0512345678910111213141516171819202122232425262728293007

やる夫の中世騎士物語 番外編③

257 : ◆NiVO3Ffeio:2013/07/07(日) 21:01:06 ID:eFifPp.A

       ____
     /      \
   /   ⌒   ⌒\        今回のお話は、
 /   ( ●) ( ●)ヽ
 l      ⌒(__人__)⌒ |       地図を作ったので、その解説をするんだお
 \     ` ⌒´   /
 /             ヽ







                       _r=ァ=、ィfZァ、,、
                    ,  ´fフ:´-=_:三ー_ー^ヘ
                    / _r//'_ァ'='^ー'`´` ^ー\
                 /r=、ソィー'7´          ヽ
                 ハ L/イ| ヽヽ         ヽ  l
                , ソ/ l ハレ´イ{ {   |{.   |  |  ハ
                //:/ ノj `´i |`ヽト 、 |:ヽ.   } , リ |!      作った地図は、VIP村やシタラバの地図ではなくて、
               ハ:{/イ: {  小7テミト、 {ヽ!: / / /   l l
       ヽ._ヽー 、   / // |:. ヽ. { '赳ハ\ }:/_オメリ  イ/       パンノニア平原(ハンガリー平原)全体の地図よぉ
         ̄二ニヽヽ/ -ヘ、:.. l:...  lト\`    /ィ亙フ'´//′
 ヽ、_ _-ァ.:´__::.::.::.:ヽ::\  j:〉..:.l:...  l!      ,!  7´ |   /       だから、シタラバは隅っこで小さくなっているわ
  _,._-ニ-ァ‐´ィ二;:-- 、::.::..`ヽ、..:∧:.. lト_、  ` ー  イ.: j|  /{ ノ′
‐ ´/´ /´ ̄´/::.::.::.::.::..‐.-_、::\:.ヽ:.. l::.::>ー<l!:..:.|:. リ‐//レ
    /′  /-‐ァ::´::, ァ::/.::.: ̄:.`ヽト、.V/::}:ハ:{トヽ/!:. !:/‐'::/
      /´ /::.:/ノ/..::..::.::.::.::.::.:..:ヽヽヽ=l:| ト='イ-!: /::;∠ イ_



※パンノニアは、ハンガリー平原一帯の古代ローマ時代の呼び方です


258 : ◆NiVO3Ffeio:2013/07/07(日) 21:01:42 ID:eFifPp.A

     ____
   /      \         パンノニア平原は、四方を山脈に囲まれた肥沃な平原地帯
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \         引き篭もるには、最高の立地条件なんだお
|       (__人__)    |
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /







               __
             ―く`亡7ア
         / / イ ̄ ̄ ̄`ー-、
          / // / / i     \
         ′ ′\ / /  | | \ヽ
       | l|  | / レハ|  |l | ト、  l |
        | ||  |x≧ミ、| /ナ+メ,| | | |      それじゃあ早速地図の公開よぉ
        | |八  | ヒソ " l/ ィ==x'|│| |
         | |  \\~    ,    / | | |      題して、『パンノニア平原とドナウ水系の地図』よ
         | | | | ̄  、 __ ∠/ |ノ |
          | | | |'ヽ     . イノ|| | |
.        || | |ノ___≧ー≦ i/ /|| ||
        ,―|  | |::≪[=}≫L/ 厶l| |、|
.     /::  |  | ト-/∧ヽノ/ /::: | |:::\
    /:::::: n:::| 八 | 〈/  レ厶イ::::: | |::: ::\
.   ト、::: ::| |::|  | ̄>rf乞ミ-、|}〉:::: | |:::/:: 〉
    〉:::}::::rヘ_ト|  |  ):::ヾこン:::(|}〉:::: | |/::::  厶
   /:: 厂>'´ ̄广ー―ヘー―┴ァ-┴ヽ:::    \
  〈:: /:::::|   {     |    |-r―<::::::    〉


259 : ◆NiVO3Ffeio:2013/07/07(日) 21:02:08 ID:eFifPp.A

▲▲▲▲▲▲▲▲オーストリア▲▲  ▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲  ▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲
▲▲━━┓▲▲┏━┓▲▲     ▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲   ▲      ▲▲▲▲▲▲▲▲▲
▲▲▲▲┗━━┛▲┗━⑤        ▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲          ┏┓    ▲▲▲▲▲▲▲
▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲┗━━┓        ▲▲▲▲▲▲▲▲▲          ┏┛┗┓   ▲▲▲▲▲▲▲
▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲      ┗┓          ▲▲▲▲▲        ┏━━┛    ┗┓  ▲▲▲▲▲▲▲
▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲.    ┗━━━━┓                ┏┛            ┣━━▲▲▲▲▲▲
▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲            ┃                  ┏━┛             ┗┓   ▲▲▲▲▲▲
▲▲▲▲シュタイアーマルク▲▲               ④            ┏━┛                   ┗┓▲▲▲▲▲▲
▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲             ┏┛  ハンガリー    ┏┛                   ┗━┓▲▲▲▲
▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲               ┃           ┏┛                         ┗▲▲▲▲
▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲          バラトン湖┗┓ド      ┏┛                ▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲
▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲         ┏━┓  ┃ナ      ┗┓テ        ▲▲▲     ▲┏━━┓▲▲▲▲
▲▲▲▲▲▲▲▲▲ ━┓.      ┏┛┏┻┓┃ウ         ┃ ィ        ▲▲▲▲▲    ┃▲▲┗┓▲▲▲
▲▲▲▲▲▲▲. ━┓ . ┗┓.    ┗━┛  ┗┫川        ┃サ         ▲▲▲▲▲    ┃▲▲▲┗┛▲▲
▲▲スロベニア▲▲▲. ┗━━┫           ┏┛        ┏┛川         ▲▲▲▲▲┏━┛ ▲▲▲▲▲▲▲
▲▲▲▲ .③            ┗┓ドラーヴァ川 ┃          ┣━┓         ▲▲▲▲ ┃   .▲▲▲▲▲┃▲
  ▲▲▲▲━━┓ ②    ┗━┓     ┗┳┓      ┃  ┗━━━━━━┓▲.トランシルヴァニア ▲▲┏┓┃▲
   ▲▲▲    ┗━━┓     ┗━━━┓┃┗━━┓┃       マロシュ川 ┗━━━┛.   ┏━━┛┗┛▲
 ̄\ ▲▲. 中央クロアチア ┗┓   スラヴォニア   ┗┫      ┗┫              ▲▲▲▲▲▲┏┛▲▲▲▲▲▲
 /    ▲▲▲       ┗━┓           ┗━━━┓┗┓          ▲▲▲▲▲▲┃▲▲▲▲▲▲▲
 \ イストリア ,'ヽ▲▲▲▲      ┗━┓           ┗━┫           ▲▲▲▲▲▲.┗┓▲▲▲▲▲▲
  \   │ A\▲▲▲▲.      ┗━━━┓  ┏┓   ┗┓          ▲▲▲▲▲▲▲▲┃▲▲▲▲▲▲
    \/ h  │▲▲▲▲▲▲   サヴァ川 ┗━┛┃    ┏┻┓     ▲▲▲▲.        ┃
       ∪  │▲▲▲▲▲▲▲▲▲        ┗━━┛①┗┳━┓ ▲▲▲▲         ┃
           \.▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲              モ ┃⑥┗━┓┏┓←鉄門峡谷┃
            \ .▲▲▲▲▲▲ボスニア▲▲▲▲▲▲▲▲  ラ ┃    ▲┗┛┃          ┃   ブルガリア
            弋⑦  ▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲ ヴ┗┓ ▲▲▲ ┗┓        ┗┓
┐            \   ▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲ ァ ┃ ▲▲▲▲ ┗━━━━━┻━┓
イ\    アドリア海    \ ⑧▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲ 川┗┓▲▲▲▲      ドナウ川  ┗━━━
タ │             ∟石\▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲..┃▲▲▲▲
リ │                 \▲▲▲▲▲▲▲セルビア ▲▲▲▲▲▲ ┗┓▲▲▲▲
ア. │                  \▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲. ┃▲▲▲▲



①ベオグラード(現代のセルビアの首都)
②ザグレブ(現代のクロアチアの首都)
③リュブリャナ(現代のスロベニアの首都)
④ブダペスト(現代のハンガリーの首都)
⑤ウィーン(現代のオーストリアの首都)

⑥ブラニチェヴォ
⑦ザラ(ザダル)
⑧スプリト


260 : ◆NiVO3Ffeio:2013/07/07(日) 21:02:32 ID:eFifPp.A


〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓




                    やる夫の中世騎士物語     番外編




〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓


261 : ◆NiVO3Ffeio:2013/07/07(日) 21:02:54 ID:eFifPp.A

                    ,.. -―‐--――- 、
                    / ,.. -     -- 、\
                    / / ,. -     - 、 \\
                / / /         ヽ ヽ :.
                 / / /  /  ,  :.     ':,  ',          地図の解説に入る前に、
                   '  ' /  /   | |  |  |  :.  !  ! !
                    | l| |/ ' :l | |  |  l  |l| |  | |            この地域の歴史を簡単に解説しておくぞ
                    | i| |--|、 i| | |  | _ム斗| |  | |
                    | :| {_!ィ芹ミ、 リl从 ,ィチ=、l_」|  | |
                    | :| |:|、 ヒ::i:ソ    ヒ:i::ソ ' }/}  | !
                    | :|  jム     ,      从'  八           東欧は昔からアジア系遊牧民をはじめとする
                  , 八 l| l 、  ー 一   イ / /  |
              / :l :::. }:|  >     ィ  / /  l|          多くの民族の侵入を受けている
             ,    | , Ⅵ Yー 、`´,-‐、 ,  ,     :.
             /   /  } |イ:|  /r=、  /,  {     ,
               /   / ,ィ| |:::::::、/ィ介、∨::{  |::ヽ|   :.
           /   /,イ Ⅵ !::::::::/ / }! ヽ::::|  |::/ `ヽ、 ',       そうした民族は、まず豊かなコンスタンティノープルに向かい、
             /   // \ | |::::::/ /} Ⅵ }:::|  |:,   / }  :.
          /   , ,   ` | |:::〈_/::||、 /}=':: \ l|:{  /  |   ,      次に肥沃なパンノニア平原を目指す
            ,'   /r-- 、   , !::::::::::/'::∨||::::::::::::ヽ| '    .   ヽ
        /   ,' 7≧-`ヽ、}/:::::::::::{::::::::、l」::::::::::::::::Y!    }    ,
          /   / と_,. -ァ    `丶、::::::::::::::}:> ´ ̄`ヽ}    ヽ    :.
       ,   / / ィ´イ' ,.--、   `> ´     _ /     }    ,
        /   /  ーr-/ノ ̄>  ̄         , ´ `'ー-- 、___|  :  |







               . -─────- .
             ,  ',´            丶、
            /"/  ,  , ,      、      \
           /' /   / // ,     ヽ ヽ    ヽ
        / ' ,/  /〃 /イ .i| i !   |i  i      i
      / ,イ 〃 //,'  '"|  || | ∥ i. ||  | i    |        パンノニア平原からドイツへの玄関に当たるのがオーストリアじゃ
      〃7 /'  //..L ! !  !| ! |.!  | ||  | |    |
     / L./ !.._/ |! | `ト. !. |ヽ」」ム__」 ||  | |    !          こういった民族の襲撃から西欧を守る為の門番として設置されたのが、
         `' 爪  ト¬=ミ、 `ヾ ,.三 └.ル.」|  | |    |
      二 i | !  |! ゝ_ソ     ¬ ;¬ァ、|i ∥ |    |           オストマルク辺境伯領(後のオーストリア公領)だ
       ィ i | !  ||    '     ゞ'ノ ' !!  !) !    !
    r:、    i│!  fヽ.  、____    ,. ||  |! |    |
    ', '、   | | |  | ! |丶 `  ' ´  ,.ィi├||  |! | i  !
    ,ム `n /.│l  | ! ! i 〉:ー‐ '"i|│|│||  ||i !  !. l
   / ヽ、ヽ!. |! ! |  !.| | | リ    l|∥|│||  ||| |  |  |
  (⌒ヽ / ノ .|∥ ! ! ィ'´       丶 |│||  ||| |  |  |



※伯領と伯国は、どこかの国に所属する場合は「領」、しない場合は「国」で使い分けています


262 : ◆NiVO3Ffeio:2013/07/07(日) 21:03:40 ID:eFifPp.A

                _____
           ,. ‐'"´      `` 、
        , '´      ‐ 、     丶
       / ,       、\  丶、     \                    オストマルク辺境伯領を設置したのは、
        // / !.i i i 、  `、 ヽ  ト、       ヽ
      /./ ' 1∥∥!.ヽ.  ヽ `、 `、ヽ  \  ヽ                  フランク王国のカール大帝だ
     i イ  ! li |、 i ト ヽ  ヽ. 、   、 丶  ヽ  ヽ
     ','i イ! | i |ヽ ヽ丶ヽ丶ヽNト   、  \ 丶 丶ヽ
     i!!| ∥i! ト」! 丶.ヽンと"ー= ミ、  、   丶_ヽ  ヽ三二二ニ==
     !! レ'| i.| テェミ `` ,ィ元j''ラ ヽト   ト、   `ヾ、   ヽ、__ ュ        カール大帝は、フランス、ドイツ、イタリアを統一し、
        トi i.ヒ'」   └┴   i5、ヽ `、丶、   `` ‐-、._`丶  ``
         i!ヽ丶 '   _,    ,.イヘ ヽヽ  ヽ 丶       `` ‐ 、二      西ローマ帝国の滅亡(476年)以降の西欧の混乱に
          ! ヘ. `丶` ‐ ´,. '   iヘ ヽ. i ヽ  トミュ二 、        ``
          ', ',ヽヽ `T´ !    ヽヽ\ヽ \ヽ`` ‐-三三ニュ-、_           終止符を打った人物だ
            ヽ.ヽ冫ルソ'´! ,  ,.ィ入ヽ.\!  ヽト≡─‐- 二三三``ミ
          冫7 ./``  ' フ´ ,/ `ヽ`ミミ 、 ヽ 丶二三三ヽ‐三ミ
           / ./ /    / /       } 、 丶ヽ、 ``丶二ミ 、 `` 三
        _ / / ,/  __,/ /,ィ     ,ヘ ヘ、 丶`丶、  ``  、ミ   ヽ     そういった功績と政治的な駆け引きの結果として、
      ,ィメ ヘ∠广  ̄___  ,y'    /  ヽ 丶  丶ミ‐-、    ``‐、
     戊  ,㌧ ‐' ´    `ン    ∧    丶 ヽ   ヽ  ``丶          800年にローマ教皇から西ローマ帝国の帝冠を授与された
     ,レ'`'"´    ,.:ュ_  /    ,ヘ 丶    `丶ヽ   ヽ   ヽ``
    /      _,. '´`` ─/     イヾ 丶ヽ      `丶、 ヽ   ミ
.   /     , '丶、        ,イハヽ 丶 \丶       `` ‐-
   丶 -‐'"1    `` ‐- 、__,,イ ヽト ヽヽ丶\丶、         ``
         リ          〔 ト 丶i、ヽ!  丶丶-`丶、_
       i|             i ヽ  ヽ ヽ  `ト、 ``‐- `ニュ_







              __ __
         ,,.-‐'''"´ ´    `、丶、
       ,-'´,  ィ ,i  i .i ヽ ヾ、丶、ヽ、
       ./ / ,イ  i! ||i ll ヽ ヽ丶.ヽ 丶           しかし、ゲルマン民族の伝統の部族法にまでは踏み込めず、
      / ノ ,/ /!  ∥ |.l lヽ li. li  ,i.  l
    / ,イ! l l .l ,ハ.  lヽヽヽ li li   l i  l            せっかく統一された王国も分割相続により、
     | .l .i ll i. l l_ l、 l ゝヾヽ」‐、l!  ! .!  li
    ‐' l .l! l'´!_'  ´`  `ェ_  l  l! l.  l.l         細分化されてしまう
       l .K´,-ァテナ   '"ヤ'ニソヽl .l l ヽ .i l.l
       l  l、!` `'''´           l  lノ.i l l.l l
      l l.lヾ、    _        丿 ハ l. l .l.l.ト、   ⌒)
      l l l l丶、  !、`丶 , イ!/ /l l. l l l.l.l 丶、  )   こうして、権利を細分化された地方領主達とその代表の王様という、
        il! .l l l l ll丶--´ '´ .」フ' /l.l .l. 丶 l l.l.l 、_ノ
       i|.l! l. l l,l ll ,iゝ、,-''"´ ./ / l.l .l 丶 l. l.l.l       中世の封建社会が始まる
      ,i.l.l! l l .l! .l lノ!,r'´\  ./ / \、. ヽ、 丶l. l.l.l
      i.l l! l l .l /ィ´//l、ヽ〉ソ  /  / ヽ、丶  ヽ、.l.l
     i.l l! l lィ、 くィ´/l ll、ヽ/  / ./     ヽ,  ヽ、l.l


263 : ◆NiVO3Ffeio:2013/07/07(日) 21:04:28 ID:eFifPp.A

                  ,. -ー' 二二二 ー- 、
                 //: ̄__:::::::::::::::: ̄`:::ヽ
                 /〃'::::::/´ノ〉):_ノ_ノ::::::::::::::::::\
              //´::::::__,ィ:ゝ-':__,:::-──- 、::::::::::ヽ
              /゙::::::::::/ ̄ ̄\ ヽ\  ヽ \::::::::ハ__
              !:::::::/ i     ヽ ', ヽ  \ ヽ>,仁》                 ここまでは、実際の歴史の話よぉ
           _ |::::ハ  ',      i }  ! !  ',<ノ||\
           《ニハ_ゞ、 \ \    ! ||  | |__ || l | \>              そして、ここからは架空の歴史、
            ソ|| \\ \ \   | .从,ィ匕Lィ|| | | 〈´
                 | '、 \\,>≧ゝ, |/ /,ィヌニミ、|i | l  |               このお話の中の歴史よぉ
                ハ \  `卞代ツミ ヾ′   ''' / //   ト、     , --─.::´
        .`ヽ、  〈/|:} ヽ,\  \`¨´  、     / // /  l ヽ  /::::/::: ̄
     /:::;:ィ:::::\ //|  |\\, __>   - ´  イ!// /   !   ∨:::::::::':──-:::、
    . .. ::/::::ハ::::∨ム'〉 「`:::ゝ,\_ ≧ュ,fヽ_ .ィ─ヘ,ィ l   |l  /::::__::::\::: ̄`ヽ
    . .. .:. :::://__;/:::::|  |::::::::::ヘ   !:::::::l |::::ハ;:::::_:::::ヽl   l| 〈::::::::::\:::::\::::ヽ
    . ::/;::///::::::::::: ! / :::::::::::::} |::::::::l !/  ∨ }/::::/ / ハ`ゞ 、::::\\:::::ヾ
       ∨/!:::::::::::::::| /:::::::::::::::::| |::::ノ| ト-ーく /_」:::/ / /::::ヽ:::ヽ\:::ヽ \
       //|:::::::::::::::レ ::::::::::::::::::| |::_〉 }  ─ー、ヾ才/} /:::::::::::\:\\〉\
     ,// /ヘ:::::::::::::::::::::::::::::::::::! /:::〉ヘ!   ̄\ヽ)=::、/ /::::::::::::::::::::::::::\   `
    .// // 人::::::::::::::::::::::::::::::::|/::{ `入_  ゝ}_ソ/`´}/::::::::::::::::::::::::::::::::::}
   /´// / /|::::::::::::::::::::::::::::::::::(\__  ̄Z_r、_「| ノ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト、
    // /  // ヽ;__::::::::::/:::::::::::::::〔 ゝ,>、  _,ィ'7´}:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::! ゝ、
   .{′ /  //  / | |  ̄`斗、:::::::::::::::\r 、  Y  厶ノ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ   )







