                -r=y=y=y、、
               /z〆..::::::::::{f勾::::::..ヽ
              /x<..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
            /.f7.:::::刈ー'^ー'^ー'^ー'ヘーマ}:::ヽ     そういう状態が続いた結果、
.           / xリ::xFノ l   l .l  .l.  l   マヘ
          / {{l::/ノ .i .|  ll | l| |! |  ! | l|   ハ      東西教会は教義も組織も典礼様式も違うものになっていって、
.         / {{:/ノ  l .l l l l || |l |  | | l| ! llハ
        /  ィリ{ l| 十 t .⊥l l| ハ.} , ィ 千 l l| .|     結局は1054年にお互いを破門して、分裂が決定的になるの
.       /, .//|:}トヽlヘlr=tzぅミヽリ リj 斗 T7/ハ l、
  .、   .// 〈〈_}小ノハ ヾ弋ン`    ゞ ' 〃イ リヘヽ
  l:ト:. // 〈.{ /ハ、}.〉\__       '  u イ / l .l::|//
、 ヘ!:V./   ゞイ 1トム‐イ \ 、-.. _,  // / l.l:}.1   ._
i;\ヽ;i〉./ _〃∠ノ1 / }| ノ1 ヽ  - イ / / /千1!|Yチi;i;i;i卞z,,_
i;i;i;i;Y// //⊥ー |||_ノ´  } ヘ.:::::´:y:::ム/ / /ム!|:!||;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i≪_
i;i;i;i;i;{/ 〈〃::::::ヽゝン⌒   ,、 Y`ーt:::/イ〃/::::\トi;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;≪,
i;i;i;i;i/  ノ:::::::::::::::≧ x _, -、く \ヽ }|´__ //:::::::::::::\i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;
i;i;i;/   /::::::::::::::::::::::::〈 \ 「 ヽ _  く. l ||:::::::::::::::::::::::::l;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;
i;i/_ 、|__::::::::::::::::::::::ヽ__,. -< ヽー"' ||:::::::::::::::::::::::/;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;
 l:t- 水ー::l:}::::::::::::::::::::ヽ \ ` _>--ハ才1::::::::::::::/i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;
 |:|/ィ|トヽ:l:l::::::::::::::::::::::::\ へ__> ヽ   |::::::::::::/;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;







       ____
     /      \
   / ─    ─ \         近親憎悪って奴だお
  / -=・=-   -=・=- \
  |      (__人__)  U  |     特に宗教の場合、正統派争いが組織の存続にそのまま直結するから
  \     ` ⌒´     /

848 : ◆NiVO3Ffeio:2014/01/05(日) 21:20:57 ID:hRkrOZ7M0

      (⌒⌒⌒)
      |||
     _____
   /::::::::::::::::::::::::::\ ~プーン
  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\ ~プーン      ミクさんのツインテールを解くとか、
  |:::::::::::::;;;;;;|_|_|_|_| ~プーン
  |;;;;;;;;;;ノ∪  \,) ,,/ ヽ ~         世界遺産を破壊するような暴挙じゃねーか!
  |::( 6∪ ー─◎─◎ ) ~
  |ノ  (∵∴ ( o o)∴) ~ 
  | ∪< ∵∵   3 ∵> ムッキー!
  \        ⌒ ノ_____
     \_____/ |   | ̄ ̄\ \
___/       \   |   |    | ̄ ̄|
|:::::::/  \___ | \|   |    |__|
|:::::::| \____|つ⊂|__|__/ /
|:::::/        | ̄ ̄ ̄ ̄|  〔 ̄ ̄〕







      (⌒⌒⌒)
      |||

   彡川川川三三三ミ~
   川|川/  \|~ プゥ~ン     そっちこそ、なに勝手に浴衣のミクさんとか描いてるんだよ
  ∥|∥ ◎---◎|~
  川川∥    3  ヽ~            絶対領域のないミクさんとか、信者が暴動起こすわ
  川川    ∴)д(∴)~
  川川      ~ /~ カタカタカタ
  川川∥    ~ /∥ _____
 川川川川___/∥  |  | ̄ ̄\ \
    /         \__|  |    | ̄ ̄|
  /  \___     |  |    |__|
  | \      |つ   |__|__/ /
  /     ̄ ̄  | ̄ ̄ ̄ ̄|  〔 ̄ ̄〕
 |       | ̄

849 : ◆NiVO3Ffeio:2014/01/05(日) 21:22:34 ID:hRkrOZ7M0

               __
             ―く`亡7ア
         / / イ ̄ ̄ ̄`ー-、
          / // / / i     \
         ′ ′\ / /  | | \ヽ
       | l|  | / レハ|  |l | ト、  l |
        | ||  |x≧ミ、| /ナ+メ,| | | |      それじゃあ、今度は一度時間を遡って、
        | |八  | ヒソ " l/ ィ==x'|│| |
         | |  \\~    ,    / | | |      スロベニアやクロアチアの歴史を辿ってみるわよ
         | | | | ̄  、 __ ∠/ |ノ |
          | | | |'ヽ     . イノ|| | |
.        || | |ノ___≧ー≦ i/ /|| ||
        ,―|  | |::≪[=}≫L/ 厶l| |、|
.     /::  |  | ト-/∧ヽノ/ /::: | |:::\
    /:::::: n:::| 八 | 〈/  レ厶イ::::: | |::: ::\
.   ト、::: ::| |::|  | ̄>rf乞ミ-、|}〉:::: | |:::/:: 〉
    〉:::}::::rヘ_ト|  |  ):::ヾこン:::(|}〉:::: | |/::::  厶
   /:: 厂>'´ ̄广ー―ヘー―┴ァ-┴ヽ:::    \
  〈:: /:::::|   {     |    |-r―<::::::    〉







       / ̄ ̄\
.    /   _ノ  ヽ
      |   ( ⌒)(⌒)    ここからは俺も混ぜてもらうだろ
.     |    (__人__)
      |     ` ⌒´ノ
       ン       }
.    /⌒ヽ、    _ノ
   /   ノ \__ィ ´
  /  /    '|
  (  y      |
.   \ \     |
    \ィン、__)、
      |     ij ,ノ
.    |   ,イ  /
      |   |  /
     |,   | ,/
      |  |  |
.     |__|,___|
.     i,___),_`)

850 : ◆NiVO3Ffeio:2014/01/05(日) 21:23:25 ID:hRkrOZ7M0

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( 一)(●)     まずは、スロベニアやクロアチアのあるアドリア海の東側の海岸、
 |     (__人__)
  |     `⌒´ノ     ダルマツィア海岸の地形についてだろ
  |   ,.<))/´二⊃
  ヽ / /  '‐、ニ⊃
  ヽ、l    ´ヽ〉
   ,-/    __人〉     この辺りの海岸は、地理学的にはダルマツィア式海岸といって、
  / ./.   /    \
  | /   /     i \     日本の三陸のリアス式海岸同様、山脈がそのまま海に沈んで出来た地形だ
  |"  /       | >  )
  ヽ/      とヽ /
   |       そ ノ







          ,. -─=ニ_ー- 、          /!      _,. - ァ   ,ィ
         / ヽ ヽ.   _≧、マ>_        /リ    / //  _//
         /  l ! l ! }ヽ ((._ィ个、_)).      // ,イ / /ル'^ '´-‐ニ7         リアス式海岸が、山脈の稜線と海岸線が
        / /   j l j L.j  !   i | ヽ ヽ  / / / レ' //  -─-ニ-'
     /i !   /ィ´ |/,.ィ |  〃| l ヽ ヽ./ / レ'/    _,. --─‐‐‐一'ニ=-       垂直なのに対して、
      / | い  / ノ,ィ(ぅノ !  / ヽ! j  }  / /       --──‐‐‐z... 二ニ ー- 、_
    i | l トト、i{   ー'′/ ,1   / /!ノ  /             ニ_二ニ==---`ヽ   ダルマツィア式海岸は、
     l ハ ヽく,.ィr,、    ∠ '´ j  /1/i l //                \_
     \ヽヽヽヾ   /   /   /-ト/ /                  _,.=- ニー- 、_   山脈の稜線と海岸線が平行なのよぉ
       メ T ヽ、 ´   /  ∠-┴ 、    _,..ニ二._ー-=.z─-=ニ ̄``ー    ̄ ̄
      {  |   /l> 、._/ ,.イ二=--  \-r-─弋´ \`ヽ
      l ハ.| / il  / / /       ヾ    ヽ   \
      ヽ弋 i  l_メ,ィ´ /  ィニT ー 、   〉    ヽ    \
        | |iト 'て乂! ヽ 〈〈_,ノ 「!> 〉 ./ ヽ   ヽ   ヽ \
        | iハヽ/  \ヽ/1-く !ヽヽ,イヽ  ヽ   ヽ    ヽ. ヽ
        | |!,.イ! /   ヽi {   l | i | l ヽ  ヽ    ト、   ヽ ヽ.
        l ハ /      `i   ゝ i | l ト、 !   i    l ヽ   ヽ ヽ
        ヽ,ハヽ       !     l ヽ、い   l   l  ',   ト、 い
        {ヽ,クい       l     ',\ ハトi  l    l   !     iヽい
         ` Tl1 !    __r--〉〉    ', ヽi i  l   l  l    l  い
             |{/い,ィ二-→∠ィニヽ、  〉    l  l  j  トi     l   ! }
          《! i  / 7¬1トヽ 「` `弋  ヽl  l  / ト! li   j  i l
           》、/ /  / /!i 〉.〉  \ !   i|  j /  !リ }}   /  ,リ
          {i>'/  r' -y /YT     l    l /,イ!  |!  l   /  〃
          / / , / └ト-! !     ヽ  ! /ハj / ヽ/ /  /
       _/__,.//  __   | !      \// l / /  メr'
     /-─   ,ィ7´`┘ Lr 、 | !         \l./.イ!  i |
    //     /       └| !          `ヽ!l.._i |

851 : ◆NiVO3Ffeio:2014/01/05(日) 21:24:37 ID:hRkrOZ7M0

       ____
     /      \
   /   ⌒   ⌒\
 /   ( ●) ( ●)ヽ
 l      ⌒(__人__)⌒ |      つまり、こういう事だお
 \     ` ⌒´   /
 /             ヽ





リアス式海岸

        山脈の向き
  ↓      ↓       ↓      ↓
\    /\    /\    /\    /
  \/    \/    \/    \/          海岸線がギザギザになる


           海



ダルマツィア式海岸

        山脈の向き
      ←        →
                        / ̄ ̄\
\____/ ̄ ̄\      \      \_
                  \__/
                        < ̄>      海岸線沿いに小島や半島がたくさんできる
      / ̄ ̄\             ̄
      \__/            ↑
         ↑            元は山
       元は山

           海

852 : ◆NiVO3Ffeio:2014/01/05(日) 21:25:53 ID:hRkrOZ7M0

       ____
     /     \
   / ⌒   ⌒ \     リアス式海岸の説明を
  / -=・=-  -=・=- \
  |      (__人__)      |   ハイスクールDxDのリアス部長のおっぱいでやろうかとも思ったけど、
  \     |++++|」_キラッ/
       `ー''´ l        このスレはR18じゃないから、自粛したんだお







            /;;;;r' ̄´      ` ̄ゝ、;;;;;;;;;;ハヽ
           /ソ´              (ヘ;;;;;;;ハ)ハ
          //´      /             (ヘ;;;;;;;|) ハ
            レ'         /|   ヽヽ ヽ    (ヘ;;;;|) ハ
           /      /   /│    |_\|__|__ (ヘ;|)) ハ
           l    /  l | |   r'|   | ハ  ` ((!!))   |     あら?
           |     | | 」-ト、ト、  |   _x===|   }((ト、ヽ |
           |    レ|´| | | ヽ |  rテ´   | / ハヽ__」〉|     今度はちゃんと死亡フラグを回避したのねぇ
         _| |    | | |_==ヾ、 ∨        |/ / {{ ̄ ̄||
       〈l ̄〉ハハ \\x゙     ,        /// / llヾ〉 |||
       ヾ_'-'∧. ヽ \\      _  ノ     jノ ,イ /| ll |ヾ_ |    /
        /||ゞ´∧ \_\ゝ          /// | {{|  | |    /;;;
         //´|| 〉〉、_ ヽ ̄ヽ、        /イ‐,,/  ゙|  | |∧/;;;;;;
      //   ゙ |_| /\\_|` - -、- < ̄;;;;;/l   } /`│_;;;;;;;;;;;
       /\ー─-、 /  / ̄/|   ||   |;;;;;;;|;;;;;;;;;;;//|   |_/;;;;;;;;| ;;;;;;;
  ____/___〉;;;;;;;;;;;;>'  /  /l l/ ||  |;;;;;∧;;;;;;;;;/_ |  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| ;;;;;;;
 __ゝ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;// /| /-ト─--' ̄\/ |ヽ;;;/  | /レ';;;;;;;;';;;;;;;;;;;;| ;;;;;;
 _;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/イ /;;;|/;;;;;;;;;;;;;;;/》/    \  《 レ'/;;|;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;| ;;;;;;
 >;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;| |;;;;;;;;;十、/ヽ-へへへ/ ̄《/;;;/;;;;;;;/;;;;;;;;;;<´| ;;;;;;
 ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| |;;;;;;;/|´ 《ミY≡》)    《/;;;/;;;;;∠;;;;;;;;;;;;;;;;;;〈 ̄ ̄
 ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/|;;;;;;;;;;;;レ/;;/;;;/   ゞ===゙´    《/;;;;;レ'´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
 ;;;;;;;/|/   |;;;;∧__{;;;;|;;;;;/)          《/;;;;;;;;;\;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/
 //    / ヽ/く;;;;;ヽ |;;;;|》     |/   /  《/;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/
   |   /   /  ヽ;;;;;;;;;;;;;|》ヽ  |   /   《/;;;;;;;;;;/ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;〈

853 : ◆NiVO3Ffeio:2014/01/05(日) 21:26:15 ID:hRkrOZ7M0

    / /:::: |/   /ムナ-'゙´ / /::/ /::::..  :::|:::
  // /::: ム- ニ/7゙/:::::... // //::::.. _ __:::|:::
  ///_,ィニ/ー '/メ./二´二´ ̄/:::: ̄ `:ヾ、/.:/::/
  /─'  / ./彡/'´::::/,::-、ヽ     ::::::/.:/ /      …でも、そういう発想が出てくる時点でアウトよぉ
     // ゙´    弋、;;ノノ      ゙  .:/ /
     ,. -ーミ、`::ー-- 、ー'゙__ /ミ='..:/ /
   ー-、    ::::::::::::::::::::::ー=彡'゙   .::/ //.:.
           :::::::::::::::::::     :/ //::: ::::
                    // /:::: ::::
                    / :::/: :::::
                     ..:/:::::::
                   .:/::::::  -ー' ´
               ....:::::::::/::: -ォ'´ :::::::::
         _,       '─ '゙...:´/:|::: :::::::::::::
 ー─ー _, ァ'  /       ....:::::/:::::::|::: ::::::::::::
 ─ '゙          ...:::::::/ハ::::::::/:: :::::::::::::
  ー          ...:::; ィ':::::::::::ハ::::/:: ::::::::::::::
           ..: ィ:::::::|:::::::::::::::∨:: :::::::::::::::
        ..::-ー' |:::::::::::|::::::::::::::/:: :::::::::::::::::
    , ィ' ´::::::::_/ー-i:::::!:::::::::::/:: ::::::::::::::::::
 ー'  ̄::::::: ̄ ̄:::::::|.  |::::|:::::::::/:: :::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|.  |::::|:::::/:: :::::::::::::::::::







             ,、'´  ,.、-'' "
      /    ,、'´ ,.、-''´        、 \
.    /    ,、'´.,、''´              \
   l    ,、'´,、''´              / ヽ \
   |   ,、'´,、'´      n,  \:リ:::リ:::::i| 〈==、    \       …バカな……確かに…確かに回避したはず…
.   | ,、'´,、'´        _|f=-、.\ u !|/ヾ.、 〉     ヽ.
.   ,!'´,、'´          r( リ   \!i  〈 o .ノノ      |.     …回避したフラグが…また襲ってくる…
,、-'´,、/            N ヾ、 o  》   ヾ ̄       |
,、-'´|              ~ ゝ==シ  |j.  \.|j~     /
   |              〃"  |ju  U u \  、/
   ヽ            u ___   r' __ u _)/ 、  ,、-'´   …理不尽だ…あってはならない…
.    \         |j i´ _` ''ー----‐ァ/  ,.、ゝ''´,、-'´
      \          l ̄   ̄ ̄二ニ7.ム-''´ ,.、-'ヾ      …そうだ…ある筈がない…
       /          |j {    ,.、-'´ ,.、-r‐i ''' "´
.     /         :\ ,,ゝ-'´ ,.、-''´  | l       /     …これは夢…きっと夢なんだお…
     〃        ,.、-''´,.、-t''´ ̄``_二ニ! l _.... -‐''´ ,、"
        _,.、-‐'' " ,.、-''´::::::\ゝ- '´ r== l ヽ、  |j ='"´
.   -‐'' "   ,.、-''´ヽ、  ::::::::`'-、.. u |j |  ヾ     u
/''´     ,、-''´     \   ::::::::::::`''..r-'′   \ U

854 : ◆NiVO3Ffeio:2014/01/05(日) 21:26:58 ID:hRkrOZ7M0

                         、               , -─‐ 、
                          \、    ト、    / /  ヽ\ \
             -====─=z、    ヾ\  |liハ   _,/ / lハ    } ハ } ヽ     寝言でもアウトだって言ったわよねぇ
                   ̄ ヾ三≧、  \ヘ ハl!|| 《ハl {_」L从、/レrォァ} l
        x==≦三三圭三=- __\三ミ、 ヾミミハ Yハ 代芝  ,   ̄/ 人
 _ ∠三三三三三三三三三三三三≠=-三Z\ハミミヘく 人 ヽ_, ー _‐ ノイl |l ヽ        ___,    ___,ノ
    ィ≦彡 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_____,\ミミミゝ、l `ト、   .ィ´ 八 `、 ノィ ィ≦三ラ´ ̄_ ィ≦三> ´_______
,  ´     ィ≦三三三三三三三三三三三三三、三ヲ/:::::::ヾ '、エニ丁| l / i ゝ彡彳三三≠宀  ̄  -=≠= 二二 ______≦
    ,ィ≦三三三三三三三三三三三三三三三三\/:::::::::::::::\{:::∧::::j//-彡三三三≧===───≦三三三三三三三≦_  ̄ ̄`
ィ≦三三三三三三三三三三三三三三__三三三fゝ\:::::::::::、:::トY┬'ト{、 ̄`ヽ三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三≧、
三三三|\、三三三三/三三三三≠´三三三三三三\ ハ:::::::::::Y::::ヾ、㍊{::、:::::::\三三三三三三三圭≠==,三三三三三三三三三三
三三三|  ヽ` ー <三三三三/三三三三三≠三三三ヘヽ乙㍉ヽ::::::Y }j::::ヽ::::::::::〉三三三三三二\`丶、三二    `ヾ三三三三三三
≧ヲ"´′: : ヘ : : : : : : .`. <ZL三三三三/フ´三三ィ三γfヘト、ヽ夂:::::::::∨::::::j::::、/三三\三三三三ニ\ \三三三≧ \三三三三三
    ,′: : : :.ヘ : : : : : : : : : : : :`: .ー──≠==-── '´二辷{lー'}ノハ、:::::::::::ノ:::::::lミミト、三}ゝ、三二ト、 三≧ \三三三三 \三三三三
    l . : : : : :ヘ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :, :<//:ハヘノ匕(::j::::::::::|ヽ::::::'、ハ ハヽト、 ハ\\  `丶、三ヘ\三三三二 \三三、
   」 : : : : : : :ヘ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :./: : >´ /::::::::ト、厂:Y:::::::::::::{ ',:::::::ヽ/ } X}   ` \     ̄ ̄\\三三三二 ;\三j
    1. : : : : : : : : ヘ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :/-‐ ´::::. :/::ヽ、:::レト、:,l:::::__::::::\l:::::::::::l、 レ' レ    \        `丶三三三二\
   | . : : : : : : : : :.ヘ: : : : : : : : : : : : : : : :,<::::::::::::::::: : :/::::::::::}:::::::|lリ:/ト、ヽ:::::::ヽ::::::/ ヽ                      \三三三二
    l : : : : : : : : : : : :ヘ : : : : : : : : : : :<:::::::::::::::::::::::  /:::::::::::::ヽ/ヾ:::::::|ヽVヽ::::∧:::l Y`ヽ                     \三ト、三
   .' .: : : : : : : : : : : : : ヽ、 : : :, <::::::::::::::::::::::::::::::: :, ′::::::::::/:::::::::::::::::|/ヽ`'.::::::ヽ|/  、〉、                      `ヾ、\
  .  . : : : : : : : : : : : : : : : 〉. ´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::: :/::::::::::::/:::::::::::::::::::::::lヽ、/:∧:::::::::ヘ_,ノ⌒ヽ
  ! . : : : : : : : : : : : : , < 、 ::::::::::::::::::::::::::::::::::::: : /:::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::}>く〈 j:::::::::::::ヽ、_Lノ:二ー-.._
   : : : : : : : : : : : :<::::::::::::ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::: :/:::::::::〈::::::::::::::::、:::::::::::::::|/ 〉 V/!:::::::::::::::::〉ヽ:::::::`丶、:: ̄`ヽ
 | : : : : : : , <::::::::::::::::::::::::::ヘ:::::::::::::::::::::::::::::: :/:::::::::::::::ヽ:::::::::::/ヽ、::::::::!>ー ノヽl:::::::::::/レ l}}l:::::::::::::::::::\::::::::::\
  | : : ,. <::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ:::::::::::::::::::::::::: :/::::::::::::::::::::::\::/  } \__」´ ̄ヽ、」::::,.ィ´:::::::::ヾj:::::::::::::::::::::::::\:::::::::\
 レ :´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ヘ:::::::::::::::::::::: :/::\::::::::::::::::::::::::l  /  ヽ、    レ }:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::\