      ____
    /  ⌒  ^\
   /  ( ●)  (●)
 /  ::::::⌒(_人__)⌒ヽ       簡単に言うと、シタラバ辺境伯国の成り立ちの話だお
 |       |r┬-|   |
 \        `ー'´  /


264 : ◆NiVO3Ffeio:2013/07/07(日) 21:04:56 ID:eFifPp.A

             ,. -ュ,ニニ弌垳ト、
             /r'^ _rヘ-ヘ/^ヽr宀、
           /!7ト、7′ 〃    l ヽ ヽ
   、    / l//L」| ∧l | ! |l  | ! ヽ         まず、シタラバ辺境伯国というのは、
    |:l    / 〃 ||丁l トH、lV| |l  /l  } l |
    ヾヽ  / 〃 |l | l抔卞`ヽ{ /-ト/ //リ         クロアチアとスロベニアに跨る地域よ
 \  ヽ:∨ |」 /l| lトヽ ̄   レ'戎シ' / ′
⌒ヽ!ヽ._j\\ / 八 |ヽ   __ ' ∠r1=彳
::..::..::..::..::..`::..::ヽ/ ハ ヽ‐ >、  ,. イ| }::..`ヽ、
::..::..::..::. /⌒ヽ、ヽjノヽ.∨r 芥、/:./ /::..::..::.、\       地図の左下の方にあるスロベニア、中央クロアチア、
::..::..::.::./:.:.:.:.:.:.:.:.:ヾ⌒Tlヽ}l,ハ/-/ 〈::..::..::.`ヾ\ヽ
::..::../:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∨_ || ヽ:レ':.:ヽ::..::..::.くヽ.j      それに⑦、⑧と書かれている辺りまでの海岸線沿いを合わせた地域よ
::.r'´.:.:.:..::.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨_ ||ーrヘ.:.:、:.:.\ヽヽ:〉
仆、 :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ∨_l〉 ri心:.:',:.:.:.:.:ヽ}
′ \_.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ∨_ ゞ=仆ヽ.:.:_ノ
 ,   〉个、:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.∨_ l  }〉:.}'´
 |  く_/^ト、>:.∧:.:.:.:.:.:.:.:.:. ∨_リ 〈|:.ハ
 |  //:.:.:||:.:./ ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨┐r':.:{ 、ヽ
 !| //:.:.:.:||:./   }:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∨.:.:.:.| l |







        _-─―─- 、._
      ,-"´          \
     /              ヽ         元々はスラヴォニアもシタラバ領だったんだお
      /       _/::::::\_ヽ
    |         ::::::::::::::  ヽ        でも今は、スラヴォニアはハンガリー領なんだお
     l  u    ( ●)::::::::::( ●)
    ` 、        (__人_)  /        この辺りの事情は、また後で解説するお
      `ー,、_         /
      /  `''ー─‐─''"´\


265 : ◆NiVO3Ffeio:2013/07/07(日) 21:05:31 ID:eFifPp.A

                       _r=ァ=、ィfZァ、,、
                    ,  ´fフ:´-=_:三ー_ー^ヘ
                    / _r//'_ァ'='^ー'`´` ^ー\
                 /r=、ソィー'7´          ヽ
                 ハ L/イ| ヽヽ         ヽ  l       ローマ帝国時代のスロベニアは、
                , ソ/ l ハレ´イ{ {   |{.   |  |  ハ
                //:/ ノj `´i |`ヽト 、 |:ヽ.   } , リ |!      本国イタリアとドナウ川防衛ラインを結ぶ交通の要衝だったの
               ハ:{/イ: {  小7テミト、 {ヽ!: / / /   l l
       ヽ._ヽー 、   / // |:. ヽ. { '赳ハ\ }:/_オメリ  イ/
         ̄二ニヽヽ/ -ヘ、:.. l:...  lト\`    /ィ亙フ'´//′
 ヽ、_ _-ァ.:´__::.::.::.:ヽ::\  j:〉..:.l:...  l!      ,!  7´ |   /        でも、ゲルマン民族大移動の時代に略奪と破壊にあって、
  _,._-ニ-ァ‐´ィ二;:-- 、::.::..`ヽ、..:∧:.. lト_、  ` ー  イ.: j|  /{ ノ′
‐ ´/´ /´ ̄´/::.::.::.::.::..‐.-_、::\:.ヽ:.. l::.::>ー<l!:..:.|:. リ‐//レ         ローマ時代の繁栄は失われてしまったの
    /′  /-‐ァ::´::, ァ::/.::.: ̄:.`ヽト、.V/::}:ハ:{トヽ/!:. !:/‐'::/
      /´ /::.:/ノ/..::..::.::.::.::.::.:..:ヽヽヽ=l:| ト='イ-!: /::;∠ イ_







        ____
      /      \
     / ─    ─ \       その後、実際の歴史ではスラヴ系のスロベニア人が侵入して、
   /   (●)  (●)  \
   |      (__人__)     |      13世紀頃にはすっかり西欧型の封建領主になっているお
    \    ` ⌒´    ,/
    /⌒ヽ   ー‐    ィヽ         でも、このお話の中ではカール大帝の時代に、
   /      ,⊆ニ_ヽ、  |
  /    / r─--⊃、  |        イタリアへの蛮族の侵入を防ぐ為の防波堤として、シタラバ辺境伯領が設置されたんだお
  | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |


266 : ◆NiVO3Ffeio:2013/07/07(日) 21:06:12 ID:eFifPp.A

                        __,.ィ(rン
                       /7::::::メ⌒¬、、
       /             /  {:::イ /',  ',   ヽ
      〃              / / 「rフ〉 ム、ト、 }   } }       実際の歴史では、スロベニア、クロアチア共に、
      { 、             // ノi」ヘΛ弋チト、}ムイ,' }
.     ヽ`  .,_   ,..-一 ´ /   |:|:|ヘ._ゝ   ィヌイ ノ       独立した王国になった後、
        ` ー- .,_ __  ミ圭圭ミュ、」:ト|、}   ´< イ{
         /一 ´ /ィ圭圭圭У::::::. 丶>ー<'i ハ \      ベーラ3世の時代にハンガリー王国に吸収されているわ
        {   ≦彡圭圭圭ミ/:::::::::::::::::.VfL j }/  }  )
           / / 豸彡癶f::::::::::::::::::::::iイ77、  //
           / /  , イ /  人:::::::へ::::::ィ~`{(ソ /´
  _       / 彡圭{ i /  ハ:::|::::::::|:::..ヽ、ノ〉          このお話の中では、シタラバは
.    ヽ、____/∠圭ミ八 {´   / }::|::::::::|:::::::::::ノ、
     `一-´/  /  )'     i::|::::::::|::::::::/ヽ \         ベーラ3世の時代にスラヴォニアを奪われているのよ
        /  /|       {:::>::|::::::::|:::::::{   \\
       /  /  \    /..::::/:::::::∧:::::::...、  )ノ







     / ̄ ̄ ̄ \  ホジホジ
   / ―   ― \
  /   (●)  (●)  \           ベーラ3世は、中世ハンガリー王国の最盛期を築いた名君だお
  |     (__人__)      |
  \   mj |⌒´     /           欠点は遺伝子が仕事をしなかったことだお
     〈__ノ
    ノ   ノ







        ノ´⌒ヽ,,
    γ⌒´      ヽ,
   // ""⌒⌒\  )
    i /   \  / ヽ )∩           スラヴォニアは、シタラバがハンガリーから盗んだと思われても仕方ない
    !゙   (- )` ´( -)i/ ( ")
    |     (__人_)  |ノ /  キリッ
   \    `ー'  / /
    /         /
    |  |      |
    ヽ__)      |
     |      /
     |  | ̄|  |


267 : ◆NiVO3Ffeio:2013/07/07(日) 21:07:02 ID:eFifPp.A

                      , - ' ´孑ヌ -` : 、
                   /j⌒__{ 辷杉'r' ̄ヽ-ヽ
                    ,:'イ ,::  r--t____, 、  t::.. ヘ
                 /i , _r' ̄        ゝ'´Y `Y         スラヴォニアはシタラバを支えていた穀倉地帯よ
               _,.--}〃/  '    /!'   }|   !廴ヾ}
                 Y::>'´ィ:::}| | { i / }|.| ., /}| /イ }  }:ヽ        それを奪われたのだから、シタラバは大きな打撃を受けたわ
             _  zV/:/:::/.{ i ===x. j |/イ.x===/  リ::::ハ
         r≦´<./`/:::/ 八 Vi {゚::リヽ  '´{゚:::リ〃 ./::_:::/
         彳   /   /´ !  | \ヘ `¨   ,   `¨厶イ/{:{ヾ.',
             , '   ≠/ {  {',  ヽ     , 、   / { i:| |:|   ,
           /   /'  ハ ヾ、  {:> .  . <:{∧{ i | |  ∧
        /  // /  ∧ V\ V:ノヽ 孑 'ハ_,、!:::ヘ-:| | ',、 }',
          / //  /  〈  ヽ ∨ \  / j}、ヽi}⌒イ :り!∧V} ',
        ./// ,:'  ./   {_, : ´ \  Y{ ヾ:/><ニニニ≦ } ',}.ト, ',
       /,'/ ィ'  ./   /      r ∨{r===t_j⌒ー'´ヽ>リ Vハ
      .{,'< / /./   〈   , -- 、_:. ::{ 7、  ヽ  〈薔〉   }{ヘ! }
        |   ./ /./    ヽ   r==x i  Y__,.、   V 7 /_ノリ }7
         ./ / ,′ , イ   /フY    T     ー─-vィ / /∧
       7 ,' {   ,:'./ , '〈:/ }::',    |ヘ -:::::::::::::' r≦::::ヽ: }   i .∧
       | ' | ' / / ノ/}/     ! j:ヽ      ヾ≠i∨',::i   |   }
       |,′ .!/ i / r彳 //!    |//Y        r/ };i ',:ヾ:/!   .'
       |    |  j /    ヾ' !     | {_j          ヽ//  /







        ____
      /      \
  o ○ o´  _ノ  ヽ、_ `o ○ o         そして、スラヴォニアとシタラバのちょうど国境沿いにあるのが、ワゴン領だお
.。゚   / o゚/⌒)  ((<))゚o\   ゚ 。
    | 0 / /(__人__)'  0 |             スラヴォニアがハンガリー領になった結果、ウチの実家は最前線になってしまったんだお
    \ / /  `― '     /


268 : ◆NiVO3Ffeio:2013/07/07(日) 21:07:30 ID:eFifPp.A

      / ̄\
      .|    | _
      \_.人   \
      ./::::::::::::   .  \               お客さん、スラヴォニア産の小麦入荷してますよ
      /:::::\:::::/:::   . ヽ
      |:::=・=::::: =・=::::   |                 量が少ないので、お値段は少々張ってしまいますが…
      |:::::(__人__)    /
      \::::::::::::::::::::::   \              いやぁ、私も心苦しいのですが、全部ハンガリーがいけないのですよ(棒
      / ⌒ ):::::::::::::::::::::  |
       し: ̄::::::::::::::::::::(⌒ )
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄







          ___
        /     \
        /  _ノ  ヽ、_ \                   さいぜんせんのりょうちはじごくだお(棒
      /  /⌒)   ‐=・=- \
     |::::::::/ /(__人__):::::::::::::|   (, こ ┼'っ l, |
     \:/ /:::::トェェェイ`::::::::/         l     ノ
          `―‐'



※スラヴォニアは、現在ハンガリー王の直轄領です
  ハンガリー王アンドラーシュ2世は、即位後ロシア遠征に執心していたので、シタラバ側は平和でした

  統制の取れないハンガリー貴族による侵入は、ドラーヴァ川沿いの中央クロアチア側に限定されます
  ワゴン領はサヴァ川沿いになるので、実に美味しい立地条件でした

  また、ハンガリー貴族が国内で内ゲバを繰り広げていられるのも、
  最前線のスラヴォニアの防衛を王家が担っているから、という理由もあります


269 : ◆NiVO3Ffeio:2013/07/07(日) 21:09:01 ID:eFifPp.A

               __
             ―く`亡7ア
         / / イ ̄ ̄ ̄`ー-、
          / // / / i     \
         ′ ′\ / /  | | \ヽ
       | l|  | / レハ|  |l | ト、  l |         じゃあ、地図の説明に移るわぁ
        | ||  |x≧ミ、| /ナ+メ,| | | |
        | |八  | ヒソ " l/ ィ==x'|│| |           でも、その前にひとつ覚えておいて欲しいのが、
         | |  \\~    ,    / | | |
         | | | | ̄  、 __ ∠/ |ノ |         中世の場合、川=街道ということよぉ
          | | | |'ヽ     . イノ|| | |
.        || | |ノ___≧ー≦ i/ /|| ||
        ,―|  | |::≪[=}≫L/ 厶l| |、|
.     /::  |  | ト-/∧ヽノ/ /::: | |:::\        そこら中に地方領主がいて、勝手に法律を作っていたから、
    /:::::: n:::| 八 | 〈/  レ厶イ::::: | |::: ::\
.   ト、::: ::| |::|  | ̄>rf乞ミ-、|}〉:::: | |:::/:: 〉     国を横断するような街道は誰も作れなかったの
    〉:::}::::rヘ_ト|  |  ):::ヾこン:::(|}〉:::: | |/::::  厶
   /:: 厂>'´ ̄广ー―ヘー―┴ァ-┴ヽ:::    \
  〈:: /:::::|   {     |    |-r―<::::::    〉







        ____
      /      \
     / ─    ─ \        川=幹線道路と考えた場合、
   /   (●)  (●)  \
   |      (__人__)     |       ①のベオグラードが、いかに恵まれた立地条件か、分かってもらえると思うお
    \    ` ⌒´    ,/
    /⌒ヽ   ー‐    ィヽ         現在は、ハンガリー王国が抑えているお
   /      ,⊆ニ_ヽ、  |
  /    / r─--⊃、  |
  | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |


270 : ◆NiVO3Ffeio:2013/07/07(日) 21:09:31 ID:eFifPp.A

               ,,,_
            ∠てYフ大>、_
          //イ⌒⌒   `丶
         rくL/∠. /      ヽ  丶
         ゝ..水、j} i |   ヽ  i  、 ヽ
         }71|¨´| l、 i i i  i, |l l ト          そのすぐ右にある⑥がブラニチェヴォ
         ,j:| |:|丶. ト、|へト. l l  从リ,i i !
        /|:| |:| . ヽ|弋j下ヽリ}ィテ}/.}ル             ここまでがブルガリア領よ
          / ` "ヘ\\     ,  彡ル |
       /   /∧ ト_、  ー__‐'/ .{ |
    、_/{  { /ムハ l  >z<ム} レ
 _> ̄   ̄ ̄/: : : ヘ Vく/7水{ソ j l、: :ヽ          ブルガリアはハンガリーと手を組む時、
  >     /: : : : : : :ヽヘ ´ |:|Vヘ/// ∨: :ヽ
<_/   .{: : : : : : : : : ヽY j」厂レハ {/!/: :ヽ         ベオグラードは譲ったけど、ブラニチェヴォは手元に残したの
  ∠.. イ ィ/ゝ: : : : : :ノ: : : \ 〈Yフi}: }r//}: : /
     レ1′ | | ヘ: : : :'、: : : : : :\、V ノノ: :'r':/
      l | 、 トl、トヘ: : : :\:__: ィ-‐< ヘ__ノ´
      'i ト ヽ    ヽ: : : : :「 L  ゝ フ {           パンノニア平原に侵入するには、難所の鉄門峡谷を越えないといけないから、
       ゙ヽヽi     「 ̄ |  ̄{ ⌒ゝ コ ト 、
            .イ: : : :> フ_ フ 、{┴く⌒ヽ        ブラニチェヴォを橋頭堡として残したという事は、
            //: : : :/: : : : : :⌒<コエ>ェ、jェ7
        /: :/: : : : :∧: : : : : : : : :厂 {ソ⌒ヽ:::::`ヽ   ブルガリアに余裕ができれば、再度侵攻するという意思表示ね
       /: : : /: : : : /: :∧: : : : : : <  「ソ:::::::::::}:::::::::::}
        /: : : :,: : : : /: : /: ヘ: : : : : : }jノ´::::::::::::/:::::::::::|
.      /: : : : i: : :/: : イ: : : ヘ: : : : 〃::::::::::::::;イ:::::::::::::|
      i: : : : : i:/: /ヘ|: : : : : \://:::::::::::::::/-l:::::::::::::|







       ____
      /      \
     / ⌒  ⌒   \         ブルガリアとハンガリーが同盟関係にある以上、
   /  (ー) (ー) /^ヽ
  |   (__人__)( /   〉|        ブルガリアの矛先は自然とセルビアに向くから、水面下では足の引っ張り合いだお
  \   ` ⌒´  〈 / ⌒^ヽ
―――――――― \ _ _ _ )


271 : ◆NiVO3Ffeio:2013/07/07(日) 21:10:09 ID:eFifPp.A

                       _r=ァ=、ィfZァ、,、
                    ,  ´fフ:´-=_:三ー_ー^ヘ
                    / _r//'_ァ'='^ー'`´` ^ー\
                 /r=、ソィー'7´          ヽ        じゃあ、次は②と③の説明ね
                 ハ L/イ| ヽヽ         ヽ  l
                , ソ/ l ハレ´イ{ {   |{.   |  |  ハ        いよいよ、シタラバの番よぉ
                //:/ ノj `´i |`ヽト 、 |:ヽ.   } , リ |!
               ハ:{/イ: {  小7テミト、 {ヽ!: / / /   l l
       ヽ._ヽー 、   / // |:. ヽ. { '赳ハ\ }:/_オメリ  イ/
         ̄二ニヽヽ/ -ヘ、:.. l:...  lト\`    /ィ亙フ'´//′
 ヽ、_ _-ァ.:´__::.::.::.:ヽ::\  j:〉..:.l:...  l!      ,!  7´ |   /
  _,._-ニ-ァ‐´ィ二;:-- 、::.::..`ヽ、..:∧:.. lト_、  ` ー  イ.: j|  /{ ノ′
‐ ´/´ /´ ̄´/::.::.::.::.::..‐.-_、::\:.ヽ:.. l::.::>ー<l!:..:.|:. リ‐//レ
    /′  /-‐ァ::´::, ァ::/.::.: ̄:.`ヽト、.V/::}:ハ:{トヽ/!:. !:/‐'::/
      /´ /::.:/ノ/..::..::.::.::.::.::.:..:ヽヽヽ=l:| ト='イ-!: /::;∠ イ_