856 : ◆NiVO3Ffeio:2014/01/05(日) 21:27:41 ID:hRkrOZ7M0

            ,-、 ;;
         、,、-' 弋 ;;
    _,、-'     (
   ;;(_  il||l   il||l ヽ、;; ピク
    ;; ¨''、         ヽ、,_ ピク
      ヽ、    _,、―--、,__) ;;
        ;;ヽ  /      ヽ
.         ;; | .f         };;
        し| _#;;       ノ
         ;; .ゝ_____,、-'´







     / ̄ ̄\
    /   _ノ  \
    |    ( ○)(○)        …スロベニアとクロアチアの歴史の解説に戻るぞ
 .   | U   (__人__)
    |  U  |r┬-|  彡
 .   |     ` ⌒}   彡
 .   ヽ        }
     ヽ     ノ
     /     \
    / /\   / ̄\____l⌒l
     | |  \ /  ヽ \_____|
 Σ(⌒ノ   ゝ    \__)

857 : ◆NiVO3Ffeio:2014/01/05(日) 21:28:16 ID:hRkrOZ7M0

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |   ( ●)(●)      ダルマツィア海岸に最初に町を作ったのは、
. |    (__人__)
  |     ` ⌒´ノ        ギリシア人の船乗りだったのではないかと考えられている
.  | u       }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
   .>    <           エーゲ海は小島の集まりだから、
   |     |
    |     |         そこを生活の場とした古代のギリシア人は優れた海洋民族だった







 i:/ i:ィ::ヽ   | l i ! |  i   i i ! l 、 ヽ
 l:l_/!:レ'::〉 / | .li l ! |  |   l | ! |  |  ハ
./:/i トr‐i´ .!‐トl、! l ! |  |  / | ! |  |  | |        そして、そのギリシア人の商人を狙って、
::/ .l |:| !  .l≡>≧l\   l .// レ// ./ .ハ.!
  | |:| ヽ |ヤ''{ fン}ヾミ ∨/ム一〈/ / / l|      ダルマツィア海岸の小島は海賊達の絶好の根城になるのよぉ
  | |:|  |ヾ、 `'~        ィtfソ7/,}/  " ,ィ
  | ヾ   |            `~ / /ィ|   //
  .!    i\       __ ´  <"イ  l」 /.:::/.
   !   .ト、.,へ   ‘‐ ´  イ i ///.::.::./,─ァ
   .l   l::::::::二_> -、.<  ,|  !: : : : -- ―<_
ニニiハ  |:://7只ト、\ /:l  .ト、: : : : : : : : :‐-
:::::::::ヾ∧ |::\`´,イ |:L/厶ー:|  .!:::\ : : : : : : : :
:::::::::::::\ヘ/  ¨ i:!   ̄ .}:::::::::|  .!:::::::::ヽ : : : : : :

858 : ◆NiVO3Ffeio:2014/01/05(日) 21:29:24 ID:hRkrOZ7M0

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \     ギリシアの国力が高い間は、海賊の取り締まりもしてくれたが、
 |    ( 一)(●)
 |     (__人__)     ギリシアの国力が落ちると、そうもいかなくなる
  |     `⌒´ノ
  |   ,.<))/´二⊃
  ヽ / /  '‐、ニ⊃
  ヽ、l    ´ヽ〉     そしてギリシアが衰退し、ローマが勃興してきた頃には、
   ,-/    __人〉
  / ./.   /    \      ダルマツィア海岸では、海賊達が我が世の春を謳歌していただろ
  | /   /     i \
  |"  /       | >  )   そこでローマ人は海賊を何とかしようとしたんだが…
  ヽ/      とヽ /
   |       そ ノ







     / ̄ ̄ ̄ \  ホジホジ
   / ―   ― \
  /   (●)  (●)  \    海賊を何とかしようと思ったら、ダルマツィア海岸の全土を征服していた
  |     (__人__)      |
  \   mj |⌒´     /    何を言っているのか分からないと思うけど、やる夫も何を言っているのかさっぱり分からないお
     〈__ノ
    ノ   ノ

859 : ◆NiVO3Ffeio:2014/01/05(日) 21:30:34 ID:hRkrOZ7M0

     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \     ローマ帝国が出来る前の共和政時代のローマというのは、
   |    ( ●)(●
   |      (__人__)    いつもこんな感じで、無計画にその場の勢いで地中海を統一してしまった
.   |        ノ
    |      ∩ ノ ⊃
  /     ./ _ノ
  (.  \ / ./_ノ │    さすがにこれじゃあマズイってことで、軌道修正をしたのがカエサルだ
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /     ここに軍事的な意味でのローマ帝国の概念が生まれる







     ____
   /      \
  /  ─    ─\     カエサルはローマの防衛線を山から川に移したんだお
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |    具体的には、国境をアルプス山脈からライン・ドナウ川まで広げたんだお
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

860 : ◆NiVO3Ffeio:2014/01/05(日) 21:31:36 ID:hRkrOZ7M0

       /       ′        | ',  ト、    \ ヾヽ
      /          |          |  l  l| '.    ヽ l:::ト、
.      /       |  l| |         , |  |  リ  l|   l |:::ト \
      / / |    |l | | ゙ 、    /jノ  | _厶-┼ハ   | |:::| l\\
     ′/ |    | || ヽ \    ′斗≦/__,,.. レ゙ l    l |:::| l ヽ:ヽ
    l l|  l    |_」 L,,..≧ \ {   才ヘヽ 〕/ノl   ' |:::| | ',::',    国境が山だと何か問題があるの?
    | ハ | '、   イ´ヽ> 、弋  ヽ       ̄"''´ イ  /  |:::|  l  }:::|
    |{::∧|  \  l<⊥ゝ '"            / /| |:::|   l ノノ
   /.::/ |    \丶 "´       ヽ        /  r1  `´    l
.  /.::/ ∧   l | ト >                  厶|     |   |
\{::::{ / ヽ   Ⅵ |¬          __           '  |     |  | /
: . \∨ト、  \  \ト--\        l__ヽ     /   l     | //  /
: : : . \|: .\ |` ‐- \  /` ┌‐-、         ィ l  |    |/. :/ /. : :
: : : : : : : : : . ヽl    |  .′r┤   ,\____,、<__|__ l  |    |: ://. : : : : :
ー-  _ : : : : : :|    |  l  ||   | /⌒ヽ::.::`¬ ||   |     l /. : : : : : : :
:::::::::::::::::>_''ニ|     |  l  ∨  ノ´ / ̄ ヽニ ヽ|l   l    .'´_  -一   ̄
::::::::::://. .::.::.|     ト.⊥__〈      ´  / ⌒ヽヾ\ l   ,′:::::::::::::::::::::::::::
::::://. .::.::.::.::.:l     |::.::.::|}〉 ,         ィ{  |::.::.}::} l   厶ィニ、ヽ::::::::::::::::
::/ /.::.::.::.::.::.::.::.::l    l::.::.:|}〉 l        丨八_ノ二:ノ '  /.::.::.::.::. .\\::::::::::
.' /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.'、   '::.::.|}〉|         | \::.::.|}〉/  /.::.::.::.::.::.::.::. .\\::::
./.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:.\   ヽ┴‐┴- 、    |   \|}/  ∧::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.ヽ ヽ







      / ̄ ̄\ ( ;;;;(
    / ._ノ  ヽ、\) ;;;;)    アルプスの北にいたのは、「森は故郷」と考えるゲルマン人だ
    |  (●)(●)/;;/
    |  (__人__)l;;,´|      アルプスを国境線にした場合、いつの間にか侵入されているという事態が起こりかねない
    | ./´ニト━・' .l
    | .l _ニソ    }       山頂に見張り小屋を建てても、すぐに孤立してしまう
     /ヽ、_ノ    /
    __/  /    ノ__
  / /  /       `ヽ.
  /´  ./       ,.  ヽ.   その点、川であれば対岸が見通せるし、ゲルマン人が川を渡る間に、ローマ側も防衛準備が出来る
  ト、_,/.       |、  ヽ
   |         |/  /   また、川であれば街道を繋げ易いから、防衛拠点の孤立も起こりにくい

861 : ◆NiVO3Ffeio:2014/01/05(日) 21:32:50 ID:hRkrOZ7M0

       ____
     /      \           ここまで考え付くだけでも凄いのに、
   / ─    ─ \
  / -=・=-   -=・=- \     カエサルは、「じゃあ、ちょっとライン川まで征服してくる」って、
  |      (__人__)  U  |
  \     ` ⌒´     /     それまでの700年のローマの歴史で、誰も出来なかったガリア征服を達成しちまったんだお







   / ̄ ̄\
  /   _ノ  \
  |   ( ―)(―)             ,  、       アジアとの国境になるユーフラテス川は、初代皇帝アウグストゥスの時代に、
  .|     (__人__)  ふぅーッ    ,´ ( ⌒ヽ )
  |       `-=━・   --==≡三三 ( (  ) ) )     ドナウ川は、2代皇帝ティベリウスの時代に、
  .|        ノ            ヽ `ー ノノ
  ヽ    .,ノ )/´二⊃           ヽ_- ノ         それぞれ防衛体制が整えられる
   >  /"/  '‐、ニ⊃ キンッ
./⌒ヽ  l    ´ヽ〉〆ヽ
(   ヽ/    __人〉ヾ_ノ,ゞ
.\  /   /   {  /

862 : ◆NiVO3Ffeio:2014/01/05(日) 21:33:35 ID:hRkrOZ7M0

▲▲▲▲▲▲▲▲オーストリア▲▲  ▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲  ▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲
▲▲━━┓▲▲┏━┓▲▲     ▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲   ▲      ▲▲▲▲▲▲▲▲▲
▲▲▲▲┗━━┛▲┗━⑤        ▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲          ┏┓    ▲▲▲▲▲▲▲
▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲┗━━┓        ▲▲▲▲▲▲▲▲▲          ┏┛┗┓   ▲▲▲▲▲▲▲
▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲      ┗┓          ▲▲▲▲▲        ┏━━┛    ┗┓  ▲▲▲▲▲▲▲
▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲.    ┗━━━━┓                ┏┛            ┣━━▲▲▲▲▲▲
▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲            ┃                  ┏━┛             ┗┓   ▲▲▲▲▲▲
▲▲▲▲シュタイアーマルク▲▲               ④            ┏━┛                   ┗┓▲▲▲▲▲▲
▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲             ┏┛  ハンガリー    ┏┛                   ┗━┓▲▲▲▲
▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲               ┃           ┏┛                         ┗▲▲▲▲
▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲          バラトン湖┗┓ド      ┏┛                ▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲
▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲         ┏━┓  ┃ナ      ┗┓テ        ▲▲▲     ▲┏━━┓▲▲▲▲
▲▲▲▲▲▲▲▲▲ ━┓.      ┏┛┏┻┓┃ウ         ┃ ィ        ▲▲▲▲▲    ┃▲▲┗┓▲▲▲
▲▲▲▲▲▲▲. ━┓ . ┗┓.    ┗━┛  ┗┫川        ┃サ         ▲▲▲▲▲    ┃▲▲▲┗┛▲▲
▲▲スロベニア▲▲▲. ┗━━┫           ┏┛        ┏┛川         ▲▲▲▲▲┏━┛ ▲▲▲▲▲▲▲
▲▲▲▲ .③            ┗┓ドラーヴァ川 ┃          ┣━┓         ▲▲▲▲ ┃   .▲▲▲▲▲┃▲
  ▲▲▲▲━━┓ ②    ┗━┓     ┗┳┓      ┃  ┗━━━━━━┓▲.トランシルヴァニア ▲▲┏┓┃▲
   ▲▲▲    ┗━━┓     ┗━━━┓┃┗━━┓┃       マロシュ川 ┗━━━┛.   ┏━━┛┗┛▲
 ̄\ ▲▲. 中央クロアチア ┗┓   スラヴォニア   ┗┫      ┗┫              ▲▲▲▲▲▲┏┛▲▲▲▲▲▲
 /    ▲▲▲       ┗━┓           ┗━━━┓┗┓          ▲▲▲▲▲▲┃▲▲▲▲▲▲▲
 \ イストリア ,'ヽ▲▲▲▲      ┗━┓           ┗━┫           ▲▲▲▲▲▲.┗┓▲▲▲▲▲▲
  \   │ A\▲▲▲▲.      ┗━━━┓  ┏┓   ┗┓          ▲▲▲▲▲▲▲▲┃▲▲▲▲▲▲
    \/ h  │▲▲▲▲▲▲   サヴァ川 ┗━┛┃    ┏┻┓     ▲▲▲▲.        ┃
       ∪  │▲▲▲▲▲▲▲▲▲        ┗━━┛①┗┳━┓ ▲▲▲▲         ┃
           \.▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲              モ ┃⑥┗━┓┏┓←鉄門峡谷┃
            \ .▲▲▲▲▲▲ボスニア▲▲▲▲▲▲▲▲  ラ ┃    ▲┗┛┃          ┃   ブルガリア
            弋⑦  ▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲ ヴ┗┓ ▲▲▲ ┗┓        ┗┓
┐            \   ▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲ ァ ┃ ▲▲▲▲ ┗━━━━━┻━┓
イ\    アドリア海    \ ⑧▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲ 川┗┓▲▲▲▲      ドナウ川  ┗━━━
タ │             ∟石\▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲..┃▲▲▲▲
リ │                 \▲▲▲▲▲▲▲セルビア ▲▲▲▲▲▲ ┗┓▲▲▲▲
ア. │                  \▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲. ┃▲▲▲▲



①ベオグラード(現代のセルビアの首都)
②ザグレブ(現代のクロアチアの首都)
③リュブリャナ(現代のスロベニアの首都)
④ブダペスト(現代のハンガリーの首都)
⑤ウィーン(現代のオーストリアの首都)

⑥ブラニチェヴォ
⑦ザラ(ザダル)
⑧スプリト

863 : ◆NiVO3Ffeio:2014/01/05(日) 21:33:55 ID:hRkrOZ7M0

            / ̄ ̄\
          /_ノ  `⌒ \
    _     .| (● ) (⌒ ) .|       ここで、この地図をもう一度見て欲しいだろ
    | !    | (__人___)   |
    | !    |  ` ⌒ ´    .|     ドナウ川が防衛線になった事で、
    | !   ,.-,|          |
  ._,ノ ┴、/ ,/ .|        /       スロベニアやクロアチアは、その後方基地の役割を担う事になる
  .r `二ヽ ) i ヽ        /
  .|  ー、〉 /   〉      <
  .|  r_,j j / ̄   '' ̄  ⌒ヽ
  .|   ) ノ/ {       ィ,  }     また、①のベオグラードがこの地域の防衛の拠点だった事も、理解してもらえると思うだろ
  ノ   ,/   |         |{  |







      ____
    /  ⌒  ^\      ちょっと経済の話をすると、ローマ時代に購買力を持っていたのはローマ市民だから、
   /  ( ●)  (●)
 /  ::::::⌒(_人__)⌒ヽ     市民兵の集まる前線基地は、一大消費市場だったんだお
 |       |r┬-|   |
 \        `ー'´  /     そこで、スロベニアは特に前線に物資を運ぶ交通の要衝として発展するんだお

864 : ◆NiVO3Ffeio:2014/01/05(日) 21:35:27 ID:hRkrOZ7M0

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |   ( ●)(●)       この関係が崩壊したのが、4~5世紀のフン族の侵入とゲルマン人の大移動の時期だ
. |    (__人__)
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }
.  ヽ        }       フン族は大王アッティラの死後、急激に衰退していき、
   ヽ     ノ
   .>    <         スロベニアやクロアチアは東ゴート王国の組み込まれるが、
   |     |
    |     |         ユスティニアヌス帝の時代に東ローマに再征服される







           ____
        :/    \:
       :/ _ノ iiiii \. \       ユスティニアヌス帝自身は意外に優柔不断な性格だったらしいけど、
      /  (○)  (○)  \
     : |    (__人__)    |:     奥さんが、反乱を起こされても
       \   ` ⌒´   /
       / ⌒ /⌒Y⌒ヽ ヽ       『帝衣は最高の死装束』とか言い出す女丈夫だったんだお
      :|  \|  .i  イ |
       |\ /   人  .\!
       |  \___/  \__/:
        |        /
        |         /







 _/:/l:.|   /l |  l   l|    l ヽ \
'´ ̄イ:ニ:イ  l/_ヽト、l_  lヘ    | l |   ヽ
// j:| l   l    ヽ-ヽ`ヽ卜、 l j|  ト l
/:l /:l l   | 、_.二 _ 「 \l /イ/l  l| l      つまり、旦那の尻を叩く出来た奥さんだったのねぇ
.:/ /:/ l   |   ̄ ̄ヾミ    レ_⌒ヽ}  l ||
,' l:::l   ヽ  l ///       { =ミ //| | l      イイハナシダワァ
  「´   l\ ',    r -  ._ / ,,,, /イ /レ'
 / |   l  \    !     ` 7  l/ //
ノ| l    !       '、    / / イ:|
 l  !   !  \      ヽ. _/ 7¨´ | ハ::l
 ,l  !  |_,  - ≧ 、 _ _, イ   l | L!   /|
/ ! l  |  〃 ̄ フ水ヘ\  |   l l    / }
  ヽ l   |  ヽ\// l ヽ_〉:〉 l    /! |  / /  __ - '´
 ̄\ハ l  |、   ̄l:| l:ト-イl !  / l  l/ ///    ∠
   Vヘ  l \_ |:l l:|\_/  /_/ ̄\
    } \!    |:l l:|  ∨ /       \

865 : ◆NiVO3Ffeio:2014/01/05(日) 21:36:34 ID:hRkrOZ7M0

     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \   .___
   |    ( ー)(●)  ( ⊂⊃ )
.   |     (__人__) ホワッ ̄ ̄     前にも言ったが、征服するのと維持するのではコストが全然違う
    |       ( ( ノ
   .l^l^ln    ⌒ }            ユスティニアヌスによる征服は長続きせず、
.   ヽ   L     }  ∩ ノ)━・
    ゝ  ノ   ノ / _ノ´       ダルマツィア地方は、実質的な独立地帯になる
   /  /    \/  |
  /  /       '  |
. /  /      |ヽ__ノ
 ヽ__ノ







         ____
       /     \
.    /       \       この短い平和が崩れるのは、また異民族が侵入してくるからなんだお
.  / /) ノ '  ヽ、 \
  | / .イ '=・=  =・= u|     ユスティニアヌス帝の晩期に現れたアヴァール人が、ハンガリーを征服
    /,'才.ミ) (__人__) /
.   | ≧シ'  ` ⌒´   \     アヴァール人から逃げてきたり、アヴァール人に従属したスラヴ人も侵入して来るんだお
 /\ ヽ          ヽ

866 : ◆NiVO3Ffeio:2014/01/05(日) 21:37:17 ID:hRkrOZ7M0

                  ,. -ー' 二二二 ー- 、
                 //: ̄__:::::::::::::::: ̄`:::ヽ
                 /〃'::::::/´ノ〉):_ノ_ノ::::::::::::::::::\
              //´::::::__,ィ:ゝ-':__,:::-──- 、::::::::::ヽ
              /゙::::::::::/ ̄ ̄\ ヽ\  ヽ \::::::::ハ__
              !:::::::/ i     ヽ ', ヽ  \ ヽ>,仁》      そのスラヴ人たちが、
           _ |::::ハ  ',      i }  ! !  ',<ノ||\
           《ニハ_ゞ、 \ \    ! ||  | |__ || l | \>       現代まで続くスロベニアやクロアチアのご先祖様になるのね
            ソ|| \\ \ \   | .从,ィ匕Lィ|| | | 〈´
                 | '、 \\,>≧ゝ, |/ /,ィヌニミ、|i | l  |
                ハ \  `卞代ツミ ヾ′   ''' / //   ト、     , --─.::´
        .`ヽ、  〈/|:} ヽ,\  \`¨´  、     / // /  l ヽ  /::::/::: ̄
     /:::;:ィ:::::\ //|  |\\, __>   - ´  イ!// /   !   ∨:::::::::':──-:::、
    . .. ::/::::ハ::::∨ム'〉 「`:::ゝ,\_ ≧ュ,fヽ_ .ィ─ヘ,ィ l   |l  /::::__::::\::: ̄`ヽ
    . .. .:. :::://__;/:::::|  |::::::::::ヘ   !:::::::l |::::ハ;:::::_:::::ヽl   l| 〈::::::::::\:::::\::::ヽ
    . ::/;::///::::::::::: ! / :::::::::::::} |::::::::l !/  ∨ }/::::/ / ハ`ゞ 、::::\\:::::ヾ
       ∨/!:::::::::::::::| /:::::::::::::::::| |::::ノ| ト-ーく /_」:::/ / /::::ヽ:::ヽ\:::ヽ \
       //|:::::::::::::::レ ::::::::::::::::::| |::_〉 }  ─ー、ヾ才/} /:::::::::::\:\\〉\
     ,// /ヘ:::::::::::::::::::::::::::::::::::! /:::〉ヘ!   ̄\ヽ)=::、/ /::::::::::::::::::::::::::\   `
    .// // 人::::::::::::::::::::::::::::::::|/::{ `入_  ゝ}_ソ/`´}/::::::::::::::::::::::::::::::::::}
   /´// / /|::::::::::::::::::::::::::::::::::(\__  ̄Z_r、_「| ノ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト、
    // /  // ヽ;__::::::::::/:::::::::::::::〔 ゝ,>、  _,ィ'7´}:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::! ゝ、
   .{′ /  //  / | |  ̄`斗、:::::::::::::::\r 、  Y  厶ノ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ   )