     ____
   /      \           ②がクロアチアの首都のザグレブで、
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \           ③がVIP村のモデルになったスロベニアの首都リュブリャナだお
|       (__人__)    |
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /


272 : ◆NiVO3Ffeio:2013/07/07(日) 21:10:34 ID:eFifPp.A

          ,. -─=ニ_ー- 、          /!      _,. - ァ   ,ィ
         / ヽ ヽ.   _≧、マ>_        /リ    / //  _//             この時代には
         /  l ! l ! }ヽ ((._ィ个、_)).      // ,イ / /ル'^ '´-‐ニ7
        / /   j l j L.j  !   i | ヽ ヽ  / / / レ' //  -─-ニ-'               既にザグレブという地名はあったけど、
     /i !   /ィ´ |/,.ィ |  〃| l ヽ ヽ./ / レ'/    _,. --─‐‐‐一'ニ=-
      / | い  / ノ,ィ(ぅノ !  / ヽ! j  }  / /       --──‐‐‐z... 二ニ ー- 、_       まだ町の名前にはなっていなかったようね
    i | l トト、i{   ー'′/ ,1   / /!ノ  /             ニ_二ニ==---`ヽ
     l ハ ヽく,.ィr,、    ∠ '´ j  /1/i l //                \_
     \ヽヽヽヾ   /   /   /-ト/ /                  _,.=- ニー- 、_
       メ T ヽ、 ´   /  ∠-┴ 、    _,..ニ二._ー-=.z─-=ニ ̄``ー    ̄ ̄      13世紀現在、ザグレブには
      {  |   /l> 、._/ ,.イ二=--  \-r-─弋´ \`ヽ
      l ハ.| / il  / / /       ヾ    ヽ   \                      カプトルとグラデッツという丘を中心に
      ヽ弋 i  l_メ,ィ´ /  ィニT ー 、   〉    ヽ    \
        | |iト 'て乂! ヽ 〈〈_,ノ 「!> 〉 ./ ヽ   ヽ   ヽ \                  2つの集落が形成されているわ
        | iハヽ/  \ヽ/1-く !ヽヽ,イヽ  ヽ   ヽ    ヽ. ヽ
        | |!,.イ! /   ヽi {   l | i | l ヽ  ヽ    ト、   ヽ ヽ.
        l ハ /      `i   ゝ i | l ト、 !   i    l ヽ   ヽ ヽ
        ヽ,ハヽ       !     l ヽ、い   l   l  ',   ト、 い                そしてカプトルの司教がシロッコで
        {ヽ,クい       l     ',\ ハトi  l    l   !     iヽい
         ` Tl1 !    __r--〉〉    ', ヽi i  l   l  l    l  い               グラデッツの領主がシタラバ伯家よ
             |{/い,ィ二-→∠ィニヽ、  〉    l  l  j  トi     l   ! }
          《! i  / 7¬1トヽ 「` `弋  ヽl  l  / ト! li   j  i l
           》、/ /  / /!i 〉.〉  \ !   i|  j /  !リ }}   /  ,リ
          {i>'/  r' -y /YT     l    l /,イ!  |!  l   /  〃             だから、カツヒコの結婚には
          / / , / └ト-! !     ヽ  ! /ハj / ヽ/ /  /
       _/__,.//  __   | !      \// l / /  メr'                   ザグレブをひとつに纏める意味もあるの
     /-─   ,ィ7´`┘ Lr 、 | !         \l./.イ!  i |
    //     /       └| !          `ヽ!l.._i |







     / ̄ ̄ ̄ \  ホジホジ
   / ―   ― \
  /   (●)  (●)  \        ハンガリー派とオーストリア派の橋渡しとなり、ザグレブもひとつに纏まる
  |     (__人__)      |
  \   mj |⌒´     /        誰もゴネなければ、実にWin-Winな良縁だお
     〈__ノ
    ノ   ノ                  誰もゴネなければ…


273 : ◆NiVO3Ffeio:2013/07/07(日) 21:11:20 ID:eFifPp.A

          /:::::::::::/::::..::::―― 、:::::::::::::::::::::::::ハ:::::::::::::ハ
         /:::::::::::::{ /_.. ― ´ ̄__ヽ::::::::::::::::::::::ハ====',
       /:::::::::::,ニ=イ _.r= " ̄ ̄ V::::::::::::::::::::ハ:::::::::::::::ハ
         {:::::::::::.′ ィ,@´   r===ミV::::::::::::::::::ハ::::::::::::::ハ
        }:::::::::}= ''            V::::::::::::::::::ハ:::::::::::::::.ハ
         i::::::::ム r=、             }::::::'::::::::::::1::::::::::::::::ハ          オーストリア派の騎士で見所のある者をスカウトしましたわ
         |:::::::::ハ          ハ丐㍉',:::|:::::::.|::::::::::::::::ハ
         |:::::::::::∧  行、        {心  }}::::1:::::::::::1、:::::::::::::::ハ         是非カツヒコ様の幕下にお加えください
         |:::::::::::{ ヽ. トrハ      弋オりハ::::}::::::::::::} 〕:::::::::.}:::::ハ
         |:::::::::::|  ハ 乂}      ¨¨´}::|::/|::::::::/イ:::::::::::|::::.ハ         必ずやお役に立つ人物ですわ
         |:::::::::::| ./:::ハ ¨,        从{ 1从/ /:::::::::::::.1::::::::ハ
         |:::::::::::|/::::/ニ', 、  ___,          / .′:::::::::::|:::::::::ハ
       ヽ:::::::{'/ '  _ゝ、  ゞノ    /  .{ /:::::::::::::::::/:::::::::::::.ハ
         `V::{ i'  〃/:::::::ー  ._. ィ´  ┌┘:::::::::::::::::/::::::::::::::::::ハ
         /::イ |  { /:::::::::::乙   } _Z〕 /:::::::::::::::./::::::::::::::::::::::.ハ
           /::::/|.|  レ::::::::::::::::::〉「マ-┤ / /:::::::::::::::::/ヽ:::::::::::::::::::::::ハ
.          /::::/ 1j /:::::::::::::::/}i }  / . - '/::::::::::::::::/  \::::::::::::::::::.ハ
         /::::/  {.{/:::::::::::./  リ_. ´   /::::::::::::::::/     \‐ 、:::::::i}
     _∠.´/  ./:::::::::// _.. ´    /:::::::::::::./         } `ヽ、:1
    /   '   /{___/ ././    _..''/:::::::::::/           | /ノ::|
   〃      ∧ /  /    / /::::::::/   ,         , ニ‐'{:::::|
   { {     /  \/    /  /::::/    }/  _ ― ニ ´  /:::::i|
   ヘヘ    {     ,}__   /    /_ノ_ ‐ ニニ ―  ̄    /:::::::1|
   ヽヽ   ハ  ./ /  ̄`ヽニニ/ /―‐ ´              ./:::::::::.|.|
   /::\\∧  {_/     〉 /_/                    /::::::::::::1|
.   /:::::::::::::y /_`ェ' |`}   /  / /                {:::::::::::::::|.|
  /:::::::::::::/ /::| | 1 ハ  /   / /                    {:::::::::::::::|.|







       /::: :,、: : ::| `ヽ、: : : : : : ::/ i: : : : :,、: :}
         {::: : { ヽ: : :i   ヽ: : : : ::/  l: : :/ {: : :}
         |::: : :ゝ \|    ヽ:::::/   //  ヽ:::l
        |::: ::/. ヽ、   、  V  / ´ ノ / i:::|
         ヽ、l `ヾ、` 、 ヾヽ、、 /_, ',,, '.  l:/       カグヤ様に頭を下げられてしまっては、
       / ヽ ```エェヾ'`、;ヾf=≠ェヶヤ´,  i´}
       ヘ iヽ   ` ̄ ̄´`ゞ::i ″゙二 ̄   / /       是非もありません
        ヽ、\      ´  :|::     /::/ /
          `|          |:::    /::/ン'         この命、お預け致す
          ,ト、.        _ |:     イ
           / |:.\    ___   /ヽ、
            |\|:::::ヽ  '´ - ― - ` / lノi
       _ ,,‐|  `' 、ヽ       / /  |、_
_ _ , - ‐ '  {.{.{     >ヽ , _ _ ,イヽ、   |ヽ} ` ー - _
        ハ \   { `ヽ:: ::∥∥:: :: /   / /

    「奇跡のトウドウ」こと、キョウシロウ・トウドウ


274 : ◆NiVO3Ffeio:2013/07/07(日) 21:11:47 ID:eFifPp.A

: :ゝ'ニヽ: : 'ィ: : /ィ: : : : : : : : /`゙´ '--- 、ニィヽ,、: : : : : : : : ij.V'w':
: : : : : : : : : :.ィr'゙´: : : : : : ヽ、; ; ; ; ; ;, へ__,、: ヽj: : : : : : : : : : : : : :       カツヒコ様の判断ならばともかく、
: : : : : : : : : : )': :,ヽ-'ヽ: : : : :)ノ; ;;/>二ヽヽ: : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : ,ィ,_,{´` f゙´`´: : : : (' ' ', ,>'∠.ゞ'>';.(: : : : : : : : : : : : : : : :       後ろにシロッコがいる以上、
: : : : lVV,、 ヽ-ゝtヽノ,,,=ニ/.i ヘ; ; ; ; ; , , ' ;ゝノ_: : : : : : : : : : : :
: : : : l jヽjヾ` ヽ: : :.l /_/ニ '¨ ' .l _j; ; ; ; ; ; ヽ ;゙ヘてヽjヽlレ._ノノ: : : :       この人事は小生の軍権を掣肘しようという布石か?
: : : : ヽ: : : : : : : : : ハ    /  ,l n ; ; ; ; ; ; ; ; ; lソゝ--,/゙/,,//: :
j: : : :ヾ: : : : : : : : : : ヘ  /   , -===.、ヽ ; ; l<´: : : : : ' ヽl: : : :
,ii ,、: : : : : : : : : : : : ∧   、 ..f.'´;; ;; ;; ;;.ヘ  ; ;.lハ: : : : ___: : : :
ヽ f: : : : : : : : ,、‐'ィ / 丶   丶l;;f ̄ .__.ゝ┘ ; ;j ハ´ ̄; ; ; ; ; ;\; ;
: : : : : : : : :.l'' ,, f´: : ;ヽ- ヽ   ヽ‐ニ´─.'   ;/; ; ハヽ; ; ; ; ; ; ; ; ;ヽ
: : : : : : : :ヽ.f .l l: : : : : : : ヘヽ   .'      ./; ; ; ;lハ .); ; ; ; ; ; ; ; ;
: : : : : : : : 、 : : : : : ,-- ' .ヘ > .、  _.>'; ; /; ; ; ;ゝ ' ' ' ' ' ' ' ; ;
: : : : : : : : `: : : : /' ' ' ' ' ; ; ;ト.、  、`¨; ; ; ; ; /; ; ; ;/        /; ;
: : : : : : : : : : : :/     ; ; ;l; ; ヽ ヽ  ; ; ;/; ; ; /      /; ; ; ;
: : : : : : : : : : /      , ; ; ;l; ; ; ;ヽ .ヽ   ノ; ; ;./      /; ; ;/

※シロッコが政略結婚を成功させた事で、カツヒコにとっての与党から野党に転落した人







.      -=彡: : : : : : : : : : : : : :/   ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ: : : l
        /: : : : : : : : : : : l: : :l :|    |: :l: :ヽ : : ト: : : : : : :、: : : ∧: :|
.     /: :イ : : : : : : :l: :l : l: : :l :|    |: :| : : l: : :| ハ: : : : : :‘,: : : ,|
.    /.://: : :/.: : : : :l: :l 从.: :l :|    | 伝斗!T:7 |: : l: : : : :', : : :l: |
    レ  /: : :/ : : : : 八:ム===-!.:|    |: j j/レ l/   |: : | : : : : ト : : !.:|      残念、それを企んでいるのは私でしたw
      l: : :/ : :l: : : : : lヾ \ヽ ∧    リ  彡=ミx|: : |: : : : ハ l : l: |
      l: :/l : : |: : : : : ト x ==ミ           从/: / :∧j | :/: |
      l: {∧ 八 : : : : :∨                   厶/: / :/: l }ノ:': : :|
     ∨  \{\: : : : :\      j         イ :/: /: : |.: : : : :.|
.              ヽ : : : : \     `          厶イ.:.: :.|.: : : : :.|
                トハー --`  _  .  -‐     /| : : : |.: : : : :.|
                |: 圦          __,      /. | : : : |.: : : : :.|
                |: : : :`: .               イ  | : : : |.: : : : :.|
                | : : : : l : >         /   | : : : |.: : : : :.|
                | : : : : | : : : : : i`  __ イ       | : : : |.: : : : :.|
        _      l : : : : | : : : : : |           | : : : |_.:>ァ┴ 'フヽ
      /    ` ̄、/: : : : : |_: : : : : |           | : : : | /.:厶イ
.     /       {: l: : : : :|∧  ̄           | : : : |<


275 : ◆NiVO3Ffeio:2013/07/07(日) 21:12:12 ID:eFifPp.A

.  / ′    /  /   ,{ ト≠イ      い
  ,」 /     /  ,i   //,j }   } }   l  i }           スザク君が活躍したおかげで、
/ V     i,′,イ」 /// } ,′ /ム  |  lく
  {!     { {frkl/メく ノ' ィナ云__}i }  ト、ヽ          オーストリア派の若者にもチャンスが与えられるようになった
  以     ' !{ ̄{く   / ' `ー气7 /  ,′ヽヽ
    } ! !   トト|       {     /イ //     vハ         ここまでは良い
    リ ハ  }      }     / イ'       い
   ( ( 从小、  ー──‐   .イi {      } }
  / 小{ 'く  \ ` ̄ ̄´ /从rく      / ,′
`く    {!  ヽ、__ ヽ、  / /  } } \   / /
丶丶   vハ  /  7'⌒¨´{Tヽ. //    '  / / ̄
  ヽ ヽ.  Vハ/   /    }}  V/     V /







                     / /  /  / /        ` ,  }   ハ
                    /  / /   /ノ /   / /  /    、   ,
                      l  // /  /´ /    / ト、_j1 l ,   V   ,       だが、そういった若者達はギンガナム家と誼を通じ、
                    | /,'  /  / / /  /! / j   ! | }   }!  l
                   l!/   l  / / / / , / ハ !  j! l !    l , !       更に、カツヒコ様まで奥方を通して、
                  |    ! l /,イ/ ,イ/1l |j  /イ !j! l  , レ
                  l|! 、 l  !≠/7升-ノ !l, -─'/レ!十 ,  ! '       オーストリア派に接触している
                  ハ l  , ∨l|辷≧r、7 ' , | _ ィた/ア /  / /
                  / l ト、 \,jl       l     `¨´ / 7//!'/
                     /  !l__ゝ 、\       .:|       7 /ソ /
                  r≠ヘ \ト、ヘ      .::|     /イ´ /ト、        オーストリア派にコネを持つのが強みのブリタニア家が
                 //::::::::::::::::!Nト、{`     :!'    /'7/ //::j:\' ,
                   | |::::::::::::::::::l:リ! \ -==== 、 , イ! ,//::::::::::::| |       何故か一番出遅れている件について…
                   | ト、:::::::::::::, -l! ', \  ̄ ̄  / /イ ノ:::::::::::://
                   ト、 ',:::::::::::|   \!   、__/  7- ,:::::::::::::::://:|
                ノ:/!ヘ',r-y'  、  `> 、   , -r'´  ,:::::::::://::::!
               /:://::::ヘ',Y     /   `Y⌒、 l ',   ト、::://::「|:',
              イ::://::::::::::ヘ,ヘ ,   7    !  l |! ハ/  l7'/:::::| ',::'、
         _ ,.  '´ |:::l/:::::::::::::::ヘ ヘ  7´!     |      Y 7 /::::::::\',:::Yー- .,__
_ - ─ '"´      j:::::::::::::::::::/7ヘ ヘ/ /         /   ∨'/:ト、:::::::::::\! l      ̄`ー-- 、


276 : ◆NiVO3Ffeio:2013/07/07(日) 21:12:47 ID:eFifPp.A

     , '〆.:.:.:.:.〆         ` 、
   /{f7.:.:.:.:〆          \
   / -∠.:.:.∠  /  l        \ \
 ≪_ハハ.:V、\ | |   |       l   ヽ
 /ヾイ イハノ/ | |ヽ  |\   '    !  l ',
./ /://!l l:l∠  |庁゙ト、|、 ` , |!   ! l |l |
 ,'l::l/. !| l:l \ | 仆{!ンヽヾ  { | / K/ /
, ' |::|   l| |:|\ \ ` ̄¨`   レrテ/ ///
  l::l  l| |:| l\ \      、`¨/ イレ´
  l/  l|    |. 丶-ー   ___   / /         誰もゴネないといいわねぇ(棒
     ハ    ト、     ‘ ‐'´ ィ  /
   /ハ   l:\:>、  ___ /|/|
  /  ∧   l:::/:.:7爪::.:7 l | /
 ̄`ー_<:::ヽ Ⅴ::/ 小ヽ::| l | /
::::::.ヽ⌒マ}:::::ト、Ⅴ/::||::L::.ト、l //
:::::::::::::::::::::マ}::::ト、Ⅴ:::l|::ヘ`ー| /'ヘ
:::::::::::::::::::::::::::マ}:::::|:| /::::::ヘ
:::::::::::::::::::::::::::::::マ}::{ヘ薔ム}:::l/:::::::::::ヘ







       ____
      /      \
     / ⌒  ⌒   \        きっと、みんなでいっちだんけつして、こんなんにたちむかうはずだお(棒
   /  (ー) (ー) /^ヽ
  |   (__人__)( /   〉|
  \   ` ⌒´  〈 / ⌒^ヽ
―――――――― \ _ _ _ )


277 : ◆NiVO3Ffeio:2013/07/07(日) 21:13:10 ID:eFifPp.A

                  ,. -ー' 二二二 ー- 、
                 //: ̄__:::::::::::::::: ̄`:::ヽ
                 /〃'::::::/´ノ〉):_ノ_ノ::::::::::::::::::\           じゃあ、いよいよVIP村のモデル、③のリュブリャナね
              //´::::::__,ィ:ゝ-':__,:::-──- 、::::::::::ヽ
              /゙::::::::::/ ̄ ̄\ ヽ\  ヽ \::::::::ハ__
              !:::::::/ i     ヽ ', ヽ  \ ヽ>,仁》       ここは、かなり設定をいじっているわぁ
           _ |::::ハ  ',      i }  ! !  ',<ノ||\
           《ニハ_ゞ、 \ \    ! ||  | |__ || l | \>
            ソ|| \\ \ \   | .从,ィ匕Lィ|| | | 〈´
                 | '、 \\,>≧ゝ, |/ /,ィヌニミ、|i | l  |
                ハ \  `卞代ツミ ヾ′   ''' / //   ト、     , --─.::´       VIP村は山ばっかりで農地が少ないけど、
        .`ヽ、  〈/|:} ヽ,\  \`¨´  、     / // /  l ヽ  /::::/::: ̄
     /:::;:ィ:::::\ //|  |\\, __>   - ´  イ!// /   !   ∨:::::::::':──-:::、       リュブリャナは低地よぉ
    . .. ::/::::ハ::::∨ム'〉 「`:::ゝ,\_ ≧ュ,fヽ_ .ィ─ヘ,ィ l   |l  /::::__::::\::: ̄`ヽ
    . .. .:. :::://__;/:::::|  |::::::::::ヘ   !:::::::l |::::ハ;:::::_:::::ヽl   l| 〈::::::::::\:::::\::::ヽ         でも、湿地が多いところは変わってないわね
    . ::/;::///::::::::::: ! / :::::::::::::} |::::::::l !/  ∨ }/::::/ / ハ`ゞ 、::::\\:::::ヾ
       ∨/!:::::::::::::::| /:::::::::::::::::| |::::ノ| ト-ーく /_」:::/ / /::::ヽ:::ヽ\:::ヽ \
       //|:::::::::::::::レ ::::::::::::::::::| |::_〉 }  ─ー、ヾ才/} /:::::::::::\:\\〉\
     ,// /ヘ:::::::::::::::::::::::::::::::::::! /:::〉ヘ!   ̄\ヽ)=::、/ /::::::::::::::::::::::::::\   `        交通の要衝として古代から知られていたけど、
    .// // 人::::::::::::::::::::::::::::::::|/::{ `入_  ゝ}_ソ/`´}/::::::::::::::::::::::::::::::::::}
   /´// / /|::::::::::::::::::::::::::::::::::(\__  ̄Z_r、_「| ノ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト、            商業が衰退していた中世では、
    // /  // ヽ;__::::::::::/:::::::::::::::〔 ゝ,>、  _,ィ'7´}:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::! ゝ、
   .{′ /  //  / | |  ̄`斗、:::::::::::::::\r 、  Y  厶ノ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ   )       あまり重要視されていなかったわ







::::::... ..丶
:::::::.... ...\
:::.' ──-.. \            リュブリャナの湿地は世界遺産に登録されているんだお
:::::::... ⌒__丶 \
:::::::::.... .'::. ).ヽ  .ヽ         それを干拓してしまおうというのが、やる夫の政策だお
:::::::::::.... __ ..丿   ヽ
:::::::::::...    ヽ   .ヽ
:::::.._ ノ ヽ.____丿   .丶
::::::::::::::.... ..::ノ      .)
:::::::::::..   ../       .ノ
:::::::::.⌒ "       ..ノ
:::::::::::::::::....    ....::::::../
:::::::::::::::::::::.. ......::::./



※日本は再生可能エネルギーの中では、地熱発電に向いた立地条件が揃っていますが、
  その為には富士山をはじめとする観光スポットにボコボコと大穴を掘る必要があります
  それと同じような問題ですが、これは架空のお話なのでその辺は気にしない方向でいきます


278 : ◆NiVO3Ffeio:2013/07/07(日) 21:15:07 ID:eFifPp.A

                    ●


                    ●


                    ●





              __ __
         ,,.-‐'''"´ ´    `、丶、
       ,-'´,  ィ ,i  i .i ヽ ヾ、丶、ヽ、              やる夫達は知る由もないが、
       ./ / ,イ  i! ||i ll ヽ ヽ丶.ヽ 丶
      / ノ ,/ /!  ∥ |.l lヽ li. li  ,i.  l            リュブリャナは温暖湿潤気候に属し、
    / ,イ! l l .l ,ハ.  lヽヽヽ li li   l i  l
     | .l .i ll i. l l_ l、 l ゝヾヽ」‐、l!  ! .!  li              地中海特有の夏の強烈な太陽にも恵まれている
    ‐' l .l! l'´!_'  ´`  `ェ_  l  l! l.  l.l
       l .K´,-ァテナ   '"ヤ'ニソヽl .l l ヽ .i l.l
       l  l、!` `'''´           l  lノ.i l l.l l
      l l.lヾ、    _        丿 ハ l. l .l.l.ト、   ⌒)    要するに、稲作が可能と思われる地域じゃ
      l l l l丶、  !、`丶 , イ!/ /l l. l l l.l.l 丶、  )
        il! .l l l l ll丶--´ '´ .」フ' /l.l .l. 丶 l l.l.l 、_ノ
       i|.l! l. l l,l ll ,iゝ、,-''"´ ./ / l.l .l 丶 l. l.l.l
      ,i.l.l! l l .l! .l lノ!,r'´\  ./ / \、. ヽ、 丶l. l.l.l
      i.l l! l l .l /ィ´//l、ヽ〉ソ  /  / ヽ、丶  ヽ、.l.l
     i.l l! l lィ、 くィ´/l ll、ヽ/  / ./     ヽ,  ヽ、l.l







     // // /  '. '. '. '.  '.     .|  l
     , ', '   ./ /  / !ヘ  '. '. '. '.  '.    |  l
.    / /  ./ /  /l  !'. '.  '. '. '. '.  '.   .|  l       現に、北イタリアのポー川流域では、
   / /  ./ / l  l l.l l. '. '.  '. '. '. '.  '.  |  l'.
  ,' /!   /l  l il  l l l l. '. '.  '. '. '. '.  '.  |  l '.       中世初期にイスラム教徒によって稲作が伝えられ、
  ,'./ l.  ,' il  l_il  l l l l.  '. '.  '._'._'. '.  '. !  ! '.
 ,'/ l__ ,' il  l`l  「ト、_.!  '.」/ヘ!´ヽ!__l_! .l  ト、      リゾットという地方料理を生んでいる
       il⌒lヽ⌒                  l .l  lン }
        il  l iト.ヽ,_,,ン       'ミ;_  ,;ャ、! l.  ! /
        il  l iL' `´  ,      `'''゙´  .l l  .l/
        il  l il iト、   __  //   ,. l.l  .l '.        スペインのパエリアも事情は似たようなものだ
        il  l il il'. \.  ヽ(  ヽ   . / !l  l '.
        il  l il il '. ,-r==、 ´ ,ィ´   ll   .l'.         そして大航海時代にパエリアは海を渡り、
        il  l il il // ヽヽヽ`¨´ヽ     !  .l '.
        il lT¨¨lトl,L.__ ヽヽヽヽ''"i     .l   l::7_     ルイジアナで新たにジャンバラヤとなった
        il l !三l.|ト,,マ トl ヽ/::::::/    .l   l/
        il/´>`l.|シュ-ス| /:::::::::/   /l   l


279 : ◆NiVO3Ffeio:2013/07/07(日) 21:16:32 ID:eFifPp.A

                     _, -‐ ´ ̄ ̄ ̄``丶
                   ,. , '´, /,  / i ,.  、 \丶
                   /, ' // 〃 / ,イ∥│ | l. ヽ \       小麦と米では、単位面積あたりの収穫量が全く違う
                  /〃/ 〃 '/ ,/ / i i| | l |i  !   iヘ
               /´ / / // ∠.../! ,' | l| ト ! !! |!   ! ',     小麦は一株に20粒前後だが、米は200粒弱が実る
                  ′〈 /i / ヒル」' Li  l」 ! 」」」_ || !!   | i
                 '7,ir }, -rュミ、   \!ヾi`|ト.||  │ l
                 ,',' !! i| ` ヒツ     テ‐、`ヽ,!  l |i
                ,',' ∥ .||     ,    マ,._/ ヽ||  |! !!     一粒辺りのカロリーが違うので単純な比較はできないが、
   r‐-、           ,','  ! l !            /||  |! ||
    \ 丶           ,','  l  | iト、    '、ヽ     ∠_」!   |! ||     それを考えても米の優秀さは理解してもらえると思う
     ヽ ヽ , ┐    ','  ,i   !∥!|丶     _, .ィi| i ||  |! ||
     ,ム  Y  !    ','   i|   !∥!| |!`ー‐ ' ´!. i l∥ | !!  |! ||
    / 、 \j  l    ,','  :i!  .|∥i !_」!     { 」 | !! !l|  |!i |i
    ノ 、 \__」   ,.  ','   ∥  !」 '´ i     ア ヽ.|| i|!   |!.| !i    その上、米には連作障害がない
  ヾ、 丶__,〉    }  ,','   ム │    |    /    \|l   !!.| ||
    ヾ _丿    ,'  i '  r'´ !   i   │  /     /!   || ! ||    これほどのチート作物は、地球上に他に存在しない
     丶     ヽ | ! /  |  ト   ヽ/     /  |   || |! !!


280 : ◆NiVO3Ffeio:2013/07/07(日) 21:17:08 ID:eFifPp.A

               ___
           ,.. -''"´       `丶、
        ,.-'"´            ` ヽ、          よくジャガイモがチート作物といわれるが、
       /ィ,ィ r  , ,      、      ヽ
     /,'´/ , '  / ,/ l i  、 、  丶      i!         気候条件さえ揃うなら米にはけして勝てない
    , ',イ /  /,' / イ  l | i  !. `、  i!     i
   /.//,.ク .// ,ク / !   ! i!l  |  li!  i!     l!
   !/イ/ l //./ l / l  i l! l  |  l!  |!        l
    ! ケ/イメ、i ,' |  ,i! ハi!  i! l!  |       l!      ヨーロッパで、小麦やライ麦、ジャガイモが育てられたのは、
        l l ト`i.、メ  l ハ l l! |l l. ,'l!  i      l
        ! l lヽ!_;〉  `` 「`卞,ト| jl j ハ  ヘ     l!       稲作自体が無かった事に加え、
      | l! !   ,   ‐‐iテュ 、 `! ./ L.i!   ヽ    l!
      li l! ヽ  、_    ヽニ' '´/./ ! ノト、   ヽ   l!     西岸海洋性気候では十分な日照量が得られないからだ
       l! ll l!丶 `ー-    ,..j!/  ,'´l  ヽ  \  l!
       ! ll l! l.丶 --┬''"´ /'´  i!  l.  \  丶 ト、
      l!  l! ハll  \ヽ〕! /  ノ.l  i!   \  丶、ヽ
      ! i´ !| ∥  / //,,. ‐'"´  !  ヽ    丶、   ヽ \            要するに、気候条件によってチート作物は変わるのだ
     l r〈 i!.!」L ,イ/フ /二三   |   丶    丶   ヽ ヽ
    广、 ヽ`´ ィ'///// '´r‐   ヽ l    丶     丶、  丶、丶、        アフリカに農業革命をもたらした作物はバナナだぞ
   〈 丶 ヽ i /'´rヘ/ ,' //     i! l      ヽ       `丶、  丶、丶、
   /ヽ_ヽ.」'´ / i lハ. |      lト l   ヽ  ヽ        丶、  丶、`丶、
   /  `i   /  l  ! l/     / j ヽヽ   \  \       丶ヽ、  丶、 `丶、
  ,.'    |  /  ll  l li!    // l ヽヽ.   \  ヽ、      ヽ 丶、  丶、  ヽ
 i!    ,j! ィ'   l l ∨    /´  /`i  〉ヽ   ヽ   ヽ、     ヽ   丶、 ヽ   ヽ


281 : ◆NiVO3Ffeio:2013/07/07(日) 21:17:53 ID:eFifPp.A

                    ●


                    ●


                    ●





               __
             ―く`亡7ア
         / / イ ̄ ̄ ̄`ー-、
          / // / / i     \
         ′ ′\ / /  | | \ヽ
       | l|  | / レハ|  |l | ト、  l |
        | ||  |x≧ミ、| /ナ+メ,| | | |        VIP村は南北で見ると、イタリアとオーストリア
        | |八  | ヒソ " l/ ィ==x'|│| |
         | |  \\~    ,    / | | |        つまり神聖ローマ帝国を繋ぐライン上になるわ
         | | | | ̄  、 __ ∠/ |ノ |
          | | | |'ヽ     . イノ|| | ||         一方で、東西ではイタリアとドナウ川を繋ぐライン上になるの
.        || | |ノ___≧ー≦ i/ /|| ||
        ,―|  | |::≪[=}≫L/ 厶l| |、
.     /::  |  | ト-/∧ヽノ/ /::: | |:::\
    /:::::: n:::| 八 | 〈/  レ厶イ::::: | |::: ::\     中世では川=街道だから、VIP村は交通の要衝なのよ
.   ト、::: ::| |::|  | ̄>rf乞ミ-、|}〉:::: | |:::/:: 〉
    〉:::}::::rヘ_ト|  |  ):::ヾこン:::(|}〉:::: | |/::::  厶     VIP村を商業で発展させようとしている私の旦那様は中々のものでしょう?
   /:: 厂>'´ ̄广ー―ヘー―┴ァ-┴ヽ:::    \
  〈:: /:::::|   {     |    |-r―<::::::    〉







         ____
       /     \
.     / _ノ   ヽ、_\       やる夫の奥さんだって、やる夫には勿体無い出来た奥さんだお
    /  (● ) (● ) \
    | //////(__人__)/// |
     \           /
     /           \
    |      ,― 、,―、   |
    \   ̄ ̄ (⌒⌒)  ̄ /
        ̄ ̄\\//


282 : ◆NiVO3Ffeio:2013/07/07(日) 21:18:27 ID:eFifPp.A

   (⌒ヽ            _
   \ )        ,r=={薔}ー-、      / j
           〆/ ̄ ̄ ̄`'┴-、  (_/
       __f7∠ /          \
       |「 ̄ノl|_〉)// /  ヽヽヽ    ヽ                 どこが?どこが?
\lヽ.     ||//人ソj | |     | | i .} }ヽ |
:::::::::::Vl  く/l_|| ||斗七\  |メ、|/| j }|                 やる夫は私のどこが気に入ってるの?
:::::::::::::::i∧/ /从|ヘ/ /⌒ヽ\ソ⌒ヾ〉/ /,イ
:::::::::::::::::::/ / |  | |/ _ヒ)   ヒ)_厶'イ|/         /|_
::::::::::::::/ /  \\> r─‐-、  ノ / ト、  /|/l/::::::::::::'ーz_
:::::::::::/  /   /ヽ \ーゝ__ノ,イ ∠r‐-、 V::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
 ̄`フ ./ /:::::::::::\K/||\>::|/::√  }  \:::::::::::::::::::::::::::<_
  / ,イ  〈::::/了ミy'⌒ア  {:::::ヾ::{   ト、  |:::::::::::::::::::::::| ̄
  |/ ノ   V:::::::|弓}_.ノ⌒⌒7:::::ノ/`l { } .jー─-、l ̄
  (   /:::::::::|弓}_」   /:::::/::{. |_ノ /  /
    \ く;::::::::::::ノ弓厶ノ| /:::::/\}/ /  /
     \ト、 ̄了了弓イ不ゝ:::::\{厶-‐'j /
        >|二ユノ‐'´/ \,-‐''´廴,-‐'´|/
  , -─':´::::/:::::::::::::::::/\/ ヽ::::::::::::\







       ____
     /⌒  ⌒\            やる夫の足りないところをちゃんとフォローしてくれるのに、
   /( >)  (<)\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \          全然でしゃばらないで、やる夫を立ててくれるところなんて、
  |    /| | | | |     |
  \  (、`ー―'´,    /         とても貴族のお嬢さんとは思えないお
       ̄ ̄ ̄


283 : ◆NiVO3Ffeio:2013/07/07(日) 21:18:47 ID:eFifPp.A

          _
        -〈{薔}〉-
       / :: -―‐- 、:..ヾ、
     //γ       ヾ::. ',
     _|_|:i ,'       ', _i:|_l           え~、そんな当たり前の事じゃなくて、
    {ヒ{}コ} i { i   i } i {ヒ{}コ}
     兀人ヽi \ //ノハノ兀             もっとこう、美人だとか、かわいいとか、ないのぉ…
 .三≧| i i >   |    |   < i i |≦彡
   `ミf⌒i人 '''      ''' ノf⌒ヽ彡
  ̄ ̄'ー´  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ .`ー´ ̄ ̄





                    ●


                    ●


                    ●





          ____
        /     \
      / ⌒   ⌒::::\        イチャついてないで、解説を進めてもらえませんかね
     /   (●)}ili{(●)::::::\
    |       __´___   :::::::|
    \      `ー'´  ...:::::/


284 : ◆NiVO3Ffeio:2013/07/07(日) 21:19:07 ID:eFifPp.A

         , -─‐──‐-、
          /        ゚    \
       / ;  ゜      °  \
      l  U      ; ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; l⌒ '"⌒ ヽ、
       |;;;;;;;;;;;;;;;;;;    u.    ;   |ー       \
.      ! u. _ノ′ヽ、__   ∪           ,;   \ ,rー、
        ゝ。((-‐)  ;;;;;;;;;;;)::。 i'′⌒ ̄ ̄` ̄ ̄ ̄ヾ`ヽ ヽ
       (  ヽ'"  '   "'__ ,ノ ヽ、____"___,、___ソノ__ノ
  ´ ´ `゚~゜´^" ´~`゚゜`⌒ ´"´´゚^゚^ ~゜゚`´^゙^ ^´'゜´^゚´ '゚^´゙ ^ ゚゜







           /;;;;r' ̄´      ` ̄ゝ、;;;;;;;;;;ハヽ
          /ソ´              (ヘ;;;;;;;ハ)ハ
         //´      /             (ヘ;;;;;;;|) ハ              ,, -''      ドイツとイタリアを結ぶルートには他にも、
           レ'         /|   ヽヽ ヽ    (ヘ;;;;|) ハ             .,, - ´
          /      /   /│    |_\|__|__ (ヘ;|)) ハ         ._ ,,-'' ´  _..:.-.:''     イタリアのヴェローナから
          l    /  l | |   r'|   | ハ  ` ((!!))   |  _ ,,, - '''  _ ..-:.:.'':.:..:.:..:.:.:
          |     | | 」-ト、ト、  |   _x===|   }.,,,,,, . - ''''    _ ..-:.'':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:       スイスのボーデン湖に抜けるルートもあるわよ
          |    レ|´| | | ヽ |  rテ´   | / ...i    ._ ..-.:'':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:
        _| |    | | |_==ヾ、 ∨        |/ / .i_,,..-:.'':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..::.:.:
      〈l ̄〉ハハ \\x゙     ,        /// .l:i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
      ヾ_'-'∧. ヽ \\      _  ノ     jノ ,イ /|.|:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.::.:.:     でも、こっちはアルプスを越えるルートだから、
       /||ゞ´∧ \_\ゝ          ///  |.,|:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:
        //´|| 〉〉、_ ヽ ̄ヽ、 ._ _.    /l_\_ ._|;」:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:_:.:;;:.:.- '''      冬場は特にVIP村経由の迂回ルートを
     //   ゙ |_| /\.<´-i'' 丶\ ∠ー^i `i ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:_:.,,:.:.-丶''
      /\ー─-、...,r-/ ̄ i  l.  ヾ ̄--´  l l  |:.:.:.:._:. - ''..| ;;;;;;;               利用する人が多いの
 ____/___〉;;;;;;;;;;;;.l-=|,,-=ト-==|===|      |,,」,,- '''.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| ;;;;;;;
__ゝ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/.|,;,;,t,;,;,;,ト、;,;,;ト、;,;,;,;ネ ,,,, - '''   | /レ';;;;;;;;';;;;;;;;;;;;| ;;;;;;
_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ ./  !  !      l   \  《 レ'/;;|;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;| ;;;;;;