     ____
    / ⌒  ⌒  \
  ./( ―) ( ●)  \
  /::⌒(_人_)⌒:::::  |      現代のスラヴ人の居住地域を地図にしてみたんだお
  |    ー       .|
  \          /

867 : ◆NiVO3Ffeio:2014/01/05(日) 21:37:38 ID:hRkrOZ7M0

                    _シヾ=         / _/          :::::::::::::::::::::::::::::::::
                    /              〃  l!           :::::::::ヽ.::::::::::::::::::::
                    /            /   ∥        ::::::::::::::::rt||::::::::::::::::::
                   L            |    j         :::::<`ヽ:::::::`ヽ〉:::::::::::::::
..          r7      {                `ヽ rュ ヽ.  _,.--t_ |  〉:::::::::::::::::::::::::::::::
             ‘′     }      _           ノ     ̄_..._r‐┘`'´::::::::::::::::::::::::::::::::::
.    ,ィ ,_;゚'        '(   / ゚。 cク   ,/    rュ〈_    ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
     l/ 」 ∠__        `ー‐′_ ゚。  /  | ,.ィ   <フ |   :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
    Ⅱ<「    /           r‐' 〉 ゚。.   // |/  /⌒Ⅵ   ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
     仏ィ  _/           「 ら __ } _//    |      ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
    __小  ̄ヽ          l! 、゙)〔, 儿」 。      」     :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  __<   〉^ーt   `ヽ         | ミ(ノ__   _r―t._ノ ̄:::::::  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
.. Z_   | 、__]   l       _,r‐┘  ̄ `ヾ´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
.. _ノ  __/ _,)    ⌒)   ru′        ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  '彡'´  ー、__    ∠ _/           :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
      ,ノ__r-―…'´「           :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
..      ^´  rt_r‐'′          ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
         r‐-┘                    ::::::::::::::::::        ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
..       `ーミ                                           ::::::::::::::::::::::::::::___:::::
          \               :::::::::::::::           :::::/¨Z__::::__/ <:::::::
               |                   r'廴:::::::::::::::::::::::::::::       」   <:::::`ュ r'´::::::::::
             ノ         _.ィ‐ミ  L \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::    」     └'´  `ヽ.::::::
..  <´ ̄ ̄¨¨¨¨¨      r'⌒ー'′ _, ゚。  ヽ  `ーミ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/              \
   |            _ノ       V   \_  ゙ーz_  ヽ::: :::::::     ヽ.   _,.-‐‐t._      )
   |             /         rヘ    `ヽ.  \ !   ._ ,r‐-、_r‐イ ̄ ̄      ̄`ー一'′
...... ノ         (  <>゚     | ,」       'ヘ 〈`′ヽ  〔" ∴ 〔 ̄
.   ¨|        _/ ゚       ~    r‐-‐ァ〈/    ト-、__>。 _」
    L..   ___/    __,.-‐---ァ `ー、〉     ヽ;v「∴∵`ヾ.__  _   __
      》=<´   r‐'´ ̄        ヾ   。          ,、_ 。〃`┘ `二.  「

868 : ◆NiVO3Ffeio:2014/01/05(日) 21:37:58 ID:hRkrOZ7M0

                   _
                  >セ乞アト ニ _
               /..::.:.ヾごソ.::.::.::.::.::.`:..、
             / ^⌒^⌒^⌒⌒^丶、:::.::..\
              //    /          \::.::.:.ヽ
               / /   ′   〃 l    |\::.::.l_
           /     |  |   〃|  |  |    /ィ[}ぃ      バルカン半島だけ、見事に浮いているわねぇ
            ′  l | | /  |  |  | /  〈:{_ノ八ノノ
           |    | |ヽ | ¦  |  |/_」/|   ヾイ|:トrく l
           | | |l  |⊥ミメ、 |  /ノィ厶斗┤   / | |:| ヾ:、
           |lノ八 lヾヘ リ \/  ヘ リ丿.′ '  | |:|  }::〉
            |:トヘ ` {  ̄         ̄ / /  | |:| く/ |
            レ  |\ヽ_   ヽ      ∠/|    || レ     |
                 |  ト  __      /|    |l      |     /
      、_  \__   |   | // )、_  <_j   リ\   | /厶イ{ノ廴__,,
     _ーz三≧三≧|   |_{   '´ / 〉介ト-、.′  ∧_>―<三三三三三三ご_
      ご三三三三三|   |::|    /_ノ:| |:|`/   / /.::厶-― 、\三三三三二ニ
   ニ二三三三三三/|  r‐ヘ   jーr゙| |:|/   / /.::.:|::.::.::.::.::.::..\\三三三三≧===ァ
   ー=ニ二三三三/.::.::| ノ  |   Г|ノ厶l/   ,  /.::.:: |::.::.::.::.::.::.::.::.>`ヾ三三三三{ ̄
       ̄え三三∧::.:〈 ̄ト‐┴√| ト、__/  /「`7.::.:::/L. -― __ ――〉三三三三二
    =彡ベ彡イ⌒ヽ「\l   /  ノ.::|/ /}   /.::.::.〈ー―::.:: ̄::.::.::.:.::/三三三≧一
         /   /^Y⌒ト-イ ̄厂〉 イ ̄ , /.::.::.::.::〉::.::.::.::.::.::.::.::.:/\ ̄`ヾミ⌒ヾー
           /   /  ト--rヘ_r-イ/ j|  / /ニニ二/.::.::.::.>‐[}‐く \ ヽ
        .   /  ∧ | | | /|\_/..::.::.::.:/l::.::.::〈〈__ノ八_〉〉 lヽ  .







   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( 一)(●)      バルカン半島が他のスラヴ人居住地域と断絶するのは、
 |     (__人__)
  |     `⌒´ノ      また次の異民族が侵入してくるからだが、
  |   ,.<))/´二⊃
  ヽ / /  '‐、ニ⊃      まずは先にアヴァール人の話をするだろ
  ヽ、l    ´ヽ〉
   ,-/    __人〉
  / ./.   /    \
  | /   /     i \
  |"  /       | >  )
  ヽ/      とヽ /
   |       そ ノ

869 : ◆NiVO3Ffeio:2014/01/05(日) 21:38:36 ID:hRkrOZ7M0

5~6世紀のユーラシア大陸

   日本はまだ聖徳太子が登場しておらず、仏教が伝来したり、蘇我氏が権勢を誇ったりした時期
   中国は南北朝時代、もう少しすると隋により全土が統一される



                        /───                            ______
      突厥に敗れた一部が西進   <        _,jiilllll心__     __,ィェa_____a_______,jiilllllllllllllllllllllliiiii
                        \─── 〈lllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllii
       -..,,_ _-‐ァ      _-~t    _      ゙!!lllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll  柔 然  llllllllllllllllllllllllllllllllliii__
      ┘ ''-宀ゝ、     ! ∠"    !ユ      ゙゙'!lllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll      丿
     l´  _..,,,,_  `'' 、  ヽ_ ゙ー_..             ゙゙~~~~~~ ̄ ゙゙̄!!!!lllllllll   ↑   lllllllllllllllllllllllllllllll广    ノー'
_ -alっー=''´   ゙゙''─''´     ゙ァ {┘                     ~~゙ ← 突 厥 →   ll!!ゞ゚゚゚~゙゙ヾゝ    ノ
ム-っ,〈L              ¦  `1                                         <, 二 ヽ,,`ー、
 ^'「__^ 个--ー.._ィ┐         ゙''―`                                           ゙゙丿`  ヘ ヽ
   ゙゙`゙゙    ‐゛亅                                                       ー、   一'''
/'''''ヽ.._,,_  ___  /                                                         \
’     ^゙"   ̄         _..-_                                               -┐
         ヽ-、        ヽ \_                                              丿
          '、\         ゝ- ゙''‐ノヘ,,__ ______                                    {
           ヽ ヽ、        ~-''´\.._ ̄ ̄ ̄ ゙ゝ                                  /
            ゙'、 !              ソ      弋  _          ,,.....--'、          ,,,,_ _....-''"
            │ ー、           /‐        ゙"│        ../    ー         /" .ノヘ
             `'l  ゝ         _-"’          l       ,/      ゙l        \ `ー’
              la │     _,,/"^             ヽ    ノ'’       └-'^l       ゙\
               \〕 _,,..-"                 ゙l   │            ヘ ..      1
                 彳´ __,,..-r                ヽ  │            ll亅゙''‐_   丿
                  ゙"^´  ノ                 ヘ _rb、           │!   ゙ヘ,,/''´



   モンゴル高原から中央アジアの草原地帯を支配した遊牧民族・柔然が、従属させていた突厥に敗れ、
   その一派がロシア平原のスラヴ民族を服属させながら西進したと考えられている

870 : ◆NiVO3Ffeio:2014/01/05(日) 21:39:02 ID:hRkrOZ7M0

             / ̄ ̄\
          /   ⌒ ´ ⌒
.         |    ( ●) (●)         アヴァール人はアジア系の遊牧民・柔然の一派が、
          |     (___人__)
          .|        ノ        ユーラシア大陸を西進して東欧に現れたのではないかと言われている
           j        |
         ..ノヽ、    , ノ       _
  ,. ー、一一´:::::::::::::≧ーー"7          i' Y
. / .::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.`-、       i l _     アヴァール人は、その後ハンガリーに定住する事になる
/ .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. >-、   | lフ ト、
.::::::::::::::::: !::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ  i/ ,.イ 丿
:::::::::::::::::: l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::. v:: l /  i'r ´,.ィ
:::::::::::::::::: l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: l::: l j  丿r´,.ィ
:::::)::::::::: /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |::: 八   `チ