      ____
    /  ⌒  ^\
   /  ( ●)  (●)         この時代は聖地巡礼が流行しているから、
 /  ::::::⌒(_人__)⌒ヽ
 |       |r┬-|   |        意外と一般人の旅行者も多いんだお
 \        `ー'´  /


285 : ◆NiVO3Ffeio:2013/07/07(日) 21:19:44 ID:eFifPp.A

                       _r=ァ=、ィfZァ、,、
                    ,  ´fフ:´-=_:三ー_ー^ヘ
                    / _r//'_ァ'='^ー'`´` ^ー\
                 /r=、ソィー'7´          ヽ         シタラバの残りの部分を
                 ハ L/イ| ヽヽ         ヽ  l
                , ソ/ l ハレ´イ{ {   |{.   |  |  ハ         ざっと解説しちゃうわね
                //:/ ノj `´i |`ヽト 、 |:ヽ.   } , リ |!
               ハ:{/イ: {  小7テミト、 {ヽ!: / / /   l l
       ヽ._ヽー 、   / // |:. ヽ. { '赳ハ\ }:/_オメリ  イ/
         ̄二ニヽヽ/ -ヘ、:.. l:...  lト\`    /ィ亙フ'´//′        まず、イストリア半島だけど
 ヽ、_ _-ァ.:´__::.::.::.:ヽ::\  j:〉..:.l:...  l!      ,!  7´ |   /
  _,._-ニ-ァ‐´ィ二;:-- 、::.::..`ヽ、..:∧:.. lト_、  ` ー  イ.: j|  /{ ノ′      今の時代はヴェネツィアの支配下にあるわ
‐ ´/´ /´ ̄´/::.::.::.::.::..‐.-_、::\:.ヽ:.. l::.::>ー<l!:..:.|:. リ‐//レ
    /′  /-‐ァ::´::, ァ::/.::.: ̄:.`ヽト、.V/::}:ハ:{トヽ/!:. !:/‐'::/
      /´ /::.:/ノ/..::..::.::.::.::.::.:..:ヽヽヽ=l:| ト='イ-!: /::;∠ イ_







         ____
       /      \
     /   _ノ  ヽへ\         ⑦のザラも第4回十字軍の際にヴェネツィアに奪われたんだお
    /   ( ―) (―) ヽ
   .l  .u   ⌒(__人__)⌒ |        ⑧のスプリトもザラに劣らない良港だけど、
    \     ` ⌒´   /
    /             ヽ          ここは名目上こそシタラバ領だけど、実態は独立都市だお


286 : ◆NiVO3Ffeio:2013/07/07(日) 21:20:28 ID:eFifPp.A

                    ●


                    ●


                    ●





                _____
           ,. ‐'"´      `` 、
        , '´      ‐ 、     丶                    そして、ザラやスプリトの東側の山脈地帯がボスニアだ
       / ,       、\  丶、     \
        // / !.i i i 、  `、 ヽ  ト、       ヽ
      /./ ' 1∥∥!.ヽ.  ヽ `、 `、ヽ  \  ヽ
     i イ  ! li |、 i ト ヽ  ヽ. 、   、 丶  ヽ  ヽ               水銀鐙達は知りえない情報なので、私の方で解説するが、
     ','i イ! | i |ヽ ヽ丶ヽ丶ヽNト   、  \ 丶 丶ヽ
     i!!| ∥i! ト」! 丶.ヽンと"ー= ミ、  、   丶_ヽ  ヽ三二二ニ==     ボスニアが王国として統一されるには、まだ100年程掛かる
     !! レ'| i.| テェミ `` ,ィ元j''ラ ヽト   ト、   `ヾ、   ヽ、__ ュ
        トi i.ヒ'」   └┴   i5、ヽ `、丶、   `` ‐-、._`丶  ``    この時代のボスニアは、ただの山岳小村地帯だ
         i!ヽ丶 '   _,    ,.イヘ ヽヽ  ヽ 丶       `` ‐ 、二
          ! ヘ. `丶` ‐ ´,. '   iヘ ヽ. i ヽ  トミュ二 、        ``
          ', ',ヽヽ `T´ !    ヽヽ\ヽ \ヽ`` ‐-三三ニュ-、_
            ヽ.ヽ冫ルソ'´! ,  ,.ィ入ヽ.\!  ヽト≡─‐- 二三三``ミ
          冫7 ./``  ' フ´ ,/ `ヽ`ミミ 、 ヽ 丶二三三ヽ‐三ミ     このボスニアは攻めても元が取れないので、放置されている
           / ./ /    / /       } 、 丶ヽ、 ``丶二ミ 、 `` 三
        _ / / ,/  __,/ /,ィ     ,ヘ ヘ、 丶`丶、  ``  、ミ   ヽ   そしてボスニアが緩衝地帯になる事で、
      ,ィメ ヘ∠广  ̄___  ,y'    /  ヽ 丶  丶ミ‐-、    ``‐、
     戊  ,㌧ ‐' ´    `ン    ∧    丶 ヽ   ヽ  ``丶      シタラバとセルビアは上手く付き合うことが出来ている
     ,レ'`'"´    ,.:ュ_  /    ,ヘ 丶    `丶ヽ   ヽ   ヽ``
    /      _,. '´`` ─/     イヾ 丶ヽ      `丶、 ヽ   ミ
.   /     , '丶、        ,イハヽ 丶 \丶       `` ‐-
   丶 -‐'"1    `` ‐- 、__,,イ ヽト ヽヽ丶\丶、         ``    ちなみにヘルツェゴヴィナという地名は、まだ生まれていないぞ
         リ          〔 ト 丶i、ヽ!  丶丶-`丶、_
       i|             i ヽ  ヽ ヽ  `ト、 ``‐- `ニュ_


287 : ◆NiVO3Ffeio:2013/07/07(日) 21:20:53 ID:eFifPp.A

             _,..--‐,-、__/ ̄ゝ/iゞヾ銀ヽ
          _, ‐'´,-、__ノ  _,--'"´::l::::::\ヾツヾi
        /  .(  _,-‐'´::::::::::::::,:::::\:::::::::ヾ"´i\
       /    ノ./::::::::::::::,:::::'´::::::::::::_>‐、‐‐'´,-、\
     . /    く ./:::::::::::,:::'´:::::::::_.,-、'.´ヽ  (_ノ .(__,..ゝ‐、
      l    /./:::::::,::'::::::::::_,-'´(  .,ヽ-'   .、  、 、  ,ノ
     . l    ( ./::::::,:'::::::::::/.__ノ ./      l  ヽ .ヽ ⌒)
     .l    ,' ) l::::::,'::::::::/ .( l  /    .i  . l   .l  l .ヽ'ヽ         じゃあ、地図の残りの上半分の説明になるけど、
     l   ,' ( l:::::,':::::(⌒ヽ/i l /    .イ  i l   l .l  .l ヽ
     l   ,'  .) l:::,'::::/ ヽ   .l l l    ./.l イ .l   イ ,l  .l ヾ         あんまり話すことがないのよね
    .l i i  .(/*ヾ´(ヽノi   l .l 」____./ .! /.l,イ  / レ' l .i .l l
    . l .i i /:イ:::::lノ l .!  .l .l .l  / ̄/ーヾ / テヤl l イ.l
    l .i i /::::/:/:::::l'´ヽ .!  .l .! l .〆乏云弋 .l / .!{ll} l イ /.l.l
    l i i./::::/:イ::l:::::l  l .!、  .l  K  {::l_l:::}. ` !.' . 、´/く!.' !'          平地は全部ハンガリー領で、
    .l.i i/::::/:/.l::ll:::::l、.rl !ヽ .l .l .`‐`-'.´  '    >´-、i
   .l i iゝ イ/ l::l.l:::::lヽ.l ! \.! !         ヽ-‐、 .ヽ           西側の山地がオーストリアよ
、  .l i .i .〃  l::l l:::::l,、_l .!  ヾ、ヽ         ' .'´ /
;;\ .l.i  i .,〃 .// .フ:::::::l .!  .l 、_`ヽ    -‐ ´.'   ./
;;;;;;;ヾ! .i .,'l.l  //  /::::::::::::l .!  l‐-、_‐, .__  _/   /
;;;;;;;;l  ,' .,' l l ./// ̄\::::::::l !  l:::::::::ゝヽ:::::::T    _,'、
;;;;;;;l .,' .,' l l /::::::::::::::::,\::::l   l:::::::/::l、ヽ:::ヽ`‐--‐'´.ト.、
;;;;;;l ,' .,' , .`/::,::::::::::::::::::::':,::\:l  l::::イ:::l:::ハ:::ヽヽ    .ヽ:`-、_
;;;;;l .,' .,' ,' /:::,':::::::::,:::::::::::::::':,:::ヽ  .l/J:::l:::l .lヽ__,ゝ     ヽ::::::::l
;;;;l ,' .,' .i ./:::::'::::::::::::',::::::::::::::::',::::ヽ lヽ-イ:::l l::l ヽヽ     .ヽ_,-l
;/,.' .,' i./:::::::':::::::::::::::',::::::::::::::::',:::::ヽ.l'´ l::::l l::l  ヽヽ     ヽ ヽ、
',.' ,' .i l:::::::,'::::::::::::::::::',::::::::::::::::',::::::i l  .ヾ_l ヾl .ヽヽ     ヽ  .l







              , -―ー- 、
            /ノ  ヽ、_  ヽ て
           '==   ===   、 そ
          ' =    ==   l         ハンガリー、でかいお
            {  〈_,ィ、_,ノ      }
          、.  レ'_,ノ     .. ノ         これだけの平原を独占とか、どれだけ儲けてるんだお?
           >        <、
          / ー―- .、   r 、 ヽ、
           `ー―- 、_ノ   l  \  \
           ,'           l   ヽ _,ノ
            l          |
          弋           イ
            | /ー ―一、 |
           し       、_,!


288 : ◆NiVO3Ffeio:2013/07/07(日) 21:21:29 ID:eFifPp.A

                    -‐,コf7{{辷fリノヘ,
                  /  __{仏:'/:`¨:^三≧,
                   /:7://:::::::_:_彡'^¨⌒丶
                   /    }:厶:/::∠}厂     \ \
               /  ____」水くフノ^´  .′    丶  . 、
                 /  /::/ 7::/∧:}   /, //! .     . }  l i
             /   \V介{:し:ノ |十-Li     j/ }  ハ|       大きければ良いってものでもないのよ
               /    // |:トf′  |i_」土z,\ ァィ/ / }
           //   // i |:| 丶  个i、 炒`  '仞/}}j/         国境は安泰で国は豊か、王は無能となれば、
  ‐= _     /    〈/   l |:|   `ト .   \    〉i{ {{
     ̄≧=-く 、         八l」  l八 `¨⌒、_ ,イ八}}=-‐        貴族同士の足の引っ張り合いがさぞ捗るでしょうね
 ___,≧ニニニ≧x )\ // ヘ  个ヘL,_    /厶'′
二ニニニニニニニニニニ≧x彡'ヘ   「¨::7了f千{≦=―-
   _厶三ニニニニニ>=≦ヘ乙1  |:::/r介ハi| トく,⌒´
_ -=ニ=‐ァ=ニニニニ/::::::::::::::::::\)  l⌒レfじヘ |i:::::マ⌒ー ァ
ニ=-_厂/ニニニニ/ ::::::::::::::::::::::::::::ヽ, |  〈∧〉}八:::::\^´
// _,厶イ/ニ>'::::::::::::::::::::::::::::::::::::Vハ八/丁「/f刈〉::::::::〉
′_彡 7/八lト::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::Vヘ, 〉/ /`辷八::::::/
〃    / j八::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〉:::\ {  {  }}:::{
  /       介x:::::::::::::::::::::::::::::::;/:::::::::::::マハ_ } {じく\
  :      //  'ヘ:::__:::::::::::;厂:::::::::::::::::::::::\廴} ノ乂)) :.
  i/   /  八//〃介tx:/^、:::::::::::::::::::::::::::::::::⌒iリ:::「´  li
  |     :  { }/ ,:::{乂_)リハハx::::::::::::::::::::::::::::/仆i:ト  八,
  |\   ト . { / /::////:/   }ハ〉:::::::::::::::::::::く乂ノリ八ハ/   \
  |  丶 | \! /::〈/〈/:/    ,ノ::::::::::::::::::::::::::::::::{:{:::::::〉、     }







     ____
   /      \
  /  ─    ─\        そういえば、やる夫は成り上がり者なのに、
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |       ほとんど他の貴族からの嫌がらせなんてなかったお
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /


289 : ◆NiVO3Ffeio:2013/07/07(日) 21:21:54 ID:eFifPp.A

       __{〆..:::::::::〆        `  、
    /_{f7.::::::::::〆                 \
   / __{f7.:::::::〆   /           \  \
  厶イ7:r-、く  | |    |        ヽ   \
 〈〈__/:ハ::.Vヽ\ | |   |、          |    ヽ
. /ヾィ/ イヘヽノノ | |ヽ  | \   ',    |    | '.
/ /://ll |:「´   |{ 丁ヾト、|  ヽ  |!   |    |l |
  |::|  l| |:|    |ヽ弋f==,ミメ、 ' ∥  /ハ     || |         (い、言えない…)
/|::|  || |:|ヽ   |   、_{._!ンヾ  }ノ|l /厶| , / ハ|
  |::|  || |:| \  ヽ   ̄¨`    l/rテミ|/ / / }ノ       (周りに誰もいないぼっち領主だからだなんて…)
  |::|  l| |:|  l \ \         、ヾ' / イl/
     l|     |   ` -\ J     ′/  ノ
      |l    |\        r‐ァ   / /
     ハ    ト、  、 U    ̄  イ                (そりゃあ、貴族同士の近所付き合いとかウザいけど…)
    / ハ     l::.\ >_,、   /  |
     / ∧   l:::::/.::7爪  丁   |
―-  _∠::::ヽ  ∨:::/ 小ヽ |l   |
―‐ 、 ` マ}__ ト、  ∨/:||:lL)〉ハ   |
::::::::::..\「` マ}___\  ∨:||:「く/  |  |
::::::::::::::::::::::::::::..マ}___\ ∨| ヘ`ー|  ∧
::::::::::::::::::::::::::::::::::..マ}__ \l|  ヽ:::::l /:::ヘ
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..マ}  ゙r~、>|/-、:::::ヘ
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゝ/ヽ|  | 厶、ノ`}:::ヘ
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..\   /「匀ヘ r':::::::.ヽ







      _____     ━┓
    / ―   \    ┏┛
  /ノ  ( ●)   \  ・
. | ( ●)   ⌒)   |            水銀鐙、どうしたんだお?
. |   (__ノ ̄    /
. |             /
  \_    ⊂ヽ∩\
    /´     (,_ \.\
.    |  /     \_ノ


290 : ◆NiVO3Ffeio:2013/07/07(日) 21:22:14 ID:eFifPp.A

             _ -―   ―-  _
           _ -‐:::::::: ̄::::::::¬― 、 ` 、
        /.:::::::}>{包}く]:::::::::::::::::::::::::.\  \
        /.:::::  -宀冖冖宀ー- :::::::::::::.\  \
       /.:::::/                \:::::::::.ヽ  ヽ
.      /:::/             、   \::::::::'   l           …な、何でもないわぁ
     //      '   /        |  l |  ヽ::::|    |l
   〈/      | | i |   |  | l∥|| | l_|::::|_ l|          それより解説に戻りましょう
    ′| '| || | | l|| ! | '. l j」L⊥!| l {{⌒氷⌒ヾ||
   |  | |l l| |l | | l |l | l| >イ | l | || | ヾ、イハ、_ノl |!
    | |l| |l |ヘT ト ハ ヽ ヘ´ ,,斗=ニ、寸| l /7⌒lT´l |l
   | ||l l|ヽ|,,ゝ ;=ミ  \\〃 | r、 }〝リ //.:::::::| |l| |
    、トヾ ヽヘ〈 { tヘ      、ヾノィ //〈::::::::::ハ|| |l
     \l\ヽ\ ヾ彡       ̄  , ∧::ヽ/ー┴ッ  l|
      |  \ ヽ    ‘   _,,. u// / 厂::::::::fア >'⌒ヽ、
      |    ` >、  ヽニ´'´   イ ' /.:::::::::::fア /.::::::::::::::::::l
      ∧   〈 |||>,、 __  <__l l l::::::::::::fア /.:::::::::::::::::::::|
     〔 ̄ヽ   ヽl| l:::::|{ム::::::::仁ヽ_| |:l|:::::::::fア /.::::::::::::::::::::::::ト、
    _〕ーt__,、 イl |:::::| {ム:::::::}_ ィト| |:l|::::::fア /.::::::::::::::::::::::::::::い、
   八__ト、    ̄ヽ|l |:::::| `{ム::::::/::|∥ |::|:::fア /.::::::::::::::::::::::::::::::::.\ヽ
     廴__人}   ∥(|l:::ト、 `ヾイ::::|∥ |:::fア r':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〉
     \   `¬ l 八:::::廴   ̄ l |l [   |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::イlヘ
       `ヽ、丨 | |':::::|::::L>―<_lハl⌒l⌒ヽ:::::::::::::::::::::::::::::/l | |
      ー┘ ̄L | |::::::|::::`ー'ニ/ / ` <Y⌒く ̄ ̄`ー-、_/  | | |
        }{  ` |:::::::|::::::::}~ヘ { {  r  \ ヽ::::::::::::〈 ∥ | | |
      `ー-、」_ハ| ̄|::::::::{`(こ`ーヘ、 )    ヽノ.:::::::::::::.ヽ|   | l/







         ____
       /     \
.    /       \       解説といっても、あんまり話すことが残ってないお
.  / /) ノ '  ヽ、 \
  | / .イ '(●) (●)  |     後は、オーストリアとトランシルヴァニアくらいだけど、
.   /,'才.ミ). (__人__)  /
.   | ≧シ'  ` ⌒´   \      トランシルヴァニアは解説の人が担当するらしいお
 /\ ヽ          ヽ


291 : ◆NiVO3Ffeio:2013/07/07(日) 21:22:36 ID:eFifPp.A

    ///ィ ヽ@、
   {{x}}// | /`、::.',
   i人r ● iイ/∧::i        あら、そうなの?
   i l ゝ''''  ●//i
   | vヘ  -  ノゝ i        じゃあ、ちょっと交代ね
 ミミi〉-+〕{{x}}〔¨」V i彡
  ゛ミr:::::::r⌒⌒j::::Y i i
    l:::::::r⌒⌒j::::::l i ハ
   |::::::::ト,@イ:::::| iノ
    ヽ:::::::::::::::::::√ノ
    l:::::::::::::::::::l