       ____
     /      \
   /   ⌒   ⌒\      西進の途中で、ロシア平原に住むスラヴ民族を服属させて、
 /   ( ●) ( ●)ヽ
 l      ⌒(__人__)⌒ |     バルカン半島まで連れてきたんだお
 \     ` ⌒´   /
 /             ヽ

871 : ◆NiVO3Ffeio:2014/01/05(日) 21:39:29 ID:hRkrOZ7M0

                   / ̄ ̄\
                  /   _,.ノ `⌒
                  |    ( ●)(●)            アヴァール人がヨーロッパに与えた影響という意味では、
                  .|    (___人__)
                  |        ノ             スラヴ人のバルカン半島侵入の他にもう一つ大事な事がある
                  |        |_,-‐、  / ⌒)
                  .人、      厂丶,丶,丶´ / ̄
               _,/( ヽ、.,ヽ., ___,く_ソ    __ノ
        _, 、 -― ''"::::::::::::\:::::::::::::::::::::(    <"ニ‐-、      木製のしっかりとした鞍と鐙を伝えた事だ
       /::::::::::':、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::r  /⌒ヽ::::::: )
      丿:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V/..... ̄ ',:::::|      これによって騎馬民族ではないヨーロッパ人でも、
     i .:::::::::::::::::::::|;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: 〈 ::::::::::::::... ',::.
    / ..::::::::::::::::::::::!;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::\:::::::::::::::;;;ハ ::::::::::::::::::.. ',     高度な騎馬戦術が使えるようになった







  // /  /   ,/ /   ,,イ/// /\;_:!::| ! ヾ::!
  Y | /!    ! /  _∠/-/ ナ /─ ,//!:| /  j:::! /
    i ! |   |/ ./ //  _j/   //.|::|''  /ヽ:ヽ|
    ゞ! \  i! /i  ,ィ';-f='j〆  // /::|  /  !:::||
        \|::/  "  (:o/   j/  !:::|  /,//j/    本格的な騎士の時代が幕を開けたのねぇ
         ,. ゝ'   ´ ̄´"    / ,イ! :| ,,/ イ/
      ,.                / / | .::|/ /
       ヽ              /,/ イ',l :::|'' /
       i         // ,ィ " | | :::| / j !
        !`      ,/-ー "'   | /l::::| /  i |
       丶     ´        // `"'j/  | | /
         `!           //  /:::|   | | |
         !           //  /|::::|   | | l
         `─ -. 、.._    //  / j:::/l  .| ! l
                ̄ ヽ//  /  |:| |   / ゞ
                  //. / ,,イ| |   |
               _., -/" / // / |   |
            /::/''// /: : j / ::|   |
           /:::::/ ,/ / : : : /メ:::::|   |
           \::::::ソ ./: : : : . //::::::|   |

872 : ◆NiVO3Ffeio:2014/01/05(日) 21:40:17 ID:hRkrOZ7M0

            / ̄ ̄\
          /    _,.ノ ⌒
          |    ( ー)(ー)        この時点ではバルカンのスラヴ人は、アヴァールの属国だった訳だが、
          .|    (___人__)
           |         ノ         基本的には遊牧民のアヴァール人は、
           |        |_,-‐、_ -、
          .人、      厂丶,丶 v 〉   定住生活を始めると徐々に衰退していく
        _,/::::ヽ、.,ヽ., ___,く_ソ    __ノ
 _, 、 -― ''"...:::::::::\::::::::::::::::::::(    〔"ニ‐-、
/.::::::: ':、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::r  /⌒ヽ:::::: )
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V/..... ̄ ',::::|    一方、東ローマ帝国はアヴァール人とスラヴ人の間を裂こうと画策した
:::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〈 :::::::::::::::... ',::i
:::::::::::::::!::::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::ハ ::::::::::::::::::. ',







     ____
    / ⌒  ⌒  \
  ./( ―) ( ●)  \
  /::⌒(_人_)⌒:::::  |     そんなタイミングを見逃さない、抜け目のない人たちがいたんだお
  |    ー       .|
  \          /

873 : ◆NiVO3Ffeio:2014/01/05(日) 21:41:14 ID:hRkrOZ7M0

                __
              /     ヽ
             /     __,.ノ 、       7世紀末のバイエルン公とザルツブルク司教は、
              |      ( ●)(
               |      (__ノ`,      アヴァール人が弱体化して、
                |         ン′
              _ノ   `、     7       後ろ盾が無くなりつつあるスラヴ人への布教を成功させる
          ,イ:. ヽ、<ヽ,、___ ノ
    ,. -ーー -‐ ´:::::::::::::::::::::::::::::7
  /..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: く'、
. { :::::::::::::::::::::.ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. 、_       これによって、アヴァール人はこの地域で孤立する事になった
  '| ::::::::::::::::::::::..`、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::..`ヽ
  '| ::::::::::::::::::::::::::::i_::::::::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ::ゝ
   ト、:::/ / ̄`` ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!:::::::.ヽ
   `,ヘ ´:::::::::::::::::. ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::_,rー'、
    }:,∨ :::::::::::::::::: ト、:::::::::::::::::::::::::>< ̄\::..\
.    }:::∨::::::::::::::::、-''゙~ ̄ ̄ ̄ ̄:::::::::...\ ム:::::ヽ
     l::::∨ :::: /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,.、/...:::::::::ヽ}
    {::::::\,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/" ̄:::::::::::::::::::::::::ノ







..      ____
     / ―  -\
.  . /  (●)  (●)       最終的には、9世紀初頭カール大帝によってアヴァールは滅亡する事になるんだお
  /     (__人__) \
  |       ` ⌒´   |     カール大帝はフランス・ドイツ・イタリアを統一して、
.  \           /
.   ノ         \    西ローマ皇帝の冠をローマ教皇から授けられたんだお
 /´            ヽ

874 : ◆NiVO3Ffeio:2014/01/05(日) 21:42:03 ID:hRkrOZ7M0

                    -‐,コf7{{辷fリノヘ,
                  /  __{仏:'/:`¨:^三≧,
                   /:7://:::::::_:_彡'^¨⌒丶
                   /    }:厶:/::∠}厂     \ \       シタラバ辺境伯国が作られたのも、
               /  ____」水くフノ^´  .′    丶  . 、
                 /  /::/ 7::/∧:}   /, //! .     . }  l i     この時代という設定よぉ
             /   \V介{:し:ノ |十-Li     j/ }  ハ|
               /    // |:トf′  |i_」土z,\ ァィ/ / }
           //   // i |:| 丶  个i、 炒`  '仞/}}j/
  ‐= _     /    〈/   l |:|   `ト .   \    〉i{ {{         この時点ではシタラバの教会は、
     ̄≧=-く 、         八l」  l八 `¨⌒、_ ,イ八}}=-‐
 ___,≧ニニニ≧x )\ // ヘ  个ヘL,_    /厶'′         全部ザルツブルク司教区の管轄になるわね
二ニニニニニニニニニニ≧x彡'ヘ   「¨::7了f千{≦=―-
   _厶三ニニニニニ>=≦ヘ乙1  |:::/r介ハi| トく,⌒´
_ -=ニ=‐ァ=ニニニニ/::::::::::::::::::\)  l⌒レfじヘ |i:::::マ⌒ー ァ
ニ=-_厂/ニニニニ/ ::::::::::::::::::::::::::::ヽ, |  〈∧〉}八:::::\^´
// _,厶イ/ニ>'::::::::::::::::::::::::::::::::::::Vハ八/丁「/f刈〉::::::::〉
′_彡 7/八lト::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::Vヘ, 〉/ /`辷八::::::/
〃    / j八::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〉:::\ {  {  }}:::{
  /       介x:::::::::::::::::::::::::::::::;/:::::::::::::マハ_ } {じく\
  :      //  'ヘ:::__:::::::::::;厂:::::::::::::::::::::::\廴} ノ乂)) :.
  i/   /  八//〃介tx:/^、:::::::::::::::::::::::::::::::::⌒iリ:::「´  li
  |     :  { }/ ,:::{乂_)リハハx::::::::::::::::::::::::::::/仆i:ト  八,
  |\   ト . { / /::////:/   }ハ〉:::::::::::::::::::::く乂ノリ八ハ/   \
  |  丶 | \! /::〈/〈/:/    ,ノ::::::::::::::::::::::::::::::::{:{:::::::〉、     }

875 : ◆NiVO3Ffeio:2014/01/05(日) 21:42:41 ID:hRkrOZ7M0

           / ̄ ̄\
         /   _,ノ ヽ、_
          |    ( ●) (●)       こうしてハンガリーには強力な統一政権のない状態が100年ほど続くが、
.           |    (___人__)
           |     ` ⌒´ノ         今度はウラル系の遊牧民族マジャール人が侵入してきた
            .|        |
            人、       |        アヴァール人はモンゴロイドだったが、マジャール人はウラル系だからコーカソイドだろ
        ,イ:. ト、ヽ、 __ ,_ ノ
  ,. -ーー -‐ ´::::::::::::::::::::::::::::::::7
/..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト、
.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. \、_
::::::::::.\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..... ヽ
:::::::::::::..ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...ヘ
:::::::::::::::::::V:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |::
:::::::::::::::::イ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: l::
::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |:|







         ____
       /     \
.    /       \      この頃になると、カール大帝のカロリング朝はすっかり弱体化しているお
.  / /) ノ '  ヽ、 \
  | / .イ '(●) (●)  |    ゲルマン民族伝統の分割相続に切り込めず、、
.   /,'才.ミ). (__人__)  /
.   | ≧シ'  ` ⌒´   \     地方の貴族を纏められるような集権体制も作れなかった事が原因だお
 /\ ヽ          ヽ

876 : ◆NiVO3Ffeio:2014/01/05(日) 21:43:31 ID:hRkrOZ7M0

          '´ ̄ ̄`
            ′      i            このマジャール人を撃退したのが、初代神聖ローマ皇帝オットー1世だ
         |   ._.ノ|
         j:   (●){
      __/i、_   (_)=ミ
   ,=≦///j/∧ ヽ _.ノ////iヽ.            ___, -――,    だが、マジャール人の方もアヴァール人とは違う道を歩む
  ハV////!//∧、/NjヘV////i//7ーzzz/7///i'´.|  、_´( ̄
  //∧V///フ/,∧ VNV////i////////////∧/ー'、_..>'゙        オットー1世に敗れた後は拡大政策を止め、
 ////ヘV/∧V/,∧ V∧.///∧////∠>¨´
////////V//,ヽV/| o.Vへ、///|                     在住民族との混血化を進め、キリスト教も受け入れた
|///////.:::V////N   V//\/|
|////ヽ<.:.:.:.i/////,| o  \//z\
\V///∧__//////    . .:.::}////i
  \V//7./`ーvZ  o : :.:.:\_/                      こうして誕生したのがハンガリー王国だ
   \ト|Y    >ニ[ ̄],イ//j//|
      ̄ヽ、_>゙////7i///И//,
    /////V.///////////|//|
    V////|////////////ヽz′
     \///////>//////∧
       V/////i////////∧







       ____
     /      \
   /   ⌒   ⌒\        マジャール人やブルガール人の侵入を受けた結果、
 /   ( ●) ( ●)ヽ
 l      ⌒(__人__)⌒ |      バルカンのスラヴ人は他の地域のスラヴ人とは地理的に断絶する事になるんだお
 \     ` ⌒´   /
 /             ヽ

877 : ◆NiVO3Ffeio:2014/01/05(日) 21:44:11 ID:hRkrOZ7M0

                       >-テ=---:{ニ{@}ト,
                       , : ´ r辷::::::::::::::::::ゞz==彳
                    /  辷:::::::::::::::::::厶イ',.\\ヽ
                      /  辷::::::::::::::::テ//| l .|| i ヽ、ヽ.\
                   / .,:辷:::::::::::::テ 7/j | i .|| |  ',∨.Y.ハ       ここまでで一度、各国の宗教勢力を整理するわよぉ
                   .′.//t_:::::::::ri:}  |.| | ! i .|| |   | ! | |.|
                    i //{:r_フx::=x'   |.| i | | .|| |   } ! | jリ
                     / //r彡.'7八::|   !| |z=ミ|j_i. // .///
                 / // / / i  |j,  |ハ弋:::リ j_//j_///        バルカン半島に侵入したスラヴ人に対しては、
                   / // / / /!   | ヽ ハヾ、`′ { ヽ´彳
                / // / / /| ハ ヘ、 ヘ     冫 ',          まず東ローマ帝国が接触、
                ,イ // / / /  !    ', ハ``ヽ - ノ i | ハ
                //./ / / /  /i   ハ  ∧   イ',〃j /            ついでザルツブルク司教区が布教を開始したの
           /// / / / /  / .|∨   !ヽ-:<ニ x_ヽ i./
           //.イ / / / /  /  j ∧   .|':: :: :: :: :: ::.>xヽ、
      ,. イ 〃7 ./ / / /  /  //:::::∨ i:: :: :: :: :: :: :: :: :: Y ヽ、
`ー─ ' ´    {{  / / / /  /  //:::::::::::V !:: :: :: :: :: :: :: :: ::7ヽ  `ヽ、       その結果、スロベニアとクロアチアはカトリックに、
         ヾ .| ! { |  .|  //__:::>.ィ∨i:: :: :: :: :: :: :: :: ::ト、 ∨  \
             | .'| | | /:.| {イ>,.:::--==ヽ:: :: :: :: :: :: :: :: r≦ .V    \   セルビア以南は正教に改宗したわぁ
            V |りレ':: : |/イ<:::::::::::://::|:: :: :: :: :: :: :: :: ト='  |/|   jⅥ
            _}ヾ:: :: :: :: :: ヽ::::>x-:' <::::j:: :: :: :: :: :: :: ::.∧ミ==x j/|/
            ヽ:: :: :: :: :: :: :: \://:::::7:: :: :: :: :: :: :: :: ::∧ミ=、 }}
                 V:: :: :: ::_r--、::>-:.<:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::\}〃
             .':: :: :: :/    ヽ:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ヽrt  __
              7:: :: :: :.i       \ :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::ハ:: :: {::(>=≦:::)
             7:: :: :: : t        r':: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::∧:: :: ーiYiヾ=x
          r-、 /:: :: :: :: /         \:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :∧::::::/:|:ヘ',: \ヾ
        {:t-::/:: :: :: :: /       _,  〉:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::i:: 〈::::!::', ヽ ∧}}
     ___,>'´/:: :: :: :: /       /:: ヽ':: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ∧:: i:::| : ',:ハ ∧
     _,. イ:: :: :: :: : {     /:: :: :: :: > 、:: :: :: ::....:::::::/::./: :} : i-': : :i:: ::| .∧

878 : ◆NiVO3Ffeio:2014/01/05(日) 21:44:55 ID:hRkrOZ7M0

             / ̄ ̄\
             /  ヽ_  .\
            ( ●)( ●)  |      統一的な王国がなかったボスニアが、ちょうど両者の境界になり、
           (__人__)      |
            l` ⌒´    |       地域によってカトリック寄りだったり、正教寄りだったりで、はっきりしなくなるんだが、
           {         |
           {       /        この時点では東西教会は断絶していないから、大きな問題にはならなかっただろ
       _. -: ´Λ     _.へ` 、
      r<: : : : /:|: :、  ̄r'    \ :\_
    /: : :l : : : : : :\`IエL>、    >ヘ::Λ
    |: : : ト、: : : : : : : : : : : : : `ー/ : : V |
    〈: : : :::: _ -¬--―-、: : く:r 、: : : V }
    /: : :_ン´: : : : \ ,___, ィ ): : :`く : : : ヘ|
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄







 i:/ i:ィ::ヽ   | l i ! |  i   i i ! l 、 ヽ
 l:l_/!:レ'::〉 / | .li l ! |  |   l | ! |  |  ハ
./:/i トr‐i´ .!‐トl、! l ! |  |  / | ! |  |  | |        ボスニアの教会を管轄しているのは、
::/ .l |:| !  .l≡>≧l\   l .// レ// ./ .ハ.!
  | |:| ヽ |ヤ''{ fン}ヾミ ∨/ム一〈/ / / l|      ドゥブロヴニク司教区(カトリック)になるけど、
  | |:|  |ヾ、 `'~        ィtfソ7/,}/  " ,ィ
  | ヾ   |            `~ / /ィ|   //     作中年代の13世紀には、ここが政治的に微妙な場所になっているのよ
  .!    i\       __ ´  <"イ  l」 /.:::/.
   !   .ト、.,へ   ‘‐ ´  イ i ///.::.::./,─ァ
   .l   l::::::::二_> -、.<  ,|  !: : : : -- ―<_
ニニiハ  |:://7只ト、\ /:l  .ト、: : : : : : : : :‐-
:::::::::ヾ∧ |::\`´,イ |:L/厶ー:|  .!:::\ : : : : : : : :
:::::::::::::\ヘ/  ¨ i:!   ̄ .}:::::::::|  .!:::::::::ヽ : : : : : :

879 : ◆NiVO3Ffeio:2014/01/05(日) 21:45:32 ID:hRkrOZ7M0

                  / ̄ ̄\
                _ノ  ヽ、_   \       年代がジャンプすると混乱するから、
                (●)(● )    |
                  (__人___)    |      時系列順に行こう
                 |      u  |
                    |        .|         先に、シロッコのカプトル司教区の話だろ
                 ヽ 、     ,イ
                 /ヽ,ー-   ト、
          _, 、 -─ '".:.ヽ:.:.\__ /ノ ト、__
   __ ,. ー 、...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:....
   \ r 、 _ \:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::'ー、
     } }/ )  V::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
    /:ゝ/ ./ __  V ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i:.:.:.\
    }:::::ゝ ソ ,Y i::::::/::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:.:.:.:. \







     ____
   /      \
  /  ─    ─\       このお話では現代名のザグレブを使用しているけど、
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |      ザグレブはカプトルとグラデッツという2つの集落に分かれていて、
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |        1つの都市として統合されるのは19世紀に入ってからだお
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

880 : ◆NiVO3Ffeio:2014/01/05(日) 21:46:20 ID:hRkrOZ7M0

             / ̄ ̄\
           /   _,ノ `⌒
            |   .( ●)(●)
.             |    (___人__)     実際の歴史では、スロベニアは神聖ローマ帝国に組み込まれたから、
             |        ノ
              .|        |      それ程問題にはならなかった
              人、       |
          ,イ:. ト、ヽ、 __ ,_ ノ       クロアチアの方は、一応は独立した国という事になっているが、
    ,. -ーー -‐ ´:::::::::::::::::::::::::::::7
  /..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: く'、       ハンガリーの勢力が強くなると、その影響下に入っていた
. { :::::::::::::::::::::.ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. 、_
  '| ::::::::::::::::::::::..`、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::..`ヽ
  '| ::::::::::::::::::::::::::::i_::::::::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ::ゝ
   ト、:::/ / ̄`` ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!:::::::.ヽ
   `,ヘ ´:::::::::::::::::. ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::_,rー'、
    }:,∨ :::::::::::::::::: ト、:::::::::::::::::::::::::>< ̄\::..\
.    }:::∨::::::::::::::::、-''゙~ ̄ ̄ ̄ ̄:::::::::...\ ム:::::ヽ
     l::::∨ :::: /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,.、/...:::::::::ヽ}
    {::::::\,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/" ̄:::::::::::::::::::::::::ノ







                       _r=ァ=、ィfZァ、,、
                    ,  ´fフ:´-=_:三ー_ー^ヘ
                    / _r//'_ァ'='^ー'`´` ^ー\
                 /r=、ソィー'7´          ヽ
                 ハ L/イ| ヽヽ         ヽ  l     この辺りの歴史は、シタラバ辺境伯国も同じよ
                , ソ/ l ハレ´イ{ {   |{.   |  |  ハ
                //:/ ノj `´i |`ヽト 、 |:ヽ.   } , リ |!
               ハ:{/イ: {  小7テミト、 {ヽ!: / / /   l l
       ヽ._ヽー 、   / // |:. ヽ. { '赳ハ\ }:/_オメリ  イ/     スロベニアとクロアチアが1つの国になっているけど、
         ̄二ニヽヽ/ -ヘ、:.. l:...  lト\`    /ィ亙フ'´//′
 ヽ、_ _-ァ.:´__::.::.::.:ヽ::\  j:〉..:.l:...  l!      ,!  7´ |   /       国としての組織作りで遅れているから、
  _,._-ニ-ァ‐´ィ二;:-- 、::.::..`ヽ、..:∧:.. lト_、  ` ー  イ.: j|  /{ ノ′
‐ ´/´ /´ ̄´/::.::.::.::.::..‐.-_、::\:.ヽ:.. l::.::>ー<l!:..:.|:. リ‐//レ     ハンガリーが本気を出したら、とても適わなかったの
    /′  /-‐ァ::´::, ァ::/.::.: ̄:.`ヽト、.V/::}:ハ:{トヽ/!:. !:/‐'::/
      /´ /::.:/ノ/..::..::.::.::.::.::.:..:ヽヽヽ=l:| ト='イ-!: /::;∠ イ_