                    ●


                    ●


                    ●





              _ _
.                ´  :}  `
          // ,.:    、   \
          ,   /      \   :.
.          ′  /         :. i :
        i i i| | i|:.i  |:..|.:i|  |: | i          トランシルヴァニアについては、
        | i i|_土=トi:.__|斗土L|: | |
        | i i:{弌り   弋りメヲ}:¦ |          おそらく本編では扱わないので、
       ¦ :, :iゝ、   '    ノ/ .: !
.        ,: :| :V|i:.、 ` ´ イ:/ :/: ¦            数年後の未来まで含めて解説してしまうぞ
        ′ :!:.、:V :/≧≦∨/ :/: : :.
.      / .; i ::} :V{ ,∧, };′.:':.、: : :,
     / :/ /ヽ':、.:V/介∨{  :i:i/ \: ′
.    / :/ /ヽ  :i .::} /ハヽ:i:l .::|{   ハ:. :、
     ′.:' /    、:}:ノ〈/、|_|i:i\::リ    ,:. : :.
.  ,  .: .r―‐ 、.ノ´:i:i:i:i:i:i〈:i:i:i:i:i:ヽ.:/  :i: :. : :,
  ′ ,: {´     `<i:i:i:i:i:i>'゙ ̄`}   ,.: ∨:.  ′
. /  :/ .:/ー一' 、.,_,.>'゙´    ,.、{_/.:  ∨:.  :.
/  :/ .: `ー{   ´      ,.  '゙ ̄`   `T':´:. :. :'.
  :/ .: /.: : :、    ,.  <i:i:i:i:..、     :i : ; : :. :. :,
  ′.: ,: : : : : `T7´:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/:i:i:>:.--- '′:' : : :.:. :.i
 ; .: :′: : : : :,:'/i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/:i:i:i:i:i:i:i:i:i∨ : : : ,: : : :. :|
 : : : : : : : : : i〈i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:∧:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:∨: : : ': : : :.¦


292 : ◆NiVO3Ffeio:2013/07/07(日) 21:23:03 ID:eFifPp.A

     // // /  '. '. '. '.  '.     .|  l
     , ', '   ./ /  / !ヘ  '. '. '. '.  '.    |  l
.    / /  ./ /  /l  !'. '.  '. '. '. '.  '.   .|  l
   / /  ./ / l  l l.l l. '. '.  '. '. '. '.  '.  |  l'.        トランシルヴァニアは、古代にはダキアと呼ばれていた地方の一部だ
  ,' /!   /l  l il  l l l l. '. '.  '. '. '. '.  '.  |  l '.
  ,'./ l.  ,' il  l_il  l l l l.  '. '.  '._'._'. '.  '. !  ! '.         この時代では、ハンガリー王国の一部だが、
 ,'/ l__ ,' il  l`l  「ト、_.!  '.」/ヘ!´ヽ!__l_! .l  ト、
       il⌒lヽ⌒                  l .l  lン }         1217年現在はチュートン騎士団(ドイツ騎士団)領になっている
        il  l iト.ヽ,_,,ン       'ミ;_  ,;ャ、! l.  ! /
        il  l iL' `´  ,      `'''゙´  .l l  .l/
        il  l il iト、   __  //   ,. l.l  .l '.
        il  l il il'. \.  ヽ(  ヽ   . / !l  l '.       これは、遊牧民のクマン人の侵入に悩まされたハンガリー王が、
        il  l il il '. ,-r==、 ´ ,ィ´   ll   .l'.
        il  l il il // ヽヽヽ`¨´ヽ     !  .l '.        聖地を追われたチュートン騎士団を招いた事による
        il lT¨¨lトl,L.__ ヽヽヽヽ''"i     .l   l::7_
        il l !三l.|ト,,マ トl ヽ/::::::/    .l   l/
        il/´>`l.|シュ-ス| /:::::::::/   /l   l







                    ,.. -―‐--――- 、
                    / ,.. -     -- 、\
                    / / ,. -     - 、 \\          まず、騎士団とは何か、というところから解説しよう
                / / /         ヽ ヽ :.
                 / / /  /  ,  :.     ':,  ',         騎士団とは元々は騎士修道会といい、
                   '  ' /  /   | |  |  |  :.  !  ! !
                    | l| |/ ' :l | |  |  l  |l| |  | |         要するに武装する事を許された修道会だ
                    | i| |--|、 i| | |  | _ム斗| |  | |
                    | :| {_!ィ芹ミ、 リl从 ,ィチ=、l_」|  | |
                    | :| |:|、 ヒ::i:ソ    ヒ:i::ソ ' }/}  | !
                    | :|  jム     ,      从'  八         もう少し後の時代になると、世俗の王達がこれを真似して、
                  , 八 l| l 、  ー 一   イ / /  |
              / :l :::. }:|  >     ィ  / /  l|         自前の騎士団を編成するようになる
             ,    | , Ⅵ Yー 、`´,-‐、 ,  ,     :.
             /   /  } |イ:|  /r=、  /,  {     ,        こちらは別に修道会ではないぞ
               /   / ,ィ| |:::::::、/ィ介、∨::{  |::ヽ|   :.
           /   /,イ Ⅵ !::::::::/ / }! ヽ::::|  |::/ `ヽ、 ',
             /   // \ | |::::::/ /} Ⅵ }:::|  |:,   / }  :.
          /   , ,   ` | |:::〈_/::||、 /}=':: \ l|:{  /  |   ,         両者を区別する為に、
            ,'   /r-- 、   , !::::::::::/'::∨||::::::::::::ヽ| '    .   ヽ
        /   ,' 7≧-`ヽ、}/:::::::::::{::::::::、l」::::::::::::::::Y!    }    ,       前者を宗教騎士団、後者を世俗騎士団ともいう
          /   / と_,. -ァ    `丶、::::::::::::::}:> ´ ̄`ヽ}    ヽ    :.
       ,   / / ィ´イ' ,.--、   `> ´     _ /     }    ,      この時代は、まだ宗教騎士団しかない
        /   /  ーr-/ノ ̄>  ̄         , ´ `'ー-- 、___|  :  |


293 : ◆NiVO3Ffeio:2013/07/07(日) 21:23:55 ID:eFifPp.A

                _____
           ,. ‐'"´      `` 、
        , '´      ‐ 、     丶                  宗教騎士団は教皇によって認可され、
       / ,       、\  丶、     \
        // / !.i i i 、  `、 ヽ  ト、       ヽ                主に十字軍によって確保された
      /./ ' 1∥∥!.ヽ.  ヽ `、 `、ヽ  \  ヽ
     i イ  ! li |、 i ト ヽ  ヽ. 、   、 丶  ヽ  ヽ             エルサレムへの巡礼路警備が目的だった…はずだった
     ','i イ! | i |ヽ ヽ丶ヽ丶ヽNト   、  \ 丶 丶ヽ
     i!!| ∥i! ト」! 丶.ヽンと"ー= ミ、  、   丶_ヽ  ヽ三二二ニ==
     !! レ'| i.| テェミ `` ,ィ元j''ラ ヽト   ト、   `ヾ、   ヽ、__ ュ
        トi i.ヒ'」   └┴   i5、ヽ `、丶、   `` ‐-、._`丶  ``   しかし、現実にはテンプル騎士団は金融業で巨万の富を稼ぎ、
         i!ヽ丶 '   _,    ,.イヘ ヽヽ  ヽ 丶       `` ‐ 、二
          ! ヘ. `丶` ‐ ´,. '   iヘ ヽ. i ヽ  トミュ二 、        ``   聖ヨハネ病院騎士団(マルタ騎士団)は不動産へと投資していく
          ', ',ヽヽ `T´ !    ヽヽ\ヽ \ヽ`` ‐-三三ニュ-、_
            ヽ.ヽ冫ルソ'´! ,  ,.ィ入ヽ.\!  ヽト≡─‐- 二三三``ミ
          冫7 ./``  ' フ´ ,/ `ヽ`ミミ 、 ヽ 丶二三三ヽ‐三ミ
           / ./ /    / /       } 、 丶ヽ、 ``丶二ミ 、 `` 三    チュートン騎士団もまた、聖地を追われた後、
        _ / / ,/  __,/ /,ィ     ,ヘ ヘ、 丶`丶、  ``  、ミ   ヽ
      ,ィメ ヘ∠广  ̄___  ,y'    /  ヽ 丶  丶ミ‐-、    ``‐、   独自の根拠地の確保という野心を抱えていた
     戊  ,㌧ ‐' ´    `ン    ∧    丶 ヽ   ヽ  ``丶
     ,レ'`'"´    ,.:ュ_  /    ,ヘ 丶    `丶ヽ   ヽ   ヽ``
    /      _,. '´`` ─/     イヾ 丶ヽ      `丶、 ヽ   ミ
.   /     , '丶、        ,イハヽ 丶 \丶       `` ‐-
   丶 -‐'"1    `` ‐- 、__,,イ ヽト ヽヽ丶\丶、         ``
         リ          〔 ト 丶i、ヽ!  丶丶-`丶、_
       i|             i ヽ  ヽ ヽ  `ト、 ``‐- `ニュ_







      ヽ                \
     /⌒¬┬、           \         防衛の為にトランシルヴァニアを貸したつもりのハンガリー王と、
    / //i| ||  Yヽィr、       ヽ
   // / /!」!__|!  | //ケi ヽ       ヽ       トランシルヴァニアを我が物とせんとするチュートン騎士団は、
.  // / ,イ´LlL_|| │`イ !∨」\       i
    ̄``| T「 ̄|   |L. ! |ヽ\  Yヽ.     j      やがて対立
 ハ   丿 U   l   |うiヽ\ \ヽヾi「`ー─'
  ッ  「 _"" !   レ/  ヽヽ `ー'川
  ハ  、` ノ | i j´ヽ  ∨i i l !|
   ッ  ヽ  _」 / l   、   l l ヾヽ         チュートン騎士団は、ハンガリーから叩きだされることになる
   ハ   ´ |/ l >¬   ヽ ヽ  ヾヽ
         ,ノ /    ム  ヽ ヽ  ヾ\
       /' / >‐',、´r ヽ   \\ \\


294 : ◆NiVO3Ffeio:2013/07/07(日) 21:24:51 ID:eFifPp.A

                     _, -‐ ´ ̄ ̄ ̄``丶
                   ,. , '´, /,  / i ,.  、 \丶
                   /, ' // 〃 / ,イ∥│ | l. ヽ \
                  /〃/ 〃 '/ ,/ / i i| | l |i  !   iヘ
               /´ / / // ∠.../! ,' | l| ト ! !! |!   ! ',       その結果、ハンガリーはクマン人の侵入に悩まされる事になる
                  ′〈 /i / ヒル」' Li  l」 ! 」」」_ || !!   | i
                 '7,ir }, -rュミ、   \!ヾi`|ト.||  │ l
                 ,',' !! i| ` ヒツ     テ‐、`ヽ,!  l |i
                ,',' ∥ .||     ,    マ,._/ ヽ||  |! !!      ハンガリーの次代の王ベーラ4世は、
   r‐-、           ,','  ! l !            /||  |! ||
    \ 丶           ,','  l  | iト、    '、ヽ     ∠_」!   |! ||      方針を転換しクマン人の移住を認めることにした
     ヽ ヽ , ┐    ','  ,i   !∥!|丶     _, .ィi| i ||  |! ||
     ,ム  Y  !    ','   i|   !∥!| |!`ー‐ ' ´!. i l∥ | !!  |! ||
    / 、 \j  l    ,','  :i!  .|∥i !_」!     { 」 | !! !l|  |!i |i
    ノ 、 \__」   ,.  ','   ∥  !」 '´ i     ア ヽ.|| i|!   |!.| !i      まだ10年以上先の話だがの
  ヾ、 丶__,〉    }  ,','   ム │    |    /    \|l   !!.| ||
    ヾ _丿    ,'  i '  r'´ !   i   │  /     /!   || ! ||
     丶     ヽ | ! /  |  ト   ヽ/     /  |   || |! !!







       ,--一―_-_、
      /-''''~、_______^γ''^-、
.   / ⌒''''--、,\ヾ ! rヘヾ ヽ
   / ノ ,-⌒  ―-'-'- .i/ )
   / ∠.  {         レi /
  ノ  / ノ,-''^'-、_  ./ヽV        クマン人の後ろにはモンゴル人がいる
 ζノ /./   (个j  .i^Tj .|
   ) r⌒!i        |   |        クマン人はモンゴル人から逃げてきたに過ぎない
    }ぃ !      , ν  j
    ゝ_,、    _____   /         ならば、モンゴルに対する防衛を条件に、我らは手を取り合えるはずだ
     Y::::ヘ    ^  ' /
     i::::::::::\    λ
    /⌒'''' --^ニ'― イ
.....';  r      !.i   i

      ベーラ4世(現在11歳)


295 : ◆NiVO3Ffeio:2013/07/07(日) 21:25:24 ID:eFifPp.A

               . -─────- .
             ,  ',´            丶、
            /"/  ,  , ,      、      \
           /' /   / // ,     ヽ ヽ    ヽ
        / ' ,/  /〃 /イ .i| i !   |i  i      i      残念ながら、定住型の農民と遊牧民が
      / ,イ 〃 //,'  '"|  || | ∥ i. ||  | i    |
      〃7 /'  //..L ! !  !| ! |.!  | ||  | |    |      簡単に手を取り合える筈もないんだがの
     / L./ !.._/ |! | `ト. !. |ヽ」」ム__」 ||  | |    !
         `' 爪  ト¬=ミ、 `ヾ ,.三 └.ル.」|  | |    |      具体的には、畑の麦を遊牧民の家畜に食い荒らされたりしての
      二 i | !  |! ゝ_ソ     ¬ ;¬ァ、|i ∥ |    |
       ィ i | !  ||    '     ゞ'ノ ' !!  !) !    !
    r:、    i│!  fヽ.  、____    ,. ||  |! |    |
    ', '、   | | |  | ! |丶 `  ' ´  ,.ィi├||  |! | i  !
    ,ム `n /.│l  | ! ! i 〉:ー‐ '"i|│|│||  ||i !  !. l
   / ヽ、ヽ!. |! ! |  !.| | | リ    l|∥|│||  ||| |  |  |
  (⌒ヽ / ノ .|∥ ! ! ィ'´       丶 |│||  ||| |  |  |





                    ●


                    ●


                    ●


296 : ◆NiVO3Ffeio:2013/07/07(日) 21:26:02 ID:eFifPp.A

           __
      . ‐'"´  ,. -‐` 'ー- 、
     /    ∠-‐''''" ̄ ̄``ヽ.
    /  .       /~`´ヽ`、`、 ヽ
.   l  .'   :  .' /    l l l l l              ~そんな訳で、クマン人の少年と…
.    l  i   i : i | {'" ̄` ヽト、} l |
   l  i  rl l トl、レi´「`  ィTiレヘノ
   |    l l l、 l  └'     U l
   | :   :ヽl l `      、 ll
.   | l : i  | ト、     ー_‐´.イl
   | l i l i| l      /i |l
  ノ ノ l l l lヽl―‐┐ l二, l lノ
.  i ,' l _ノ-<`     、L_L ムL|_
/ ̄ `ヾ::::::ヽ      。`i/  `i::::i`ー、
       ヾ:::::ヽ     `i。  }:::l   i







     |         _.. - ――- ..
     |      , - '´  , - '  ̄`丶`ヽ
     j´〉   // , /  , -    ヽ ヽ
     ノィ  / ,.'/ //  /'   , -    `ヽ
   //ゝ タ /' イ /ヽメ、  /   /    ヽ',
   }_´ィ ノ// 〃 / - 、 ヽV/    ィ'       ! !
     'ィヽ !Kl/,ノ ,イj`ll i l、  / '    /  l l
     |`′!/   ー '´   ヽ'/    /   / i
     |,ィ ノ        -‐ _弋ヽ/   // /
     |ノ'´ !    、   '  ,ィテiヽヾヽ,.ィ´, ' /         ~ハンガリー人の少女の物語は…
     | ) l   -、 '   ゝ‐'ノ _,入_ / ., '
     | '-、.'、   ′    , ‐ ´  ノ /
     |,.-,ーz> - . _ ._ィ二 -‐_'ノ ノ
     |ノィ つ, -ィ、     ̄`ー ‐ ´
    、ー_⌒!ノ l、, ノ
  、ー ┴ く /  `l‐、
   ヽ ̄_ヽ/ヘ-くー'   i
    `ヽヽ ,-_ノ    l
     |- 'ノ      !
     |        l
     |         /
     |       /
     |- .. _ ノ
     |





                                     ~本編に登場するかは、全くの未定…


297 : ◆NiVO3Ffeio:2013/07/07(日) 21:26:26 ID:eFifPp.A

    ,,″,′ ,7 i  i ! l l  i|   i! ! i  ヽ   ヽ  i 、  ∥
   ,″〃  i| |!  !i  ! |  l !   !  ト  ト、   マ∥!   ∥         ついでに、世俗騎士団についても解説しておくと、
   ,'  ,'|!  l ! ∥  ||!  l l   ! l   '  ヽヽ ヾヽ   iリ |  ∥ i
  ,'  ,'∥ ||i i|!  |!i|   !|i  l. ヽ   '、  ヾ 、 '、ヽ  |!.!,   |ト !           こちら軍隊というよりも名誉職、
  |  ! ∥ i ! |∥  !||  lト  ! ヽ  ヽ.  ム、ヽ‐-、 '!|   ∥|! l
   ヽi  |  l l | ||  ト|!、 llヽ  i  ヾ 、ヾ´ 丶\ヽ ヽ」|   ∥i|! !       あるいは勲章的な意味合いが強かった
       ヽ、! !、||!、」ャキ-ミ、 ! ヾヽ '´ ヽ> ュ─r= ッ'||!   ∥||!ト,l
          i`! | ヽ ∨ヾ     /  し′  j} /  !i.   ∥||!i !i
         | ,ィ! i、ム_」       - ゝ にノ'´  ,′  .∥||!川
         |レ‐ヤ |!ト   /      、─────'───'─‐-      ファンタジー作品によくある騎士団=国軍というのは創作で、
    _, -─ 7  } ||!ヒ‐、 `        \
    丶、   l   ! ||! !  丶、ヽ  ¬ニヲ \                  歴史上にはそういう騎士団は存在しない
      丶、,′ ,'| ||! |i    ヽ     ′  \
      _   /   .,' | ||! |L      > 、_,  ´ ヘ
    / `丶  / ! !!'´  )   /      ∧∨ヽ







                    ,.. -―‐--――- 、
                    / ,.. -     -- 、\
                    / / ,. -     - 、 \\
                / / /         ヽ ヽ :.         世俗騎士団は騎士の地位の低下と共に
                 / / /  /  ,  :.     ':,  ',
                   '  ' /  /   | |  |  |  :.  !  ! !        完全な勲章へと姿を変える
                    | l| |/ ' :l | |  |  l  |l| |  | |
                    | i| |--|、 i| | |  | _ム斗| |  | |
                    | :| {_!ィ芹ミ、 リl从 ,ィチ=、l_」|  | |
                    | :| |:|、 ヒ::i:ソ    ヒ:i::ソ ' }/}  | !        例えば、日本の明治以降の天皇は全て、
                    | :|  jム     ,      从'  八
                  , 八 l| l 、  ー 一   イ / /  |        スペインの金羊毛勲章を受勲しているぞ
              / :l :::. }:|  >     ィ  / /  l|
             ,    | , Ⅵ Yー 、`´,-‐、 ,  ,     :.
             /   /  } |イ:|  /r=、  /,  {     ,
               /   / ,ィ| |:::::::、/ィ介、∨::{  |::ヽ|   :.      金羊毛騎士団は、
           /   /,イ Ⅵ !::::::::/ / }! ヽ::::|  |::/ `ヽ、 ',
             /   // \ | |::::::/ /} Ⅵ }:::|  |:,   / }  :.     フランスのブルゴーニュ公の作った世俗騎士団だ
          /   , ,   ` | |:::〈_/::||、 /}=':: \ l|:{  /  |   ,
            ,'   /r-- 、   , !::::::::::/'::∨||::::::::::::ヽ| '    .   ヽ
        /   ,' 7≧-`ヽ、}/:::::::::::{::::::::、l」::::::::::::::::Y!    }    ,
          /   / と_,. -ァ    `丶、::::::::::::::}:> ´ ̄`ヽ}    ヽ    :.
       ,   / / ィ´イ' ,.--、   `> ´     _ /     }    ,
        /   /  ーr-/ノ ̄>  ̄         , ´ `'ー-- 、___|  :  |


298 : ◆NiVO3Ffeio:2013/07/07(日) 21:27:15 ID:eFifPp.A

                    ●


                    ●


                    ●





.            , - }}薔j{{ー- 、
.         /////////////.ヽ
.        ////ィ  ̄ ̄ ̄`ヽ/ ∧
        i,//i   |    |  \/i
        /|´  |l_|l |   _i_,i| l  ,イl          トランシルヴァニアっていうから、
      /i|||  .i|ハ l|`Ⅵ /从ノ.! /.!ハ
.     /ハ|||ヽ .|l ◯  .∨.レ◯// .|ヘヘ         てっきり吸血鬼伝説に触れるのかと思ったら…
      `/ト′ `ヘ.    ,   彡__,ィ `iト〈
.      //}}.| ` ト、   _   ノ|  i|l iハヘ
      乢」 i  .|   i 、  , ィi .|  |  |」`
      ノ, 、i  .|.,__」/ハ}{ハ/i|、_|  l,  i_
     /// ∧ ! ∨// ||ヘ//.| .i///∧
     /////∧ l  ヽ/|| ヾ   | i/////i
     ////// y´   ヽ|| '   Ⅵ/////|
.   ////// /       ::      ∨//// i
   i//////ハ_ _ ,_,_.i, ィ __, , ノ///// i
    ∨/////i ヽ{ `ー} 薔`ー゙ `/'/////.ノ
    `ヽ////ヽ//≧x 、, x≦´.ノー‐///
      `ヘ}}///`i////ハ`/.∨////ハ′
       |i}}/// ∧///} }} ∨/////}ハ
       {_}∨// ∧匕||┘//////_}} ノ
       `i!}〉/// ∧/.i!//ハ///∧.||ヾ
         //////}}ilハ.∧/l|ハ》//.∧
      /////./`i|ハヘ 〉 i| ||////∧
.      ///////_,/{  }ト- .∨///∧
     ///////  i|   i i  i  ∨///∧
.     ////////  .i|   ∨  i!  i∨///∧
   ////////___i|_, .ヘ7ー-i!_i! ∨///∧







       ____
      /      \
     / ⌒  ⌒   \         あんな与太話、誰も信じてないお
   /  (ー) (ー) /^ヽ
  |   (__人__)( /   〉|
  \   ` ⌒´  〈 / ⌒^ヽ
―――――――― \ _ _ _ )


299 : ◆NiVO3Ffeio:2013/07/07(日) 21:27:38 ID:eFifPp.A

                    -‐,コf7{{辷fリノヘ,
                  /  __{仏:'/:`¨:^三≧,
                   /:7://:::::::_:_彡'^¨⌒丶
                   /    }:厶:/::∠}厂     \ \
               /  ____」水くフノ^´  .′    丶  . 、
                 /  /::/ 7::/∧:}   /, //! .     . }  l i
             /   \V介{:し:ノ |十-Li     j/ }  ハ|
               /    // |:トf′  |i_」土z,\ ァィ/ / }        じゃあ、最後にオーストリアの解説をしてお終いにしましょうか
           //   // i |:| 丶  个i、 炒`  '仞/}}j/
  ‐= _     /    〈/   l |:|   `ト .   \    〉i{ {{
     ̄≧=-く 、         八l」  l八 `¨⌒、_ ,イ八}}=-‐
 ___,≧ニニニ≧x )\ // ヘ  个ヘL,_    /厶'′               オーストリアは、ここ50年くらいで急成長しているのよ
二ニニニニニニニニニニ≧x彡'ヘ   「¨::7了f千{≦=―-
   _厶三ニニニニニ>=≦ヘ乙1  |:::/r介ハi| トく,⌒´            南のシュタイアーマルクが断絶したのを期に併合に成功して、
_ -=ニ=‐ァ=ニニニニ/::::::::::::::::::\)  l⌒レfじヘ |i:::::マ⌒ー ァ
ニ=-_厂/ニニニニ/ ::::::::::::::::::::::::::::ヽ, |  〈∧〉}八:::::\^´             一気に国土を2倍に広げたの
// _,厶イ/ニ>'::::::::::::::::::::::::::::::::::::Vハ八/丁「/f刈〉::::::::〉
′_彡 7/八lト::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::Vヘ, 〉/ /`辷八::::::/
〃    / j八::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〉:::\ {  {  }}:::{
  /       介x:::::::::::::::::::::::::::::::;/:::::::::::::マハ_ } {じく\           でも、その代わりに併合したばかりで、まだ安定していないから、
  :      //  'ヘ:::__:::::::::::;厂:::::::::::::::::::::::\廴} ノ乂)) :.
  i/   /  八//〃介tx:/^、:::::::::::::::::::::::::::::::::⌒iリ:::「´  li          重税を課したりはしたくないし、出来れば戦争もしたくない
  |     :  { }/ ,:::{乂_)リハハx::::::::::::::::::::::::::::/仆i:ト  八,
  |\   ト . { / /::////:/   }ハ〉:::::::::::::::::::::く乂ノリ八ハ/   \          そういう事情があるの
  |  丶 | \! /::〈/〈/:/    ,ノ::::::::::::::::::::::::::::::::{:{:::::::〉、     }







       ____
     /      \
   /   ⌒   ⌒\        つまり、今は内政ターンということかお?
 /   ( ●) ( ●)ヽ
 l      ⌒(__人__)⌒ |
 \     ` ⌒´   /
 /             ヽ


300 : ◆NiVO3Ffeio:2013/07/07(日) 21:28:15 ID:eFifPp.A

                  ,. -ー' 二二二 ー- 、
                 //: ̄__:::::::::::::::: ̄`:::ヽ
                 /〃'::::::/´ノ〉):_ノ_ノ::::::::::::::::::\           半分は当たりだけど、半分はハズレね
              //´::::::__,ィ:ゝ-':__,:::-──- 、::::::::::ヽ
              /゙::::::::::/ ̄ ̄\ ヽ\  ヽ \::::::::ハ__        居城をウィーンに移したり、
              !:::::::/ i     ヽ ', ヽ  \ ヽ>,仁》
           _ |::::ハ  ',      i }  ! !  ',<ノ||\        内政に力を入れているのは間違いないわ
           《ニハ_ゞ、 \ \    ! ||  | |__ || l | \>
            ソ|| \\ \ \   | .从,ィ匕Lィ|| | | 〈´
                 | '、 \\,>≧ゝ, |/ /,ィヌニミ、|i | l  |
                ハ \  `卞代ツミ ヾ′   ''' / //   ト、     , --─.::´     でも、内政だけじゃなく、
        .`ヽ、  〈/|:} ヽ,\  \`¨´  、     / // /  l ヽ  /::::/::: ̄
     /:::;:ィ:::::\ //|  |\\, __>   - ´  イ!// /   !   ∨:::::::::':──-:::、     外交と謀略で戦わずに勝つ事に燃えている国よ
    . .. ::/::::ハ::::∨ム'〉 「`:::ゝ,\_ ≧ュ,fヽ_ .ィ─ヘ,ィ l   |l  /::::__::::\::: ̄`ヽ
    . .. .:. :::://__;/:::::|  |::::::::::ヘ   !:::::::l |::::ハ;:::::_:::::ヽl   l| 〈::::::::::\:::::\::::ヽ
    . ::/;::///::::::::::: ! / :::::::::::::} |::::::::l !/  ∨ }/::::/ / ハ`ゞ 、::::\\:::::ヾ
       ∨/!:::::::::::::::| /:::::::::::::::::| |::::ノ| ト-ーく /_」:::/ / /::::ヽ:::ヽ\:::ヽ \
       //|:::::::::::::::レ ::::::::::::::::::| |::_〉 }  ─ー、ヾ才/} /:::::::::::\:\\〉\
     ,// /ヘ:::::::::::::::::::::::::::::::::::! /:::〉ヘ!   ̄\ヽ)=::、/ /::::::::::::::::::::::::::\   `
    .// // 人::::::::::::::::::::::::::::::::|/::{ `入_  ゝ}_ソ/`´}/::::::::::::::::::::::::::::::::::}
   /´// / /|::::::::::::::::::::::::::::::::::(\__  ̄Z_r、_「| ノ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト、
    // /  // ヽ;__::::::::::/:::::::::::::::〔 ゝ,>、  _,ィ'7´}:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::! ゝ、
   .{′ /  //  / | |  ̄`斗、:::::::::::::::\r 、  Y  厶ノ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ   )







         ____
       /      \
     /   _ノ  ヽへ\          やる夫の一番苦手な分野だお…
    /   ( ―) (―) ヽ
   .l  .u   ⌒(__人__)⌒ |
    \     ` ⌒´   /
    /             ヽ


301 : ◆NiVO3Ffeio:2013/07/07(日) 21:28:49 ID:eFifPp.A
               __
             ―く`亡7ア
         / / イ ̄ ̄ ̄`ー-、
          / // / / i     \
         ′ ′\ / /  | | \ヽ
       | l|  | / レハ|  |l | ト、  l |
        | ||  |x≧ミ、| /ナ+メ,| | | |         私も一緒にがんばるから、元気出して
        | |八  | ヒソ " l/ ィ==x'|│| |
         | |  \\~    ,    / | | |         でも、確かにオーストリアとのパイプ役は欲しいわね
         | | | | ̄  、 __ ∠/ |ノ |
          | | | |'ヽ     . イノ|| | |            超能力者じゃないんだから、空気を読むにも限界があるわよね
.        || | |ノ___≧ー≦ i/ /|| ||
        ,―|  | |::≪[=}≫L/ 厶l| |、|
.     /::  |  | ト-/∧ヽノ/ /::: | |:::\
    /:::::: n:::| 八 | 〈/  レ厶イ::::: | |::: ::\
.   ト、::: ::| |::|  | ̄>rf乞ミ-、|}〉:::: | |:::/:: 〉
    〉:::}::::rヘ_ト|  |  ):::ヾこン:::(|}〉:::: | |/::::  厶
   /:: 厂>'´ ̄广ー―ヘー―┴ァ-┴ヽ:::    \
  〈:: /:::::|   {     |    |-r―<::::::    〉







     ____
   /      \
  /         \         全然当てがないお
/           \
|     \   ,_   |        (やっぱり、ぼっち領主はつらいお…)
/  u  ∩ノ ⊃―)/
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /


302 : ◆NiVO3Ffeio:2013/07/07(日) 21:29:14 ID:eFifPp.A

            /:::,::::_:::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::.
              /:::/:/-- 、ミ、:{::,.イ ̄`ヽ::::::::::::::::::∨:::::::::::|
          ':::/:/_      `´  ̄ ̄`ヽ:::::::::::::::::::∨::::::,.ィ
             '::/:::| ` ==(()()=======∨::::::|::::::: |=:イ:::|         私は持っているんですけどね
          |::|:::::| __,ノ     、     |::|::::|::::::: |:::::::::::{
          |::|:::::| ィ=、      ` ー- |::|::::|::::::: |:::::::::::::.         オーストリアとのコネクション
          |::|:::::|.{ {ノハ       ,ィテミ、 |::|::::{::::::: | ::'::|:::::::.
          |::|:::::ム 込リ     {じ刈 } |::|::::::,:::::::|:/:::|:::::::::.
          |::|:::::|:|           込ソ ' /イ:::::: ,::::リ:::::::,::::::::::.
          |::|::: 八   '        r、 |::::::::::}:::|:::::::::::,:::::::::.
          {:从:{ |::::::... `_ー r-、-(ヽ、ヽr、\:: |::::::::::::\:::::.__,.ィ}
         r== \:::::::::|:ヽ、  /⌒Y/´})ヽ Yヽ'::::|`丶、/ ̄_,.....イ/
            l\   `>'|::::::::「_⌒ヽ/ /|l | | !ァ/: : : : :ヽ/     |
            |  \ /: : : |::::/--、)/' /| ' l l |ヽ: : : : :/      {
            |   \: :.:.|::::{ イ/   { {     }〈: : :/          |
            |     \:{:::::∨'    | |      lノイ             |
            |         |:::::|:|    { ',    /             |
         ,'        |:::::|,|    }  }    |               .
          /         |^^|イ     / ∧   {                 ',
       /           !_/ ノ     //:.:.   ∨                ',、
        /        /} /     /イ:.:.∧   {、               ∧:.
      /           ///  , '  /:.:.!:./  ,  ( ム             ∧:.
      〈          ,イ∨      /__ノ:.:{_  , / ム_               _}::.
      {\____,.イ//       /:.:| ∨ \∨ |  ∧`: . . ,、___,.....イ::::::::.







         ,イ∠.-7_
          i::::::::::::::::::::ミー
        r'::::::::::::::::::::::::::ヽ             慈善事業はしておくものですね
       n l:::::::::::::::::::::::::::::ヽ
     r ┘! !i:::::::;:-‐'''''''゙'´ ̄''ヽ
.     {__. i レ/ 丶        ヽ
      ヽ ヽ_.|  ヽ  j       ゙、
        〉'´ ゙!  / ノ        冫――――――‐,
       ヽ   |   |ヽ、       // ・ ・ ・   ・ ・ ・/
        λ i、 .l゙l,         // ・ ・ ・   ・ ・ ・/
       | i ` .i \.      // ・ ・ ・   ・ ・ ・/
       ヽ、ヽ=ィ    l 、   // ・ ・ ・   ・ ・ ・/
         \_.\___|___// ・ ・ ・   ・ ・ ・/
         '―r―┬‐┬―.l l ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・l
           \ |  .|``ー l.l   ・ ・ ・   |
             〉ニ|  .|=-ェ-l.l   ・ ・ ・   |


303 : ◆NiVO3Ffeio:2013/07/07(日) 21:29:33 ID:eFifPp.A

              ┌───────────────┐
              │                        │
              │    ┌─────────┐    │
              └──┼─────────┼──┘
                    │  ┌─────┐  │
                    └─┼─────┼─┘
                  └─────┘
                   ┌───┐
                   └───┘
                     ┌─┐
                     └─┘
                      □



          外交の現場でものを言うのは、人脈である

          ぼっち領主のコネの無さは半端ではないぞ


304 : ◆NiVO3Ffeio:2013/07/07(日) 21:30:09 ID:eFifPp.A

                        □
                     ┌─┐
                     └─┘
                   ┌───┐
                   └───┘
                        ┌─────┐
                    ┌─┼─────┼─┐
                    │  └─────┘  │
              ┌──┼─────────┼──┐
              │    └─────────┘    │
              │                        │
              └───────────────┘


305 : ◆NiVO3Ffeio:2013/07/07(日) 21:30:25 ID:eFifPp.A

          ,. -─=ニ_ー- 、          /!      _,. - ァ   ,ィ
         / ヽ ヽ.   _≧、マ>_        /リ    / //  _//
         /  l ! l ! }ヽ ((._ィ个、_)).      // ,イ / /ル'^ '´-‐ニ7          それじゃあ、アンケートの説明に移りましょうか
        / /   j l j L.j  !   i | ヽ ヽ  / / / レ' //  -─-ニ-'
     /i !   /ィ´ |/,.ィ |  〃| l ヽ ヽ./ / レ'/    _,. --─‐‐‐一'ニ=-
      / | い  / ノ,ィ(ぅノ !  / ヽ! j  }  / /       --──‐‐‐z... 二ニ ー- 、_
    i | l トト、i{   ー'′/ ,1   / /!ノ  /             ニ_二ニ==---`ヽ   予告しておいたように、
     l ハ ヽく,.ィr,、    ∠ '´ j  /1/i l //                \_
     \ヽヽヽヾ   /   /   /-ト/ /                  _,.=- ニー- 、_    今回はアンケートを取るわ
       メ T ヽ、 ´   /  ∠-┴ 、    _,..ニ二._ー-=.z─-=ニ ̄``ー    ̄ ̄
      {  |   /l> 、._/ ,.イ二=--  \-r-─弋´ \`ヽ
      l ハ.| / il  / / /       ヾ    ヽ   \
      ヽ弋 i  l_メ,ィ´ /  ィニT ー 、   〉    ヽ    \                  現在、VIP村では街道の建設の方針で、
        | |iト 'て乂! ヽ 〈〈_,ノ 「!> 〉 ./ ヽ   ヽ   ヽ \
        | iハヽ/  \ヽ/1-く !ヽヽ,イヽ  ヽ   ヽ    ヽ. ヽ               大きく意見が割れているの
        | |!,.イ! /   ヽi {   l | i | l ヽ  ヽ    ト、   ヽ ヽ.
        l ハ /      `i   ゝ i | l ト、 !   i    l ヽ   ヽ ヽ
        ヽ,ハヽ       !     l ヽ、い   l   l  ',   ト、 い
        {ヽ,クい       l     ',\ ハトi  l    l   !     iヽい           まずは、全員の意見を見ていくわね
         ` Tl1 !    __r--〉〉    ', ヽi i  l   l  l    l  い
             |{/い,ィ二-→∠ィニヽ、  〉    l  l  j  トi     l   ! }
          《! i  / 7¬1トヽ 「` `弋  ヽl  l  / ト! li   j  i l
           》、/ /  / /!i 〉.〉  \ !   i|  j /  !リ }}   /  ,リ
          {i>'/  r' -y /YT     l    l /,イ!  |!  l   /  〃
          / / , / └ト-! !     ヽ  ! /ハj / ヽ/ /  /
       _/__,.//  __   | !      \// l / /  メr'
     /-─   ,ィ7´`┘ Lr 、 | !         \l./.イ!  i |
    //     /       └| !          `ヽ!l.._i |