881 : ◆NiVO3Ffeio:2014/01/05(日) 21:47:02 ID:hRkrOZ7M0

             / ̄ ̄\
            /   _,.ノ  ヽ、_
            |    ( ●) (●)        そして、11世紀の終りにハンガリー王がカプトルに司教区を設置する
           |    (___人__)
            .|     ` ⌒´ノ       スロベニアとクロアチアが一つになっている、このお話の歴史では、
            |        |
              人、       |       ここで揉め事が起こる
           _,/(:::::ヽ、  __ ,_ ノ
   _, 、 -一 ''"::::::::::\ ::::::::::::::::::7、___   _______________
  /::::::::::::゙:':、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.../´ ヽ、,,,_____ノ
  ;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/   ヽ、 .} ̄)
 {;;;::::::::::::::::::::...v::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ'   、 ヽ_ノ  ̄
  ト:::ノ..:::::::::::::...:ヽ;;;;;:::::::::\::::::::::/(     r_ノ
  ヽ;;;;;;::::::::::::::::::....ヽ;;;;;;::::::::/⌒ヽ::::ヽ、y-ィ´|;;;;|
   ヽ;;;;;;;;::::::::::::::::丿ヽ;;;;/....:::::::;;;;;;;;;;::);;;:::::::|;;;;|







                  ,. -ー' 二二二 ー- 、
                 //: ̄__:::::::::::::::: ̄`:::ヽ
                 /〃'::::::/´ノ〉):_ノ_ノ::::::::::::::::::\
              //´::::::__,ィ:ゝ-':__,:::-──- 、::::::::::ヽ        つまり、こういう事よぉ
              /゙::::::::::/ ̄ ̄\ ヽ\  ヽ \::::::::ハ__
              !:::::::/ i     ヽ ', ヽ  \ ヽ>,仁》
           _ |::::ハ  ',      i }  ! !  ',<ノ||\
           《ニハ_ゞ、 \ \    ! ||  | |__ || l | \>
            ソ|| \\ \ \   | .从,ィ匕Lィ|| | | 〈´
                 | '、 \\,>≧ゝ, |/ /,ィヌニミ、|i | l  |
                ハ \  `卞代ツミ ヾ′   ''' / //   ト、     , --─.::´
        .`ヽ、  〈/|:} ヽ,\  \`¨´  、     / // /  l ヽ  /::::/::: ̄
     /:::;:ィ:::::\ //|  |\\, __>   - ´  イ!// /   !   ∨:::::::::':──-:::、
    . .. ::/::::ハ::::∨ム'〉 「`:::ゝ,\_ ≧ュ,fヽ_ .ィ─ヘ,ィ l   |l  /::::__::::\::: ̄`ヽ
    . .. .:. :::://__;/:::::|  |::::::::::ヘ   !:::::::l |::::ハ;:::::_:::::ヽl   l| 〈::::::::::\:::::\::::ヽ
    . ::/;::///::::::::::: ! / :::::::::::::} |::::::::l !/  ∨ }/::::/ / ハ`ゞ 、::::\\:::::ヾ
       ∨/!:::::::::::::::| /:::::::::::::::::| |::::ノ| ト-ーく /_」:::/ / /::::ヽ:::ヽ\:::ヽ \
       //|:::::::::::::::レ ::::::::::::::::::| |::_〉 }  ─ー、ヾ才/} /:::::::::::\:\\〉\
     ,// /ヘ:::::::::::::::::::::::::::::::::::! /:::〉ヘ!   ̄\ヽ)=::、/ /::::::::::::::::::::::::::\   `
    .// // 人::::::::::::::::::::::::::::::::|/::{ `入_  ゝ}_ソ/`´}/::::::::::::::::::::::::::::::::::}
   /´// / /|::::::::::::::::::::::::::::::::::(\__  ̄Z_r、_「| ノ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト、
    // /  // ヽ;__::::::::::/:::::::::::::::〔 ゝ,>、  _,ィ'7´}:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::! ゝ、
   .{′ /  //  / | |  ̄`斗、:::::::::::::::\r 、  Y  厶ノ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ   )

882 : ◆NiVO3Ffeio:2014/01/05(日) 21:47:29 ID:hRkrOZ7M0

      ./ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
      レ" ̄ ̄ ̄\ヽ  \
     /    ,, ,   ヾ`、 ヽ
.    /  /「「`ー' ̄ヽ   \  |
   /  ,イ ! |     \   Y
   |  ノ_      __i    |       これからは、ミクさんへの楽曲の提供は、
   |  l ≧ェr /≦ェr' Vヽ  l
   |  f|    !    |lj/   |       我々の公式ファンクラブを通してもらう
.   |! |!'┤  ヽゝ   ,ヶ ! ! j
    l  ト ヽ. 「._つ , | / ./ ツ       異論は認めん
    \ヾ ,へ.__/_,.ク〈 ./_/
       |ヘ\_/'  ├'
_,. -―√イ| V | (_ノ1  ノ)iー--、__,、__
べ’     ー1!r―‐' ̄       〃ー'\
  ヽ\       |||          /    ヽ







            /:::::::::::::::::::::::::::::彡≠ミ:::::::::::::::::::}
        \    {::::::::/⌒`¨¨¨¨´    ):::::::::::::(
       \\  }:::::ト、          _L;;;:::::::::::::}     ネギが課金オプション扱いというのは納得できません
        \ (:::::::i、:\      /:::イ:::::::::::/
           \\ヽ:::| ≫=ミ:、 x=≠≪´ |::::::::::;       我々はあくまでもフリーで活動します
        ‐-       Ⅵ{{ 弋刈_{{/イナ}}==}ァ'^V
    _ _ _     '人`ニ´ノ}弍`ニ´ノ  /j /
    ― ― ‐     {ハ`¨´ノ  `¨¨´ U r'_/
          -‐      、.,_  ヽ        ハ‐=、
          /        ーこ ヽ   / }ニ}_
          // / /   ∧      / /ニ{ :\
        /     / /  / 个 .,,___,.ィ /ニニニ}: : :.\
            -=ニ/: : :|ニトミニイニニニニ/ : : : : : }ニ=-
         -=ニ : : : : /: : : :|ニ|    |ニニニニ/ : : : : : : |: : : : : : : : : : ニ=-

883 : ◆NiVO3Ffeio:2014/01/05(日) 21:48:20 ID:hRkrOZ7M0

 >クライアントのハッキングは垢BAN対象だぞ

 >プレイの進行に支障がないツールの使用は認められるべきです





       ____
     /      \
   / ─    ─ \      …同じ神様を信じていても、
  / -=・=-   -=・=- \
  |      (__人__)  U  |    仲良くできるとは限らないんだお
  \     ` ⌒´     /





              ┌───────────────┐
              │                        │
              │    ┌─────────┐    │
              └──┼─────────┼──┘
                    │  ┌─────┐  │
                    └─┼─────┼─┘
                  └─────┘
                   ┌───┐
                   └───┘
                     ┌─┐
                     └─┘
                      □



       そしてこの辺の人達が、統治機構に組み込まれているのである

884 : ◆NiVO3Ffeio:2014/01/05(日) 21:49:07 ID:hRkrOZ7M0

                        □
                     ┌─┐
                     └─┘
                   ┌───┐
                   └───┘
                        ┌─────┐
                    ┌─┼─────┼─┐
                    │  └─────┘  │
              ┌──┼─────────┼──┐
              │    └─────────┘    │
              │                        │
              └───────────────┘





             / ̄ ̄\
            /   _,.ノ  ヽ、_
            |    ( ●) (●)        それじゃあ最後に、さっき飛ばした
           |    (___人__)
            .|     ` ⌒´ノ        ボスニアとドゥブロヴニクの説明だろ
            |        |
              人、       |
           _,/(:::::ヽ、  __ ,_ ノ
   _, 、 -一 ''"::::::::::\ ::::::::::::::::::7、___   _______________
  /::::::::::::゙:':、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.../´ ヽ、,,,_____ノ
  ;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/   ヽ、 .} ̄)
 {;;;::::::::::::::::::::...v::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ'   、 ヽ_ノ  ̄
  ト:::ノ..:::::::::::::...:ヽ;;;;;:::::::::\::::::::::/(     r_ノ
  ヽ;;;;;;::::::::::::::::::....ヽ;;;;;;::::::::/⌒ヽ::::ヽ、y-ィ´|;;;;|
   ヽ;;;;;;;;::::::::::::::::丿ヽ;;;;/....:::::::;;;;;;;;;;::);;;:::::::|;;;;|







 ドゥブロヴニク

   ダルマツィア海岸の南方の町で、アドリア海ではヴェネツィアに次ぐ交易都市
   名目上はハンガリー領(作中ではシタラバ領)になるが、実態は独立都市国家

   しかし、それ故にヴェネツィアに睨まれ、第4回十字軍の際にザラ市同様ヴェネツィアに征服される

   『紅の豚』の舞台になった街でもある

885 : ◆NiVO3Ffeio:2014/01/05(日) 21:50:09 ID:hRkrOZ7M0

////     //          ヾ    ヽヽ
  //     //          ミ     丶
  //     /    , z__        | l
  /        /´     `>     /
   l        /    ,、_,、  `ヽ          ミクサン     アイドル
         ム トlヽlノ  `ヘノl  }         キリスト以外の 聖人 を信仰したっていいじゃないか
          } j  __\|_j_∠ lハ j
         {⌒l | r──-、 l´`l
.           ヽハ | |___.ノノl.ノ
           l | r─‐一' .|
              ', l__l     /
            |`丶、 _, イ
         , </l    //`ヽ
       /  / |l__ / /  | `> ..,_
      /   7 レ:::ハ  /   <     `ヽ
      /   〈  lノ  /    /       }


        ドゥブロヴニク司教

         名目上はカトリックの司教だが、代々ボスニア人が就任し、
         カトリックと正教とスラヴ人の独自の風習が混ざったボスニアのキリスト教信仰を
         過激なカトリック信者の攻撃から守る盾となっている

         中世のボスニアのキリスト教は、アジア系の宗教の影響を受けていたという学説もあるくらいのカオス状態である

886 : ◆NiVO3Ffeio:2014/01/05(日) 21:50:56 ID:hRkrOZ7M0

 >アジア系の宗教って?

 >ひんぬー教とか72教のことですよ

 >…ヒンドゥー教にマニ教でしょう(ギリ





                    ●


                    ●


                    ●



                                           おしまい
関連記事
スポンサーサイト

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL http://daisanjisuper.blog.fc2.com/tb.php/757-7e2428ee

Preventry  Nextentry Allarchives

大惨事!!スーパーAA大戦α ( http://daisanjisuper.blog.fc2.com/ ) by 大惨事管理人