306 : ◆NiVO3Ffeio:2013/07/07(日) 21:30:54 ID:eFifPp.A

                        ,     |
                           ,,..イ       |
       l          _,,,...イ´   |     |
       ヽ、ヽ __,,..-t''"´:::::::::::|    l     |          どこか一方向だけ街道を整備すれば、
            |  ヽ:::::::::::::ノ   /      .|
            ヽ、    ̄   /        |           それは特定の商人を優遇する事になる
              `               |
                             |            どこかの商人を優遇すれば、他の商人の足が遠ざかるだけ
 .:::::...`` ‐┴----_以ヘ‐-、            |
:::::::::::::::::::::::::::::::::;/イ ´..:::::::::.ヽ、           .|
::::i;_;:_:::;_:::;, ィ'¨´::::::i:::;ソ  :::::::..\         |
,r'-‐‐::'::::::::::::::::::::::::;y'   .::::...   `¨`' 、.      |             まずは全方向の街道建設が最優先だろ
  :::::::::::::::::::::::;:/  ..:::::::::::::: ̄`ヾ、_   `'ー- .|
. ..:::::::::::::::::::;ィ'´   ..:::::::::::::::::::::::::::::::::::...`丶、 .\_`マ
.::::::: ;:__;斗>'´  ..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヾ
≧´ .....::::::::::::::::::::::::_;;;、ノ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  i:::::::::::::::::::::;ィ¨´:_:_:i'::::::`ゝ‐---ュ、;::::::::::::::::::::::::::::::::







                    ,.. -―‐--――- 、
                    / ,.. -     -- 、\
                    / / ,. -     - 、 \\           街道を作れるスペースだけを干拓して、
                / / /         ヽ ヽ :.
                 / / /  /  ,  :.     ':,  ',          最初に全部の街道を建設する
                   '  ' /  /   | |  |  |  :.  !  ! !
                    | l| |/ ' :l | |  |  l  |l| |  | |
                    | i| |--|、 i| | |  | _ム斗| |  | |
                    | :| {_!ィ芹ミ、 リl从 ,ィチ=、l_」|  | |          当然湿地の干拓は中途半端になるから、
                    | :| |:|、 ヒ::i:ソ    ヒ:i::ソ ' }/}  | !
                    | :|  jム     ,      从'  八          メンテナンス費用が大きく掛かる事になる
                  , 八 l| l 、  ー 一   イ / /  |
              / :l :::. }:|  >     ィ  / /  l|          更に、後で農地化の為に再干拓も必要
             ,    | , Ⅵ Yー 、`´,-‐、 ,  ,     :.
             /   /  } |イ:|  /r=、  /,  {     ,
               /   / ,ィ| |:::::::、/ィ介、∨::{  |::ヽ|   :.
           /   /,イ Ⅵ !::::::::/ / }! ヽ::::|  |::/ `ヽ、 ',       非常にお財布に優しくない政策だ
             /   // \ | |::::::/ /} Ⅵ }:::|  |:,   / }  :.
          /   , ,   ` | |:::〈_/::||、 /}=':: \ l|:{  /  |   ,
            ,'   /r-- 、   , !::::::::::/'::∨||::::::::::::ヽ| '    .   ヽ
        /   ,' 7≧-`ヽ、}/:::::::::::{::::::::、l」::::::::::::::::Y!    }    ,
          /   / と_,. -ァ    `丶、::::::::::::::}:> ´ ̄`ヽ}    ヽ    :.
       ,   / / ィ´イ' ,.--、   `> ´     _ /     }    ,
        /   /  ーr-/ノ ̄>  ̄         , ´ `'ー-- 、___|  :  |


307 : ◆NiVO3Ffeio:2013/07/07(日) 21:31:40 ID:eFifPp.A

         _____
       /         \
      /            \             現在のVIP村にそこまでの財政的余裕はないお
    /     \,      ,/     \
   /  /´  `ヽ   /´  `ヽ  \             ならば、まずはハンガリー方面の街道から整備すべきだお
 /    (   ● l    l ●   )    \
 |     ヽ_   _ノ   ヽ_  _ノ     |
 |    ''"⌒'(    i    )'⌒"'     |
  \       `┌,─'^ー,,-┤       /        街道の建設と同時に、周辺の農地化まで行ってしまう事で、
   \     `ー -- -一'     /
   /                 \          コストを抑えて商業と農業の両方を発展させるお
  / ̄ ̄ヽ;               ヽ
  (「    `rノ                |
  ヽ   ノ              i   |
  i´ ̄ ̄`i                 l   |







                     _, -‐ ´ ̄ ̄ ̄``丶
                   ,. , '´, /,  / i ,.  、 \丶           やらない夫の見つけてきた羊が肉・毛皮用だったので、
                   /, ' // 〃 / ,イ∥│ | l. ヽ \
                  /〃/ 〃 '/ ,/ / i i| | l |i  !   iヘ        VIP村では羊毛をハンガリーからの輸入に頼っている
               /´ / / // ∠.../! ,' | l| ト ! !! |!   ! ',
                  ′〈 /i / ヒル」' Li  l」 ! 」」」_ || !!   | i
                 '7,ir }, -rュミ、   \!ヾi`|ト.||  │ l
                 ,',' !! i| ` ヒツ     テ‐、`ヽ,!  l |i       VIP村にとっては生命線ともいえるルートだから、
                ,',' ∥ .||     ,    マ,._/ ヽ||  |! !!
   r‐-、           ,','  ! l !            /||  |! ||       まずここに街道を建設するのは、確かに理に適っている
    \ 丶           ,','  l  | iト、    '、ヽ     ∠_」!   |! ||
     ヽ ヽ , ┐    ','  ,i   !∥!|丶     _, .ィi| i ||  |! ||
     ,ム  Y  !    ','   i|   !∥!| |!`ー‐ ' ´!. i l∥ | !!  |! ||
    / 、 \j  l    ,','  :i!  .|∥i !_」!     { 」 | !! !l|  |!i |i       しかし、天候不順などでハンガリーの食料が不足した場合、
    ノ 、 \__」   ,.  ','   ∥  !」 '´ i     ア ヽ.|| i|!   |!.| !i
  ヾ、 丶__,〉    }  ,','   ム │    |    /    \|l   !!.| ||       作った街道を使ってハンガリー軍が攻めてくる事になる
    ヾ _丿    ,'  i '  r'´ !   i   │  /     /!   || ! ||
     丶     ヽ | ! /  |  ト   ヽ/     /  |   || |! !!.      防衛担当者は大変じゃのう


308 : ◆NiVO3Ffeio:2013/07/07(日) 21:32:24 ID:eFifPp.A

         l. :.:.:.:./:.:.:./: :.// :/:.:. :.:.:./:.///l:.:.:.:.| :.:.: .:.:.:.l
         ': .:.:.:/:.:.:./ .:.// :/|:.:. :.:./:.////|:.:.:.:.| :.: .|:.:.:.|
         ノ:l:.l:./ :.:.:/: // :/| l:. :.:./:.//// |i:.:.:.| : .:.|:.:|:l      領地防衛の観点からも食糧補給の観点からも
        //|.|:.| :.:.l:./A|:./l:| |: .:/:.////_..-|l:.:.:l :.:.:.l:.:.|:|
.       ノ´ l:|:.| :.:.:.|r=rz|l、リ、| ./:.////_,r==ミ} .:.:.ノ:.:.|:|      まずはザグレブ方面の街道を優先すべきだ
          |l|:.lri.:.:.',仆-´ィ ミ.l:,':///_,イシ-イ フ:.:./.l:..:.:lヽ
          i!|:.|',|.:.:.ヽ`¬ '´ リ i}/´  ` =‐7:.:.//:|:.:.l|
          ヽl|{ヽヽヽ     i!      //l´|:.lヽl
            ヽ l:.l\    _`_   /イ:|:.l:l|:.l `       街道を一方向に絞るのだから、
              }/|:.:.|\  ─- ` ,イ:.|:./l:.||l `ー
             / l /_| `丶、 , '  |/|l| |:{ `          当然農地の整備も同時に行う
              /´ {ニニrニニニニ}ニニ} `ー
                |∧: :| |: : : : | |: ∧:|
              __ノ))(,-.| |: : : : | |,-)( |
      _ -─= ̄. : : 孑劜.| |: : : : | |(卅)\
 _-─´: : : : : : : : : : : : : : :卞: : :| |: : : : | |: 干: : :  ̄: :`:丶 、







               ___
           ,.. -''"´       `丶、
        ,.-'"´            ` ヽ、           VIP村は主食の小麦を輸入に頼っている
       /ィ,ィ r  , ,      、      ヽ
     /,'´/ , '  / ,/ l i  、 、  丶      i!          どこから輸入しているかというと、オプーナのワゴン領だ
    , ',イ /  /,' / イ  l | i  !. `、  i!     i
   /.//,.ク .// ,ク / !   ! i!l  |  li!  i!     l!         ザグレブ方面への街道はワゴン領からの食料輸入にも繋がってくる
   !/イ/ l //./ l / l  i l! l  |  l!  |!        l
    ! ケ/イメ、i ,' |  ,i! ハi!  i! l!  |       l!
        l l ト`i.、メ  l ハ l l! |l l. ,'l!  i      l
        ! l lヽ!_;〉  `` 「`卞,ト| jl j ハ  ヘ     l!         しかし、防衛的な観点というのは、必ずしも額面通りではない
      | l! !   ,   ‐‐iテュ 、 `! ./ L.i!   ヽ    l!
      li l! ヽ  、_    ヽニ' '´/./ ! ノト、   ヽ   l!      なぜなら領地の防衛は領主の義務だから、
       l! ll l!丶 `ー-    ,..j!/  ,'´l  ヽ  \  l!
       ! ll l! l.丶 --┬''"´ /'´  i!  l.  \  丶 ト、      例え街道が出来ても下手に援軍などは頼めぬのだ
      l!  l! ハll  \ヽ〕! /  ノ.l  i!   \  丶、ヽ
      ! i´ !| ∥  / //,,. ‐'"´  !  ヽ    丶、   ヽ \
     l r〈 i!.!」L ,イ/フ /二三   |   丶    丶   ヽ ヽ
    广、 ヽ`´ ィ'///// '´r‐   ヽ l    丶     丶、  丶、丶、         ルルーシュとて、当然それは承知している
   〈 丶 ヽ i /'´rヘ/ ,' //     i! l      ヽ       `丶、  丶、丶、
   /ヽ_ヽ.」'´ / i lハ. |      lト l   ヽ  ヽ        丶、  丶、`丶、     果たしてルルーシュは何を考えているのか?
   /  `i   /  l  ! l/     / j ヽヽ   \  \       丶ヽ、  丶、 `丶、
  ,.'    |  /  ll  l li!    // l ヽヽ.   \  ヽ、      ヽ 丶、  丶、  ヽ
 i!    ,j! ィ'   l l ∨    /´  /`i  〉ヽ   ヽ   ヽ、     ヽ   丶、 ヽ   ヽ


309 : ◆NiVO3Ffeio:2013/07/07(日) 21:33:11 ID:eFifPp.A

      ____
    /:::::::::  u\
   /ノ└ \,三_ノ\   ,∩__
 /:::::⌒( ●)三(●)\ fつuu         ヴェネツィアの娼館一択です
 |::::::::::::::::   _'__   ||   |
 \:::::::::   ´-―-' ,/_ |   |          異論は認めません
   ヽ           i    丿
  /(⌒)        / ̄ ̄´
 / /       /







              __ __
         ,,.-‐'''"´ ´    `、丶、
       ,-'´,  ィ ,i  i .i ヽ ヾ、丶、ヽ、             嫁のいない喪男どもに女遊びなぞ教えたら、
       ./ / ,イ  i! ||i ll ヽ ヽ丶.ヽ 丶
      / ノ ,/ /!  ∥ |.l lヽ li. li  ,i.  l            村の外にお金を落としてしまい、
    / ,イ! l l .l ,ハ.  lヽヽヽ li li   l i  l
     | .l .i ll i. l l_ l、 l ゝヾヽ」‐、l!  ! .!  li          VIP村が経済的に困窮するのは目に見えておるの
    ‐' l .l! l'´!_'  ´`  `ェ_  l  l! l.  l.l
       l .K´,-ァテナ   '"ヤ'ニソヽl .l l ヽ .i l.l
       l  l、!` `'''´           l  lノ.i l l.l l
      l l.lヾ、    _        丿 ハ l. l .l.l.ト、   ⌒)    しかし、VIP村は塩の輸入をヴェネツィアに頼っているし、
      l l l l丶、  !、`丶 , イ!/ /l l. l l l.l.l 丶、  )
        il! .l l l l ll丶--´ '´ .」フ' /l.l .l. 丶 l l.l.l 、_ノ     この地域で最大の経済圏はヴェネツィアじゃ
       i|.l! l. l l,l ll ,iゝ、,-''"´ ./ / l.l .l 丶 l. l.l.l
      ,i.l.l! l l .l! .l lノ!,r'´\  ./ / \、. ヽ、 丶l. l.l.l        商業立志を目指すなら、最も仲良くしておきたい相手でもある
      i.l l! l l .l /ィ´//l、ヽ〉ソ  /  / ヽ、丶  ヽ、.l.l
     i.l l! l lィ、 くィ´/l ll、ヽ/  / ./     ヽ,  ヽ、l.l


310 : ◆NiVO3Ffeio:2013/07/07(日) 21:33:43 ID:eFifPp.A

                    -‐,コf7{{辷fリノヘ,
                  /  __{仏:'/:`¨:^三≧,
                   /:7://:::::::_:_彡'^¨⌒丶
                   /    }:厶:/::∠}厂     \ \
               /  ____」水くフノ^´  .′    丶  . 、
                 /  /::/ 7::/∧:}   /, //! .     . }  l i      4人の意見のうち、誰の意見を支持するのか
             /   \V介{:し:ノ |十-Li     j/ }  ハ|
               /    // |:トf′  |i_」土z,\ ァィ/ / }      アンケートを取るわ
           //   // i |:| 丶  个i、 炒`  '仞/}}j/
  ‐= _     /    〈/   l |:|   `ト .   \    〉i{ {{         アンケートの結果は、私の意見として8話に登場するわよ
     ̄≧=-く 、         八l」  l八 `¨⌒、_ ,イ八}}=-‐
 ___,≧ニニニ≧x )\ // ヘ  个ヘL,_    /厶'′
二ニニニニニニニニニニ≧x彡'ヘ   「¨::7了f千{≦=―-
   _厶三ニニニニニ>=≦ヘ乙1  |:::/r介ハi| トく,⌒´          街道とはいっても、建設するのはVIP村の領内だけで
_ -=ニ=‐ァ=ニニニニ/::::::::::::::::::\)  l⌒レfじヘ |i:::::マ⌒ー ァ
ニ=-_厂/ニニニニ/ ::::::::::::::::::::::::::::ヽ, |  〈∧〉}八:::::\^´           他所の領地の既存の道に接続するのよ
// _,厶イ/ニ>'::::::::::::::::::::::::::::::::::::Vハ八/丁「/f刈〉::::::::〉
′_彡 7/八lト::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::Vヘ, 〉/ /`辷八::::::/
〃    / j八::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〉:::\ {  {  }}:::{
  /       介x:::::::::::::::::::::::::::::::;/:::::::::::::マハ_ } {じく\         湿地のままだと値下げ交渉をしたら、
  :      //  'ヘ:::__:::::::::::;厂:::::::::::::::::::::::\廴} ノ乂)) :.
  i/   /  八//〃介tx:/^、:::::::::::::::::::::::::::::::::⌒iリ:::「´  li           商人が来なくなっちゃうから、その対策よぉ
  |     :  { }/ ,:::{乂_)リハハx::::::::::::::::::::::::::::/仆i:ト  八,
  |\   ト . { / /::////:/   }ハ〉:::::::::::::::::::::く乂ノリ八ハ/   \
  |  丶 | \! /::〈/〈/:/    ,ノ::::::::::::::::::::::::::::::::{:{:::::::〉、     }


311 : ◆NiVO3Ffeio:2013/07/07(日) 21:34:31 ID:eFifPp.A

            /;;;;r' ̄´      ` ̄ゝ、;;;;;;;;;;ハヽ
           /ソ´              (ヘ;;;;;;;ハ)ハ
          //´      /             (ヘ;;;;;;;|) ハ             アンケートの締め切りは、7月9日の21時までよ
            レ'         /|   ヽヽ ヽ    (ヘ;;;;|) ハ
           /      /   /│    |_\|__|__ (ヘ;|)) ハ
           l    /  l | |   r'|   | ハ  ` ((!!))   |
           |     | | 」-ト、ト、  |   _x===|   }((ト、ヽ |            アンケートの結果で話の展開が変わるかもしれないけど、
           |    レ|´| | | ヽ |  rテ´   | / ハヽ__」〉|
         _| |    | | |_==ヾ、 ∨        |/ / {{ ̄ ̄||           どちらかというとどの選択肢もそれなりにメリットがあって
       〈l ̄〉ハハ \\x゙     ,        /// / llヾ〉 |||
       ヾ_'-'∧. ヽ \\      _  ノ     jノ ,イ /| ll |ヾ_ |    /       どれが正解とも言えないからアンケートにしたの
        /||ゞ´∧ \_\ゝ          /// | {{|  | |    /;;;
         //´|| 〉〉、_ ヽ ̄ヽ、        /イ‐,,/  ゙|  | |∧/;;;;;;
      //   ゙ |_| /\\_|` - -、- < ̄;;;;;/l   } /`│_;;;;;;;;;;;
       /\ー─-、 /  / ̄/|   ||   |;;;;;;;|;;;;;;;;;;;//|   |_/;;;;;;;;| ;;;;;;;       私なったつもりで答えてくれると嬉しいわ
  ____/___〉;;;;;;;;;;;;>'  /  /l l/ ||  |;;;;;∧;;;;;;;;;/_ |  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| ;;;;;;;
 __ゝ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;// /| /-ト─--' ̄\/ |ヽ;;;/  | /レ';;;;;;;;';;;;;;;;;;;;| ;;;;;;        それじゃあ、よろしくお願いします
 _;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/イ /;;;|/;;;;;;;;;;;;;;;/》/    \  《 レ'/;;|;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;| ;;;;;;
 >;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;| |;;;;;;;;;十、/ヽ-へへへ/ ̄《/;;;/;;;;;;;/;;;;;;;;;;<´| ;;;;;;
 ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| |;;;;;;;/|´ 《ミY≡》)    《/;;;/;;;;;∠;;;;;;;;;;;;;;;;;;〈 ̄ ̄
 ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/|;;;;;;;;;;;;レ/;;/;;;/   ゞ===゙´    《/;;;;;レ'´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
 ;;;;;;;/|/   |;;;;∧__{;;;;|;;;;;/)          《/;;;;;;;;;\;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/
 //    / ヽ/く;;;;;ヽ |;;;;|》     |/   /  《/;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/
   |   /   /  ヽ;;;;;;;;;;;;;|》ヽ  |   /   《/;;;;;;;;;;/ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;〈


312 : ◆NiVO3Ffeio:2013/07/07(日) 21:34:51 ID:eFifPp.A

 >解説回なのに、アシスタントに出番がないのはおかしいと思います

 >…え~と、誰じゃったかの?

 >…マスター、泣きますよ



                    ●


                    ●


                    ●



                                           おしまい
関連記事
スポンサーサイト

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL http://daisanjisuper.blog.fc2.com/tb.php/556-c0bd82db

Preventry  Nextentry Allarchives

大惨事!!スーパーAA大戦α ( http://daisanjisuper.blog.fc2.com/ ) by 大惨事管理人